2017年 04月 13日 ( 1 )

前回のブログで、
ホームパーティーの極意は段取り
とお伝えしました♪

メニューを決めてから
あらかじめ作っておけるものは、
数日前から作りました。

例えば、「大根とゆずの甘酢和え」「牡蠣のオイル漬け」「ピクルス」
数日経ったほうが美味しくなるので、
5日前ぐらいに作りました。

b0347858_20583108.jpg


前日はローストビーフを作りました。
あとはミートボールのタネを作りました。

その他のメニューは当日に。
サラダは野菜を切ったり、茹でたりしておき、
ドレッシングも準備します。
そして開始直前に和えるだけの状態にしておきます。
そうすると味がボケません〜。

このように段取りしておけば、
比較的落ち着いて、おもてなしできますよ♪
余裕があれば、自分も楽しめますから♡


今日は、先付けのように小鉢に出した
「ちょこっとおつまみ」の紹介をします。


旬のホタルイカを使ったアヒージョ

b0347858_20583278.jpg
ぐい呑みに入れてセッティング



ホタルイカとドライトマトのアヒージョ

●材料
ホタルイカ 20匹(茹でてあるもの)
ドライトマト 3枚
にんにく 2かけ
鷹の爪 1個
ミョウガ 1個
オリーブオイル 100cc

●作り方
1、ドライトマトは千切りに、にんにくは薄くスライス、ミョウガは千切りにする
2、小鍋にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪、ドライトマトを入れ、弱火で火にかける
3、ふつふつと煮立ってきたら、ホタルイカを加え、温まったところで、ミョウガを加え火を止める

b0347858_20583388.jpg
ドライトマトの甘みとホタルイカの味噌の旨味で
お酒がすすむすすむ・・



春を感じる一品
「ウドと八朔のオリーブ油あえ」

b0347858_20583425.jpg



ウドと八朔のオリーブ油あえ

●材料
ウド(春香) 1本
八朔 1/2個
塩 適量
オリーブオイル 適量

●作り方
1、ウドは皮をむき、薄く拍子木切りにし、水につけてアクをとる
2、八朔は皮をむき、実を取って、小さく切る
3、ウドをザルにあげ、水気を切って、ボウルに入れ、八朔と混ぜ、塩とオリーブオイルで和える


b0347858_20583425.jpg
ウドの苦味と八朔の爽やかな酸味が
大人の味を演出してくれます



次回もレシピを紹介します!

[PR]
by coucouatable | 2017-04-13 23:50 | おつまみ | Comments(0)