行列のできるお店「セントルザ・ベーカリー」の食パン♡

流行にとんと疎いのですが・・
銀座一丁目にある「セントルザ・ベイカリー」という食パン専門店
「いまだに行列の出来る人気店でやっぱり美味しかった♡」と感想を聞いたら、
無性に「どんな食パンなのか?」食べてみたい♪♪衝動にかられて出かけました。

朝10時からオープンするので30分前にお店に到着。
もうすでに30人も並んでいました(驚)
そして5分、10分経つごとに行列はどんどん長くなるのを見ながら
・・ほんの少しだけでも開店前に着いて良かったよ〜と思いました。
b0347858_08553695.jpg

そこでは国産小麦を使った「角食パン」
北米産小麦の「プルマン」
の北米産小麦の山形パン「イギリスパン」
の3種類がありました。
b0347858_08555803.jpg
私は「角食パン」と「プルマン」を購入。
結局10時半に食パン2本を手に出来ました。
外で待つ間、お店の扉が開くたびに、パンの甘〜いいい香りがしてきて、
早く早く食べた〜い気持ちがこみ上げます。
イートインスペースもなかなかお洒落でした。
トーストやサンドイッチやクロックムッシュ、カツサンドなど
種類は豊富でした。
b0347858_08562796.jpg


試食は帰ってからのお楽しみにすることにして、
近くにある「AKOMEYA TOKYO」に寄りました。
「AKOMEYA TOKYO」はお米屋さんです。
でもお米を売っているだけではなく
美味しいお米を頂くのによりいっそう美味しくなるごはん周りの食材や器など
販売しています。
b0347858_08565598.jpg

はじからはじまでじっくり堪能してきましたー。

お米から調味料、ご飯のお供になるもの、お皿、調理器具・・種類豊富です。
買って帰ってきたものは・・「塩」「油揚げ」「干し芋」「大葉みそ」。
b0347858_08572615.jpg

そこでお食事もできたので、ランチをしました。開店と同時に満席!
ここも人気店なんですね。
数種類あるメニューから「新潟小鉢膳」を選びました。
8種類も小鉢に並び、器もお膳も美しく豪華、お味も美味しかったです♫
b0347858_08580744.jpg


さてさて家に帰り、いざ食パンを並べてよく見てみました。
パンの上部の角に白いラインがちゃんとあります。
これは「ホワイトライン」といって、いい具合に発酵して焼けた証なんです。
自分で焼いてこうなることはなかなかありません(泣)ので、
さすがだな〜プロだな〜と感心しました。
b0347858_08583932.jpg
「角食パン」は生食がおすすめということなので、
早速試食・・ふわふわ、もちもちです。
でもしっかり弾力もあり、生地がつまってる感じもしてとてもリッチなパンです。
甘くて、柔らかくて、日本人が好む食パンですね。

店頭にあった「チョコフランボアーズジャム」に魅かれて一緒に買ってきました。
b0347858_08590879.jpg
つけてみましたが、ジャムの味が強すぎて、食パンの味が消えてしまします。これは別のタイミングの方がいいですね。
ジャム自体はチョコよりジャムの要素が強く、ラズベリーにチョコが少し混ざってる風合い。甘味も抑えめ酸味があり、大人の味。美味しいです。



そして「プルマン」
生でもトーストもおすすめという事なので、まずは生食。
角食パンよりふわふわ度が少ないものの、こちらもふわふわ・もっちり焼けていました。
甘くて優しいお味
トーストしてみると、同じパン?と思うほど風合いが変わり、
さくさく軽いパンになりました。でも中はしっとりもっちりです。
こちらもくせがなくて甘い日本人好みのパンですねー。
b0347858_09134093.jpg
あと1種類の「イギリスパン」が気になりました。
一緒に行ったお友達は購入していたので、後で感想を聞いてみると・・
「甘さ抑えめで、フランスパンのようにすっきりした味わい」だったそうです。
後から、食べ比べをするなら、違いが分かりやすいイギリスパンを入れた方が面白かったかな・・と思いました。



翌日の朝食は角食パンを生のまま頂きました。
スープとサラダを添えて。
b0347858_09000052.jpg


翌々日の朝食は「プルマン」をトーストして。
自家製カスタードに自家製アップルフィリングにシナモンシュガーをのせて。
外はさくさく、中はしっとりなのです。
朝食というより3時のおやつに最適かな・・。
b0347858_09003470.jpg

パンってなぜでしょう、食べると幸せ♡を感じます。
ふわふわもちもちならなおさらですね。
行列が出来る理由、分かりました。







[PR]
by coucouatable | 2014-12-05 17:38 | レストラン | Comments(0)