ほろりと柔らか スペアリブとアサリのチゲ鍋

寒さ本番です。
鍋好き家族なだけに・・夏でもエアコンをかけて鍋をつつきますが、
この季節こそ!冷えた身体をぽかぽか温めてくれる「お鍋」を囲みたくなります。
なぜでしょう・・週末の夕暮れ時になると「お鍋」が恋しくなります(笑)

これまで合羽橋で購入した「仕切り鍋」や「火鍋」
「キムチ鍋」など紹介してきましたが、
今日のお鍋は「チゲ鍋」です。
「スペアリブ」「あさり」を煮込めば、いいお出汁が出て美味です〜☆
しめの雑炊も「卵とチーズ」を入れて、旨味が凝縮されたスープに
まろやかさも加わり、もう病みつきになりそうですよ♪

b0347858_20445415.jpg
スペアリブは煮込むとほろりとくずれるように柔らかくなります



ほろりと柔らかスペアリブとあさりのチゲ鍋

●材料(4人分)
豚スペアリブ肉 600g
(下茹で用に 酒・しょうがスライス)
豚肉しゃぶしゃぶ用 300g
あさり 300g
牡蠣 300g
白菜キムチ 適量  

豆腐・しらたき・お好みの野菜など 適量

(スープ)
水 1、2ℓ
鶏ガラスープの素 大さじ1
醤油 大さじ1
みそ 大さじ1
酒・みりん 各大さじ1

ごま油 大さじ1
にんにく(スライス) 2かけ
生姜(みじん切り) 1かけ
豆板醤 小さじ1
干しえび粉末 小さじ1 あれば

●作り方
1、鍋にたっぷりの水とスペアリブ、少しの酒と生姜スライスを入れ、下茹でする
2、土鍋にごま油を熱し、弱火でにんにく、生姜を炒め香りが出たら、豆板醤、干しえび粉末を加え炒める。
3、2にスープの材料を加え、下ゆでした豚スペアリブを入れ、弱火で30分〜1時間煮る
4、3にあさりや牡蠣、キムチ、お好みの具をいれて、チゲ鍋の完成!
5、鍋を食べ終えたら、ご飯を入れ、弱火でことこと煮て、火を止める寸前に卵と溶けるチーズを加え蒸らせば、しめの雑炊の完成!

b0347858_20454470.jpg
鍋は無理なくたくさんの野菜が食べられるのが魅力です



b0347858_20462755.jpg
最後のこの旨味が凝縮された雑炊が一番!





さておやつの時間にさかのぼります。
旦那さんが昨日お土産で頂いてきたお菓子です。
どんなお菓子か見てみよーと包装を開けてみていたら、
「そのお菓子、銀座のなんとかランキングでも有名なお菓子なんだって〜」と旦那さん。
「もっと早く教えてよー、写真撮ったのに・・」と私。
仕方ないのでもう一回包み直してみました。
なので包み方、違ってます。

b0347858_20431259.jpg

銀座の老舗萬年堂の「御目出糖」です。
まるでお赤飯のような蒸し菓子で、名前からもお分かりのように、
お祝いごとや日常の贈答品にも人気だそうです。

b0347858_20440517.jpg
見た目は赤飯のようです


食べてみると一口目は『へ?」と思う程、ごく普通。
昔ながらの素朴なほのかな甘味のある和菓子。
歯触りも、もちっとまでいかず、ややぽそっともする中途半端な食感。
でも・・・噛んで行くうちに味が深まり「すごく美味しいー」♫
くせになる味わいです。
この独特の食感と伝統的な素朴な味わいがいい具合にミックスされていて、
まるで干し芋を食べ始めたら止まらなくなる感じに似ていましたよ(?)

これからの季節なら、
雛祭りのお祝い菓子や、
進学のお祝いの贈り物にしたら・・・
とっても素敵かと思いました♪














[PR]
by coucouatable | 2015-01-21 21:04 | 料理 | Comments(0)