カテゴリ:料理( 206 )

急に秋めいてきました。
庭の「やまぼうし」の葉っぱも赤く色づき始め、真っ赤に紅葉する直前の
赤や緑に移ろう姿がとても美しいです。
気づけば秋、もうすぐ美しい紅葉の季節ですね。
b0347858_10215843.jpg


急に気温が下がったので、最近は温かいものが食べたくなります。
食品庫に、ついスーパーで安売りだ!と買い込みすぎたそうめん、
残っていませんか?
余ったそうめんは、にゅうめんにして頂いています。
下ゆでなし!の鍋1つで完成するにゅうめん♪なので、
おひとり様の時など大活躍レシピです。

b0347858_21591540.jpg

鍋1つで!とろ〜り豆乳にゅうめん

●材料(1人前)
 そうめん 50g
 豆乳 150cc
 出汁(昆布や干し椎茸などお好み) 250cc
 ささみ 1本
 青菜 少々

 生七味

●作り方
1、ささみは一口大に切り、軽く酒をふり、片栗粉をまぶす
2、鍋にだし汁を煮立たせ、1を入れ、青菜を入れる
3、豆乳を加え、煮立ってきたら、そうめんをそのまま入れ、煮えたらすぐ火を止め、器に移す
4、生七味を添えて完成

b0347858_21581492.jpg
味付けはお出汁とそうめんの塩分と生七味のみ
とろりとしたマイルドな豆乳スープに「茅乃舎 の生七味」がアクセントで味の決め手です。
茅乃舎の生七味はお味のレベルをぐっと上げてくれる、大助かりの調味料です♫
冷凍庫で保存すれば、長い間保存できるので便利ですよ。
b0347858_21584654.jpg
b0347858_21591540.jpg
ぬくぬくしたくなってきました・・。












[PR]
by coucouatable | 2014-10-23 10:29 | 料理 | Comments(0)
なじみのお魚屋さんに
「アクアパッツァやらない?」と奨められ何年かぶりに
アクアパッツァを作りました。
お魚はハタ。ちょうどいいサイズでお値段もお手頃価格でした。
b0347858_19064914.jpg
味付けは、
塩・こしょう、にんにく、ドライトマト、アンチョビ、白ワインで作りました。
出汁を出すためにあさりを一緒に入れます。
たまたま冷蔵庫にあったいんげんも入れました。

「アクアパッツァ」と聞くとたいそうな料理に聞こえますが、
作り方はシンプルです♪
魚を焼いて焦げ目をつけて白ワインで蒸すというものです。

さてさてLet's cooking!です。
まず魚に塩・こしょうで味付けし、魚が乗るフライパンか鍋にオリーブオイルを
熱し、ニンニクとドライトマトを炒め香りを出します。
そこへ魚を入れ両面焦げ目をつけます。(その時にんにくやドライトマトを焦がさないように魚の上に避難させて下さい。)
そこにアンチョビ、あさりを入れ、白ワインを多めに入れて蓋をして蒸します。
いんげんも入れました。
10分ぐらいで完成です!
にんにくドライトマトアンチョビあさりと聞いたら美味しいに決まってますよね(笑)
久しぶりの大皿料理になり、豪華な食卓となりました♫
b0347858_19071159.jpg
プロがお勧めしただけに、お魚は身がしまり、弾力があって、
でもふっくらもしていました。

自分だけでメニューを考えているとマンネリ化に落ち入りがちです。
特に魚料理はその傾向が強いです・・。
なじみの魚屋さんが出来ると、「こんな魚が旬で美味しい」とか
「この魚にはこんな調理法がおすすめ」というような貴重な情報をもらえます。
私もなじみのお魚屋さんが出来てから、ぐんと魚料理のレパートリーが
増えましたよ。
これからも簡単で美味しいお魚料理、ここでアップしていこうと思いますー☆ー

[PR]
by coucouatable | 2014-10-21 10:11 | 料理 | Comments(0)
今日の夕飯はビーフストロガノフです。
ルーを使わなくても簡単に!出来ます。
決め手はサワークリームです。お店の味になりますよ!
たま〜に作ると久しぶりの洋食ですから・・家族には美味しいと好評です♪
b0347858_21425778.jpg

簡単ビーフストロガノフ(4人分)
●材料
牛肉 400g
玉ねぎ 1個 
エリンギなどキノコ 1パック
小麦粉 大さじ2
バター  15g

白ワイン 大さじ4
トマトジュース 400cc
コンソメ 1個
塩・こしょう 少々
ケチャップ 大さじ1
ウスターソース 大さじ1
オイスターソース 大さじ1/2
サワークリーム 50〜100g(お好みの量で)

パセリ 少々

●作り方
1玉ねぎは薄切りにし、小麦粉をまぶし、バターでよく炒める
2玉ねぎが少し褐色に色づきしんなりしたら牛肉を入れ、炒める
3さらにキノコを入れ、サワークリーム以外の残りの調味料を入れ、
お好みの味に仕上げる
4最後にサワークリームを混ぜ合わせ火を止める
5ご飯と一緒に盛りつけし、いろどりにパセリを散らす
b0347858_21431128.jpg
b0347858_21425778.jpg
ご飯は12雑穀米です。
新米のシーズンです。とっても美味しい季節ですね。


[PR]
by coucouatable | 2014-10-16 20:00 | 料理 | Comments(0)
定期的に自宅で料理教室を開いています。
(下の写真は前回春に行った時の風景です。)
9月から野菜ソムリエ認定料理教室にもなりました!
b0347858_20083776.jpg

さてさて秋のメニューお料理教室が始まりました。
今日は初回ですので、ちょっと緊張しました。
果たしてきちんと予習通りに出来上がるかな・・いつになっても心配です。

今日は娘の小学校時代のママ友5人が集まりました。
秋のメニュー、レシピは4品
今回は和・洋・メキシカンの組み合わせです。

レシピの説明をしてから、さあみんなでLet's cooking !
いつもはひとりでするお料理も大勢ですると楽しい♪ものですよ。
野菜を洗う人、野菜のみじん切りする人、ドレッシングを調合する人、
流しに出た洗いものを洗う人・・・。
熟練の主婦が集まると、とても早いんです。
チームワークもなかなかです。
さっさと料理が完成していく一方で洗い物も同時に片付きます(拍手)
そして口も常に動いていますよ(笑)
・・そして4品、私の心配をよそにしっかり完成しました(喜)

4品は普段のおうちご飯にも、おもてなし料理にも、おつまみにもなるような
旬の野菜を使ったレシピです。
そして何より手軽に出来る!そんなお料理です。
b0347858_20503909.jpg
お楽しみのお食事タイムは、
家族の話、お料理の話、お弁当の話、健康の話etc・・に花を咲かせました♪
お料理の方は好評でした!美味しかった!
ほっとしました。
食事の後は、手作りデザートとお茶でしばし尽きることのないおしゃべり。
そして、みんなで片付けをしてお開きでした。

お陰様で今日も充実した一日となりました。
「このメニューが家族にうけたよ!」なんていうお言葉をもらえると
とても励みになります。
「いま早速夕飯で作ってます!」なんてメッセージも、さすがだなぁと
感心するばかりです。

こんなゆるいお料理教室でも、家族や周りの健康のために役立ててもらえれば・・
と願うばかりです
「来てよかったな」と喜んでもらえるように・・次もがんばるぞー!














[PR]
by coucouatable | 2014-10-11 17:37 | 料理 | Comments(0)

食欲の秋!〜銀杏ひろい


ハルとの散歩道に大きな銀杏の樹があります。
b0347858_20304379.jpg

この季節になると銀杏の実がぼこぼこと落ちている場所。
先日の台風の後、「いっぱい落っこちてるんじゃなかろうか〜!?」と
ハルを誘って銀杏拾いに出かけました。
そして綺麗な銀杏の実を拾って来ました。
自分ひとりで銀杏拾いはちょっと人目が気になりますが、
不思議なもので犬と一緒だとためらいもなく拾えちゃいます・・?

ここで下処理の紹介です。
銀杏の下処理
①拾った銀杏の実は水につけて、ふやかしてから剥きます。
(台風の後だったせいか、水につけなくてもそのままつるっと剥けました)
実を剥く作業は、くさい臭いとの戦いです。
ビニール手袋をして水道水で流しながら実を剥きます。

②殻を天日干しにし、完全に乾いたら、金づちで殻を割り中の実を
取り出します。
b0347858_20320229.jpg
b0347858_20310267.jpg


銀杏1つの実でも大変な手間がかかるものです。
地道な下処理ですが、思いのほか楽しめましたよ♪
手間暇かけた銀杏、どうしましょうか?

絶対これ!美味しいですよ。銀杏ご飯です。

b0347858_20312101.jpg
もちもち銀杏ご飯

●材料
米1合+もち米1合
銀杏 30粒
酒 大さじ1
塩 小さじ1
昆布だし汁 適量

●作り方
1米ともち米は研いで30分程ざるに上げる
2炊飯器に材料を全部入れ、浸水させてから炊く

昆布だし汁はいつもポットに水と昆布を入れ、冷蔵庫に入れています。
とても重宝ですよ。
b0347858_20322099.jpg
あとは、とてもオーソドックスですが、普通の茶碗蒸しに入れました。

b0347858_20314746.jpg


明日は「煎って塩♪」「煎ってバター・こしょう♪」等やってみようと思います。

銀杏は滋養強壮など薬効があると言われていますが、その一方で神経に関わる中毒物質も含まれていると言われてます。
食べ過ぎは要注意です。
冷凍保存も可能ですので、多い場合は殻のままの状態でも、剥いた状態でも冷凍保存して下さい。





[PR]
by coucouatable | 2014-10-10 15:48 | 料理 | Comments(0)

の季節がやって来ました♪
一昨年にデパートで仕切りのある鍋を見つけ、おうちでもお店のように2種類食べられる〜と大活躍でしたが、このお鍋が小ぶりで少々不満がありました。
ついに思い立って・・大きな仕切りのある鍋を購入しよう!と合羽橋まで行って来ました。
そしてステンレス製の火鍋用の仕切りのあるお鍋を購入しました。
直径33cmの大きなお鍋。
買った瞬間から・・もう火鍋、作るしかありませ〜ん♫
b0347858_22170370.jpg

合羽橋のお店探検はとても面白かったです。
様々な調理器具の他、コンビニに置いてあるような「おでん鍋」、お刺身を盛る大きな「舟」、「わたがしメーカー」や「ポップコーンメーカー」があったり・・・見ているだけで「ほほぅこんなものが・・」と唸りながら楽しみました(笑)
あとは日本が誇る食品サンプルのお店もありました。
b0347858_22162747.jpg

今年は鍋のバリエーションを増やしたいな〜と思っています。
これまでの定番は「しゃぶしゃぶ鍋」の他「寄せ鍋」「みそ鍋」「キムチ鍋」「坦々鍋」等のローテーションでした。

今日のおうちご飯は「火鍋」と普通の「しゃぶしゃぶ鍋」の2種類に。
おうちでも、ある程度の調味料が揃っていれば、お外で食べる火鍋が再現出来ますよ!
b0347858_22181252.jpg


火鍋のスープ


●材料
A
にんにく(すりおろし)小さじ1
しょうが(すりおろし)小さじ1
花椒 小さじ1
粉山椒 小さじ1/2
豆板醤 小さじ1
ラー油 小さじ1
一味唐辛子 小さじ1/2
長ネギ(みじん切り) 大さじ1
B
練りごま 大さじ2
昆布だし汁 1L(お好みで半分豆乳でも)
鶏ガラスープの素 小さじ1
ナンプラー 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
塩・こしょう 少々

●作り方
1、鍋にごま油(大さじ2)を熱し、Aを香りがでるまで炒める
2、1にBを加え10分位煮る
3、花椒を取り除きスープの出来上がりです
b0347858_22240287.jpg

b0347858_22520188.jpg

b0347858_22215498.jpg


折角合羽橋までお出かけしたついでに、浅草で天丼を食べて帰りました。
ネットで調べた「浅草グルメ10選」の中にあった店舗「葵丸進」のかき揚げ丼に惹かれて訪ねてみました。
b0347858_22340258.jpg

お店の入り口から薫るごま油のいい香り〜♪
そして順番待ちをするお客さんの数!!期待が高まりました。
「天ぷら定食」か「かき揚げ丼」か迷いましたが、「かき揚げ丼」を注文。
出て来た丼のボリュームにビックリ!でした。

食べてみるとあま〜いたれとかき揚げがいい具合に調和して食をそそります。
一口食べるとじゅわっとしみ込んだかき揚げが美味しい!と思いました。
でも・・最後はその十分すぎるボリュームに圧倒され、やっぱりこの歳になって、
かき揚げ1種類で大盛りの丼一杯はもう無理かも・・でした(悲)
きっと若者か外国人観光客には大うけなんだろうなと思いましたよ。

帰りに「やきいもソフトクリーム」をみつけ、デザートに頂きました。
これまた控えめな甘さ加減といい、お芋の香りといい・・絶品でした♪
美味しすぎて写真撮り忘れでした。残念です。















[PR]
by coucouatable | 2014-10-06 10:04 | 料理 | Comments(0)

毎日のお弁当はついついマンネリ化しがちです。
子どもが幼稚園入園からとぎれることなく続いているお弁当生活も
もう13年目に突入しました(驚)
さてお弁当のバリエーションは増えたかな?
正直、甚だ疑問です・・(泣)

ここで・・とある日のお弁当レシピを紹介します。
とっても美味しい!かんたん!で、おすすめです。
なかなか使いずらいお魚を使ったレシピもあります♫
b0347858_20292731.jpg


メカジキのカレー南蛮風ソテー

●材料
メカジキ切り身 2枚
塩・こしょう 少々
カレー粉 少々
小麦粉 少々
めんつゆ 大さじ1
みりん 大さじ1/2

●作り方
1、めかじきに軽く塩・こしょうを振り、カレー粉を両面全体に振り、
小麦粉をまぶす
2、フライパンに油を熱し、1を両面焼き、最後にめんつゆとみりんを入れからめる


次は前日に作り置きしたものです。
※写真上のさつまいもボールはふかしたさつまいもをマッシュして、バターと蜂蜜少しを加えて丸めたものです。ラップで包んで冷凍保存し、凍ったままお弁当に入れます。
b0347858_20301246.jpg

きゅうりの韓国風マリネ

●材料
きゅうり2本
塩 小さじ1/2

[マリネ液]
にんにく(みじん切り) 大さじ1/2
しょうが(みじん切り) 大さじ1/2
長ネギ(みじん切り) 大さじ1
醤油 大さじ2
酢 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
ごま油 大さじ1

●作り方
1、きゅうりは塩をまぶして板ずりし、しばらくおき、しんなりしたら、すりこぎなどでたたいて割る
2、マリネの材料を混ぜ合わせ、1をからめる



イカとにんじんのマスタードマリネ

●材料
いか 1ぱい
にんじん 1/2本
長ネギ(白い部分・大きめのみじん切り) 3cm位

[マリネ液]
米酢 大さじ1
レモン汁 大さじ1
白ワイン 大さじ2
塩 小さじ1/3
こしょう 少々
サラダ油 大さじ2
粒マスタード 大さじ1/2

●作り方
1、いかは適当な大きさに切り、さっと茹でる
2、にんじんは千切り、長ネギは大きめのみじん切りにする
3、マリネ液を混ぜ合わせ、1と2を入れて混ぜる



中学生女子の弁当
これにフルーツを持って行きます♫

b0347858_10533489.jpg

高校生男子の弁当
魚だけだとテンションが下がる↓らしいので・・
鶏肉の照り焼きとソーセージを追加しました。
b0347858_10540589.jpg

これらのマリネのレシピはおもてなし料理にもなりますよ♫













[PR]
by coucouatable | 2014-10-03 20:56 | 料理 | Comments(0)

炊飯器で牛すじ煮込み


炊飯器はご飯を炊くだけのものと思い込んでいました。
実はいろいろな調理が出来るんですね(驚)
保温機能でローストビーフやチャーシュー、鶏ハムなど作れます♫し、
炊飯機能で圧力鍋の代りもこなし、牛すじ煮込みも作れます♫
ひとり二役、三役と・・・炊飯器エラすぎです(笑)

きれいな牛すじを見つけたので、「炊飯器で牛すじ煮込み」作ってみました。
作り方は極めてシンプルです。
b0347858_14123941.jpg
炊飯器で牛すじ煮込み

●材料
牛すじ 300g
下茹で用ネギ(青い部分)
下茹で用生姜 少々
 
ごぼう 1/2本
にんじん 小1本
こんにゃく 1/2枚
長ネギ 5cm

水400〜600cc(材料を入れひたひたになる程度)
みそ 大さじ3
酒 大さじ3
醤油 小さじ1
※甘めの味付けがお好みの場合はみりんや砂糖を足す
※水分量はお使いの炊飯器により調節願います

●作り方
1、牛すじは、生姜、長ネギと一緒に水から30分位あくを取りながら下茹でする
2、ごぼう、にんじん、こんにゃくは同じくらいの大きさで乱切り、長ネギは薄切りにする
3、水とみそ、酒、醤油をあらかじめボールなどにといて混ぜておく
4、下茹でした牛すじを大きめに切り、2と一緒に炊飯器に入れ、3を入れ、炊飯ボタンを押す
5炊飯が終わったら、器にもり、ネギ、一味唐辛子をかける
b0347858_14121587.jpg
とてもやわらかく出来上がりました!
そして驚くことに、お肉にもお野菜にもしっかり味がしみ込んでいました。
これは美味しくてご飯がすすみます♪ もちろんお酒もね♪
b0347858_14123941.jpg



以前、麻布十番にある「日進スーパー」へ行き、OGビーフを購入、
炊飯器「ローストビーフ」作ったことがあります。
「日進スーパー」は場所柄、国際色豊かな食材がいっぱいです。
ここに行くとちょっと外国を旅した気分になれますよ!
輸入肉も多種にわたり豊富でした。
ワインも充実していました。

b0347858_14110768.jpg

ここでは炊飯器の保温機能を使って調理しました。
赤身肉の塊を塩・こしょう・にんにく・たまねぎ(共にすりおろし)を揉み込みしばらくおいたら、ジプロックに入れ、空気をストローでしっかりぬきます。
炊飯器にお湯をはり、そこにジプロックごと入れ、鍋の蓋などで重しをします。
ネットなどで「真空調理」「炊飯器」などと検索すると、70℃のお湯で40分保温と紹介されていますが、
肉の大きさが700gと大きかったのと、我が家の炊飯器の温度調査をしたところ、保温していても、時間経過とともに若干温度が下がると分かったので、お湯の温度は80℃、時間は40分保温でやってみました。


初チャレンジにもかかわらず上々の出来栄え!でした。
日進スーパーまで行った甲斐がありましたよ(泣)
そして表面をかりっとさせたかったので、後からフライパンで肉のまわりに焦げ目を
つけ、お肉を取り出したフライパンにジプロックの中の肉汁、酒、醤油を入れて煮立たせ、最後にゆずをしぼって和風ソースの完成!
火の通り具合も良く、色合いも美しく、ジューシーに出来上がりました!

b0347858_14112789.jpg
完成して、中の火の通り具合が心配で、すぐ切ってみたくなりますが、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす→それから切るのがポイントです。
赤い肉汁を出さないためにも。


その他これまで、鶏ハムにも挑戦しました。
写真は塩麹でつけた鶏ムネ肉で作った「パセリペッパー鶏ハム」。
こちらも上出来でしたよ♪

b0347858_14192193.jpg


炊飯器、なかなかやるではないか・・・





[PR]
by coucouatable | 2014-09-29 10:02 | 料理 | Comments(0)

先日朝のテレビ番組で「残ったお味噌汁でカレーを作る」というのを
紹介していました。

今朝は、昨日作った豚汁が1人前残っていました。
そこで、美味しいカレーが出来るか?試してみました♪

テレビの通り、お豆腐を足して、ぐつぐつ煮て、具を砕きます。
塩分があるので牛乳を少し足しました。
そして自分流のアレンジで、冷凍保存してある大豆ミンチと茹でたブロッコリーを入れました。
ここにカレーのルーを足すだけで「和風カレー」の出来上がりです。
b0347858_17142915.jpg
食べてみたら・・これは美味しい! くたくたのごぼうやダイコンが絶妙な味わいです。
出演者の方も言っていましたが、これならへたにカレー作るより簡単で美味しい!
私も同感です。いい出汁が出ているので煮込む必要もありません。



大豆ミートとは大豆を乾燥させたものなので、大豆の栄養価がたっぷり・・低脂質・高たんぱく、食物繊維やミネラル、話題のイソフラボンも採れます!(写真上)
お肉と食感も似ているので、お肉の代りになるヘルシーな食材です。
大豆ミンチは大豆ミートをミンチ状に加工したものなので、まさにひき肉代りになります。
b0347858_17171803.jpg
大豆ミートはお湯でゆがいて使いますが、その都度茹でるのは少々手間なので、
一度にたくさんゆがいて、ジプロックに入れて冷凍保存しています。(写真下)
そして必要な時に使いたい分だけ使います。

今日のカレーはまるでひき肉のカレーのような見栄えになりましたね。
b0347858_17142915.jpg



そして・・・おやつに久しぶりにパンを焼きました。
「うぐいすロール」です。
パン生地の間にカスタードクリームとうぐいす豆・金時豆・大手芒を入れて巻き、
さらにクッキー生地をトッピングして焼きます。
とっても美味しいのですが、少しばかり工程が手間がかかるな・・とついつい敬遠していましたが、やっぱり手間かけた分うまうま♫でした。
これは「ジャパンホームベーキングスクール」で習った配合をもとに作りました。
b0347858_17324108.jpg
今日はお母さんの株が上がりそうです(笑)



[PR]
by coucouatable | 2014-09-25 18:51 | 料理 | Comments(0)

OL時代の先輩と10年ぶりの再会をしました。
初めての出会いは私22歳、先輩30歳。
あれから20年以上の月日が流れ、彼女は副部長まで昇進しました。
仕事でもプライベートでもいい相談相手のお姉様であり、呑んべえの私たちは会社帰りによく一杯飲みやに立ち寄りました。
そんな懐かしい日々を思い出します。


久しぶりにおうちへの来客でしたし、季節も夏から秋へ、インテリアの模様替えから
始めました。
はりきって♪まずは玄関とテーブルの花を秋模様に。
b0347858_22494870.jpg
そして次は洗面所。
夏の間は、浮き玉が可愛らしくて、涼やかでしたが、さすがにもう
それとなくを感じる風にしました。
こんなことをあれこれ考えている時間がたまらなく至福の時です♫
もうにやにやです♪
b0347858_22512819.jpg

そしてお食事はどうしましょう。
おつまみに活躍の品々を数日前から準備しました。
マリネは漬けている間に味が深まります。
キノコのマリネやプチトマトのマリネ、砂肝マリネなど準備しました。
(写真は左下から根三つ葉のザーサイサラダ、冬瓜のすだちマリネ、キノコのマリネ、トマトと桃のマリネ)
b0347858_23275029.jpg


いつもは大皿料理をどかーん!と、どんどん並べていますが、今回は少し上品に旅館風に!
ちょこっとおつまみになるものを小皿に並べ、がっつり食べるようなお料理は
大皿に盛りつけることにしました。
歳を重ねてくると、こんな食べ方がいい具合です・・。
b0347858_22572790.jpg

10年ぶりの再会を果たし、不思議なもので私はタイムスリップしてあたかもOL時代に戻ったかのような気分になりました。

ごはんの方は・・美味しい!美味しい!と食べてくれましたよ。
料理教室やりなさい!とお墨付きを頂き、私は上機嫌でした♪


そこで好評だったお料理です。
b0347858_22585697.jpg

カニのエスニック春巻き

●材料 (10本分)
カニ棒肉(小) 40本  
にら 半束
もやし(5cm位に切る) 1/2袋
にんにく(みじん切り) 2〜3かけ
春巻きの皮(大) 10枚

香菜 少々

(たれ)
ポン酢 
トムヤンクンの素

●作り方
1、あらかじめにんにくのみじん切りは油で炒める
2、春巻きの皮ににら、もやし、カニ肉、1のにんにくをのせ巻く
3、180℃の油で2〜3分揚げ、3つに切る
4、香菜を添えて、ポン酢とトムヤンクンの素を混ぜたたれにつけて頂く
b0347858_10191390.jpg
トムヤンクンの素を利用すると、簡単にエスニック風の味付けになります。
トムヤンスープやチャーハンの味付けなどに使えますし、
例えば「しゃぶしゃぶ」でポン酢に飽きた時、これをちょっと加えるだけで、味が変わってもっと食べられちゃいますよ。
でも、このサイズは我が家にはちょいと大きいかな・・。



次は豚しゃぶ〜八角醤油風味です。

以前にダイコンの八角醤油漬けを紹介しましたが、今回は豚しゃぶの味付けです。

b0347858_22594993.jpg



豚肉の冷しゃぶ〜八角醤油風味

●材料
豚肉しゃぶしゃぶ用 200g
生姜・酒 少々

八角醤油(醤油100ccに八角2個漬けておいたもの) 大さじ1
昆布の出汁 大さじ1
砂糖 小さじ1

(付け合わせ)
ミニチンゲンサイ
生きくらげ
プチトマト

●作り方
1、鍋に湯を沸かし、生姜のスライスと酒を入れ、豚肉をゆでる
2、八角醤油、出汁、砂糖を混ぜあわせ、1につける
3、付け合わせの野菜をさっと茹で、豚肉と一緒にもりつける


お陰様でとても楽しいおうち宴会になりました。
先輩との出会いを含め、改めてこれまでいろいろな出会いに感謝の時でした。








[PR]
by coucouatable | 2014-09-22 10:42 | 料理 | Comments(0)