おうちでごちそう!  春の訪れ〜ふきのとう味噌

田舎の両親が上京しました。
父は84歳、同居の兄家族に大切にしてもらい、
3食昼寝つきの気ままな生活を送っています。
それでもここにきて急に体力が衰えて、食も細くなりました。
最近、母はそんな父を心配してか、
あちこち外へ連れて出す努力をしています。
私が子どもの頃は、冗談でもおしどり夫婦とは言えませんでしたが、
いつの頃からかその壁を越えたのでしょうか、
今となっては仲良し夫婦みたいに写ります(笑)

お土産に黒にんにくを持って来てくれました。
これは自家製。
b0347858_20102309.jpg
にんにくを丸ごと炊飯器に入れて
なんと17日間保温したら出来上がるそうです。
強烈な匂いを放つそうなので、広い場所・・
田舎でないと作れませんよね。
青森産の大きなまるまるとしたにんにく。
にんにく臭さはなく、ねっとりとした食感に、
酸味と甘味が共存して、
食べると元気が湧いてきます♫



父が我が家に泊まるのは数年ぶりです。
食べる事が何よりの楽しみ♡の父ですので
満足してもらえるよう賑やかにテーブルを飾りました。

b0347858_20122498.jpg


お魚屋さんで毛ガニとお刺身を用意してもらい、
その他のメニューは

かきのアヒージョ (クリックすると以前の掲載レシピが見れます)
小松菜の油揚げ巻き (  〃  )
三つ葉と白菜のザーサイサラダ
ふきのとう味噌

b0347858_20013273.jpg
一番手前が「ふきのとう味噌」、後ろがおなじみ「カキのアヒージョ」
その右が「小松菜の油揚げまき」


b0347858_20031159.jpg
「セロリのピリッと炒め煮」と「三つ葉と白菜のザーサイサラダ」


ほとんど、これまでブログで紹介したものですね。
「うーん、おいしい。おいしい。」と何度もうなって食べてくれました。
ちょっとした親孝行が出来ましたよ。


ふきのとう
庭の畑に芽を出したものです。
春の訪れですね。
b0347858_21034517.jpg
それを摘んで湯がいて刻み、みそ・メープルシロップ・すりごま
で合えました。
ふきのとうの苦みと甘いみそのコラボで
白いご飯がぐんぐん進みます。
危険です・・食べ過ぎ注意(泣)

翌日は朝ご飯にふきのとう味噌のおにぎりを作りました。
これもなかなかいけました♫

b0347858_20302800.jpg
団子三兄弟みたい♡


楽しい時間はあっという間です。
また来るね〜と帰って行きました。














[PR]
by coucouatable | 2015-03-11 20:49 | 料理 | Comments(0)