とちぎ野菜サポーター 「白美人ねぎ」視察①

今年度は、野菜ソムリエとして
「とちぎ野菜サポーター」に任命され、
栃木産野菜の素晴らしさを生活者にアピールするという
大切なお務めがあります。

サポーターメンバーでいざ出発!
栃木県へ行って来ました。

今回の野菜は「白美人ねぎ」
通常の長ネギより白い部分が長い
栃木県のブランドねぎです。
b0347858_13025007.jpg
白い部分が長く美しい「白美人ねぎ」


最初に向かった先は大原市にある南部園芸センター
野菜・果物など集まった農産物を選別し、パッケージ、出荷まで行うところです。


まず目に飛び込んできたのはいちご
栃木県と言えば「とちおとめ」が有名ですね♪
b0347858_13034874.jpg
選別されたいちごが並んでいましたが
「3L」から「G」まで、こんなに細かく選別されているとは
驚き!でした。


さて次は長ネギ。
「白美人ねぎ」にはハウス栽培と露地栽培とあります。

白美人ねぎの特徴は
生でも食べられるように、
辛みが少なく甘味があり、やわらかい。

生でも食べられるネギ?
このようにスティック野菜のように
ぽりぽり頂くことだって出来ちゃうんですよ!!
b0347858_13045439.jpg
白美人ねぎを生でねぎ味噌と
辛みの少なく、繊維も気にならず柔らかい♪



市場価値が高いので、
他の産地の長ネギよりお値段もお高いですが、
生でも焼いても煮ても美味しい!おネギ。
東京にほとんどが出荷され、
県内にはあまり残らないらしいですよ。
そうです、うちの近くのスーパーにも
「白美人ねぎ」見かけますもの。
ありがたい♪


出荷される、露地栽培の白美人ねぎ
b0347858_13084422.jpg
日本農業大賞受賞!



ハウス栽培の白美人ねぎ
予冷された上、発砲スチロールで温度管理されて、届けられます。
徹底した品質管理です。
b0347858_13130938.jpg
日本農業大賞受賞!
ハウス栽培と表示もあり、
露地よりさらに長さがあります


こちらは規格外の長ネギたち。
b0347858_13064486.jpg
これらは、加工食品などに利用されるそうです

曲がっているとか、白い部分が長過ぎるとか、皮が傷ついてるとか・・
規格外として外されるにはもったいない・・。

「なんでこんなに選別の目が厳しいんでしょうか?」
との問いに、
「ここら辺の気質だよ」と。
負けず嫌い気質から、選別の目が厳しく、
それが栽培にも繋がっているそうです。
頼もしい限りです。


次なる視察場所は白美人ねぎの圃場です。
露地栽培とハウス栽培の2カ所。
美しいねぎ畑を見る事が出来ました。
続きはまた明日!












[PR]
by coucouatable | 2015-12-14 13:31 | 野菜ソムリエ | Comments(0)