ぶどうソースで「なんちゃって高級フレンチ・チキンソテー」


いつも歩くハルとの散歩みちにぶどう畑があります。
「高妻」と「安芸クィーン」という品種を作っていて、
毎年8月の終わりにぶどう狩りを行っています。
b0347858_10335588.jpg

とても甘〜い!と評判のぶどうです。
当日は早朝から行列ができます。
息子が「今年もあのぶどうを食べたい!」と行列に並んでくれましたので、無事ぶどうをもいで来れました。
育ったぶどうは実が大きく、房に実がたくさんつき、ずっしり重みがありました。
もぎたてはこんなにみずみずしい!
b0347858_19361473.jpg
b0347858_19353484.jpg


うちの庭のフェンスにもぶどうをはわせています。
春になると枝をぐんぐん延ばし、濃い緑の葉を茂らせていきます。
ぶどうの葉っぱは、なんともエレガントな風情があり、とても美しいです。
それでも夏の始まりとともに、毎年コガネムシがたくさん飛んで来て、葉っぱを食い散らかしてくれます(涙)ので、我が家のぶどうはほぼ観賞用です。
b0347858_19373259.jpg

それでも今年、なんとか収穫できそうなぶどうが3房残りました。
薄緑色から薄ピンク色に変わって行く様がきれいです。
1つの房でも同時に色づかない所がなんとも自然でいいなと思います。
うちのぶどうは見てくれもお味も、ぶどう畑のものとは大違いですが、別の味わい♪があります。
b0347858_19382549.jpg



さてさて、もいで来たぶどうを料理に利用しました。
若い頃は果実が食事に入ることにかなり抵抗がありましたが、今になっては、
レストランで「果実を使ったソース仕立て」とあると、すごく惹かれます♪
そこで、おうちでフレンチレストランで食べるような味のソースを作ってみました。
目を閉じれば・・お外で食べてるような錯覚を覚えますよ(笑)

b0347858_19410398.jpg


チキンソテー ぶどうソース

●材料
 鶏肉(ももまたはむね) 300g
 にんにく(つぶす) 1かけ
 オリーブオイル 小さじ1
 塩 少々
 粒こしょう 少々

 たまねぎ 1個
 パセリ(みじん切り) 少々

(ソース)
 ぶどう 大10粒(皮を剥いて、大きいものは半分にカットする)
 バルサミコ酢 20ml
 米酢 20ml
 ブランデー 10ml(なくても)
 塩 少々
 はちみつ 小さじ1
 バター 10g

●作り方
1、鶏肉を均等な厚みにして、皮にフォークなどで穴をあけ、軽く塩、こしょうをふり、10分ほどおく
2、フライパンにオリーブ油を熱し、輪切りにした玉ねぎを焼き色がつくように焼いて取り出す
2、フライパンにオリーブ油を足し、つぶしたにんにく、鶏肉を皮目から入れ、いい焼き色がつくように両面かりっと焼き、取り出す
3、焼き終わったフライパンにソースの材料(バター以外)を入れ、2、3分煮立たせ、最後にバターを入れ火を止める
4、鶏肉を一口大にカットし、玉ねぎと一緒にお皿に並べて、上からソースをかけ、パセリを散らす
b0347858_19402654.jpg


「なんちゃって高級フレンチ・チキンソテー」の出来上がりです!
b0347858_10350464.jpg
b0347858_19410398.jpg


[PR]
by coucouatable | 2014-09-06 11:01 | 料理 | Comments(0)