カテゴリ:料理教室( 41 )

春のお料理教室開催中です。
(料理教室の問い合わせはこちらより

お料理教室では
旬の野菜をたっぷり使ったメニュー4品を紹介しています。
今回の教室の様子はこんな感じ。

b0347858_22184875.jpg
緑黄色野菜をたっぷり使ったメニューです



試食が終わると、デザートタイムです。

今回のデザートは「フルーツぜんざい」
これからの季節にぴったりのデザートです。

b0347858_21523314.jpg

中身は寒天、フルーツ(キウイやリンゴ、パイナップルなど)
そこに小豆を炊いたものをトッピング、
さらに黒蜜をかけて頂きます。
オール手作りです〜♪

寒天とフルーツの組み合わせがさっぱりと
ぜんざいもさらっとすっきりと
黒蜜のコクと香りがじわ〜っときいて
美味しい♡と評判です♪

「甘党でない人でも、これならぺろっといけますね〜」
「小豆の味がしっかりして、市販のものとは違う〜」
「あ〜幸せ(笑)」
などなど・・
こちらの方が幸せになるような嬉しい感想を頂きました♪

b0347858_21515794.jpg
お庭のミントでミントティーと一緒に



ここで、ぜんざいと黒蜜の作り方のご紹介ですー。

さらっと☆ぜんざい

●材料
小豆 200g
砂糖 200g
水 300cc

●作り方
1,鍋にたっぷりの水(分量外)を入れ、小豆を入れ、茹でる
沸騰したら小豆をざるにあげる
(これを2回行う)

2、鍋に1の小豆、水(分量外・小豆が顔を出さないぐらいの量)を入れ、弱火でことこと煮る
途中、小豆が顔を出さないように差し水をする
60分ぐらいが目安で、小豆が煮えたら、ざるにあげる

3、鍋に2の小豆、水(300cc)、砂糖を入れ、弱火で10分位煮る

b0347858_22204594.jpg
小豆は浸水させる必要がないので
思い立ったら出来るのがいいです



自家製コクうま♡黒蜜

●材料
黒砂糖 100g
砂糖 100g
水 100g

●作り方
1、鍋に材料を入れ、20分位、弱火〜中火で煮詰める
(途中アクが出てくるので、とり覗く)

b0347858_22195273.jpg
舐めてみたらコクがあって感動の美味しさ♪


超簡単に、添加物なしの安全でおいしい黒蜜が出来上がります♪



[PR]
by coucouatable | 2016-06-04 22:31 | 料理教室 | Comments(0)
春のメニューでお料理教室開催中です。
(お料理教室についてのお問い合わせはこちらから

b0347858_11304717.jpg
自家製梅酢ジュースでお出迎え



春のメニューは緑黄色野菜たっぷり♪
春から、色の濃い野菜がたくさん出回ります。

野菜の1日の摂取量は350gは欲しいと言われています。
うち120gが緑黄色野菜
濃い色の野菜・・意外ととれていない野菜です。

b0347858_11342099.jpg
今回のメニューは、
にんじん、パプリカ、ほうれん草、アスパラ、にら、おくら・・・
緑黄色野菜だらけ〜で、
なんと150g摂れます!

緑黄色野菜の「デトックス」効果、期待できますよ(笑)
これからの季節は「解毒」や「解熱」効果のある
旬の野菜を食べるといいですね♪


そして、簡単で美味しい手作りドレッシングの紹介や、
美味しいサラダを作るコツのご紹介、
また添加物についてのプチ栄養講座もあり、
身体にやさしいおうちごはんのご提案が出来ればと思っております♡

b0347858_11393034.jpg
初夏を意識してアジアンテイストも入ります


しばらくお料理教室が続く日々ですが、
生徒さんに「来て良かった〜」と思って頂けるよう
集中して頑張りま〜す!




[PR]
by coucouatable | 2016-05-22 12:04 | 料理教室 | Comments(0)
栃木県の野菜を使った料理教室「にらの会」を開催しました。

b0347858_15002719.jpg
たくさんの種類のにら料理が並びました♪


前日に、栃木産のにらが40束!届きました。
八百屋が開けそう・・(笑)
b0347858_14533163.jpg
開けてびっくり☆
にらの瑞々しさ太さ厚み
さすが栃木産は違います。
(栃木県のにらの圃場を視察に行った時の様子はこちらのブログで


さて、まずは下準備から。
にらを「下茹で」しました。
沸騰した湯に根元からにらを入れ、さっと茹でます。
冷水にとり、水気をしぼります。

私の大好きなにら料理はシンプルに、これ!
「にらのお浸し 卵黄のせ」
b0347858_14543899.jpg
出汁醤油などをかけて頂きます
にらの旨味で十分おいしい♪


そして、冷や奴を梅にらたれで頂こうと
「梅にらたれ」を作ります。
今回は写真の通り↓豆腐に乗せて頂きましたが、
以前のお料理教室では蒸したなすに乗せました。
万能ソースです♪
b0347858_14564209.jpg


「にら味噌 玄米にぎり」
生のにらと味噌と白ごまを混ぜただけです。
これが玄米ご飯に合うんですよ〜。

b0347858_14574510.jpg
素朴な味が最高!



「ふわふわ にら団子」
鶏ひき肉をふわっとお団子に
甘辛なタレにからめて。
生徒さんから「帰って作ってみよう〜」の声、
たくさん頂きました♪

b0347858_14582747.jpg


こちらは「タイ風 じゃがいもdeにらピザ」

b0347858_14590137.jpg
じゃがいものスライスをピザ生地に見立て、
ピザソースの代わりに「パッタイペースト」を塗り、
にらとチーズを乗せて焼きました。
食欲をそそる味ですー。
(パッタイペーストの紹介はこちらのブログから


最後に
「めかじきのソテー にら醤油ソース」

b0347858_14594432.jpg

「にら醤油ソース」も万能です。
蒸し鶏、豚しゃぶしゃぶ、白いご飯でも、そうめんでも
いろいろな使い方が出来ます。


にら・・というと「にらレバ」「餃子」「にらたま」・・
中華風が思いつきますが、
いろいろな楽しみ方があります。

是非ご家庭でも作って楽しんで頂ければ嬉しいです。
そして、
栃木産のにらは、幅広で肉厚なものが多く、とっても美味しい!のです。






[PR]
by coucouatable | 2016-04-30 09:13 | 料理教室 | Comments(0)
栃木野菜のお料理教室「きゅうりの会」を開催しました。

b0347858_15082669.jpg

今回のテーマは「きゅうり」
栃木はきゅうりの一大産地です。
(先月、栃木の産地へ視察に行った様子は、以前のブログでご覧頂けます)


前日に産地直送便、新鮮で瑞々しいきゅうりが届きました!
いざ下準備開始!
b0347858_14314399.jpg
ぴかぴか〜


まずは「きゅうりのキュウちゃん」を作りました。
きゅり農家のおかあさんに教わった直伝!
自家製きゅうちゃんは、もちろん無添加なので、
安心して食べられる常備菜になりますよ♪
b0347858_14305429.jpg


そして「韓国風きゅうりのマリネ」
こちらも、我が家の定番マリネで、
大人も子どもも大人気のメニューです。
b0347858_14325254.jpg


お料理教室当日は
皆さんで手分けをして、レッツクッキング♪
わいわいがやがやおしゃべりも弾みます。

b0347858_14335260.jpg

こちらは、すりおろしたきゅうりをドレッシングに☆
長芋とえのき茸の「きゅうりドレッシングあえ』

b0347858_14350846.jpg
さっぱりとおいしいサラダ
市販のドレッシングいらずですよ〜



こちらは見た目に着目して頂きたくて・・
「きゅうりと香菜のタワーサラダ」

b0347858_14361125.jpg

棒状にカットしたきゅうりを組んで、
香菜をふんわり盛り込みます。
ささみとナッツを添えて。
ドレッシングはもちろん手作りアジアン風です。
見た目が華やかなので、おもてなし料理にいかがでしょう。



こちらはきゅうりのカクテル!
きゅうりのスライスが入ると見た目も爽やか
気分も上がります〜
こちらで乾杯!しました。

b0347858_14371157.jpg


きゅうり農家のあかあさんからの
「あたたかいきゅうり料理の提案をお願い!」
と宿題を頂いていました。
きゅうりは生で食べるイメージが定着していますが、
火を入れても、とてもおいしく頂けます。



まずは「きゅうりと塩豚のほっこりスープ」


中がよく見えなくなってしまいましたが・・
塩豚、きゅうり、じゃがいもなどが入ったスープに
卵とチーズをぽとんと落としたものです♪
b0347858_14375661.jpg
写真がうまく撮れていなくて残念
おいしいスープです



そして中華風に
「きゅうりと豚肉のピリ辛ジンジャー炒め」
b0347858_14391039.jpg

生徒さんから
「豚肉ときゅうりの相性っていいんですね〜♪」
「味がしみ込んだきゅうりが美味しい♪」
と好評でした。



最後に「きゅうりのソテー・明太子クリーム」

b0347858_14400275.jpg
炒めたきゅうりに、明太子クリームを合わせました。
若干歯応えが残るきゅうりに明太子クリームがからみ合い
美味しいです。


こちらは帰って「早速つくりました〜♪」
と送って頂いた生徒さんのご家庭での一品。
b0347858_14411107.jpg
上品な一品
もう自分のものにされています、素晴らしい♪



料理教室「きゅうりの会」では、
栃木産きゅうりの美味しさをご紹介するとともに
きゅうり料理の可能性の提案をしてみました〜☆

きゅうり〜実は、生でも、炒めても、煮ても・・といろいろ汎用性のある野菜。
ご家庭でもレパートリーが広がれば嬉しいです。




[PR]
by coucouatable | 2016-04-28 15:16 | 料理教室 | Comments(0)
1月下旬から始まった冬メニューでのお料理教室が終了しました。

b0347858_23463732.jpg
今回のメニューは
「カブと金柑の甘酢和え」
「レンコンとたらことお餅の一口チヂミ」
「ニラとブリの中華風刺身」
「手羽先と白菜のコラーゲン塩鍋」
でした。


「カブと金柑の甘酢和え」
金柑の食べ方の提案が出来ました〜。
「初めてスーパーで金柑を意識するようになりました」
との感想も多くありました。

b0347858_23342324.jpg



「レンコンとたらことお餅の一口チヂミ」
「レンコンがこんなにもちもちだとは大発見!」
の感想多く頂けました♡

b0347858_23373540.jpg


「ニラとぶりの中華風刺身」
旬のブリの刺身を使って、普段のわさび醤油とは違う
楽しみ方の提案でした。
生のニラもとっても相性がいい味付けでした。

b0347858_23404938.jpg


「手羽先と白菜のコラーゲン塩鍋」
鶏肉と塩と○○だけでこんなおいしいスープが出来るなんて・・
と大好評でした。
翌日お肌ぷるぷる・・?
b0347858_23433522.jpg
身体が芯から温まります



そしてデザートは「自家製ゆずピール」
ピールっておいしい!大人の味ですね!と絶句して下さった生徒さんも多く、各回いっぱい作って、良かったと実感しました。

b0347858_23491882.jpg
最後のしめはコーヒーとゆずピール


すべて旬の野菜をふんだんに使ったメニューでした。
冬の野菜は、寒く乾燥した季節に、
自然と身体を守ってくれる役割があります。

そして、今回のメニューはタンパク質を意識しました。
鶏手羽先、たらこ、ぶり、高野豆腐とタンパク質豊富なメニューでした。
免疫力が落ちるこの季節だからこそ、
しっかりタンパク質をとって、体力をつけましょう!という
メッセージをこめて♡

評判は上々(万歳!)
お家に帰って、沢山のつくレポも頂けました♡(感謝)

ご家庭で、旬の野菜たっぷりに
必要な栄養たっぷりに
楽しい食卓を囲んで頂ける事・・
それがただ嬉しい♡です。

まもなく春休み。
しばらく休憩して・・・
4月から「春メニュー」でお料理教室開催します。
次はどんなテーマにしましょうか・・
しばらくふらふら食べ歩きしながら楽しく悩みます♪
どうぞお楽しみに♡






[PR]
by coucouatable | 2016-03-09 07:00 | 料理教室 | Comments(0)
冬のメニューで開催中のお料理教室の続きです。

まずはじめに、お茶を用意しています。
お茶を飲みながら、レシピの説明を。
b0347858_19394040.jpg

この季節は、手作りのお茶を用意してお出迎えしています♪
お出ししたのは、時期により異なり、

「黒糖しょうが茶」
b0347858_20391320.jpg

「柚子茶」
b0347858_20394359.jpg

「はちみつ金柑茶」
b0347858_20411373.jpg

などです。
どれも、美味しい〜♪と評判も上々です。

「黒糖しょうが茶」
ふやけた生姜が辛すぎず食べやすい♪と評判でした。
黒糖のやさしい甘味がじ〜んと身体にしみ渡り、
ぽかぽか身体が温まりました。


「柚子茶」
香り高く、フレッシュで
「市販のものとは全然別物ですね♪」との感想を多く頂きました。

b0347858_20420639.jpg
フレッシュな果肉がおいしく、甘さと酸味のバランスが良かったです。
身体にしみ込む〜感じ。
こちらも作り方を紹介したところ、簡単すぎ(笑)なので、
早速帰って、お作りになった生徒さんもいらっしゃいました。


「はちみつ金柑茶」は、
懐かしい味がする〜という感想。
ほっこり和むお味でした。
b0347858_20424766.jpg
こちらは年明けに実家から届いた金柑をはちみつにつけたもの。
1ヶ月がたち、金柑から果汁も出て、飲み頃になりましたので
お出ししました♪


皆さんで温かいお茶を頂くと、リラックス♪
ややお尻に根がはえそうになりますが(笑)
「さて、これから皆さんで調理しましょうー!」と
お料理教室の実践がスタートします。


今日も美味しく完成しました♡
b0347858_19413120.jpg






[PR]
by coucouatable | 2016-02-22 19:44 | 料理教室 | Comments(0)
冬のメニューで開催中のお料理教室

b0347858_21221234.jpg
こたつでお鍋を囲みます


今日は妊婦さん、若いママさんの
生徒さんがいらっしゃいました。

妊婦さんはもう臨月。
産休中の貴重な時間をお料理教室に当てて下さいました。

そして、赤ちゃん連れのママさんもいらっしゃいました。
6ヶ月の赤ちゃんは成長著しく♪、寝返りはもちろん、
はいはい、つかまり立ちまでする、
元気な男の子でした。

赤ちゃん連れの場合でも、(妊婦さんの場合でも、どなたの場合でも・・)
見ているだけでも大丈夫なのですが、
こちらの生徒さんは、赤ちゃんをおんぶして一緒に調理して下さいました。
みんなでキッチンに立つのは、会話もはずみ、楽しいものです♪

b0347858_21230144.jpg
皆さん、お若いのですが、さすが主婦♪
手際良く、さくっと1時間で完成しました。


今回のメニューの一品はコラーゲン鍋
b0347858_21295829.jpg
煮込んでコラーゲンのエキスがたっぷり・・・


コラーゲンは、鶏手羽、豚足、牛すじ、すっぽん、ふかひれ・・・
などに多く含まれています。
今回は手羽先を使ったお鍋です。
手軽にリーズナブルに使える身近な食材です。

今日もシンプルな素材ですが、
充分旨味が出て、美味しく完成しました♪
お腹の赤ちゃんや授乳中の赤ちゃんにも伝わったかな・・♡


このお鍋、いらっしゃる生徒さんは、かなりの確率で、お帰りになってから
リピートしてくださっています♪
ちょくちょく「作りましたよ〜」という写メが届きます。
「ちょっとこげちゃいましたが、美味しく出来ました〜」
「手羽先でやってみました〜」
「翌日の肌がぷるぷると喜んでもらえました〜」
などなど・・。


b0347858_21373525.jpg
旬の食材をふんだんに使ったメニュー


お教室でお伝えした事が、
おうちごはんやおもてなしご飯に役立っていると感じられるのは、
とっても嬉しい事♡
明日への活力になり、また頑張ろ〜と思えます。


冬のお料理教室もいよいよ終盤ですが、
皆様に喜んでもらえるよう気を引き締めていこうと思います!









[PR]
by coucouatable | 2016-02-20 22:31 | 料理教室 | Comments(0)
冬のメニューで料理教室開催しています。
b0347858_21041310.jpg
自家製「黒糖生姜湯」でお出迎え♡


冬は、空気が乾燥し、身体が冷えやすく、1年で最も免疫力が落ちる季節。
そんな季節だからこそ、
身体の調子を整える旬の野菜を沢山使い、
体力を付ける為にタンパク質豊富に、
身体を温めるお料理
ご紹介しています。

b0347858_21060526.jpg
旬の野菜がたくさん揃っています


参加下さった生徒さんからは、
「全部美味しかった〜♪」
「明日、早速作ります〜♪」
など嬉しい感想も頂いています。

冬のメニューはお鍋が一品入ります♪
そして、こたつでぬくぬくしながらですから、
これは暖まります!

b0347858_21070029.jpg
意図せず・・
「なんか一杯飲みたくなる飲みたくなるメニュー♡」
という感想も多々あり(笑)
お酒に合うメニューでもあります☆



デザートは自家製ゆずピールを用意したり・・
いろいろの予定です。
b0347858_21095833.jpg

是非是非、ご家庭で、美味しい手料理で
楽しい食卓を囲んで、
体力をつけて、
この寒さを乗り切って下さいね♪







[PR]
by coucouatable | 2016-01-31 21:15 | 料理教室 | Comments(0)
パン・ウェイ先生の「食べる薬膳教室」に行って来ました。

パン・ウェイ先生は、中国北京出身の料理家です。
季節と身体をテーマに絞った食生活を提唱していていて、
都内で薬膳料理の教室を主催し、
沢山の料理本、著書があり、
テレビ出演や講演会も行っています。

お会いしてみると・・健康的な笑顔が素敵♪つやつやお肌♪
とってもチャーミングな先生でした♡


そんなパン先生の薬膳料理、めちゃくちゃ美味しかったです〜♪
b0347858_20193757.jpg

「食べる薬膳教室」なので、作りません(笑)
パン先生のお話を聞きながら、ひたすら食べますー(喜)

「薬膳料理」と聞くと、とてもくせがあるイメージですが、
パン先生の料理は、スパイスが主張しすぎる事なく
自然に溶け込むお味でした。


こちらはレモン果汁で作ったピクルス
自然な優しいお味です。
b0347858_20174635.jpg


パン先生の提唱する「季節と身体に合った料理」とは何か・・

例えば、前菜でチーズを使ったお料理が何品か出たのですが、
今の時期は腸のバランスを整える時期だそうです。
b0347858_20182362.jpg
右下のマッシュルームの上のかぼちゃマッシュには、
チーズが入り、甘味とコクを感じました。
右上にはブルーチーズがサンドされ濃厚!


冬になると身体を動かさなくなり、
腸の動きも緩慢になっています。
そんな時期こそ、
発酵食品を沢山食べて、腸に菌を入れて、
働きを良くするという話でした。



また、これから嫌〜な花粉症の季節。
立冬から、花粉症に効く食べ物を食べるといいんですと。
例えば大葉
「毎日10枚食べて下さい!」と仰っていましたよ♪
刻んで使えば、食べられない量ではないですよね・・。

b0347858_20191453.jpg
青菜のナムル
ここには大葉がたっぷり入っていました



「家庭で身体の養生をする」
・・それが中国の薬膳料理。
パン先生の話が、とても興味深くて、楽しくて
どんな質問にもきっちり答えてくれて
とても勉強になりましたー。

b0347858_20185656.jpg
ラム肉のハンバーグ
冬はラム肉がとてもいい!
代謝を促進して身体を温めてくれる



旬のものを食べることが身体にとって大切なことです。
季節に合った食材をとっていれば、自然と体調は整えられます。
そして、バランスのよい食事で、元気いっぱいになって
エネルギーを沢山使って、楽しむ!
とても大切な事ですね♪
大変勉強になりました!!




[PR]
by coucouatable | 2016-01-22 20:45 | 料理教室 | Comments(0)
栃木産の「白美人ねぎ」を使ったお料理教室を開催しました。
b0347858_18092213.jpg
温野菜やあやめかぶを「自家製ねぎみそ」で


「白美人ねぎ」の特徴は、
白い部分が長く、甘く、やわらかい!ことです。
生でも食べられる程糖度も高く、
白い部分だけでなく、青い部分まで柔らかく頂けます。
b0347858_21250728.jpg

長ネギは発熱効果があり、身体を温める効果があります。
また炎症を抑える効果、
胃腸を整える効果もあります。
この冬、風邪をひかない身体作りのためにも、
是非積極的に取り入れて頂きたい野菜。


そんなおネギを使って、
ざっと10種類のおネギ料理が並びました。
b0347858_18170164.jpg
色鮮やかなことも大切な食の要素です



ご紹介したメニューは

温野菜とあやめかぶとネギ味噌
長ネギのピクルス
白髪ネギとベビーリーフと鶏肉の生春巻き
長ネギのマリネ〜花椒風味
とろとろ〜長ネギのブルスケッタ
蒸しネギ〜チアシード梅ジュレ
長ネギとおかかの油揚げ焼き
長ネギとロマネスコの餅入りグラタン
白身魚の薬味たっぷり蒸し
甘辛ねぎ豚丼

どれも美味しく完成!でした。


左が長ネギのブルスケッタ、右が長ネギとロマネスコのグラタン。
長ネギだって、イタリアンにも洋風にもアレンジ自在です!
b0347858_18103607.jpg
ブルスケッタはねぎのとろみを活かしました


長ネギは火を入れることで、甘味が増します。
白美人ねぎは甘味が強いので、
蒸したおネギを食べても
「あま〜い!」という感想がいっぱい聞けました。
b0347858_18121473.jpg
手前からピクルス、マリネ、蒸しネギ
どれも甘くてびっくりです〜


また青い部分は、とろ〜んとしたぬめりも多く
これはペクチンといって、甘味と香りが凝縮されている所。
このとろみを活かしたお料理もご提案しました。

b0347858_18154059.jpg
白身魚の薬味たっぷり蒸しは
シンプルながらも大好評!
やさしいお味が心にしみる・・・



一方こちらは甘辛ねぎ豚丼。
がっつり男子ご飯に最適です!
b0347858_18193354.jpg
甘辛の味付けが食欲に火をつけます〜



お料理教室を終えて・・・使ったねぎの本数17本!
一人2本は食べたことになります!

どうりで身体の中からぽかぽかします〜♪
「内蔵が温かいよ〜」という感想も頂きました。
風邪予防に効果的だと実証された感じがします。

b0347858_18234150.jpg

皆さん、帰ってどんなねぎ料理を作るのでしょうか・・
「全部やってみる〜!」という頼もしい感想も頂きました。

ご家庭で、美味しいおネギ料理、是非作ってみて下さい。
そして、栃木産の白美人ねぎを見かけたら、
絶対美味しいですからお試しを♡

今日は沢山の方にご参加頂きまして、
本当にありがとうございました〜♡

引き続き
1月、2月も通常のレッスン、
冬のメニューでお料理教室開催致します。
ご期待にそえるよう頑張ります!!




[PR]
by coucouatable | 2016-01-16 14:28 | 料理教室 | Comments(2)