クリスマスは「ターキー丸焼き」に初挑戦!

25日に友人のお宅でクリスマスパーティーがありました。
数家族が集まる豪華なパーティーでした。
テーブルには、毛ガニ、カルパッチョ、ちらし寿司、スティック野菜、
トマトのマリネ、里芋コロッケ、おでん、赤飯おにぎり、
ターキー、カレーパン・・などずらりと並びました。

みんな手作りですよ〜。素晴らしいです。
どうやってこんなに準備したんでしょう・・・
お仕事もされている上に主婦業、子育て、毎日フル活動のお友達が
前日から準備してくれていました。
料理上手でその上美人です・・憧れます♡

b0347858_12430349.jpg


さてそんな大勢集まるパーティーですから、
こんな時こそ!とはりきって「ターキー丸焼き」に初挑戦しました。
b0347858_12340620.jpg

前の週に日進スーパーで冷凍ターキーを買いました。
その冷凍ターキーを3日前に冷蔵庫におろし、解凍するところから始まりました。
(4kgのターキーでしたので、2日前でも大丈夫だったと思います。)
調理する1時間前には常温に置いておきます。


そしていよいよ調理開始です♫
袋から取り出すと、きれいにくりぬかれたお腹の中に、袋に入った内蔵とネックが入っていますのでそれらを取り出します。
ここが一番緊張の時です・・首が出てくる・・と怖かったですが、
さっさとやってしまって平気でした(笑)
外側、内側と水洗いをして、キッチンペーパーで水気をしっかりとります。

b0347858_12255627.jpg

まずはお腹の中に塩をすり込み、それから外側も塩をすりこみます。
あと全体にこしょう・ミックスハーブ(粉末)もかけます。
そうそう、ターキーについている赤いもの、何か知ってますか?

b0347858_12262715.jpg
テンダータイマーといって、ターキーが焼き上がるとぽん!と上に上がるんです。
温度計の役割を果たしているものなんですってーすごく良く出来ています。
ももの一番火が入りにくい所についているので、生煮えの心配はありません。
温度計を刺して確かめなくてもいいんですから。
感動しました〜♪


そしてお腹に詰め物をするスタッフィングです。
何をつめるかとても迷いましたが、
ネットでみつけたレシピ(pekopeko!)を基本に、お料理好きの友人たちのアドバイスを参考にして、自分なりのアレンジをして焼く事にしました!

スタッフィングは一緒に食べるものでなく、内側からお肉に美味しい香りをしみこませるものにしました。
スタッフィングすることで中から味が染み渡り、適度な水分も補充され、しっとり焼き上がります。
b0347858_12290251.jpg

(スタッフィングの材料)
柑橘類(きんかん・ライム)
ハーブ(タイム・オレガノ・セージ)
セロリ
にんにく

を入れました。ハーブは束のまま、きんかんはそのまま、
にんにく、ライムはカットして
セロリも適当な長さにカットして詰めました。
そんなに沢山入るものではないんですね〜準備していた半分ぐらいしか
入りませんでした。
入れたものが出てこないように、穴をふさぐために、竹串を駆使して閉じました。

b0347858_12272238.jpg

そして足をタコ糸でしばり、アルミホイルのケース(ターキーと一緒に買ってきたもの)に入れ、オーブン皿にのせます。

b0347858_12300210.jpg

そこにオレンジのシロップを半分かけます。
オレンジのシロップは以下の材料を鍋に入れて火にかけたものです。

b0347858_12313723.jpg
オレンジのシロップ
オレンジジュース 200cc
コンソメ 1個
無塩バター 40g
オリーブオイル 大さじ1
メープルシロップ 80cc
ブランデー  大さじ1


そして160℃に温めておいたオーブンにターキーを入れます。
その時、アルミホイルの光る方をターキーの側にして、
ふわっと全体にかけます。
b0347858_13070234.jpg

焼き時間はターキー1kgにつき1時間というので、4時間を目安に焼き始めました。
途中、オーブンを開け、焼き具合をみながら、
残っているオレンジシロップをかけて、また焼きます。
この繰り返しを何度かしました。
途中で手羽の部分の焼き色が濃くなってきたので、手羽の部分と一番高い部分を
さらにアルミホイルでかぶせて焼きました。

b0347858_12325842.jpg



そうこうしているうちに、徐々にいい色に仕上がってきます。
4時間たっても、赤いテンダータイマーは上に上がってきません。
不安に思いながら、もう30分、オーブンをかけていると、

テンダータイマーがぽん!と上がっていました。
感動しましたよ〜♫
b0347858_12332804.jpg
そこでオーブンにいれたまま20分ぐらい休ませました。

焼き時間は4時間半で完成でしたー!!
すぐ味見をしたいところですが、味見が出来ないのが、もどかしいです・・。

最後にアルミケースに出た肉汁と残っているオレンジシロップをあわせ
鍋でソースを作ります。
味を見ながら、お醤油少々、ブランデーを足して少し煮詰めました。
最後に、小麦粉を水でといて入れとろみをつけてソースは完成です。

ターキーの付け合わせにマッシュポテトを用意しました。
今回はじゃがいもを炊飯器でふかしましたよ。
簡単にできるし、お鍋もよごれないのでおすすめです。
ふかしたじゃがいもをマッシャーでつぶして、鍋に入れ、水分を飛ばし、
塩・こしょう・ガーリック(粉末)、豆乳、少し生クリームを混ぜました。


この「ターキー丸焼き」を持って、いざ友人宅へ!


レタスをしき、ターキーをかざり、リボンをかけ、
オレンジ(紅まどんな)の輪切りでデコレーションしました。
竹串を取るのもお忘れなく。
b0347858_12340620.jpg
カットしたターキーに、マッシュポテトをそえ、お好みでオレンジソースを
かけて召し上がれ〜
(カットしたときの写真は撮り忘れました・・残念)


初挑戦にしては上出来!でしたよ♪
お味の方も塩加減もよく、中まで味もしみ込んでくれていました。
スタッフィングの効果でしょうか、ハーブの香りもよく、さっぱりと、
お肉は外側はぱりっと、中はぱさぱさせずしっとり出来上がりましたよ。
オレンジのソースは甘いソースなのでお好みでかけてもらいました。
子ども達はソースをかけずにそのまま食べましたよ。豪快に!

長時間にわたる調理でしたが、すっかり楽しむことが出来ました♪
ターキー丸ごとなどコワイ・・と最初は引き気味でしたが、
大丈夫なものですね。
ターキーを水洗いして水分をふきとったり、塩をすり込んでるうちに
愛着♡が湧いてきました。
「美味しく焼いてあげるからな〜」なんて語りかけたりしたぐらいで(笑)



とても美味しい・楽しいパーティーでした。
最後に豪華なステーキが登場しましたよ〜。
お肉にとても詳しいお父さんが豪快に焼いてくれました。
b0347858_13181235.jpg
うまうまでした〜♡









[PR]
by coucouatable | 2014-12-27 22:02 | ホームパーティ | Comments(0)