塩豚のポトフとパンで ハイカラにランチ oishii

週末に近くに住む義父母が遊びに来ました。
お昼ご飯を一緒にしようと、メニューを考えました。
義父80代、義母70代。
健康とはいえ、もう沢山は召し上がりません。
長いこと東京で暮らしていましたから、ハイカラなものが好みです♪
う〜ん、悩みましたが、
塩豚のポトフ」と「イカと人参のマスタードマリネ」と「パン」の組み合わせにしました。
「塩豚のポトフ」は、シンプルな味付けで、くせがなく食べられると思いました。
お肉も野菜も柔らかく煮えます。
「イカとにんじんのマスタードマリネ」は以前ブログで紹介しましたが、
彩りよくさっぱりした味わいです。

b0347858_20225301.jpg


[塩豚の作り方]
●材料
豚肩ロースかたまり 300〜400g
塩  小さじ2

●作り方
豚肉に塩をすり込み、キッチンペーパーでくるみジプロックなどにいれて
冷蔵庫に1晩〜3日おく
(毎日キッチンペーパーに出た水分をふきとり、新しいものに取り替える)


b0347858_20192955.jpg
塩をすり込んでおくと、お肉から水分が出て来ます。

b0347858_20201129.jpg
1日たつごとに、お肉の色が綺麗なピンク色になっていきます。



塩豚のポトフ(3〜4人前)

●材料

塩豚 300〜400g
キャベツ 1/2個
人参 1/2本
じゃがいも(小) 4個

[A]
水 800ml
酒 大さじ3
ローリエ 1枚
タイム 2〜3本
にんにく 1かけ

[B]
塩・こしょう 少々

●作り方
1、鍋に塩豚と水、ハーブ、にんにくを入れ煮込み、あくが出たらすくう
2、ジャガイモは皮をむきそのままの大きさで、にんじんは1/2本を縦に4等分に切り面取りし、キャベツは1/2個を4等分する
3、20分ぐらいしたら、(火が通りにくい)人参を入れ、
10分ぐらいしたら、キャベツ、ジャガイモを入れ、さらに15分ぐらい煮込む
4、Bで味を整える
5、塩豚を好みの厚さに切り、盛りつける

※豚肉は竹串を刺してみて、赤い肉汁が出なければ火が通っています。


b0347858_20234099.jpg
今回は上記レシピの約3倍の量で作ったので、鍋に全部入らず、
キャベツとジャガイモは別の鍋で少ない水で蒸し煮してから、最後にあわせました。


b0347858_20225301.jpg
塩豚の旨味がスープいっぱいに広がります〜☆お肉もふっくら柔らかく煮えます。



デザートはお土産に頂いた福砂屋のキューブカステラ
1個ずつカラフルなキューブのパッケージに入っていて、かわいい♡です。
お菓子も1本のカステラだった時代から、生活の変化にあわせて、
個別包装になってるんですね。
パッケージを開けると、フォークが入り、カットもされていて、そのまま
お皿を汚す事なく食べられるようになっています。

b0347858_20243416.jpg
このカステラ、人気商品だそうで、早い時間に行かないと売り切れているとか。
さすがよくご存知で!ハイカラな両親です(拍手)









[PR]
by coucouatable | 2015-01-13 09:21 | 料理 | Comments(0)