特大はまぐりのすまし汁 と 簡単ちらし寿司

雛祭りには
「ちらし寿司」と「蛤と菜の花のすまし汁」
を作りました。
今年は真面目にお雛様を出して、真面目にお料理作って
女の子の健やかな成長をお祝いできました♡
あとは真面目に片付けねばなりません・・。

b0347858_18323068.jpg


3月3日のスーパーは雛祭りモード全開です。
まずは大きい蛤をゲットできました。
手のひらサイズ!
b0347858_18312266.jpg
三重県の地はまぐりだそうで、1個300円もしました。
奮発しましたよ。1年に1回ですからね。

すまし汁の作り方は、
鍋に昆布出汁と蛤を入れて火にかけ、
殻がぱかっと開いたら、すぐ蛤を取り出し
お椀に入れます。
鍋の中のアクをとり、酒と塩、醤油で味付けします。
湯がいてあった菜の花を入れて温め、お椀によそいます。

蛤のいい出汁がじわ〜っと口中にしみ込み、香ります。
蛤も弾力があって甘みを感じましたー。
奮発しただけのことはありましたよ。



そして、とっても簡単に出来る「ちらし寿司」です。
こんな「干野菜ミックス」使いました。
b0347858_18304194.jpg

干野菜ミックスは10分ぐらい水につけてもどし、

研いだ米と一緒に酒、塩を少し入れて炊きました。
炊けたら、すし酢を混ぜて完成です。

ひじきの割合が多かったので、少しご飯に色がついてしまいましたが、
具を煮る手間は省けて、とても便利でしたー☆

酢飯に錦糸卵、大葉、いんげん、まぐろ中落ち、鯛、いくら、カニ身を
散らしました。
とても華やかに出来ました♪

b0347858_18323068.jpg


おやつには桜餅ではなく・・きなこ餅

b0347858_18325816.jpg



先日パン教室で習ってきたものです。
パン捏ね機を使えば、簡単にもちもちのお餅が出来ます。
b0347858_18332924.jpg


餅粉から作ったお餅に
(餅粉と水などを混ぜたものをまず茹で、それから捏ね機でこねます)
うぐいす豆と大納言かのこをはさんで
きな粉をまぶしました。
お餅にきなこにお豆・・最強の組み合わせです(笑)
めちゃくちゃ美味しいですー。
さらに出来立てはとろとろもちもち♡です。
お餅、サイコー!
日本人でよかったと思う瞬間です(笑)

b0347858_18400594.jpg
パン捏ね機はパン生地だけでなく、お餅やケーキ作りにも使える優れもの♪
美味しすぎて・・また明日も作りたい〜♪























[PR]
by coucouatable | 2015-03-04 21:25 | 料理 | Comments(0)