ふるさとから宅急便〜玉ねぎ


浜松の実家から玉ねぎが届きました。
これまで見た事がない、根までしっかりついた褐色の玉ねぎ。
力強さを感じます。
b0347858_19092311.jpg

この玉ねぎ、浜松の農家、馬淵康之さんが作ったものです。「炭素循環農法」という土壌の微生物を増やし、その微生物に野菜を育ててもらう、農薬や肥料もいらない環境に優しい栽培方法のものでした。
育った野菜は甘さあふれる美味しさ!があるそうです。


まずは早速「酢たまねぎ」に挑戦。
スライスしてみて、ちょいと一口つまんでみると、まあ驚くことに全然辛くなく、甘〜い!!
実は私は生の玉ねぎのどうしても口に残る辛みが苦手だったので、感動的でした♪
b0347858_19160333.jpg
この酢たまねぎは、玉ねぎ200gのスライスをお好みのお酢200ccと
はちみつ大さじ2をあわせたものに漬けるだけで出来ます。
通常は数日たつと辛みもマイルドになり食べ頃になりますが、この酢玉ねぎは即食べられました。

玉ねぎは、周知のごとくコレステロールの低下や抗酸化作用、血栓防止に関連があると言われている身体によい野菜なんです。毎日食べることをおすすめします。

酢たまねぎにして冷蔵庫にストックしておけば、サラダに入れてもよし、メイン料理の付け合わせにもよし、私なんかはお腹すいたな〜なんて時につまんでいます。

b0347858_19290273.jpg

そして次はサルサソースに挑戦してみました。

この夏休み、メキシコのカンクンに旅行に行きました。
これまで見た事もない海の青さに感動しましたが、そこで食べたメキシコ料理が
とても美味しかったんです。
b0347858_22365458.jpg
b0347858_22392160.jpg

その味を忘れないうちにサルサソースを作りました。
トマトの水分が多かったようで汁だくサルサソースになってしまいましたが・・。
上の写真が本場のサルサソース、下が自作です。

メキシコでは、トルティーヤの皮にお肉やお野菜と一緒にサルサソースをかけて頂くことが多かったのですが、今回はイカのフリッターのソースにしてみました。
相性抜群でとっても美味しかったのですが、イカは揚げ油がパンパン飛んで来るので要注意です(泣)

b0347858_19322877.jpg
b0347858_19374397.jpg
●サルサソース レシピ
(材料)
玉ねぎ 大1個 (みじん切り)
トマト 大1個 (みじん切り)
にんにく 1片 (すりおろし)
パクチー 1茎 (みじん切り)
ライム汁 1個
酢 大さじ2
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
サラダ油 大さじ2
ハラペーニョ(酢づけ)大さじ1 (みじん切り)

(作り方)
上記材料を混ぜ合わせるだけです。







[PR]
by coucouatable | 2014-08-25 22:43 | 料理 | Comments(0)