冬の葉山に来るわけ・・閑かな海と暖炉で焼き芋

世田谷から車をとばして1時間もすれば葉山に着きます。
ちょっとだけ空いた時間を活用して、
週末の夜に葉山へ。
翌日にはまた世田谷に戻ります。

こんな少しの小旅行でも気持ちはリフレッシュします。
葉山に着いて、暗い海に光る対岸の灯りを眺めながら風に当たると、
不思議に身体の緊張が解きほぐされる感覚があります。
自然の力は偉大です。

冬の葉山に何しに行くんでしょう?
人気のない海岸ほど贅沢なものはありません。
広い海岸を独り占めですから。
葉山の穏やかな海を見つめ、波をただ眺めているだけ、
波の音に耳を澄ませば自然に身体が癒されていきます。

b0347858_21384736.jpg


b0347858_21410627.jpg
ハルも海にいればご機嫌です



海岸に「わかめ」が干してありました。
旬です♫
珍しい光景です。
久しぶりに、ニッポンを感じました〜。
b0347858_21394118.jpg


そして・・葉山でのお楽しみは「焼き芋」です♡
暖炉で焼き芋を作るのが定番です。

「焼き芋」の作り方は
まずイモを洗い、濡れた状態で新聞紙にくるみ、
その上からアルミホイルで包みます。
暖炉の温度が十分温まってから(250度くらいまでいくといいです)
薪の炎が静まって赤い炭になるのを待って、
アルミホイルで包んだイモを暖炉に入れます。
20分ぐらいして、竹串などで刺して、すっと刺さるようなら
完成です。
b0347858_21375021.jpg
今回の焼き芋の出来、この冬一の出来でした。
息子が作ってくれましたが、腕があがってます(笑)

イモの種類はじゃがいも(メークイーン)とサツマイモ(安納いもとはるか)
メークイーンはじゃがバターで頂きますが、
バターに砂糖が入ってるんじゃ?と思う程、
甘くほっくり出来ました。
b0347858_21354116.jpg

サツマイモは触ると柔らかくふわふわです。
安納イモは濃い黄色が美しい!
b0347858_21360403.jpg
はるかの方は、新聞紙をはがすと、蜜がにじみ出ていました。
透き通っているかのような見た目。
これは期待できる♡
b0347858_21364138.jpg
食べてみて、甘くてねっとり完成しました。
おいしい!!


イモ好きのハルもこの時ばかりは大興奮です。
早くおこぼれを頂戴しようと、おすわりをしておねだりしてみたり
あっちうろうろ、こっちうろうろ、落ち着きません。
おイモをあげた時の食べる様は、慌てて殺気立っていて、
かわゆくないのが残念ですが(泣)
b0347858_21401158.jpg
イモの虜です〜♡



また葉山に来ようね、ハル!

















[PR]
by coucouatable | 2015-03-15 22:58 | 旅行 | Comments(0)