泉州水なす勉強会で じゅわっとジューシー水なす料理

野菜ソムリエの大先輩、越川純さん主催の
「泉州水なすの勉強会」に参加しました。

b0347858_23202549.jpg


「水なす」は大阪南部の泉州地区の伝統野菜。
各農家さんで種を自家採取して、
種を守りながら作り続けている、
長〜い歴史のある野菜なんです。

b0347858_23202770.jpg
つやつやぴかぴか


「水なす」とはその名の通り、水分をたっぷり蓄えたおなす。
ぎゅっと絞ると、水がしたたります!
これ本当。
皮も柔らかく、甘味があります。

アクが少なく、ジューシーな分、
生で食べるのがおすすめです。

勉強会では、生で
「水なすとイチジクのサラダ」を頂きました。

b0347858_23202810.jpg
水なすとイチジクの組み合わせもニクイです♪
塩とオリーブオイルで頂きます。
なすを食べれば、じゅわ〜っとなすの水分がお口に広がります。
甘くておいし〜♪


そして「水なすとオクラの和風サラダ」
さっと炒めた水なす、昆布塩の味付けで頂きましたが
和風の味付けにも、よく合いました♪
パスタにしてもオシャレですね。

b0347858_23202961.jpg

お土産に「泉州水なす」を頂いて帰りました。
その美味しさを知らなきゃ、
なかなか手にとらないお野菜です。

帰って、冷蔵庫になる食材で
あれやこれや水なす料理の試作をしてみました!

まずは、水なすをカナッペ風にアレンジを。


水なすをスライスした上にトッピングしたのは
モロヘイヤのおかか醤油あえ
クリームチーズとレーズン
梅みそと香味野菜(みょうがと大葉)

b0347858_23203165.jpg

「モロヘイヤのおかか醤油あえ」
とは
さっと湯がいたモロヘイヤを刻んで鰹節とだし醤油で混ぜたもの
「梅みそ」とは
梅干しの種を除きペーストにして、味噌と混ぜたもの
です。

どの組み合わせもなかなかいけますよ。
何より、水なすがジューシーなので、
さらっと食べられちゃうんです。

クラッカーやパンに乗せると、
それだでお腹いっぱいになってしまいがち。
これならヘルシーでたくさんの種類楽しめます。


b0347858_23203214.jpg
おもてなし料理に最適♪かと思います



続いて
「水なすと桃とパクチーのアジアンサラダ」

生の水なすと桃、パクチーを刻んで、
ドレッシングはツナ、ナンプラー、レモン汁、にんにくすりおろし、砂糖を混ぜました。
水なすと桃、そしてパクチーの組み合わせ、
ありです!
意外だけど、美味しい♡

b0347858_23203335.jpg


最後に、水なすとみょうがを塩麹であえました。
これも塩麹の自然な甘味が加わり、
お漬け物のように
サラダのように箸が進みます。

b0347858_23203557.jpg
1時間もして、味がしみ込めば出来上がり〜



「水なす」って、これまで、
高級野菜で敷居が高いという印象でした。
でも勉強会で学んでみて、
生で食べられるメリットを活かして
普段の食事にも取り入れられると分かりました。
ぐ〜んと身近に感じられるお野菜になりました。

春から秋まで出回る「泉州水なす」
是非、シーズン中に一度お試し下さい♪




[PR]
by coucouatable | 2016-09-16 17:49 | 野菜ソムリエ | Comments(0)