野菜ソムリエが綴る   季節を感じるお料理日記


by 葉山 ひより
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やきものの里めぐり 佐賀へ (伊万里焼)③

唐津を後に、向かうは伊万里です。
伊万里市南部の「大川内山」という
300年の歴史と伝統が息吹いている窯元の里に行きました。

街には、いたるところに焼き物が。
壁に陶板の案内図がはめこまれていたり、
橋の欄干が焼き物だったり。
b0347858_21142277.jpg
焼き物の街にやって来ました〜とテンションがあがります♪


「大川内山」は山に囲まれ、
石畳の小道とレンガ造りの煙突が印象的な美しい街でした。
そこに沢山の窯元が並んでいました。
b0347858_21161307.jpg


伊万里焼は、美しい絵や文様が描かれた磁器。
洗練された手描きの絵や文様が女性好みです♡
b0347858_21185293.jpg


豆皿や手塩皿やおちょこが目につきました。
b0347858_21171102.jpg
かわいい豆皿

b0347858_22090913.jpg
ぐい飲みも使い方でいろいろ用途があります


手塩皿はちょっとしたお菓子やあめ玉をのせたり、
塩などの調味料や薬味を入れたり、
使い方はいろいろあります。

でも、沢山ありすぎて目移りして、なかなか選べませんでした。
入る店入る店、
沢山の器が所狭しと並んでいて、
ここは窯元の雰囲気ではなく
お土産屋さんのようでした。
もっと下調べして好みの釜を探して行く方が
じっくり楽しめたかな・・。

ごちゃごちゃにお皿を積み上げられたら、
折角のその良さが分かりません(泣)

あったらいいなと思うのは、
例えば・・・
綺麗なテーブルコーディネートの提案、
美味しそうなお料理の盛り合わせの提案、
空間の美を使って皿が美しく見える陳列の工夫・・とか。
そうしたら、「その器をこう使おう!」
という夢が膨らみませんか?
昔ながらの販売方法のままでは
発展していかないのでは・・と
素敵な焼き物を眺めながらちょっと残念に思いました。

それでも最後に「是隆釜」で見つけた
綺麗な桜の花びらのおちょこを購入しました。
b0347858_22120278.jpg
とっても可憐で美しい器です。
作家さんが言うには、
「お酒を注ぐと、花びらが浮かび上がりますよ」と。
帰ってからのお楽しみ♡になりました。

途中、窯元のお店で喫茶店を併設しているカフェ響で一休みしました。
伊万里焼きの器で紅茶やコーヒーを頂けます。
伊万里焼きの器一式揃うのも素敵ですねー。
おいしいお茶が頂けました♪
b0347858_22171249.jpg
b0347858_22181414.jpg



その日のお泊まりは武雄温泉です。
温泉宿に行く前に武雄市図書館に寄ってみました。
b0347858_22190811.jpg
建物もオシャレで素敵でした


当時の革新的な武雄市長が実現した
「TSUTAYA」とのコラボの図書館。
図書館にTSUTAYA、スターバックスコーヒーが
併設された施設です。
コーヒーを片手に、横にある椅子に腰掛けて本が読める・・
代官山や湘南にあるT-SITEを彷彿とさせる場所でした。
b0347858_22201729.jpg
入るとすぐ目をひいたのは・・書架


週末だったこともあるかもしれませんが、駐車場は満車。
沢山の市民が集っていました。
沢山の税金を投入して・・
個人情報の流出の危険が・・など
いろいろ意見もあるようですが、
訪問してみるとそこは間違いなく市民の憩いの場、
情報収集や情報交換の場になっていると思いました。

普通の図書館の概念を一掃する作りでした。
本の配置の仕方やインテリア性の高い本棚や照明など
従来の図書館とは全く別もの。
個人的には、民間が入るとこうも活気づくのかと、
こんな図書館があったら
生活者としては嬉しい♪と思いましたよ。


つづく












[PR]
by coucouatable | 2015-04-03 22:45 | 旅行 | Comments(0)