カテゴリ:料理( 197 )


OL時代の先輩と10年ぶりの再会をしました。
初めての出会いは私22歳、先輩30歳。
あれから20年以上の月日が流れ、彼女は副部長まで昇進しました。
仕事でもプライベートでもいい相談相手のお姉様であり、呑んべえの私たちは会社帰りによく一杯飲みやに立ち寄りました。
そんな懐かしい日々を思い出します。


久しぶりにおうちへの来客でしたし、季節も夏から秋へ、インテリアの模様替えから
始めました。
はりきって♪まずは玄関とテーブルの花を秋模様に。
b0347858_22494870.jpg
そして次は洗面所。
夏の間は、浮き玉が可愛らしくて、涼やかでしたが、さすがにもう
それとなくを感じる風にしました。
こんなことをあれこれ考えている時間がたまらなく至福の時です♫
もうにやにやです♪
b0347858_22512819.jpg

そしてお食事はどうしましょう。
おつまみに活躍の品々を数日前から準備しました。
マリネは漬けている間に味が深まります。
キノコのマリネやプチトマトのマリネ、砂肝マリネなど準備しました。
(写真は左下から根三つ葉のザーサイサラダ、冬瓜のすだちマリネ、キノコのマリネ、トマトと桃のマリネ)
b0347858_23275029.jpg


いつもは大皿料理をどかーん!と、どんどん並べていますが、今回は少し上品に旅館風に!
ちょこっとおつまみになるものを小皿に並べ、がっつり食べるようなお料理は
大皿に盛りつけることにしました。
歳を重ねてくると、こんな食べ方がいい具合です・・。
b0347858_22572790.jpg

10年ぶりの再会を果たし、不思議なもので私はタイムスリップしてあたかもOL時代に戻ったかのような気分になりました。

ごはんの方は・・美味しい!美味しい!と食べてくれましたよ。
料理教室やりなさい!とお墨付きを頂き、私は上機嫌でした♪


そこで好評だったお料理です。
b0347858_22585697.jpg

カニのエスニック春巻き

●材料 (10本分)
カニ棒肉(小) 40本  
にら 半束
もやし(5cm位に切る) 1/2袋
にんにく(みじん切り) 2〜3かけ
春巻きの皮(大) 10枚

香菜 少々

(たれ)
ポン酢 
トムヤンクンの素

●作り方
1、あらかじめにんにくのみじん切りは油で炒める
2、春巻きの皮ににら、もやし、カニ肉、1のにんにくをのせ巻く
3、180℃の油で2〜3分揚げ、3つに切る
4、香菜を添えて、ポン酢とトムヤンクンの素を混ぜたたれにつけて頂く
b0347858_10191390.jpg
トムヤンクンの素を利用すると、簡単にエスニック風の味付けになります。
トムヤンスープやチャーハンの味付けなどに使えますし、
例えば「しゃぶしゃぶ」でポン酢に飽きた時、これをちょっと加えるだけで、味が変わってもっと食べられちゃいますよ。
でも、このサイズは我が家にはちょいと大きいかな・・。



次は豚しゃぶ〜八角醤油風味です。

以前にダイコンの八角醤油漬けを紹介しましたが、今回は豚しゃぶの味付けです。

b0347858_22594993.jpg



豚肉の冷しゃぶ〜八角醤油風味

●材料
豚肉しゃぶしゃぶ用 200g
生姜・酒 少々

八角醤油(醤油100ccに八角2個漬けておいたもの) 大さじ1
昆布の出汁 大さじ1
砂糖 小さじ1

(付け合わせ)
ミニチンゲンサイ
生きくらげ
プチトマト

●作り方
1、鍋に湯を沸かし、生姜のスライスと酒を入れ、豚肉をゆでる
2、八角醤油、出汁、砂糖を混ぜあわせ、1につける
3、付け合わせの野菜をさっと茹で、豚肉と一緒にもりつける


お陰様でとても楽しいおうち宴会になりました。
先輩との出会いを含め、改めてこれまでいろいろな出会いに感謝の時でした。








[PR]
by coucouatable | 2014-09-22 10:42 | 料理 | Comments(0)
時間ができると家族で葉山に出かけます。
車で家から50分、渋滞知らずで行けます。
山と海の両方の美しい景色を眺められ、
虫の声の大合唱にも癒され、ゆっくりと時間を過ごせます。
b0347858_10424661.jpg
9月の一色海岸はまだまだ水温も高く、泳ぐ人、マリンスポーツを楽しむ人、
バーベキューを楽しむ人・・で賑わっていました。
といっても、ここはいつもほどよい混み具合です。


葉山に行くと必ず立ち寄るお店がいくつかあります。
お肉やさんの旭屋牛肉店ここではいつも「葉山コロッケ」を買います。
衣はさくっと揚がるし、中身のジャガイモがほっくり、味付けもおいしくて
我が家では皆大好物です。
朝ご飯にコロッケサンドにして食卓に出せば、子ども達のテンションは上がり↗
とてもいい一日になりそうな具合です(笑)
b0347858_10432584.jpg
今回は前々から気になっていたお店を開拓してみました。
ベーグル葉山 ツキタビです。
店構えはレトロ感漂いお洒落で、ひときわ目立ちます。
ベーグルは自家製天然酵母、岩手産低農薬の小麦粉、種子島のきび糖など
こだわりの素材を使って手作りしています。
そこでチョコチップのベーグルと季節限定のかぼちゃのベーグル、シナモンロールを買いました。
b0347858_10441506.jpg
b0347858_10445050.jpg
ベーグルといえばクリームチーズを塗って頂くのが美味しいです♪
でもうちの冷蔵庫にはクリームチーズは常備していません。

そんな時、ヨーグルト(無糖)で、簡単にヨーグルトクリームを作ります♫
クリームチーズよりさっぱりとして、さらっと頂けます。
作り方は簡単!
コーヒーフィルターにヨーグルトを入れて、塩をひと振りし、水切りするだけです。
(コーヒーフィルターがない場合は、ざるにキッチンペーパーをひいて出来ます。)
冷蔵庫で4、5時間するとびっくりするぐらい水が出て、ヨーグルトが濃縮されたクリームになります。
その水は乳清ですので、栄養があります。捨てません、飲み干しますよ(笑)
また出来たヨーグルトクリームにはちみつを加えれば、甘い生クリームの代りにもなり、とっても重宝です。
b0347858_10452798.jpg
チョコチップベーグルには、自家製ヨーグルトクリームとブルーベリージャムをつけて頂きました。
b0347858_10460561.jpg



かぼちゃのベーグルには自家製ヨーグルトクリームとレタス、ハムで頂きました。

b0347858_10463862.jpg
ボリューム満点で、もちっとした食感はたまりませ〜ん。
噛めば噛むほど深い味わいで、素材の味を大切に作っているのが伝わります。
こういうパンを頂くと、お料理で大切なことにふと気づかされます。

さて次は何の種類をチャレンジしてみようかな♪
次に葉山に行く楽しみがまたひとつ増えました。







[PR]
by coucouatable | 2014-09-16 15:38 | 料理 | Comments(0)

ダイコンで大好きな料理があります。
「ダイコンの葉のじゃこ炒め」です。
旬の冬になると、葉付きのダイコンをみかけるようになりますが、
この時期でめずらしく葉がついたダイコンをみつけました。
b0347858_13263666.jpg
もう頭は「じゃこ炒め」しかありません。
早速作りました。とても簡単なレシピです。

b0347858_13324570.jpg

ダイコンの葉のじゃこ炒め

●材料
 ダイコンの葉 1/2本分 
 ちりめんじゃこ 大さじ4
 白ごま 大さじ1
 ごま油 大さじ1
 酒 大さじ1
 醤油 大さじ1/2

●作り方
 1、ダイコンの葉を軽く塩ゆでし、みじん切りにする
 2、フライパンにごま油を入れ、白ごまとちりめんじゃこを炒める
 3、2に1を入れ炒め、酒と醤油を入れ、最後水分をとばす
b0347858_13285465.jpg


b0347858_13374004.jpg
立派なダイコンですと、たくさん出来上がりますが・・
夕飯のおかずの一品に♪日本酒のおつまみに♪翌日の朝はご飯にかけて♪そしてお弁当のふりかけ代りに♪もなります。

ダイコンの葉は栄養価がとても高いんです。
鮮度のいい葉付きを見つけたら、葉まで頂きましょう!



そしてダイコンの方は・・・
拍子木切りにして、八角醤油づけにしました。
自家製お漬け物のひとつです。


ダイコンの八角醤油づけ

●材料
 ダイコン 
 八角醤油(醤油100ccに八角2個をつけておいたもの)
 こんぶ出汁

●作り方
1、ダイコンを拍子木切りにし、軽く塩をまぶししばらく置き、しんなりしたら水洗いをして水気をしぼる
2、八角醤油と昆布だし(1:2)につければ、数時間後には完成です

b0347858_13494920.jpg
八角醤油を使ったお料理は、普段とはひと味違う味わいがありますので、ちょっとしたおもてなし料理になります。
先日中華レストランで「豚肉の蒸ししゃぶしゃぶ」に八角醤油のたれがかかっていました。
とても美味しかったので、近々おもてなし料理でやってみよう♪と予定しています。




[PR]
by coucouatable | 2014-09-12 18:54 | 料理 | Comments(0)

小笠原諸島の父島在住のガラス職人、TARAさんの作るガラスは、
海の泡をイメージさせる、とても素朴で温かみがある作品です。
なじみの酒屋さんの一角に飾ってあったのが初めての出会いで、それ以来ファンになりました。
b0347858_22343540.jpg

6月に酒屋さんで個展が開かれました。
アンティーク家具の中にも溶け込んで、とても素敵に飾られていました。
b0347858_22360848.jpg

そこで数ある中から迷いに迷い選んで注文したコップ小鉢が今日届きました。
器を眺めているとゆったりとした島の時間が流れてくるようです。
随分昔、たった一度だけ行ったことのある父島の美しい風景を思い出します。
b0347858_22451537.jpg


さてこの小鉢に何を盛りつけましょう?
透明なだけに色どりがきれいなものがいいかな・・冷たいもので・・
そうだ!メキシコで食べたワカモレを作ることにしました。
メキシコで食べたワカモレはグリーントマトやピーマン(チリ)などの野菜が入っていて、とても深いコクと複雑な味わいがありました。
そして、トルティーヤに巻いたり、コーンチップスにつけるだけでなく、お肉料理の付け合わせやサラダとして登場します。

それをまねて・・

b0347858_22515323.jpg

父島のガラスに 「ワカモレ ディップ」

●材料
 アボガド 1個
 レモン汁 大さじ1
 にんにく(すりおろし) 1かけ
 玉ねぎ(みじん切り) 小1/2個 (※水にさらして辛みをとる)
 トマト(みじん切り) 中1/4個 (※シシリアンルージュなら3〜4個)
 パクチー(みじん切り) 大さじ1 
 塩 小さじ1/4
 はちみつ 小さじ1/2
 クミンパウダー 少々(あれば)

●作り方
 1、アボガドの皮と種をとり、ボールの中で細かくすりつぶす
 2、材料をまぜ合わせる
 3、コーンチップスなどと盛り合わせる

b0347858_22462536.jpg

以前作ったサルサソースでは、トマトの種類まで考えずに作り、汁だくサルサソースになってしまったことを教訓に、今回はトマトは、種の部分が少ない、肉厚なトマトを選びました。
シシリアンルージュ(ミニトマト)なら種が小さく向いています。
一般的に桃太郎系よりファーストトマトの方が種の部分が小さく肉厚です。


メキシコで食べた複雑な味わいに近づけたと思います!
b0347858_22515323.jpg

で、コップの方にはまず何を注いだか?
それはやはり・・・まずはビール♪でした。

b0347858_13242231.jpg






[PR]
by coucouatable | 2014-09-09 10:56 | 料理 | Comments(0)

いつも歩くハルとの散歩みちにぶどう畑があります。
「高妻」と「安芸クィーン」という品種を作っていて、
毎年8月の終わりにぶどう狩りを行っています。
b0347858_10335588.jpg

とても甘〜い!と評判のぶどうです。
当日は早朝から行列ができます。
息子が「今年もあのぶどうを食べたい!」と行列に並んでくれましたので、無事ぶどうをもいで来れました。
育ったぶどうは実が大きく、房に実がたくさんつき、ずっしり重みがありました。
もぎたてはこんなにみずみずしい!
b0347858_19361473.jpg
b0347858_19353484.jpg


うちの庭のフェンスにもぶどうをはわせています。
春になると枝をぐんぐん延ばし、濃い緑の葉を茂らせていきます。
ぶどうの葉っぱは、なんともエレガントな風情があり、とても美しいです。
それでも夏の始まりとともに、毎年コガネムシがたくさん飛んで来て、葉っぱを食い散らかしてくれます(涙)ので、我が家のぶどうはほぼ観賞用です。
b0347858_19373259.jpg

それでも今年、なんとか収穫できそうなぶどうが3房残りました。
薄緑色から薄ピンク色に変わって行く様がきれいです。
1つの房でも同時に色づかない所がなんとも自然でいいなと思います。
うちのぶどうは見てくれもお味も、ぶどう畑のものとは大違いですが、別の味わい♪があります。
b0347858_19382549.jpg



さてさて、もいで来たぶどうを料理に利用しました。
若い頃は果実が食事に入ることにかなり抵抗がありましたが、今になっては、
レストランで「果実を使ったソース仕立て」とあると、すごく惹かれます♪
そこで、おうちでフレンチレストランで食べるような味のソースを作ってみました。
目を閉じれば・・お外で食べてるような錯覚を覚えますよ(笑)

b0347858_19410398.jpg


チキンソテー ぶどうソース

●材料
 鶏肉(ももまたはむね) 300g
 にんにく(つぶす) 1かけ
 オリーブオイル 小さじ1
 塩 少々
 粒こしょう 少々

 たまねぎ 1個
 パセリ(みじん切り) 少々

(ソース)
 ぶどう 大10粒(皮を剥いて、大きいものは半分にカットする)
 バルサミコ酢 20ml
 米酢 20ml
 ブランデー 10ml(なくても)
 塩 少々
 はちみつ 小さじ1
 バター 10g

●作り方
1、鶏肉を均等な厚みにして、皮にフォークなどで穴をあけ、軽く塩、こしょうをふり、10分ほどおく
2、フライパンにオリーブ油を熱し、輪切りにした玉ねぎを焼き色がつくように焼いて取り出す
2、フライパンにオリーブ油を足し、つぶしたにんにく、鶏肉を皮目から入れ、いい焼き色がつくように両面かりっと焼き、取り出す
3、焼き終わったフライパンにソースの材料(バター以外)を入れ、2、3分煮立たせ、最後にバターを入れ火を止める
4、鶏肉を一口大にカットし、玉ねぎと一緒にお皿に並べて、上からソースをかけ、パセリを散らす
b0347858_19402654.jpg


「なんちゃって高級フレンチ・チキンソテー」の出来上がりです!
b0347858_10350464.jpg
b0347858_19410398.jpg


[PR]
by coucouatable | 2014-09-06 11:01 | 料理 | Comments(0)

空を見上げると秋を感じます。
日差しが和らいで、なんとなく寂しい秋の空。
こんな夏も終わりを告げる頃、店先でバジルや大葉の大量袋売りをよく見かけます。
b0347858_10180400.jpg

今月は、昔の仲間とおうち宴会を予定しています。
子どもの毎日のお弁当も始まりました。
おつまみに、お弁当に・・色々な用途に万能なバジルペーストを作りました。
我が家のバジルペーストは大葉を入れます。
大葉が入ることで、さっぱり♪すっきり♪した味になります。


袋からバジルの葉を出してみると、なんとよく大きく成長した葉っぱ!手のひらサイズでした。
b0347858_10190454.jpg



●バジルペースト

材料
 バジル 30g
 大葉 5枚
 松の実 30g (他のナッツでも代用できます)
 にんにく(すりおろし) 1かけ
 パルメザンチーズ 20g
 塩 小さじ1/3 (お好みで調整して下さい)
 粒こしょう 少々
 オリーブオイル 30g

作り方
1、バジル、大葉は洗って、キッチンペーパーでよく水気をとる
2、松の実は軽く煎る
3、フードプロセッサーに材料を上から順番に入れ混ぜる
4、長期保存する場合は、煮沸した容器に出来上がったバジルペーストを入れ、オリーブオイルを注ぎ空気を遮断する
b0347858_20251351.jpg


完成!こうしてオリーブオイルを上から注いでおけば長期保存できます。
b0347858_10200542.jpg



このバジルペーストをお弁当にどう活用しているか・・
b0347858_20275505.jpg

①インゲン、ジャガイモなど温野菜にあえる

②ゆでたジャガイモにぬり、とろけるチーズをのせ、トースターでこんがり焼く

ご飯を炊く時に、ジャガイモも炊飯器の中に一緒に入れてしまいます。
すると、ご飯と一緒にもっちり!美味しい!蒸かしジャガイモが出来ますよ♪
このジャガイモにバジルペースト、とろけるチーズをのせて焼きます。
b0347858_20335996.jpg

③ゆでだこにぬり、オーブントースターで軽く焼く
今回はアスパラ(塩ゆでしたもの)と一緒に焼きました。
b0347858_21041576.jpg

④サラダ用のパスタやマカロニにからめる
b0347858_21104048.jpg


⑤蒸し鶏にあえるなどお肉のソースとして使う。
もちろんソテーしたお肉にもぴったりです。
b0347858_21111627.jpg

・・・などなどです。

お弁当に・・と言いながら、完全におつまみでした(笑)
あとはクラッカーにのせたり、パンに塗ってトーストに、さらにチーズをのせてバジルピザトーストにもなり、あっという間に完食です。






[PR]
by coucouatable | 2014-09-03 07:44 | 料理 | Comments(0)

浜松の実家から玉ねぎが届きました。
これまで見た事がない、根までしっかりついた褐色の玉ねぎ。
力強さを感じます。
b0347858_19092311.jpg

この玉ねぎ、浜松の農家、馬淵康之さんが作ったものです。「炭素循環農法」という土壌の微生物を増やし、その微生物に野菜を育ててもらう、農薬や肥料もいらない環境に優しい栽培方法のものでした。
育った野菜は甘さあふれる美味しさ!があるそうです。


まずは早速「酢たまねぎ」に挑戦。
スライスしてみて、ちょいと一口つまんでみると、まあ驚くことに全然辛くなく、甘〜い!!
実は私は生の玉ねぎのどうしても口に残る辛みが苦手だったので、感動的でした♪
b0347858_19160333.jpg
この酢たまねぎは、玉ねぎ200gのスライスをお好みのお酢200ccと
はちみつ大さじ2をあわせたものに漬けるだけで出来ます。
通常は数日たつと辛みもマイルドになり食べ頃になりますが、この酢玉ねぎは即食べられました。

玉ねぎは、周知のごとくコレステロールの低下や抗酸化作用、血栓防止に関連があると言われている身体によい野菜なんです。毎日食べることをおすすめします。

酢たまねぎにして冷蔵庫にストックしておけば、サラダに入れてもよし、メイン料理の付け合わせにもよし、私なんかはお腹すいたな〜なんて時につまんでいます。

b0347858_19290273.jpg

そして次はサルサソースに挑戦してみました。

この夏休み、メキシコのカンクンに旅行に行きました。
これまで見た事もない海の青さに感動しましたが、そこで食べたメキシコ料理が
とても美味しかったんです。
b0347858_22365458.jpg
b0347858_22392160.jpg

その味を忘れないうちにサルサソースを作りました。
トマトの水分が多かったようで汁だくサルサソースになってしまいましたが・・。
上の写真が本場のサルサソース、下が自作です。

メキシコでは、トルティーヤの皮にお肉やお野菜と一緒にサルサソースをかけて頂くことが多かったのですが、今回はイカのフリッターのソースにしてみました。
相性抜群でとっても美味しかったのですが、イカは揚げ油がパンパン飛んで来るので要注意です(泣)

b0347858_19322877.jpg
b0347858_19374397.jpg
●サルサソース レシピ
(材料)
玉ねぎ 大1個 (みじん切り)
トマト 大1個 (みじん切り)
にんにく 1片 (すりおろし)
パクチー 1茎 (みじん切り)
ライム汁 1個
酢 大さじ2
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
サラダ油 大さじ2
ハラペーニョ(酢づけ)大さじ1 (みじん切り)

(作り方)
上記材料を混ぜ合わせるだけです。







[PR]
by coucouatable | 2014-08-25 22:43 | 料理 | Comments(0)