野菜ソムリエが綴る   季節を感じるお料理日記


by 葉山 ひより
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ひな人形にバレンタイン 〜女子のイベント

日本は季節ごとに行事があって、お食事でもそれを表現できる
素晴らしい文化があります。
最近になってそう強く感じるようになって、
その季節季節を味わって楽しみたいと思うようになりました。
もうすぐ雛祭り
今日はお天気もよく、ひな人形を出しました。

出したひな人形は3種類。
まずは娘のひな人形「おひな様の鈴飾り」
b0347858_22182156.jpg
女の子が生まれたのでひな人形を!と思いましたが、私自身のひな人形も実家に置いたまま、そういくつもあっても・・・と特別に用意しませんでした。
でも母が伊勢神宮参りをした時に、お土産屋さんにあった「鈴飾り」が気に入り、孫の雛祭りのお祝いにと買ってきてくれました。
当時の狭い部屋にはちょうどいいサイズで、他とは違うモダンな感じもして
気に入って飾っていました。



そして2つ目は私のひな人形
もう50年近く前のものです。
なんて穏やかでかわいいお顔なんでしょう。
眺めていると癒されます♡

b0347858_22190756.jpg

でも当時はひな段にだんだんと並んでいる立派なおひな様がとても素敵に見えて、
「どうして私のは女雛と男雛しかないんだろ。。」と親を恨んだものでした(笑)



3つ目は姉のひな人形50年以上前のもの。
昭和の香りがぷんぷんします(笑)

b0347858_22201574.jpg

姉の家には男の子しかいないという理由で私が引き受けました。

小さなお人形がケースの中に並び、飾っても見ていても、とても楽しくなるおひな様です。
昔、このおひな様を見るたびに、「なんで姉の方がかわいらしいものばっかり買ってもらえるんだーー」「私のはなんて地味なんだー」と恨めしく思ったものでした。
なんてひがみっぽい妹だったんでしょう(反省)

3つのおひな様を飾って、すっかり気分は春めいてきました。
ひな祭りにはちらし寿司と蛤のすまし汁を作ってお祝いしようと思います。
これこそ日本の文化ですものね♪

そして2月14日はバレンタインデー
こちらも季節行事ですか。
今は友チョコなるものが大流行りですね。
娘も部活の先輩から同級生まで皆にあげる〜♡とはりきっています。
いつも作り慣れているクッキーを作りたい♪というので、私は黒子役に

渦巻きクッキーです。
2種類の生地を重ねて、ロールして、包丁でカットするものです。
ひとつひとつ型をとったり、丸めたりするより、
この工程は楽ですよ、綺麗に完成します。
b0347858_22220133.jpg
70個ぐらい焼けました〜



渦巻きクッキー

●材料(約30個分)
(プレーン生地)
無塩バター 60g
グラニュー糖 30g
卵 1/2個
バニラエッセンス 少々
薄力粉 100g

(ココア生地)
無塩バター 60g
グラニュー糖 30g
卵 1/2個
バニラエッセンス 少々
薄力粉 100g
ココア 大さじ1

牛乳少々

●作り方
・・・プレーン生地、ココア生地それぞれ作る。
1、バターを室温で戻しておき、クリーム状になるまで練り、グラニュー糖を加えて
ハンドミキサーなどで白っぽくクリーミーになるまでよく混ぜる
2、1に卵を加えよく混ぜ、バニラエッセンスを加える
3、ふるっておいた薄力粉を加えて、ざっくり混ぜ合わせ、ラップに包んで冷蔵庫で1時間寝かせる(ココア生地の方はココアも一緒に混ぜる)

・・・それぞれの生地を伸ばして重ね巻く
4、プレーン生地は長方形(22cm×12cm)になるように麺棒で伸ばす
(クッキングシートやラップなどを敷いて伸ばすといい)
5、ココア生地も同様に長方形(22cm×10cm)になるように麺棒で伸ばす
6、ラップの上に横長にプレーン生地を置き、上面に牛乳を薄く塗り、そこにココア生地を置き、手前から巻き、ラップに包んで冷凍する
7、生地が固まったら、5〜6mmぐらいの厚さに切り、170度で温めたオーブンで13〜15分焼く

b0347858_22225696.jpg
※左上の写真は生地を縦長に置いていますが、横長で巻きます



娘は以前ご紹介したアメリカンクッキーを作った時より、かなり手が慣れてきました。
何事も経験ですね。
かわいく渦がまいて、大喜びでした。
お味の方も大満足です♡
さくっとバターの風味抜群の美味しいクッキーです。
思わずつまみ食いしたくなりますが、怒られちゃいますね↓我慢です。
b0347858_22233691.jpg
ひとつひとつのラッピングは簡単にするようです。
でも自分の名前を書き忘れないように。
だって食べてもらう時、思い出してもらえた方が嬉しいですよね♫























[PR]
by coucouatable | 2015-02-12 22:50 | デザート | Comments(0)