パンウェイ先生の薬膳教室 元気に冬を過ごす、食養生

去年の春から
パンウェイ先生の薬膳教室に通っています。

「薬膳」と聞くと、特別な生薬を使うイメージですが、
こちらでは、身近にある食材で、
季節にあった料理を教えていただけます。

b0347858_22575969.jpg
色とりどりの料理が並びます



パン先生のキュートで元気なオーラに満たされて、
まずは、季節と身体と栄養の話から始まります。

今回伺ってきたお話をここでちょっとご紹介!

寒い季節は、
血圧が安定せず、心臓が疲れる時期。
そんな季節には「赤い」食べ物がいいそうですよ♪
赤い色をした、日本では珍しい「サンザシのお茶」を頂きました。
サンザシは簡単に手に入りませんから、
クコの実やナツメなどありますね!
トマトは夏の食べ物ですから、オススメされません。

b0347858_22580044.jpg
パン先生が推奨する五色で彩られたお皿



また、酸味のあるものをとることで、
血流が良くなるという話もありました。
酢の物や柑橘類がオススメです。

そしてもう一つ、冬は腎臓が弱くなる季節。
そんな季節は黒いものがいいそうです。
海藻、ごぼう、きのこ、黒豆、黒ごま・・・。

とにかく暖かくして、体を冷やさないことも大切です。
先月は、薄手のセーター1枚で教室に伺ったら、
それじゃ冷えるでしょ〜!とご注意を受けました(笑)


お話の後は、料理2種類を皆さんで作ります。
今回作ったのは、
「鳩麦ソースのラムケバブ」

b0347858_22580133.jpg
ラムケバブの隣にあるのが鳩麦ソース


「高野豆腐と冬野菜の牛筋煮」

b0347858_22580202.jpg
中華風の煮物です



冬の季節、大切なこと、まだあります。
「たんぱく質をしっかりとる!」です。
免疫力が落ちる季節、たんぱく質をたくさんとって
元気な身体を作ります。

特にオススメなのが「ラム肉」
身体を温めてくれるお肉です。
特有の臭みを取るために、ハーブもたっぷり入れて
ハンバーグ(ケバブ)にしました。

これ、めちゃうま♡でした。
あんまり美味しくて、黙々と食べちゃいました・・。
鳩麦ソースがハイクオリティーで
ラムとの相性抜群で、脱帽!!でした。


1年を通して、パン先生のお教室に通って
1年の流れを学ぶ予定です。
季節に合わせた食養生、とても大切ですから。
薬膳教室で学んだことも
自宅での料理教室に取り入れて行きたいと思います。


来週から始まる自宅での料理教室は、
お鍋料理を入れたメニューをご紹介します。
ポカポカお鍋で身体を温めたい♪
生姜やニンニクやネギ、ニラなども食材として出てきます。
こうしたお野菜の役割などのお話も含めて
ご紹介予定です。
(料理教室についてのお問い合わせはこちらへ

さて、冬のお料理教室も全力投球!
頑張ります。






[PR]
by coucouatable | 2017-01-13 09:30 | 料理教室 | Comments(0)