カテゴリ:旅行( 48 )

夫婦2人の海外旅行。
行き先はイタリア、アマルフィ海岸とトスカーナ
海と陸を両方楽しもう♪という旅です。

まずはナポリから入り、ポンペイ遺跡を見学してから
中部にある海のリゾート地、アマルフィ海岸へ向かいます。


遺跡へ行く途中で、かわいらしい飾りつけに魅かれて入ったお土産屋さん
b0347858_22352286.jpg
「レモングラニテ」という飲み物が入り口で売られていて、
中では、レモンのリキュール「レモンチェッロ」
パスタなどイタリアの名産物が並んでいました。


「レモングラニテ」はレモンのシャーベット状になった飲み物でした。
b0347858_22355785.jpg
どんな代物か分からなかったので「スモール」を頼みましたが、
サイズは本当にスモールサイズ!!
一口飲んで
「おいしい♡」
レモンの果汁にはちみつのような甘味が加わり、マイルドですっきり。
ハーブも入っているのか・・。
これはおすすめ出来ます♪



パスタ類もご紹介。
日本のものよりずっとビッグ〜!

パスタも長いーー。
b0347858_22371085.jpg
誤解がないように・・もちろん普通サイズのパスタもあります(笑)


マカロニもでかいーー
b0347858_22382073.jpg

変わった形状のパスタもありました。
粉チーズやオリーブオイルが絡まって美味しく仕上がりそうです。
b0347858_22385535.jpg


そしてこれが、名産「レモンチェッロ」
b0347858_22401292.jpg
アルコール度は30度と高いのでご注意を♡
食後酒として飲むようです


これから先のアマルフィ海岸近くでは
至る所にレモン畑があり、
レモン工場があり、
お土産品として「レモンチェッロ」やレモンの石鹸、レモンオイルなどたくさん販売されていました。


さてポンペイ遺跡も少しご紹介。
ガイド代を削ったので、全てガイドブック頼りで回りました。
(子ども抜きの夫婦2人旅となると急激に勉強しなくなります・・w)
なので詳しい説明は出来ません(残念)
写真だけでもご覧下さい(笑)

b0347858_23091342.jpg

それでも少々ポンペイ遺跡とは・・ぐらいはご説明すると、
紀元79年のヴェスヴィオ山の噴火により灰に埋もれた遺跡
1700年頃発掘された奇跡の街です。
野外劇場あり、公衆浴場あり、応接間あり、居酒屋あり・・当時の繁栄ぶり、古代人の豊かな生活ぶりが伺えます。


b0347858_23105385.jpg
野外劇場跡
VIP席もあったとか・・

b0347858_23113439.jpg
なんて小洒落ているんでしょう・・居酒屋


そんな遥か昔の建物がこうして現存していたことに驚き、
その美しい様に感動しました。
そこへ近づくと、やはり他とは違うオーラがあります。
ギリシャ神殿の柱や石造りの道、モザイクタイルやフレスコ画、
細やかで美しいと思ったのが第一印象でした。


これが公衆浴場
今の「日帰り温泉」より、ずっとゴージャスで情緒があります。
b0347858_23101261.jpg

「ヴェスヴィオ山」と聞くとすぐに「テルマエロマエ」を思い出します。
公衆浴場を見ると阿部ちゃんが脳裏に浮かんでは消え・・・。
お風呂のシーンが浮かんだり、
「平たい顔族」を思い出しては、含み笑い。
これがちょっと厄介でした(笑)


次はアマルフィ海岸の様子です。
アマルフィ海岸を望む天空の街「ラヴェッロ」に滞在しました。
お楽しみに♪





[PR]
by coucouatable | 2015-08-16 14:26 | 旅行 | Comments(0)
結婚20周年記念に、
イタリアマンマの旅に夫婦で出ました。
アマルフィイ海岸とトスカーナへ。

旅はナポリから始まりました。

b0347858_20281346.jpg
丘の上からナポリ市街を見渡す
サンタ〜ル〜チ〜ア♪ サンタ〜ル〜チ〜ア♪
自然に口から出て来ます(笑)



お昼ごはんに、ポンペイ遺跡そばのレストラン「プレジデント」に寄りました。
門構えは、裏口か?と思う程で今一歩でしたが、中に入るとゴージャスな作り。
b0347858_20230563.jpg


こちらは、アンティパストで出てきたお皿
b0347858_15453494.jpg
大麦、小麦にパッションフルーツのソース
この組み合わせがステキすぎでした
そしてこの盛りつけもニクイ!



前菜のたこ料理
色とりどりのソースもしっかりお野菜から作られています。
たこも肉厚ですが柔らかくもっちり煮えていて、おいし〜!

b0347858_15453427.jpg
ピンクはトマト、オレンジはにんじん
芸術作品です



おなじみカプレーゼです。
本場のカプレーゼもさっぱりと美味しいです♪
意外だったのは、パジルの葉が1枚だけ。
日本では、ついついこれでもかと言わんばかりにバジルを入れてました・・

b0347858_15502581.jpg
モッツァレラチーズの料理は定番


メインはパスタ
ラビオリは魚のすり身が中に入り、繊細なお味に仕上がっていました。
ゲソが乗っていましたが、旨味たっぷり美味しいイカでした。

b0347858_15453524.jpg




ブロッコリーソースのパスタは超太麺で食べ応え充分でした。
b0347858_15453513.jpg

日本のパスタとは違う食感。
どっしりと小麦の力強さを感じます。

私は、もっと柔らかい細めのパスタが好みです・・
(この先の旅でも、出て来たパスタはだいたい太め、がっつりでした)
旅行に出ると、自分の顎が退化してると感じます。
日本人はパンでも肉でも柔らかいものが好みですからね。


すこしホテルの朝食風景もご紹介。

エクセルシオールナポリ

b0347858_15453591.jpg
天井の高さがハンパないです・・
実は天井が高すぎるって落ち着かないと知りました(笑)


それでもお部屋もロビーも静か。
クラシカルな落ち着いた雰囲気のホテルでした。
b0347858_20241174.jpg

ここでの朝食は、サンタルチア港を望みながらのビュッフェ。
朝食は、卵料理やベーコンなどの暖かい皿のコーナー、
ハム、チーズなどの冷たい皿のコーナー
バケットやデニッシュ系などのいろいろな種類のパンやケーキ、
ピザやフォッカッチャ、シリアル類、
カットフルーツやヨーグルトなどが並んでいました。
どこのホテルも朝食はほぼ同じラインナップでしたよ。
野菜類はほとんどありません。
野菜の代わりに朝はフルーツを沢山食べるんですね。

b0347858_15453626.jpg
朝食ブッフェ
必ずケーキもずらり並ぶ

b0347858_20244221.jpg
本場のフォカッチャはもちっと塩もきいて美味しい



b0347858_15453617.jpg
カットフルーツの大きさがビッグ!





美しい景色、美しいお料理、美しい建物…の宝庫のイタリア、
見どころ、食べどころ満載でしたよ♪
次もお楽しみに。










[PR]
by coucouatable | 2015-08-11 15:08 | 旅行 | Comments(0)

イタリアマンマの旅1

待ちに待ったバカンスです♫
行き先はイタリア。
アマルフィ海岸とトスカーナ地方
海と内陸と両方、
シーフードもお肉も両方楽しめる旅
イタリアマンマの旅が始まりました!

b0347858_18284162.jpg
ヴェスヴィオ山を望む
この火山も活火山だそう・・


この夏の旅行は、夫婦二人旅。
結婚20周年を祝う旅です。
これまでの人生を労い合い、
またこの先の長い結婚生活の活力にする
〜が表向きのテーマ(笑)

b0347858_18284175.jpg

本当のテーマは美食か…


スタートするなり、子どもが付いてこない静けさに物足りなさを感じて、日頃どれだけ子どもからパワーや楽しみをもらっているかが分かりましたよ。
子どもを授かった喜びにも感謝せねばいけません。


日本も酷暑ですが、イタリアも負けず劣らず酷暑です。
イタリアの底抜けに明るい真っ青な空と強い日差しに圧倒されて旅は始まりました♫


これから、しばらくは、イタリアの美味しいお料理、美しい景色、偉大な古代遺産など、旅の思い出を紹介していきますので、お楽しみに♡






[PR]
by coucouatable | 2015-08-08 18:23 | 旅行 | Comments(0)
有田焼のすばらしい作品を眺めた後は、
ショップをまわるために上有田へ移動しました。

有田焼の伝統的な文様や技法を継承しつつ、
現代のライフスタイルに合ったデザインや形の
商品が並ぶお店が並んでいます。
普段使いに最適でモダンなものが多かったです。
セレクトショップに入ると、いろいろな釜の商品が並んでいて
とても楽しいですよ♪

途中、釜を作るレンガ、ドンバイを赤土で固めた「ドンバイ塀」が残る小道を散歩したり、昔の建物が残るレトロな街並を見学したり、
鳥居や灯籠が焼き物で出来ていたりする「陶山神社」にお参りしたりしました。
b0347858_08123716.jpg


さて、有田焼の窯元めぐり、最後はそうた釜へ。
b0347858_20420544.jpg

おうちで日常に使っている湯飲み茶碗そうた釜のものでした。
東京のお店で出会い、一目惚れして購入。
長年、コーヒー茶碗や茶碗蒸しの器として使っています。
モダンなデザインが料理を引き立ててくれます♪
お客さんにお出しすると、「素敵なお茶碗〜♡」と
褒めて頂ける事も多いお茶碗です。
b0347858_20335381.jpg
ある時のお料理教室のデザートとお茶の写真
これがそうた釜の茶碗




大好きな普段使いの器を直接釜元で見れるとは・・感激♪でした。
東京で売ってる時は、種類も限られていますが、
ここではお皿も大皿から小皿まで、お椀もいろいろな形や大きさがあり種類も豊富、また絵柄も豊富でした。
b0347858_20441338.jpg
しかもお店の小売価格より随分安く手に入ります!
購買意欲が急上昇でした(笑)

どれにしようかな・・柄と形といろいろ眺めて検討。
b0347858_20445873.jpg
候補にあがったお皿たち

普段使いしやすそうなものを数点注文して帰りました。
(置いてある器はサンプルで在庫がないものは注文になりました)


b0347858_16421686.jpg
制作中の現場も見せて頂きました

釜主に出会えて、
工房も見せて頂け、
絵付けの話も聞けたり、
おうちで使ってるお茶碗の評判のいいこともお伝えでき、
通常価格よりぐっとお得に買い物も出来て
なんだかとても嬉しかったですー☆


窯元めぐりの旅もこれで終わりです。
帰りの飛行機の時間まで少々あったので、
さくっとひとっ風呂浴びることに・・。
最後まで一秒足りとも無駄にはしませんでした(笑)


武雄温泉は古い歴史が残る温泉です。
竜宮城を連想させるような入り口の桜門は国の重要文化財だそうです。

b0347858_20573930.jpg

昔ながらの公衆浴場の風情たっぷりでした。

b0347858_20581740.jpg
お湯は何種類もありましたが、明治時代の建築物で高天井のある「元湯」にはいりました。
あつ〜いお風呂に浸かって、旅の疲れも癒えました〜。

帰りは長崎空港から。
武雄から車で1時間ぐらいで到着です。

やきものの里を訪ねる旅・・
これまでとは違う大人の旅が実現できて、感無量でした。

初めて訪ねた佐賀県はとてもいい所でした☆
歴史が随所に残り、美しい自然に囲まれ、
おいしい山海の幸にも恵まれ、
何よりも窯業の盛んな街です。

窯元めぐりをして
伝統が息づく和風旅館に泊まってみて、
日本の良さを多いに実感できました。
全国にその良さをもっとアピールし、
世界にも「ジャポニズム」を発信すれば面白いのに・・。
佐賀県、もっと頑張って〜!という気持ちです。

旦那さんもすっかり「窯元めぐり」が好きになったようです。

子ども達へのお土産はこれ。
b0347858_08201662.jpg
北海道土産の「じゃがポックル」がとても美味しい♪ので、
こちらも期待できます〜厚切りなのが特徴です


b0347858_08222170.jpg
あとはこれ、長崎は観光してませんがついつい・・



新しい器が届いたら、これからの食卓やお料理教室に、新しい器の登場です〜☆
見ていて楽しくなるテーブルセッティング、
大好きな器にささっと手料理を盛りつけ、
健康的で美味しいお料理で
楽しい時間を過ごしたいと思います♪


おわり








[PR]
by coucouatable | 2015-04-08 11:41 | 旅行 | Comments(0)
最終日は有田焼の窯元をめぐりました。
b0347858_15460558.jpg
入り口にある看板も美術館のよう


昨年秋にオープンしたばかりのスタジオは
かつて黒曜石の採掘場所だった地に建てられていました。
b0347858_15415714.jpg
かっこいい!芸術的な建築物としても見応え十分です。
中は作品を展示してあるギャラリーとカフェ、
制作スタジオがありました。

行った日はスタジオの定休日にもかかわらず、
(下調べ不足でした、ごめんなさい)
東京から来た旨を話したら、
奥様がギャラリーを開けて見せて下さり♪
制作スタジオまで案内して頂けました。
作品に対する熱い思いに、また
温かなおもてなしの心にも感動しました♪

作品は、見た瞬間から葉山有樹の世界に引き込まれ、
感動の連続でした。
美しい色づかいや模様の力強さと穏やかさ、その緻密さ、
重ね上げられた重厚な色合い・・・
見ているとふぅ〜とため息が出ます。
「これはすごい」という言葉を何回つぶやいた事か・・(笑)
作品を見て回ると、古代オリエント、中国、ヨーロッパ・・世界を旅しているように感じられるのも楽しいです。
b0347858_15424603.jpg
b0347858_20181299.jpg
ギャラリーに展示されていた作品


制作スタジオにお邪魔すると、
スタッフが皆静かにもくもくと筆を持って作業していました。
b0347858_15434323.jpg

描いた絵に色を塗っては焼き、また別の色を塗っては焼き・・を何度も繰り返すそうです。
b0347858_15441522.jpg
細かく丁寧な手仕事です


作品が完成するまでに途方もない時間と手間がかかっています。
人を魅了するには、一筋縄ではいきませんね。

葉山有樹さんの作品は注文しても完成が何年か先だそうです。
その理由はよく分かりましたー。
すばらしい作品に魅了され、完全にファンになりました。



お昼ご飯はギャラリー有田で。
全てのお食事が有田焼の器で楽しめるカフェ。
2000客以上あるカップから好みのカップを選んで
お茶ができるというシステムもユニークです♪

b0347858_15510629.jpg
周りは有田焼のカップに囲まれたカフェ

b0347858_15531182.jpg
伊万里牛カレーを注文
器は全て有田焼


有田名物の「ごどうふ」がついていました。(写真左上のお椀)
ゴマだれがかかっていて、お豆腐はもっちりぷるぷる。
なめらかで弾力があります。
初めて食べましたが、とっても美味しく、
また食べたいと思う一品でした♪

カレーの方は、さらっとして、
伊万里牛も柔らかく煮込んでありました。やや小さかったですが(笑)

食後のコーヒーは沢山並んだコーヒーカップから
好みで選んだものに入れてもらいました。

b0347858_16141323.jpg
どれにしようかな・・・

b0347858_16121873.jpg
選んだカップにデザート





さて次の訪問先は井上萬二釜
工房見学は出来ませんでしたが展示場がありました。
b0347858_16354273.jpg


井上萬二さんは人間国宝で有田焼ろくろ成形の第一人者と言われている人物です。
展示場には、白磁の美しく凛とした風格を表現している作品が並んでいました。
b0347858_16364226.jpg
シンプルな形であっても、端正で滑らかな作りに奥深い美しさがありました。
触れてみて、背筋がぴんとなるような器でした。


同じ展示場に息子の井上康徳さんの作品も並んでいました。
明るい色合いの作品もあり、こちらも洗練されていて美しかったです。

b0347858_16382164.jpg


白磁の世界を初めて覗いてみて、
凛としたその造形美に感激しました。



つづく







[PR]
by coucouatable | 2015-04-06 20:21 | 旅行 | Comments(0)
2泊目のお宿は武雄温泉「竹林亭」
豊かな自然に囲まれた小さな和風旅館です。
b0347858_23474772.jpg


そのお隣に「御船山楽園」という大きな庭園があります。
御船山の切り立った断崖を背景に2千本の桜や
20万本のツツジなどの木々が植栽されています。
ちょうど桜が満開になった日でした♪
b0347858_23540650.jpg
見晴し台からの美しい景色

b0347858_00081678.jpg
つつじが咲いたら一大パノラマです〜


桜は昼間はもちろん
夜にはライトアップされて庭園内を散策できました。


ライトアップされた桜は夜空に白く浮かび上がり
見上げてみると宝箱の中身をひっくり返したように
きらきら輝いていました。
おぼろげなお月様も神秘的。
b0347858_23545353.jpg
b0347858_23562200.jpg
b0347858_23583163.jpg
b0347858_11200123.jpg
b0347858_23592203.jpg
鏡のように、池に桜が映っていました

b0347858_00014651.jpg
茶屋は夜もオープンして、夜桜を眺めながらのカクテルも・・





さてお宿のお食事です。
地元の食材を使った、彩りや器にも凝った会席料理。
特に玄海灘産のお刺身は美味でした。
最後には佐賀牛のヒレステーキが♡
全体的に味付けも薄味であっさりとしているので
品数は多くても、
最後まで美味しく頂けました。
b0347858_00042332.jpg

b0347858_00051927.jpg
朝食は上品に盛りつけられ、お腹にやさしいお料理の数々



いよいよ旅は最終日です。
翌日は有田焼の窯元めぐりです。

つづく





[PR]
by coucouatable | 2015-04-05 11:27 | 旅行 | Comments(0)
唐津を後に、向かうは伊万里です。
伊万里市南部の「大川内山」という
300年の歴史と伝統が息吹いている窯元の里に行きました。

街には、いたるところに焼き物が。
壁に陶板の案内図がはめこまれていたり、
橋の欄干が焼き物だったり。
b0347858_21142277.jpg
焼き物の街にやって来ました〜とテンションがあがります♪


「大川内山」は山に囲まれ、
石畳の小道とレンガ造りの煙突が印象的な美しい街でした。
そこに沢山の窯元が並んでいました。
b0347858_21161307.jpg


伊万里焼は、美しい絵や文様が描かれた磁器。
洗練された手描きの絵や文様が女性好みです♡
b0347858_21185293.jpg


豆皿や手塩皿やおちょこが目につきました。
b0347858_21171102.jpg
かわいい豆皿

b0347858_22090913.jpg
ぐい飲みも使い方でいろいろ用途があります


手塩皿はちょっとしたお菓子やあめ玉をのせたり、
塩などの調味料や薬味を入れたり、
使い方はいろいろあります。

でも、沢山ありすぎて目移りして、なかなか選べませんでした。
入る店入る店、
沢山の器が所狭しと並んでいて、
ここは窯元の雰囲気ではなく
お土産屋さんのようでした。
もっと下調べして好みの釜を探して行く方が
じっくり楽しめたかな・・。

ごちゃごちゃにお皿を積み上げられたら、
折角のその良さが分かりません(泣)

あったらいいなと思うのは、
例えば・・・
綺麗なテーブルコーディネートの提案、
美味しそうなお料理の盛り合わせの提案、
空間の美を使って皿が美しく見える陳列の工夫・・とか。
そうしたら、「その器をこう使おう!」
という夢が膨らみませんか?
昔ながらの販売方法のままでは
発展していかないのでは・・と
素敵な焼き物を眺めながらちょっと残念に思いました。

それでも最後に「是隆釜」で見つけた
綺麗な桜の花びらのおちょこを購入しました。
b0347858_22120278.jpg
とっても可憐で美しい器です。
作家さんが言うには、
「お酒を注ぐと、花びらが浮かび上がりますよ」と。
帰ってからのお楽しみ♡になりました。

途中、窯元のお店で喫茶店を併設しているカフェ響で一休みしました。
伊万里焼きの器で紅茶やコーヒーを頂けます。
伊万里焼きの器一式揃うのも素敵ですねー。
おいしいお茶が頂けました♪
b0347858_22171249.jpg
b0347858_22181414.jpg



その日のお泊まりは武雄温泉です。
温泉宿に行く前に武雄市図書館に寄ってみました。
b0347858_22190811.jpg
建物もオシャレで素敵でした


当時の革新的な武雄市長が実現した
「TSUTAYA」とのコラボの図書館。
図書館にTSUTAYA、スターバックスコーヒーが
併設された施設です。
コーヒーを片手に、横にある椅子に腰掛けて本が読める・・
代官山や湘南にあるT-SITEを彷彿とさせる場所でした。
b0347858_22201729.jpg
入るとすぐ目をひいたのは・・書架


週末だったこともあるかもしれませんが、駐車場は満車。
沢山の市民が集っていました。
沢山の税金を投入して・・
個人情報の流出の危険が・・など
いろいろ意見もあるようですが、
訪問してみるとそこは間違いなく市民の憩いの場、
情報収集や情報交換の場になっていると思いました。

普通の図書館の概念を一掃する作りでした。
本の配置の仕方やインテリア性の高い本棚や照明など
従来の図書館とは全く別もの。
個人的には、民間が入るとこうも活気づくのかと、
こんな図書館があったら
生活者としては嬉しい♪と思いましたよ。


つづく












[PR]
by coucouatable | 2015-04-03 22:45 | 旅行 | Comments(0)
唐津焼の里
「隆太釜」へ行きました。
人気作家、中里隆さん、長男太亀さんの釜。
作品は素朴な作風の中、洗練された輝きを放っています。

b0347858_11454538.jpg
お料理を乗せたら、お料理を邪魔しないで
より美しく見せてくれる作品。
大好きです。

隆太釜は美しい景色が広がる里山にありました。
b0347858_11153947.jpg

広い敷地に工房、倉庫、登り釜、ギャラリーが点在。
敷地内に小川が流れ、段々畑があって、
のどかな空気が流れます。
b0347858_11445296.jpg
右手がギャラリー

b0347858_11191728.jpg
工房、ここから作品が生まれます

建物も素敵です。
工房内は高い天井、太い柱が走り、
石や木の素材にこだわった造り。
あまりにオシャレな工房に驚きでした・・!!
b0347858_11241055.jpg
工房内にはアンティークな家具が置かれ、
クラシック音楽が流れ、
建物の窓から見える景色はごちそうです。
創作意欲が湧くのはこういう空間でしょうか。
全てが芸術です。
自然までも芸術に取り入れて、魅せてもらいました。
b0347858_11181098.jpg
ギャラリーに並んでいたのは
どれも素朴で優しい雰囲気がする作品で、
それでいて使いやすそうです。
b0347858_11274627.jpg

太亀さん作の
「湯のみ茶碗」と「箸置き」を購入しましたよ♪
お客さんが来た時に、
カップ&ソーサーで出さなくても
おかわりー!とか言わなくてもいい
気楽にがぶがぶ飲める
それでいて絵になる器を探していました(笑)
b0347858_12004507.jpg
この湯のみでコーヒーも紅茶も日本茶も
たっぷり入れてお出しできます♪
箸置きも一目で気に入りましたー。
素朴でシックでいい感じです・・
素敵すぎて、ずっと眺めていても飽きません。


里山のおいしい空気を吸ったらお腹もすきます。
佐賀県は海に囲まれた豊かな地形です。
海の幸にも期待出来ます〜☆
お昼ごはんにギャラリーのお姉さんに教わった
おすすめのお寿司屋さん「酔虎寿し」に立ち寄りました。
とっても美味しかった!ですよ。
b0347858_12032944.jpg
おすすめ握りのようなものを注文しましたが
「いか」「ひらめ」「みる貝」「のどぐろ」「とろ」「うに」・・
最後は芽ねぎ。
贅沢すぎですね。

最初は塩レモンで
途中炙りあり、
づけもあって、
最後はお醤油で・・という食べ方もよかったです。
b0347858_11504754.jpg
いかと平目は塩レモンで
のどぐろ炙りにはゆずおろしが乗っています
とろはづけで出て来ました〜

お寿司でずっと醤油も飽きますから、
より美味しい食べ方を教えてくれるお寿司屋さん、最高です♡

中でも美味しかったのは「みる貝」(写真右上)
「みる下」と言われる部分をかるく炙って握ってあります。
すこしだけこりこりした食感と炙った香りがよく、
噛み締めると甘味が・・
あ〜たまりません、美味しかったです♡

東京のお寿司屋さんとネタが違うかな・・じろじろ見ていると
変わった切り身がありました。
クジラです。
九州には捕鯨所が何カ所かあるとか。
生のものさっと茹でたものの2種類がありました。
板前さんによれば、生はつまみでお刺身に、
茹でた方は握りがおすすめとのこと。
折角の機会ですからチャレンジ!です。
b0347858_11513129.jpg
刺身は綺麗なツートンカラー。
脂の部分がきれいなさくら色、赤身の部分が赤い色です。
盛りつけるととってもキュートです♡
食べてみると、しこしことして歯応えあり、
脂がじゅわっと口中広がります。
甘いです。
生姜醤油で頂きました。

b0347858_11523714.jpg
握りは茹でた分、脂が落ちて、さらっとしていました。
生より柔らかくなり、ちょうどいい歯応え、
特有の香りがして美味しかったです。

食べ物も美味しい唐津、益々気に入りました♪


さて次なる訪問先は「草伝社」
古民家を改装したギャラリーです。
普段は、若手の作家さんを始め、いろいろな作家さんの唐津焼の作品が展示してあるそうです。
北波多役場横にあります。
b0347858_11554936.jpg
当日は女性の作家さん三藤るい」さんの作陶展が開かれていました。
こちらの民家も100年以上前の建物。
土間があって、囲炉裏があって、縁側があって、
日本昔話に出てきそうなほっこり暖かい気持ちになる空間でした。

そこに唐津の焼き物が並ぶ・・とっても合っていると思いました。
しっくり馴染みます。
ギャラリー自体が素敵でした。
b0347858_11573672.jpg
三藤るいさんの作品が並ぶ

b0347858_12274904.jpg
三藤るいさんの作品は女性とは思えない力強い作風でした。
色あいが美しく存在感のある作品です。
ご本人もいらっしゃったので、作陶の苦労など聞けました。
雨が降った翌日、ご自身で袋をかついで山に登り、
土を掘って袋に詰めてくるそうです。
10袋も、つまり10往復です(驚)
力仕事ですね。
見た目は若く美しい女性でしたが、作陶にかける魂は強く
めらめらと輝いていました。

そんな背景を知れると、手作りの貴重さを実感します。
そして大切に使おうと思います。
美味しいお料理を作って、綺麗に盛りつけて、
目でも楽しみながら、大切においしく頂きたいと♪


b0347858_12360358.jpg
出して頂いたお抹茶と地元の和菓子


素敵な空間でじっくり楽しませて頂きました。
ありがとうございました。


つづく








[PR]
by coucouatable | 2015-04-02 08:38 | 旅行 | Comments(0)
ずっと前から「やき物の里めぐりの旅」をしたいと
思っていました。

窯元に寄って、
工房や作業工程、
職人さんの手仕事を見て、
ギャラリーを覗く。
お散歩するように気ままに・・。
b0347858_10403960.jpg
唐津焼きの隆太釜のギャラリー


そんな大人の旅が出来るチャンスが訪れました。
子ども2人揃って不在の春休みがありました。

念願の旅へ、旦那さんとお出かけです。
2人で旅行、何年ぶりでしょう?
子どもが生まれてから初めてです。
17年か18年ぶり・・

行き先は佐賀
窯業が盛んな都市、
有田・伊万里・唐津・・・有名どころです。

佐賀はとてもいい所でした。
静かでのどかで、とても落ち着いた街です。
近くに山が見えて、瓦屋根の日本家屋がたくさん残っていて、
空気も澄んで、綺麗な街。
人も素朴です。

車は多いのですが、観光地や人が集まる場所以外、
人通りってほとんどありません。
歩いていませんよ。
でも不思議な事にさびれてないんです。
街並みが綺麗だからでしょうか、寂しくないんですよ。

さてさて
唐津へまず行きました。
福岡空港からレンタカーで唐津へ。
福岡から佐賀、意外に近いです。(1時間半ぐらい)
佐賀県人も都会が恋しくなったら博多へ出ればいいんです(笑)
帰りは長崎から帰りましたが、こちらも1時間ぐらい、
近かったです。

100万本の松林が続く「虹の松原」をドライブして唐津市へ。
b0347858_10150784.jpg
防風林として味気なく植林されてると思いきや
ちょっと軽井沢チックな美しい雰囲気にビックリしました。
力強く見事な黒松林!でした。


遠くに見えてきたのは唐津城
b0347858_10155438.jpg
お城のある街っていいですね。
街に品格が出ます。
天守閣に上ったら
眼下に唐津湾や虹の松原、唐津市街を一望できました。
きれい!なかなかの絶景です。
桜も咲き始めていて、楽しみが倍増しました。
b0347858_10163351.jpg
b0347858_11070308.jpg
夜桜見物もできそうです



そして、唐津城で目にしたポスターに惹き付けられて
b0347858_10171024.jpg
海岸沿いに建つ石炭主の邸宅で100年以上前の建築物です。
沢山の「杉戸絵」は躍動的で魅力あふれる作品でした。
写真撮影禁止でお見せ出来ないのが残念です。
灯りをともした時の「欄間」の彫り物の鳥などの意匠も
工夫が凝らされていました。
大広間に「能舞台」が作られていたのも珍しいそうです。

和風建築の中に「洋間」があってこれもまたハイカラで、
襖についた「金具」とか「障子戸」のデザインとか
かかっている「ランプシェード」とか・・
100年も前のものなのに、今でもイケてます。
もうオシャレすぎ、素敵すぎでした♪
しつこいようですが、写真でお見せできないのが残念・・。
b0347858_10175351.jpg
海岸沿いに建つにもかかわらず、雨や潮風に耐え、
よくぞ綺麗に保存されています

是非行って見て下さい。
500円であれだけのものがじっくり見れること、
なかなかないと思います。


お宿は洋々閣
明治時代創業の和風旅館です。
唐津焼の「隆太釜」のギャラリーがあるのも特徴です。
b0347858_10213926.jpg
部屋の外には苔むした松などが群生したお庭が眺められて
夕食はお部屋でゆっくり頂けて
もうこれまでにはないゆったりとした大人な旅でした。
b0347858_10223074.jpg
和風建築の中にもモダンな雰囲気が漂い素敵なお宿でした


つづく


[PR]
by coucouatable | 2015-04-01 11:09 | 旅行 | Comments(0)
世田谷から車をとばして1時間もすれば葉山に着きます。
ちょっとだけ空いた時間を活用して、
週末の夜に葉山へ。
翌日にはまた世田谷に戻ります。

こんな少しの小旅行でも気持ちはリフレッシュします。
葉山に着いて、暗い海に光る対岸の灯りを眺めながら風に当たると、
不思議に身体の緊張が解きほぐされる感覚があります。
自然の力は偉大です。

冬の葉山に何しに行くんでしょう?
人気のない海岸ほど贅沢なものはありません。
広い海岸を独り占めですから。
葉山の穏やかな海を見つめ、波をただ眺めているだけ、
波の音に耳を澄ませば自然に身体が癒されていきます。

b0347858_21384736.jpg


b0347858_21410627.jpg
ハルも海にいればご機嫌です



海岸に「わかめ」が干してありました。
旬です♫
珍しい光景です。
久しぶりに、ニッポンを感じました〜。
b0347858_21394118.jpg


そして・・葉山でのお楽しみは「焼き芋」です♡
暖炉で焼き芋を作るのが定番です。

「焼き芋」の作り方は
まずイモを洗い、濡れた状態で新聞紙にくるみ、
その上からアルミホイルで包みます。
暖炉の温度が十分温まってから(250度くらいまでいくといいです)
薪の炎が静まって赤い炭になるのを待って、
アルミホイルで包んだイモを暖炉に入れます。
20分ぐらいして、竹串などで刺して、すっと刺さるようなら
完成です。
b0347858_21375021.jpg
今回の焼き芋の出来、この冬一の出来でした。
息子が作ってくれましたが、腕があがってます(笑)

イモの種類はじゃがいも(メークイーン)とサツマイモ(安納いもとはるか)
メークイーンはじゃがバターで頂きますが、
バターに砂糖が入ってるんじゃ?と思う程、
甘くほっくり出来ました。
b0347858_21354116.jpg

サツマイモは触ると柔らかくふわふわです。
安納イモは濃い黄色が美しい!
b0347858_21360403.jpg
はるかの方は、新聞紙をはがすと、蜜がにじみ出ていました。
透き通っているかのような見た目。
これは期待できる♡
b0347858_21364138.jpg
食べてみて、甘くてねっとり完成しました。
おいしい!!


イモ好きのハルもこの時ばかりは大興奮です。
早くおこぼれを頂戴しようと、おすわりをしておねだりしてみたり
あっちうろうろ、こっちうろうろ、落ち着きません。
おイモをあげた時の食べる様は、慌てて殺気立っていて、
かわゆくないのが残念ですが(泣)
b0347858_21401158.jpg
イモの虜です〜♡



また葉山に来ようね、ハル!

















[PR]
by coucouatable | 2015-03-15 22:58 | 旅行 | Comments(0)