<   2015年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

去年の12月に湘南にオープンした
「湘南T-SITE」に行きました。

蔦屋書店を中心にスタイリッシュで個性的なショップが繋がる文化複合施設です。
b0347858_18213805.jpg

代官山でおなじみのT-SITEのように、
沢山の品揃えの本や雑誌が並んでいました。
近くのソファに腰をかけて、コーヒー片手に読書が出来る
優雅な時間を過ごせるオシャレ空間です。

b0347858_18222455.jpg
フィガロジャポン創刊25周年の特設コーナー
フランスのアンティーク雑貨とコラボ
旅行にでかけたくなりますー



専門店は、ステーショナリーショップや雑貨、料理道具屋、わんちゃんショップ、コスメショップ、レストラン、もの作りの体験スタジオなど・・見所沢山でした。
b0347858_18255128.jpg
コスメのセレクトショップ「イセタンミラー」


料理本が並ぶコーナーの近くに「釜浅商店」があり、
スポーツ・アウトドアコーナー脇に「自転車屋さん」があり
児童書の側に「ボーネルンド」があり・・・と
書店と専門店がテーマごとにうまく繋がっていて面白い。

b0347858_18273798.jpg
料理本の向こうに料理道具の「釜浅商店」ってなんだかうれしい

b0347858_18370885.jpg
ひだパン特設コーナーもおしゃれでかわいい



もうすぐ二子玉川にも
蔦屋書店と家電とカフェが共存する複合施設が出来るんですよ。
世田谷区民としてとても楽しみです♡

お昼ご飯はT-SITE内のレストラン、
「THANKS ON THE TABLE」へ。
地元の旬の食材を使ったカジュアルレストランです。

b0347858_18290950.jpg
サラダのブッフェでは、地元の野菜がたくさん並びます〜


中に入ってみると、天井も高く店内は広々、
テーブルも大きくて家族仕様になっています。
周りのお客さんも子連れ率が高かったです。
もう少し暖かくなったら、テラスでお食事も気持ちよさそうでした。
富士山も眺められますし!

ランチタイムはサラダと飲みものがブッフェスタイルで付いてきました。
サラダも種類が豊富で三浦野菜を沢山楽しめます♪
お得感ありあり♡
b0347858_18303397.jpg
沢山の野菜が食べられて幸せ♪


注文したのは「バジルの香る薫製サバサンド」
鯖のサンドイッチ?
おいしいの?
不思議な組み合わせです。

b0347858_18295298.jpg
薫製サバがポイントで、
スモークすることでパンとの相性が良くなるんですね。
鯖も程よく脂がのっていてジューシーで、
スモークの香りが食欲を湧かせてくれます。
とっても美味しかったですよ。

湘南T-SITEに行ったら、
湘南の気持ちのいい、ゆったりと閑かな時間が流れていて、
ついつい長居してしまいますね。




そしてハルと茅ヶ崎の海岸散歩。
今日のハルはお砂場遊びに夢中でした。

b0347858_18321928.jpg

ひたすら穴を掘る掘る掘る・・・
とってもいい運動です〜
途中息が上がっていました(笑)

b0347858_18325162.jpg


最後は、掘った穴の中にどっかり座って海を眺めます。
まるで露天風呂のよう・・

b0347858_18332577.jpg
今日も海を独り占め〜☆



茅ヶ崎に姉が住んでいます。
姉宅へのお土産は
「海老とブロッコリーと卵サラダ」と
おなじみ「キュウリの韓国風マリネ」でした☆

b0347858_19033712.jpg
b0347858_19051161.jpg

[PR]
by coucouatable | 2015-03-27 21:55 | 料理 | Comments(0)
2月に京都へ旅行した時に作った
「清水焼手捻り体験」の器が届きました。
段ボールの箱を開けながらどきどき・・。
b0347858_22411543.jpg


じゃーん!こんな出来栄えになりました。
b0347858_22311396.jpg
右上から旦那さんの「蚊取り線香置き」
真ん中が息子の「納豆入れをイメージしたお椀」
左が娘の「ごはん茶碗」
私の「オードブルが乗る大皿」

形作りをして、色の指定をして、焼くのはお願いしてきたものです。
焼くと縮むと言われてきた割には大きく完成していて使いやすそう。
どんな具合にお料理が乗るかな・・

早速、今晩のご飯に使ってみました。

b0347858_22340562.jpg
手作りの器、どうでしょう?


息子のお椀には「ほうれん草とえのき茸のおひたし」を。
娘のお茶碗には「ラタトゥイユ」を。
私の大皿には、「きすのムニエル」と
「レディ大根の甘酢漬け」を。

正直、使える代物が完成してくるとは
思っていませんでしたから大満足です!
お椀は口が大きく開いているので、使いやすく、
厚みも厚すぎず重すぎず、薄すぎて割れそうで怖い
なんてこともありません。
大皿は周りをカーブさせたお陰で、しまいにくいのが難点(泣)

こうして食卓に旅の思い出の皿が並ぶというのも、
食卓が楽しくなり♪思い出もいつまでも残ります。
「清水焼手捻り体験」・・意外に侮れません!
お椀やお皿は重宝しそうなので、じゃんじゃん使おうと思います♪



b0347858_21124509.jpg
これは夏になったら活躍します、蚊取り線香置き


[PR]
by coucouatable | 2015-03-25 17:01 | 料理 | Comments(0)
今日は小春日和のいいお天気でした。
桜の花も開き始めそうに暖かかったですね♪
こんな日は、ハルと砧公園までお散歩です。
b0347858_17551618.jpg


久しぶりに「おにぎらず」を作って。
作った種類は3種類。
「唐揚げとパクチーのエスニック風」
「牛甘辛煮と大葉・紅ショウガ」
「ベーコンとふきのとう炒め・たまご」
どれもたまたま冷蔵庫にあったもの組み合わせです。

b0347858_17560565.jpg



作り方は全形の焼き海苔の真ん中にご飯を乗せ、
具を乗せ、またその上にご飯を乗せ、
のりで包み、半分に包丁で切ります。
するとサンドイッチのようなおにぎりが出来ます。
握らないで出来るので、「おにぎらず」。

「唐揚げとパクチーのエスニック風」
昨日のお弁当の残りの唐揚げに、
にんじん千切り、パクチーざく切りを乗せ、
チリソースを上からかけました。
この組み合わせ、美味しかった!
エスニック風に工夫すると、
ひと味違ったおにぎらずが食べられて
味のバリエーションが増えますね♪
b0347858_18000828.jpg


チリソースは我が家の冷蔵庫に常備されているこれ↓です。
b0347858_17564179.jpg
辛さもほどよく、酸味もあって、美味しいですよ。
普段はアジアンな味付けのドレッシングを作る時
などに使っています。



「牛甘辛煮と大葉・紅ショウガ」
昨晩の「牛丼の具の残り」に大葉千切りと紅ショウガを入れました。
紅ショウガはかなり多めで大丈夫でした。
これは間違いなく美味しいですね。
b0347858_17590920.jpg
真ん中にご飯を乗せて、具を乗せて


b0347858_18010410.jpg
さらに上にご飯を乗せて、のりを包みます



「ベーコンとふきのとう炒め・たまご」
ふきのとうを下茹でして、ベーコンと一緒に炒め、
塩で味を整えます。
そこに卵焼きを加えてみました。
ふきのとうの苦みがきいて、大人の味です。

b0347858_18095808.jpg
包むとこうなります。3種類できました〜


公園についたら、
「おにぎらず」で乾杯!
お弁当というと、「つまみ」に「おかず」に「おにぎり」に・・
といろいろ持って行かなくてはなりませんが、
「おにぎらず」なら、これ一つで三役です(笑)
しっかりお腹も一杯になりました〜。

b0347858_18045984.jpg
b0347858_18061694.jpg
気持ちが良くて、ハルもずっとこの笑顔





先日ハルが5歳になりました。
お誕生日ケーキは
大好物のごはんをケーキにしましたよ♡
b0347858_17540476.jpg

馬肉内蔵ミックス、りんご、豆腐、さつまいもマッシュで。
お誕生日おめでとう〜☆

b0347858_17543984.jpg
美味しすぎて、ものの10秒で完食でした






[PR]
by coucouatable | 2015-03-22 21:05 | 料理 | Comments(0)
横須賀の「すかなごっそ」で見つけた三浦産のレディ大根。
b0347858_22052924.jpg
表面がピンクに色づき、とてもかわいらしい野菜です。
三浦のこのレディ大根を見つけると必ず買います。
生で食べるのがおすすめ。
切ってみると、水分をたっぷり含んでみずみずしい!
つまんでみると、しゃきしゃきした歯ごたえが良く、
辛みもなく食べやすい♪


今回は甘酢漬けにしました。
甘酢漬けとは、ご存知の通り、酢・砂糖・塩につける調理法。
甘酢漬けは作り置きしておくと、様々な場面で重宝ですので、
我が家では常備食です。
b0347858_22172556.jpg


ここで、ただの甘酢漬けで終わらせないのが、
こだわりの塩です。
「ろく助の塩」を使うと美味しいですよ♪
b0347858_22060935.jpg
この塩を知ってから、このお塩も常備です。
ちょっとお高いので、厳選した調理にだけ使います!
例えば・・炊き込みご飯、お吸い物、煮浸し、天ぷらなど。
料理のグレードが何倍もUPしますよ〜。

このお塩は、あら塩に干椎茸や昆布、干帆立貝の旨味を付けたもの。
これを入れることで、甘酢漬けも、旨味成分が溶け出して、
とっても味わい深くなります。
もう頼りっぱなしですわ(笑)



[PR]
by coucouatable | 2015-03-19 16:41 | 料理 | Comments(0)
葉山から東京に帰る前に、ちょっと遠回りして
横須賀市長井にある農産物直売所「すかなごっそ」に寄りました。
地産地消を発信するアンテナショップです。
b0347858_21245476.jpg
地場産の野菜が豊富です。
冬が旬の葉もの野菜がいろいろ陳列されていました。
b0347858_21275168.jpg
お値段はとにかく安いので、嬉しいです♪
ほうれん草1束90円、クレソン1束140円、
レディ大根2本で150円・・!!

少し変わった野菜、黒キャベツ、スイスチャード、
レッドマスタード・・などもあるところが
さすがですね横須賀・葉山♪お洒落です♫

野菜だけではありません、お肉も。
神奈川県のブランド牛の葉山牛や神奈川県産の豚肉も
ありました。

地元の天然酵母のパンやシフォンケーキ、
横須賀海軍カレーパン、など種類も豊富。

最近新しく「さかな館」もオープンして、地元で穫れた
新鮮なお魚も並びます

今、旬は「わかめ」です。
b0347858_21254564.jpg
この時期しか食べられない「生わかめ」がおすすめです。
さっと湯を通して食べるのがいいです、
早速帰って「わかめしゃぶしゃぶ」にすることにしました。

しゃぶしゃぶを意識して、お買い上げは・・
生わかめ、クレソン、せり、レディ大根、葉山牛など。
b0347858_21262329.jpg

「さかなごっそ」を一回りしてみると、
神奈川県って、食にとても恵まれていると分かります。
目の前に海の幸豊かな「相模湾」、緑の大地には「畑や田んぼ」、
さらに「畜産」まで盛んなんですからね。
とても豊かな所です。


さて帰ってからのお夕飯は「わかめしゃぶしゃぶ」です。
「葉山牛」や「クレソン」なども一緒です。
わかめはこんなに大きいんですね。
茎の部分を切りとり、一口大にカットしました。
b0347858_21415966.jpg

買って来た「せり」や「クレソン」
せりは根ごと頂きます。
秋田の「きりたんぽ鍋」で、そう食べると美味しいと聞きました。
根っこの部分はより渋みが強く、しゃきっとした食感も
魅力です。
大人の味ですね〜。
b0347858_21444882.jpg
せりは根ごと、力がつきそうです!



茶色のわかめをしゃぶっと鍋に泳がせる〜♪と、
あらあら
あっという間に美しい緑色に変わります。
b0347858_21423491.jpg
緑色に変わった瞬間です



ポン酢につけて食べてみると、
口に海の香り〜が広がります♪
シャキシャキした歯ごたえもたまりません。
お肉と一緒に頂くと、さらに美味しい♡
食べやすくなって思わずお肉が進みます♡
葉山牛は赤身でしたので、程よい脂加減。
しっかりとした肉の食感もありながらも柔らかく
さっぱりと頂きました。
ペロッと完食です。


残った野菜とわかめは翌日「おひたし」に。
b0347858_22003062.jpg
わかめの茎の部分もさっと茹でて加えました。
これまたコリコリです!



b0347858_21540416.jpg
最後にゆずを絞るのがポイントです


作り方は、
出汁(200cc)、
酒大さじ1、
醤油大さじ1/2、
塩 小さじ1/2
を鍋に入れ一度沸かし、冷まします。
そこに茹でた野菜や茎わかめなどを浸します。
食べる直前にゆずを絞って、柚子の皮をトッピング。
もちろん、ゆずでなくてもすだちなどでも大丈夫です。

さっぱりとしながらも、クレソンやせりの食感と渋みが
印象に残る味になりました。


知ってましたか?
「おひたし」って、こうしてだし汁を作って
浸したものを言うんです。
実は最近、和食の料理教室で習いました。
茹でたほうれん草におかかと醤油かけて
「おひたし」だと思っていたのは私だけでしょうかね・・(笑)











[PR]
by coucouatable | 2015-03-17 14:37 | 料理 | Comments(0)
世田谷から車をとばして1時間もすれば葉山に着きます。
ちょっとだけ空いた時間を活用して、
週末の夜に葉山へ。
翌日にはまた世田谷に戻ります。

こんな少しの小旅行でも気持ちはリフレッシュします。
葉山に着いて、暗い海に光る対岸の灯りを眺めながら風に当たると、
不思議に身体の緊張が解きほぐされる感覚があります。
自然の力は偉大です。

冬の葉山に何しに行くんでしょう?
人気のない海岸ほど贅沢なものはありません。
広い海岸を独り占めですから。
葉山の穏やかな海を見つめ、波をただ眺めているだけ、
波の音に耳を澄ませば自然に身体が癒されていきます。

b0347858_21384736.jpg


b0347858_21410627.jpg
ハルも海にいればご機嫌です



海岸に「わかめ」が干してありました。
旬です♫
珍しい光景です。
久しぶりに、ニッポンを感じました〜。
b0347858_21394118.jpg


そして・・葉山でのお楽しみは「焼き芋」です♡
暖炉で焼き芋を作るのが定番です。

「焼き芋」の作り方は
まずイモを洗い、濡れた状態で新聞紙にくるみ、
その上からアルミホイルで包みます。
暖炉の温度が十分温まってから(250度くらいまでいくといいです)
薪の炎が静まって赤い炭になるのを待って、
アルミホイルで包んだイモを暖炉に入れます。
20分ぐらいして、竹串などで刺して、すっと刺さるようなら
完成です。
b0347858_21375021.jpg
今回の焼き芋の出来、この冬一の出来でした。
息子が作ってくれましたが、腕があがってます(笑)

イモの種類はじゃがいも(メークイーン)とサツマイモ(安納いもとはるか)
メークイーンはじゃがバターで頂きますが、
バターに砂糖が入ってるんじゃ?と思う程、
甘くほっくり出来ました。
b0347858_21354116.jpg

サツマイモは触ると柔らかくふわふわです。
安納イモは濃い黄色が美しい!
b0347858_21360403.jpg
はるかの方は、新聞紙をはがすと、蜜がにじみ出ていました。
透き通っているかのような見た目。
これは期待できる♡
b0347858_21364138.jpg
食べてみて、甘くてねっとり完成しました。
おいしい!!


イモ好きのハルもこの時ばかりは大興奮です。
早くおこぼれを頂戴しようと、おすわりをしておねだりしてみたり
あっちうろうろ、こっちうろうろ、落ち着きません。
おイモをあげた時の食べる様は、慌てて殺気立っていて、
かわゆくないのが残念ですが(泣)
b0347858_21401158.jpg
イモの虜です〜♡



また葉山に来ようね、ハル!

















[PR]
by coucouatable | 2015-03-15 22:58 | 旅行 | Comments(0)
1月から「冬のメニュー」で開催していたお料理教室が
終わりました。
今回は、雪の日あり、インフルエンザの大流行あり、
爆弾低気圧あり・・
という劣悪な状況の日も多々ありましたが、
生徒さん、大勢お越し頂きました。
感謝です♡ありがとうございました♫

今回は寒い冬に身体が温まるメニューをと、
お鍋を取り入れました。
b0347858_20142161.jpg
エスニックな味付けのアジアン鍋です。好評でした〜



そしてダイニングテーブルではなく、和室コーナーの
掘りごたつで試食という形に。
美味しいものを食べて、足下が温まると
お尻に根っこがはえちゃいますね・・。
いつも以上にお喋りに花が咲いたように思います(笑)

b0347858_20131959.jpg



育ち盛りの子がいる家庭には、がっつりメニューも必要ですね。
スライス肉でトウロンポウを作りました。

b0347858_20161787.jpg
冷凍パイシートを使った「干し椎茸のクリームパイ包み」
上手に出来ましたよ。
b0347858_20243478.jpg

「白髪ねぎと焼き油揚げのサラダ」のドレッシングに
アマ二油を使いました。
最近話題のオメガ3系のオイルです。
「モデルさんが毎日飲んでる!」「健康にいい!」など
聞きますが、
他の種類の油とどういう違いがあるのか分かりにくですよね。
油の種類によって、
どんな特徴があるか、おすすめの採り方など
資料をもとにお勉強もしました。

そこで、デザートは今話題の
「ココナッツオイルで焼いたバナナのデザート」を作りました♫
b0347858_20173175.jpg
ココナッツとバナナ・・南国ムード漂う組み合わせで美味しい♪


もう満腹です〜。
それでも、帰ってすぐ家族のために
今日のこのメニューを作るお母さん、沢山いらっしゃいました。
家族愛を感じました♡

家族で美味しい楽しい食卓を囲んでいる姿を想像すると
とても微笑ましいです。
このお教室を通してご家族の健康や美味しいおうちご飯作りの
お手伝いが出来れば嬉しい限りです。

ようやく暖かくなり春の訪れを感じるようになりました。
4月からお料理教室は春メニューになります。
さて春を感じるメニュー、どんなものにしましょうか・・
楽しみにしていて下さいな。








[PR]
by coucouatable | 2015-03-14 20:27 | 料理 | Comments(0)
子どもの学期末テストも終わりました。
これで1年が終わります。
子どもが中学校に上がると、急に時間の流れが早くなり、
子どもがいよいよ大人に近づいて行くのを感じます。
手が離れて嬉しい反面
ちょっと寂しい思いもあります。

そんなセンチな親心はお構いなしで、
子どもらは、もう春休みモード全開です。

テスト明け、娘のお友達がお泊まりに来ました。
娘はずーっとこの日を楽しみにしていました(笑)
そうですよね、私の中高生時代もお泊まりは特別なイベントでした。
今となっては、かけがえのない青春の思い出です。
そんなかけがえのない日々を今まさに過ごしている彼女らは
きらきらとまぶしい・・。
b0347858_19555091.jpg


さて、子どもが喜ぶ夕飯は何がいいでしょう?
まずは・・定番のカレーライス。
これはセルフサービスにして、食べたい分量だけ自分でよそってもらいます。

サイドディッシュに
「きゅうりの韓国風マリネ」と
「明太子とあさつきのじゃがいもガレット」
を作りました。
b0347858_21135072.jpg
今回はちょっと浅漬けでした。1日以上つけた方が味がしみ込みます。
ごま油の味付けが子どもにもうけます
お弁当にも重宝ですー

b0347858_21142187.jpg
ふわっとバターの香りがいい具合です


これまでの経験上、この2つのメニューは子どもうけします!
今回も美味しい♫と言ってくれましたよ(言わせたかも・・笑)



明太子とあさつきのじゃがいもガレット

●材料 (3〜4人前)
じゃがいも(中) 2個
明太子 1腹
あさつき 大さじ2(みじん切り)

小麦粉 大さじ2
牛乳 大さじ2
粉チーズ 大さじ4

バター 大さじ1

●作り方
1、ジャガイモは細かい千切りに、あさつきもみじん切りにする
2、ボールに上記の材料(バター以外)を入れ混ぜる
3、フライパンにバターを溶かし、2を薄く広げ、かりっとするまで
両面焼く(途中でフライ返しなどで上から押しつける)

※ガレットはジャガイモに含まれるデンプンでくっつきますので、
水にさらさないでそのまま使います。

b0347858_21144989.jpg

以前のブログのレシピをご参照下さい。
(クリックすると以前のページにいきます)


夜遅くまでお菓子を食べながらおしゃべりに花を咲かせていたようです。
昼まで起きてきませんから。
いつもなら「こらー!」ですが、今日は優しいお母さんを演出で(笑)
我慢我慢です。


翌日は久しぶりの晴天でした。
シーツ干して、布団干して、ついでにお芋も干しましたよ

b0347858_19563115.jpg
干し芋って、買ったら意外とお高いです(涙)
自家製干し芋ならとてもリーズナブルに出来ますよ!










[PR]
by coucouatable | 2015-03-12 20:04 | 料理 | Comments(0)
田舎の両親が上京しました。
父は84歳、同居の兄家族に大切にしてもらい、
3食昼寝つきの気ままな生活を送っています。
それでもここにきて急に体力が衰えて、食も細くなりました。
最近、母はそんな父を心配してか、
あちこち外へ連れて出す努力をしています。
私が子どもの頃は、冗談でもおしどり夫婦とは言えませんでしたが、
いつの頃からかその壁を越えたのでしょうか、
今となっては仲良し夫婦みたいに写ります(笑)

お土産に黒にんにくを持って来てくれました。
これは自家製。
b0347858_20102309.jpg
にんにくを丸ごと炊飯器に入れて
なんと17日間保温したら出来上がるそうです。
強烈な匂いを放つそうなので、広い場所・・
田舎でないと作れませんよね。
青森産の大きなまるまるとしたにんにく。
にんにく臭さはなく、ねっとりとした食感に、
酸味と甘味が共存して、
食べると元気が湧いてきます♫



父が我が家に泊まるのは数年ぶりです。
食べる事が何よりの楽しみ♡の父ですので
満足してもらえるよう賑やかにテーブルを飾りました。

b0347858_20122498.jpg


お魚屋さんで毛ガニとお刺身を用意してもらい、
その他のメニューは

かきのアヒージョ (クリックすると以前の掲載レシピが見れます)
小松菜の油揚げ巻き (  〃  )
三つ葉と白菜のザーサイサラダ
ふきのとう味噌

b0347858_20013273.jpg
一番手前が「ふきのとう味噌」、後ろがおなじみ「カキのアヒージョ」
その右が「小松菜の油揚げまき」


b0347858_20031159.jpg
「セロリのピリッと炒め煮」と「三つ葉と白菜のザーサイサラダ」


ほとんど、これまでブログで紹介したものですね。
「うーん、おいしい。おいしい。」と何度もうなって食べてくれました。
ちょっとした親孝行が出来ましたよ。


ふきのとう
庭の畑に芽を出したものです。
春の訪れですね。
b0347858_21034517.jpg
それを摘んで湯がいて刻み、みそ・メープルシロップ・すりごま
で合えました。
ふきのとうの苦みと甘いみそのコラボで
白いご飯がぐんぐん進みます。
危険です・・食べ過ぎ注意(泣)

翌日は朝ご飯にふきのとう味噌のおにぎりを作りました。
これもなかなかいけました♫

b0347858_20302800.jpg
団子三兄弟みたい♡


楽しい時間はあっという間です。
また来るね〜と帰って行きました。














[PR]
by coucouatable | 2015-03-11 20:49 | 料理 | Comments(0)
梅の花真っ盛りの鎌倉
ノルディックウォーキング」をしてきました。
b0347858_10373402.jpg
「ノルディックウォーキング」とは、
2本のポールを持って、地面を押し出して歩く
フィットネスウォーキングです。
ポールのお陰で身体への負担が減り、
楽に長距離歩けたり、代謝もUPするそうですよ。
誰でも手軽に出来る、とても身体に優しいスポーツだと
思いました♪
Cheer Up Momさん主催のエクササイズで行ってきましたので
ポールをレンタルして、ポールの使い方やウォーキングの指導もありました。


鎌倉のお寺には、梅の花が可憐に咲き、
私たちおばさんにも、乙女心が甦り(笑)
あまりのかわいらしさに感激して、
梅・梅・梅・・とやたらと写真を撮りまくりましたよ♫
b0347858_10380761.jpg

訪ねたお寺は、荏柄天神社、瑞泉寺、杉本寺など。
b0347858_10544027.jpg
鎌倉最古のお寺の杉本寺、歴史を感じます



祇園山ハイキングコースも歩き
計8キロ程のウォーキングとなりました。
b0347858_10363339.jpg
鎌倉っていう所は、美しい自然あり、古の文化あり、
和の趣きあり、洗練された街やお店あり
もうパーフェクトですね。


ウォーキング中のお昼ご飯は、自宅を改装した一軒家のカフェ
鎌倉野菜を使った野菜丼。
ジューシーにグリルされた色とりどりの野菜が
甘辛い醤油たれにからまり、とても美味しかったです♡
優しいお味がして、ほっこりとした気分を味わえましたよ。
お庭もナチュラルで、ところどころに現れるカエルの置物も可愛かったです。
b0347858_10524449.jpg

ウォーキングの途中で鎌倉野菜を販売している出店がありました。
そこで鎌倉野菜や干し芋などのお買い物が出来ました。
b0347858_10400882.jpg



帰ってから、早速ポタージュスープを作りました。
里芋の粘りで、とろ〜りと♪
長ネギを加えることでさっぱり和風に仕上がります。

b0347858_10405522.jpg


里芋のポタージュ

●材料
里芋 5こ(400g)
玉ねぎ(薄切り) 1/4個
長ネギ(みじん切り) 1/2本
オリーブオイル 大さじ1
水 400cc
牛乳 400cc
コンソメ 1個
塩・こしょう 少々
生クリーム 50cc (またはバター大さじ1)

●作り方
1、里芋は洗って、皮のまま竹串が通るまで茹で、
皮をむき輪切りにする
2、鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎと長ネギをじっくり炒め、
そこに1を加えて炒め、水、コンソメを入れ15分位煮る。
3、粗熱がとれたらミキサーにかける
4、鍋に戻し入れ、牛乳を加え温め、
塩・こしょうと生クリーム(またはバター)で味を整える


ウォーキングの終盤に・・
週2日しか営業しない天然酵母のこだわりのパン屋さん
「れのかまくら」に寄りました。
b0347858_10533324.jpg
ロールケーキのスポンジがきめが細かくふわふわ♡で



カンパーニュなどは
里芋のポタージュと一緒に頂きました。
程よい肉体疲労に、栄養たっぷりのスープ、
心も身体もほっこり温まりましたよ〜。

b0347858_10541528.jpg




[PR]
by coucouatable | 2015-03-09 11:33 | 旅行 | Comments(0)