カテゴリ:野菜ソムリエ( 15 )

とちぎ野菜サポーターとして
栃木産「白美人ねぎ」の視察に栃木県へ行きました。
最後の視察場所は、ハウス栽培の圃場です。


白美人ねぎは白い部分が長いのが特徴ですが、
ハウスで栽培されたものは露地のものよりさらに長いんです
b0347858_18504326.jpg
左がハウス栽培、右が露地栽培


白い部分が30cm以上あるのが白美人ねぎですが
ハウスのものは40cmもあるものもあります!


訪問したのは、増渕さんのハウス。
9棟もあるハウスで、それぞれ時期をずらして栽培し、
一年を通して出荷しています。



まずはネギの苗のハウスから見せて頂きました。
小さな穴に種を入れ、途中長さを揃えるためにカットしながら、
50日から60日育つのを待ちます。
b0347858_18520321.jpg

そして定植
こちらは定植後2週間たったところのハウスの中。
b0347858_18524474.jpg

定植はこのお手製の機械で行います。
b0347858_18532077.jpg
一人がこの機械を土に埋めて、
一人が苗を投入して・・という具合に。


こちらは定植後5ヶ月たったハウスのネギ
白い部分を伸ばすために
このような遮光板にはさみます。

b0347858_18535705.jpg
発砲スチロールの遮光板は
試行錯誤の末完成した栃木県独自の板!


葉の部分は、光合成をするので緑色に、
日が当たらない部分は美しく真っ白に♪なります。



収穫された「白美人ねぎ」
b0347858_18570995.jpg


最後に収穫した白美人ねぎを機械に入れて
周りの皮をはぎ取ります。
これで真っ白なピカピカのネギとして出荷されます。
b0347858_18542889.jpg

こちらの作業場では、ネギの香りが一面に漂っていました。
増渕さん曰く「この空気を吸っていると年中風邪ひかないよ」と。
そうですね、昔から風邪ひいたら、
首に焼いたネギ巻いて・・という風習がありました。
さすがのネギパワーです♪

身体を温めたり、殺菌作用のある長ネギ、
風邪をひかない身体作りのためにも
是非是非この冬、たくさん食べて頂きたいです。


こちらはお土産に頂いて、帰ってから速攻作った
「白髪ネギと油揚げのサラダ〜ゆず胡椒ドレッシング」です。
b0347858_19002671.jpg
甘くて美味しい一品


冬は長ネギの旬です。
栃木産「白美人ねぎ」みかけたら、
生でよし!焼いてよし!湯がいてよし!
是非お試し下さい♪






[PR]
by coucouatable | 2015-12-16 10:50 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
とちぎ野菜サポーターとして、
栃木産白美人ねぎの圃場へ視察に行きました。

白美人ねぎは露地栽培ハウス栽培があります。

まずは露地栽培の圃場へ。
鈴木さんの畑へお邪魔しました。
b0347858_13422204.jpg
一帯に水田が広がり長閑で美しい風景
ふかふかの黒土に立派なねぎが連なります


周りは水田なのには理由がありました。
田んぼの中で作ることで美味しいおネギが出来るのです。

田んぼの土には栄養がたっぷり含まれています。
また連作障害といって、
同じ畑で同じ作物を作り続けていると、
畑の栄養分が偏ったり、病気になりやすくなったり・・
いろいろと問題が生じます。

その連作障害を防ぐためにも、
1年おきか2年おきに水を入れて田んぼにして、転作しているそうです。
そうすることによって菌が死滅し、土が再生されます。
まさに田んぼと共生する長ネギ!です。


畑で取ったねぎを見せて頂きました。
葉が何重にも重なっています。
これを出荷時には剥いて、先の青い部分も切ります。
新鮮なので手でぽきっと折れました(驚)


b0347858_13451528.jpg
白美人ねぎで金賞をとられた村井さん



b0347858_13455959.jpg
つややかな白美人ねぎ


「白美人ねぎ」は、栃木県で統一のマニュアルに基づいて栽培されています。
農薬の濃度にはとても厳しく、
なるだけ少ない農薬で栽培されており、
農薬をまいた直後に出荷さるような事は絶対なく、
安心・安全が守られている野菜だと強調されていました。

ねぎはもともと表面がつるつるしているので
農薬などが付きにくく、
葉が何枚も展開して成長するので
残留農薬の心配はないという話でした。
また根から水分を多く吸う野菜ではないので
セシウムなどの放射能の心配もないということでした。

美味しい上に安心安全が保証されれば
これ以上嬉しいことはないですね♪

b0347858_13582855.jpg
村井さん、鈴木さん
ご案内ありがとうございました♡


次の視察はハウス栽培の白美人ねぎの圃場です。
続きは明日!


b0347858_18552683.jpg
試作中の白美人ねぎのピクルス
めちゃうま♪




[PR]
by coucouatable | 2015-12-15 20:35 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
今年度は、野菜ソムリエとして
「とちぎ野菜サポーター」に任命され、
栃木産野菜の素晴らしさを生活者にアピールするという
大切なお務めがあります。

サポーターメンバーでいざ出発!
栃木県へ行って来ました。

今回の野菜は「白美人ねぎ」
通常の長ネギより白い部分が長い
栃木県のブランドねぎです。
b0347858_13025007.jpg
白い部分が長く美しい「白美人ねぎ」


最初に向かった先は大原市にある南部園芸センター
野菜・果物など集まった農産物を選別し、パッケージ、出荷まで行うところです。


まず目に飛び込んできたのはいちご
栃木県と言えば「とちおとめ」が有名ですね♪
b0347858_13034874.jpg
選別されたいちごが並んでいましたが
「3L」から「G」まで、こんなに細かく選別されているとは
驚き!でした。


さて次は長ネギ。
「白美人ねぎ」にはハウス栽培と露地栽培とあります。

白美人ねぎの特徴は
生でも食べられるように、
辛みが少なく甘味があり、やわらかい。

生でも食べられるネギ?
このようにスティック野菜のように
ぽりぽり頂くことだって出来ちゃうんですよ!!
b0347858_13045439.jpg
白美人ねぎを生でねぎ味噌と
辛みの少なく、繊維も気にならず柔らかい♪



市場価値が高いので、
他の産地の長ネギよりお値段もお高いですが、
生でも焼いても煮ても美味しい!おネギ。
東京にほとんどが出荷され、
県内にはあまり残らないらしいですよ。
そうです、うちの近くのスーパーにも
「白美人ねぎ」見かけますもの。
ありがたい♪


出荷される、露地栽培の白美人ねぎ
b0347858_13084422.jpg
日本農業大賞受賞!



ハウス栽培の白美人ねぎ
予冷された上、発砲スチロールで温度管理されて、届けられます。
徹底した品質管理です。
b0347858_13130938.jpg
日本農業大賞受賞!
ハウス栽培と表示もあり、
露地よりさらに長さがあります


こちらは規格外の長ネギたち。
b0347858_13064486.jpg
これらは、加工食品などに利用されるそうです

曲がっているとか、白い部分が長過ぎるとか、皮が傷ついてるとか・・
規格外として外されるにはもったいない・・。

「なんでこんなに選別の目が厳しいんでしょうか?」
との問いに、
「ここら辺の気質だよ」と。
負けず嫌い気質から、選別の目が厳しく、
それが栽培にも繋がっているそうです。
頼もしい限りです。


次なる視察場所は白美人ねぎの圃場です。
露地栽培とハウス栽培の2カ所。
美しいねぎ畑を見る事が出来ました。
続きはまた明日!












[PR]
by coucouatable | 2015-12-14 13:31 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
栃木県のおいしい野菜たちを
広く生活者にアピールしていく・・・とちぎ野菜サポーター

6月15日に栃木県宇都宮市で
「第6期とちぎ野菜サポーター任命式」がありました。
メンバーは5名。
b0347858_12045954.jpg
執筆活動、アスリート向けの食事指導、食育活動、料理教室・・・それぞれの分野で活躍のメンバー達です。ちなみに・・私(葉山ひより)は右はじです。


会場には栃木産のねぎ・にら・トマト・きゅうり・なすが。
つやつや輝いていました♪
b0347858_12155753.jpg

任命式で賞状と名刺を手渡され、
自己紹介兼決意表明を行うと、
気持ちもひきしまります!
b0347858_12041017.jpg
任命式を終えて、
栃木県の皆様の期待に応えるべく、
野菜ソムリエとして「栃木野菜の美味しさ」を発信したい!
美味しい♡楽しい食卓作りや家族の健康作りにつながる手助けを!
と強く思いました。



任命式を終えるとちょうどお昼ご飯時です。
昼食は川田農園経営のレストラン「きずな」で頂きました。
川田農園といえば都内のレストランでも
「川田農園の〇〇を使った・・」というメニューも見かける
こだわりの生産者さんです。
b0347858_12161988.jpg
野菜とパン、スープがビュッフェスタイルで、
メイン料理を4種類から選びました。
最後に飲み物とデザートまでついてきます。
平日だというのに地元のお客さんで賑やかに賑わっていました〜。



午後からは現地視察会(なす)で
なすのパッケージセンターに伺いました。
農家さんが収穫して持ち込んだなすを選果選別して袋詰めを行う工場です。
農家さんの出荷にかかる作業を軽減して、その分生産活動に専念してもらう目的で作られています。なるほど・・。

b0347858_12060473.jpg
しっかりお勉強です〜


人の目でなすの仕分けや選別を。
選別されたなすは機械にのって、袋詰めされます。
b0347858_12165934.jpg

市場のニーズに合わせ、3個入り、5個入りのパッケージになります。
b0347858_12172379.jpg

工場内はひんやりとして温度管理されていましたが、
袋詰めされたなすたちも一旦予冷庫に入り、
出荷の際も予冷されたトラックなどで運ばれていきます。

私たちの食卓になすが並ぶまで・・
美味しい新鮮な野菜を届けようと、多くの人たちの手を通して運ばれている事を改めて実感です。
大切に食べたいという気持ち♪になります。


栃木産の「千両2号」という品種のなすはとても美味しいなすです。
b0347858_12175985.jpg
皮が薄く、果肉がやわらかく、味がしみ込みやすく
生でも、焼いても、煮ても、揚げても・・と万能です。
おすすめです☆



さて次なる視察地は「なすの圃場」
山田勝己さんのなす畑です。
立派なつやつやした美しいなすがなっていました。

b0347858_12211238.jpg


1本の木が4つに枝を伸ばしています。
まだ背丈ほどの高さですが、これから2mぐらいの高さまで育てるそうですよ。
この1本の木からなんと約200個もなすを収穫するんですって!
すごい、さすがプロです・・。

b0347858_12215729.jpg
収穫時期はお休みなどありませんね。
朝4時、5時から始め、お昼までかかると聞きました。
(これで出荷のためにパッケージの作業まであったらとてもじゃないですね・・
パッケージセンターの役割に納得です)


山田さん、丹誠込めて作られたなすがとってもかわいい♪そうです。
なすを語るお顔からは、かわいらしい笑顔がこぼれ、こちらまで頬がゆるみました♪


一方で、山田さん曰く「毎年同じは駄目だよ、それでは進歩しない」とも。
毎年変わる気候や環境に合わせて、試行錯誤を繰り返しています。
頼もしさを感じました。
いいナスを収穫するために努力されている姿に感動♪

b0347858_12071048.jpg
丁寧な説明に感謝〜


こうした農家さんのたゆまない努力があって、
それを支える組織や工場があって、
美味しいなすが
新鮮でおいしい状態でお店に運ばれます。

多くの人たちの「おいしいものを新鮮なうちに届けたい」思いの先に、私たち消費者が食べ物を口に出来ています。

すべてに感謝しつつ、私に出来る事・・・
その美味しいなすを大切に食べること、
そして、美味しく調理することをお伝えしたい♡

次回のお料理教室では「栃木県産なす」にフォーカスしますよ!
美味しいなす料理もブログでご紹介していきます!









[PR]
by coucouatable | 2015-06-19 08:27 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
野菜ソムリエとしての活動ですー♪
栃木県の野菜の魅力を生活者に広くPRすべく
今年1年活動することになりました。
年4、5回現地を訪問し、勉強会に参加し、
地元の生産者の方々と交流してきます。

このブログでも栃木野菜の美味しさや魅力♪をお伝えする予定です。
栃木野菜基本の5品目は、トマト、ナス、ねぎ、にら、キュウリ
どれもとてもなじみの深い野菜達です。

b0347858_17455613.jpg
家の冷蔵庫を開けてみると・・トマト、ねぎ、きゅうりはほぼ常備


産地視察後の野菜や畑の様子や
栃木野菜を使ったお料理レシピなど
楽しみに♡していて下さい。


まずは、早速美味しい「にら料理」のご紹介です。
b0347858_17461635.jpg



長芋とえのきの「にら梅ソース」和え

●材料(4人前)
長芋 15cm
えのき茸 1袋

(にら梅ソース)
にら 1/4束
梅干し 大1こ
梅酢(なければ米酢) 大さじ1
醤油 大さじ1、5
ごま油 大さじ1

●作り方
1、山芋は一口大に、えのき茸はさっと茹でて3等分する
2、にらは生のままみじん切りにし、梅干しは細かく刻む
3、醤油、梅酢、ごま油、2の梅干し、にらを混ぜ合わせ、梅にらソースを作る
4、1に3をかけて完成!

b0347858_17461635.jpg
にら梅ソース、豆腐にかけても美味しいですよ!


にらは香りが強く独特の味がある野菜ですので、
炒め物やスープなどに入れるだけで、
旨味がUP!
お料理自体が美味しくなりますよね。

ビタミンやカロテンも豊富、
香りが強いだけに滋養強壮にも効き目がありそうです。






[PR]
by coucouatable | 2015-05-31 17:56 | 野菜ソムリエ | Comments(0)