おふくろの味 大好きな「フキ料理」 oishii

東京は毎日晴天続きで、
梅雨入り前、空気もからっとして清々しく
最高に気持ち良いですね♪
花屋さんの店先には、色とりどりの花の鉢が並び、
野菜の苗も目につくようになりました。

休眠地だった(反省してます・・)おうちの畑も
さあ!そろそろ夏野菜を植えるシーズンです。
今年は「食卓の脇役ながらも重要な役割を果たす野菜!」を中心に植えることにしました。
イタリアンパセリ、パクチー、みょうが、小ねぎ、モロヘイヤ、ミニトマト(アイコ)を揃えました。
ちょっと色どりが欲しい・・薬味が欲しい・・なんて時にとっても重宝しそうです♪

b0347858_21441093.jpg
さてちゃんと育ってくれるかな・・。
大事に育てて、美味しく♡収穫したいと思います。
b0347858_22091332.jpg
植えっぱなしのハーブやにらも春になって青々と茂りました〜



フキも春になるとにょきにょきと姿を現してくれます。
b0347858_21432763.jpg
先日ふきのとうが出て来た!と思ったらあっという間に大きく茂りました



「あなたの一番好きな野菜は何ですか?」と聞かれたら
私は迷わず「フキ」と答えます。
子どものころから大好きでした。
庭に自生していたフキの料理が食卓によく並びました。


よく食卓に並んだフキ料理の定番のご紹介します。
b0347858_21450534.jpg


フキとお揚げの炒め煮

フキの下ごしらえ
1、茎の部分を鍋に入る長さに切って、まな板の上に並べ塩をふってごろごろ板ずりし、たっぷりの湯でゆでます。
2、茹で上ったら、水につけながら、フキの筋を剥きます。

フキの下ごしらえは面倒だと思われがちですが、
大好物の下ごしらえなんですから・・全く苦になりません(笑)
b0347858_21444692.jpg
穫れたてのフキは本当に柔らかいんです〜


●作り方
1、茹でたふき、にんじん、油揚げを同じ長さに切り、しめじは石突きを切りほぐす
2、鍋にサラダ油を熱し、中火でふきとにんじんを炒め、しんなりしたら、油揚げとしめじを加え混ぜ合わせ、粉末だし(茅乃舎のだし)、酒、塩、醤油で味付けして煮る


b0347858_21450534.jpg
柔らかくて少し苦みのあるフキがもう美味しすぎです〜


茅乃舎のだしは化学調味料、保存料など無添加。
あごだしがアクセントになって、とても優しい風味に仕上がります♪

b0347858_22060997.jpg
重宝するので常備しています



レシピブログ
レシピブログに参加中♪







[PR]
by coucouatable | 2015-05-01 22:31 | 料理 | Comments(0)