野菜ソムリエが綴る   季節を感じるお料理日記


by 葉山 ひより
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やきものの里めぐり 佐賀へ (有田焼)⑥

有田焼のすばらしい作品を眺めた後は、
ショップをまわるために上有田へ移動しました。

有田焼の伝統的な文様や技法を継承しつつ、
現代のライフスタイルに合ったデザインや形の
商品が並ぶお店が並んでいます。
普段使いに最適でモダンなものが多かったです。
セレクトショップに入ると、いろいろな釜の商品が並んでいて
とても楽しいですよ♪

途中、釜を作るレンガ、ドンバイを赤土で固めた「ドンバイ塀」が残る小道を散歩したり、昔の建物が残るレトロな街並を見学したり、
鳥居や灯籠が焼き物で出来ていたりする「陶山神社」にお参りしたりしました。
b0347858_08123716.jpg


さて、有田焼の窯元めぐり、最後はそうた釜へ。
b0347858_20420544.jpg

おうちで日常に使っている湯飲み茶碗そうた釜のものでした。
東京のお店で出会い、一目惚れして購入。
長年、コーヒー茶碗や茶碗蒸しの器として使っています。
モダンなデザインが料理を引き立ててくれます♪
お客さんにお出しすると、「素敵なお茶碗〜♡」と
褒めて頂ける事も多いお茶碗です。
b0347858_20335381.jpg
ある時のお料理教室のデザートとお茶の写真
これがそうた釜の茶碗




大好きな普段使いの器を直接釜元で見れるとは・・感激♪でした。
東京で売ってる時は、種類も限られていますが、
ここではお皿も大皿から小皿まで、お椀もいろいろな形や大きさがあり種類も豊富、また絵柄も豊富でした。
b0347858_20441338.jpg
しかもお店の小売価格より随分安く手に入ります!
購買意欲が急上昇でした(笑)

どれにしようかな・・柄と形といろいろ眺めて検討。
b0347858_20445873.jpg
候補にあがったお皿たち

普段使いしやすそうなものを数点注文して帰りました。
(置いてある器はサンプルで在庫がないものは注文になりました)


b0347858_16421686.jpg
制作中の現場も見せて頂きました

釜主に出会えて、
工房も見せて頂け、
絵付けの話も聞けたり、
おうちで使ってるお茶碗の評判のいいこともお伝えでき、
通常価格よりぐっとお得に買い物も出来て
なんだかとても嬉しかったですー☆


窯元めぐりの旅もこれで終わりです。
帰りの飛行機の時間まで少々あったので、
さくっとひとっ風呂浴びることに・・。
最後まで一秒足りとも無駄にはしませんでした(笑)


武雄温泉は古い歴史が残る温泉です。
竜宮城を連想させるような入り口の桜門は国の重要文化財だそうです。

b0347858_20573930.jpg

昔ながらの公衆浴場の風情たっぷりでした。

b0347858_20581740.jpg
お湯は何種類もありましたが、明治時代の建築物で高天井のある「元湯」にはいりました。
あつ〜いお風呂に浸かって、旅の疲れも癒えました〜。

帰りは長崎空港から。
武雄から車で1時間ぐらいで到着です。

やきものの里を訪ねる旅・・
これまでとは違う大人の旅が実現できて、感無量でした。

初めて訪ねた佐賀県はとてもいい所でした☆
歴史が随所に残り、美しい自然に囲まれ、
おいしい山海の幸にも恵まれ、
何よりも窯業の盛んな街です。

窯元めぐりをして
伝統が息づく和風旅館に泊まってみて、
日本の良さを多いに実感できました。
全国にその良さをもっとアピールし、
世界にも「ジャポニズム」を発信すれば面白いのに・・。
佐賀県、もっと頑張って〜!という気持ちです。

旦那さんもすっかり「窯元めぐり」が好きになったようです。

子ども達へのお土産はこれ。
b0347858_08201662.jpg
北海道土産の「じゃがポックル」がとても美味しい♪ので、
こちらも期待できます〜厚切りなのが特徴です


b0347858_08222170.jpg
あとはこれ、長崎は観光してませんがついつい・・



新しい器が届いたら、これからの食卓やお料理教室に、新しい器の登場です〜☆
見ていて楽しくなるテーブルセッティング、
大好きな器にささっと手料理を盛りつけ、
健康的で美味しいお料理で
楽しい時間を過ごしたいと思います♪


おわり








[PR]
by coucouatable | 2015-04-08 11:41 | 旅行 | Comments(0)