<   2015年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

休日に友人が開催する展示会に出かけました。
手作りの編み物小物、アクセサリー、通学グッズ、デコレーションスィーツの揃う、華やかな♡展示・販売会です。
大勢のお客さんで賑わっていました♪
b0347858_13372644.jpg
丁寧な仕上がりのアクセサリーや小物はとてもオシャレ♪

b0347858_13374200.jpg
デコレーションスィーツもキュート♡



そんな朝から大忙しの友人に差し入れを作りました。
「いなり寿司」です。
前日にお揚げの下準備さえしておけば、当日酢飯を包むだけ。
お揚げはほんのり甘く、中身はさっぱりと仕上げました〜☆

親しい友人には、ちょっとした手土産に、
この「おふくろかん」がいいですよ♪
とっても喜んでもらえました。
b0347858_15154622.jpg


おふくろ感満載の「いなり寿司」

●材料
油揚げ 9枚
だし汁(かつお) 200cc
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ3(甘いのがお好みの場合は増量して下さい)

米 3合
すし酢 適量

(混ぜ合わせた具)
1、ごま・青のり・大葉・ちりめんじゃこ
2、柴漬け

●作り方
1、油揚げは半分に切り、袋状になるように隅まで開き、
たっぷりの湯を沸かし油揚げを入れ、油抜きする
2、鍋にだし汁と調味料を入れ火にかけ、水気をきった1を入れ、落とし蓋をして弱火で煮る
(途中上下入れ替え均等に味をしみこませる)
3、煮汁がほぼなくなったら火を止め、バットなどに広げて冷まし、冷蔵庫で保存する
※ここまでの作業を前日に行っておきました

4、米を水分を若干少なめで炊き、すし酢を混ぜる
5、半分は柴漬け、半分はごま・青のり・大葉(千切り)・ちりめんじゃこを混ぜる
6、油揚げに5をそれぞれ詰める
(1種類はそのまま包み、1種類は油揚げの口を2cmぐらい裏返しして、中身を見せました。)


b0347858_15160993.jpg
お弁当やおやつにもにも・・あったか気分になります♪





[PR]
by coucouatable | 2015-04-28 13:53 | お弁当 | Comments(0)
やわらかい日差しが差すようになりました。
さわやかな風が吹いて、新緑を茂らせた葉っぱが
ざわざわとそよぐ大好きな季節。
b0347858_13085546.jpg


冬には葉を枯らせて眠っていたハーブ達
美しく茂ってきました。
庭先に出て、畑の手入れをしていると、
ミントのいい香りが風にのってきます♪

b0347858_18080866.jpg
植えっぱなしのタイム、ローズマリー、ペパーミント
春になると葉を茂らせてくれます



さて、ハーブを使ったお料理のご紹介です。

b0347858_18105588.jpg


カラフルトマトのハニーレモンマリネ(バジルあえ)

●材料
プチトマト 1パック
バジル 2、3枚
(マリネ液)
レモン汁 大さじ2
はちみつ 大さじ1/2
塩 少々
白ワイン 大さじ1
レモンの皮 少々


●作り方
1、ミニトマトは湯むきする
2、レモンを絞り、皮は千切りにし、マリネ液を混ぜる
3、1と2と刻んだバジルを合わせ、冷蔵庫で冷やす

b0347858_18112421.jpg
冷たいミニトマトのマリネ、
見た目もかわいらしく、すっきりとした味わいです。
バジルの香りがアクセントで、
ちょっと白ワインでも・・という気分になりますよ♪




チキンのバジルドライトマトくるくる揚げ

●材料(2人前)
鶏ムネ肉 1枚
ドライトマト 4枚
チーズ 適量
バジル 4枚
塩・こしょう 少々
卵・小麦粉・パン粉 適量

●作り方
1、鶏胸肉を薄くスライスし、4、5枚並べ、そこにバジル、ドライトマト、チーズを乗せて巻く
2、軽く塩・こしょうして小麦粉→卵→パン粉の順でつけて
170℃の油で揚げる

b0347858_18120838.jpg
簡単!まくだけ

b0347858_18094099.jpg
ドライトマトの塩気の効いた甘酸っぱさと
バジルの香りがいいハーモニー



翌日のお弁当にも
この「カラフルトマトのハニーレモンマリネ」
「チキンのバジルドライトマトくるくる揚げ」を入れました。
「くるくる揚げ」は揚げずに焼きました。

b0347858_18091014.jpg
彩りも良く、お弁当が華やぎます〜♪
ハーブが入ると、さわやかな味わいになりますね。
これからのシーズンには大活躍すること間違いなしです。



タイムを使ったお魚料理です。

鯛のハーブソテー

●材料(2人分)
鯛などの切り身 2枚
塩・こしょう 少々
(マリネ液)
にんにく 1かけ
タイム(生) 4本 
ドライトマト 10g
アンチョビペースト 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2

●作り方
1、鯛は塩・こしょうする
2、にんにく、ドライトマトをみじん切りにし、マリネ液を混ぜる
3、鯛にマリネ液をからめて1晩おく
4、オーブン(200℃で15分から20分)またはフライパンで焼く
ドライトマトやにんにくはこげやすいので、オーブンに乗せるときは上に乗せない

b0347858_18212846.jpg
味をしみ込ませるためにこうして一晩おきます


b0347858_13160134.jpg
こんな季節は、お外でごはんが気持ちいい!



今日のブレイクタイムはミントティー
爽快なのどごしでホットでもアイスでも美味しく頂けますよ♪
b0347858_18103473.jpg
春のお料理教室は、お庭の「ミントティー」でお出迎えします♪
ハーブを使ったお料理もメニューに入りますので、
どうぞお楽しみに!!








[PR]
by coucouatable | 2015-04-25 13:34 | 料理 | Comments(0)

片岡球子展が東京国立近代美術館で開催されています。
初めて片岡球子の紅富士山を見た時、
一目で好きになりました。
びびびっときました(古っ)

b0347858_15375789.jpg
「片岡球子展」は素晴らしかったです。
独特の色彩、湧き出るパワーに感動しました。
彼女しか描けない独特の芸術性に魅せられました。


帰ってからおうちでミニギャラリーを作りましたよ。
b0347858_15383172.jpg
展覧会を見終えた後、お土産屋さんで絵はがきを見ると
あまりの違いにがっかりするものですが、
こうして並べると・・これはこれでかわいい♡



最近暖かな陽気が続いています。
ようやく長かった寒い冬のトンネルを抜け出したようですね。
緑も芽吹いてきて、これからとても気持ちのいい季節♪
あちこちイメージチェンジです。


b0347858_15385751.jpg
玄関は淡いピンク色に。桃の季節にはまだ早いけれど・・


b0347858_15461621.jpg
テーブルセッティングも春から初夏のイメージで・・



おやつはバナナブレッドを焼きました。
バナナが熟れて斑点が出て来ると、美味しいバナナブレッドが出来ますよ♪


バナナブレッド
●材料
バナナ 小2本(150g)
卵 1個
グラニュー糖 60g
バター 75g
薄力粉 70g(今回は内15gを全粒粉にしました)
アーモンドパウダー 25g
ベーキングパウダー 小さじ1/2

●作り方
1、バナナはフォークの背などで粗めにつぶしておく
バターは電子レンジなどで溶かしておく
薄力粉、アーモンドパウダー、ベーキングパウダーは合わせてふるっておく
2、ボールに卵を割ほぐし、グラニュー糖を入れ、白くもったりするまで泡立てる
3、溶かしたバターを入れ、ふるった粉類を入れざっくり混ぜ合わせ、バナナを加える
4、紙を敷いた型(バターを塗った型)に生地を流し入れ、170℃のオーブンで約35分焼く

b0347858_15400188.jpg
甘さ控えめなので朝食にもいけます〜☆
冷凍保存も出来ます〜☆



[PR]
by coucouatable | 2015-04-22 15:58 | 絵画 | Comments(0)
世田谷で農家をしているお友達から
たけのこのお裾分けを頂きました。
立派なたけのこです!
b0347858_10444802.jpg
ビッグです〜♪


たけのこの茹で方です。

1、たけのこの皮をむき鍋に入る大きさになるよう均等に切る
2、鍋にたっぷりの水、たけのこ、ぬか(カップ1ぐらい)、とうがらし1本を入れ最初は強火、沸騰したら中〜弱火で茹で、竹串がすっと入ればOK(40〜50分)
たけのこが浮いて来るようなら落とし蓋をする
3、鍋に入れたまま常温になるまで冷ます(ここがアクが抜けるポイントです!)

b0347858_10452205.jpg
穫れたてのたけのこは柔らかくてアクも少なく、美味しいですね♪


b0347858_09460555.jpg
保存は水につけて冷蔵庫へ。毎日水を取り変えて、1週間はもちます



美味しい「たけのこ料理」、いろいろあります。
おすすめのお料理の紹介です。


たけのこご飯

●材料
米 3合
たけのこ 150g
にんじん 1/4本
干し椎茸 大1枚(水でもどしておく)
油揚げ 1枚

出汁(昆布やかつお) 適量
酒 大さじ1
塩 小さじ2
醤油 小さじ2

●作り方
1、米は研いでざるにあげて30分ぐらいおく
2、たけのこは薄切りに、にんじん、干し椎茸、油揚げは千切りにする
3、炊飯器に米を入れ、出汁・調味料を入れ、目盛りより若干少なめに水分調整してから2を入れ、炊く

b0347858_17103347.jpg



たけのこ入り肉味噌炒め〜ぱりっとレタス巻き

●材料(4人前)
豚ひき肉 400g
たけのこ 100g
干し椎茸 中4枚
玉ねぎ(または長ネギ) 1個
にんにく・しょうが 1かけづつ

赤みそ 大さじ1、5
酒 大さじ1
醤油 大さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
こしょう 少々

レタス 1個

●作り方
1、フライパンにサラダ油を熱し、にんにく・しょうが・玉ねぎを弱火でしんなりするまで炒める
2、1に豚ひき肉を入れ、だいたい火が通ったら、赤みそ・酒を加えなじませる
3、干し椎茸、たけのこを加え炒め、醤油、砂糖、こしょうで味を整える
4、レタスに巻いて頂く(かんずり・コチジャン等お好みでそえて)

b0347858_09054730.jpg
レタスに巻く事でさっぱりと頂けます
レタスもばりばりいけます



料亭風 たけのこのマス包み焼き

●材料(4人分)
マス(小) 半身
たけのこ 1個
山椒の葉 16枚

味噌 大さじ2
みりん 大さじ1

●作り方
1、マスは薄切りにする(魚屋さんで切ってもらえると楽です)
2、たけのこは1cmぐらいの厚さで切り、山椒の葉をのせ、マスをまきつける
2、魚焼き器で焼き、焼き色がつく寸前に
みそとみりんをまぜたものを上にぬり、焦げ目がつくまで少し焼く

※山椒の葉がない場合は大葉でも代用できます

b0347858_09065909.jpg
巻くだけ〜


b0347858_09062830.jpg
山椒の香りと甘いみそが合います
簡単なのにお味は上級者!





たけのことズッキー二の揚げ浸し
たけのことズッキーニを素揚げし、白だし+水につけるだけです。

b0347858_09075059.jpg
これはお弁当にも便利です


旬のものを頂くことは身体にいいことです。
たけのこは、煮物以外もいろいろ調理方法があり、
万能な野菜です。
食物繊維を多く含むたけのこ、
この時期ならでは、食べましょー。






[PR]
by coucouatable | 2015-04-17 09:48 | 料理 | Comments(0)
千葉にでかけたら、千葉産の小メロンを見つけました。
普段あまり見かけない野菜です。
早速食べてみよう♪と買って帰りました。
b0347858_09595540.jpg
薄切りにしてまずは試食。
こりこりと食感がいい!
思ってたよりずっと柔らかく、くせもありません。
きゅうりより水分は少なく、味も薄いかな。
味を楽しむというより食感を楽しむ野菜です。

味付けは
「茅乃舎だし」をまぶすだけ
b0347858_10002898.jpg

食べる時にさらに鰹節をふりかけて頂きました。
だしの風味でこりこりと、食が進みます♪
浅漬け感覚、漬け物感覚、箸休めにもなり
とても美味しかったです。
b0347858_09581664.jpg
その他塩漬け、麹漬け、ぬか漬けなどできますね




[PR]
by coucouatable | 2015-04-14 10:44 | 料理 | Comments(0)
めざましテレビにでも紹介された
新しいスタイルの銀座の「タイチスタジオ」
「タイチ(太極拳)の体験」と
「アンチエイジング料理教室」に参加してきました。
b0347858_16361055.jpg
「アンチエイジング料理教室」の講師は清水百合先生。
歯科医師でもあり料理研究家でもある先生の、医学的見地からの
漢方食材を用いた料理セミナーでした。

デモを交えて
「薬膳茶の卵焼き」
「アスタキサンチンの入った赤い炊き込みご飯」
「コラーゲンたっぷり桜ゼリー」
の紹介があり、試食!
b0347858_16365835.jpg
卵焼きは出汁のかわりに濃く出した中国茶で作ります!


どれも身体に優しいお味です。
上手に漢方食材を使うことで、お料理にぐっと深みが出ますね。
今日のこのセミナーで学んだ事、
今後のお料理教室でも生かしていこうと思いました。



タイチスタジオの一角に漢方茶が何種類も置いてあるコーナーが。
乾燥した茶葉が並んでいます。
「今日はデトックス効果のあるお茶をブレンドしよう」
という具合に自分でオリジナル漢方茶を作れます。
b0347858_16372993.jpg
あらかじめ用意してあった漢方茶は
「ジャスミン・ラフマ・レッドクローバー」のブレンド
ほてり・冷え改善ブレンドでした。
飲んでみると、くせがないけどコクもあり美味しい!
茶葉が並んでいる風景もとても素敵でした♡
前々から興味があった漢方茶について
勉強してみよう!と思いましたよ。
我が家の料理教室にも漢方茶コーナーがあったら楽しそう♡
b0347858_16380588.jpg
シャクヤク、タンポポ、ジンジャーをブレンドしてみました
身体が温まりぽかぽかしてきます


タイチスタジオはとてもオシャレなスタジオでした。
立地も歌舞伎座が目の前という大都会!
b0347858_16393725.jpg
窓の外は歌舞伎座が見える


タイチは運動が苦手な人でも歳を重ねても続けられるスポーツだとか。
こちらでは新しいタイチの提案をしています。
体験してみて、いい汗かきました、とても楽しかったです。
やってる最中から太ももぷるぷるでしたが・・。


















[PR]
by coucouatable | 2015-04-12 16:49 | 料理 | Comments(0)
葉山から少し南下すると「佐島」という漁港があります。
そこには新鮮な地魚が食べられるお店がいくつかあります。
人気の定食屋さん「海辺」に行きました。

海に面しているので、お天気の日は外のデッキで食事もできます。
このデッキは海の上に作られているので、
すぐ足下で波がちゃぷちゃぷ・・。
海辺の街にやって来たぞ〜とテンションが上がります。
b0347858_22484441.jpg
当日は生憎のお天気でデッキには出られませんでした


「お刺身定食」を注文しました。
新鮮なまぐろ・かつお・はまち・かんぱち・さざえの盛り合わせ。
定食屋さんのご飯って、とても素朴でいいお味です。
さざえのお刺身が美味でした〜☆


そして漁港にある魚屋さん見学です。
新鮮な地元で穫れた魚がいろいろあります。
たこ、いか、しこいわし、ひらめ、きんめ、サワラ・・・
どれも安い!
新鮮な魚をこうして安く買えたら、
家庭の食卓も魚が登場する日が増えますよね。
b0347858_22510916.jpg

さてさて今晩のおかずに何にしましょうか・・
メインは「金目鯛」に。
そして母が「小するめいか」に目がいき、それも購入。
1ざる100円です。お買い得です。

「小するめいか」は、茹でておつまみにすることにしました。
新鮮なイカですから内蔵まで食べられます。

母に「小するめいかの処理の仕方」を教えてもらいました。
①まず胴体の部分にくっついている透明な甲をぬきます。
②そして目玉をつまんでとり、足の中にある口も取り除きます。
③よく水洗いをしてから、お湯でさっと茹でます。
b0347858_22491877.jpg
生姜醤油をつけて頂きました。
柔らかくて、お腹の部分がコクがあり、
とても美味しかったです。

b0347858_22500665.jpg
その他の調理法は、茹でてから甘辛の出汁醤油につけたり、
里芋と一緒に煮物にしたりと
食べ方はいろいろです。



帰り道、芦名に出来たパン屋さん「芦兵衛」に寄りました。
いつもお客さんで賑わっています。
あんぱんやお芋のパンなどの菓子パンと角食パンを買いました。
食べてみると、どれも軽くて食べやすかったですよ。
しかもお値段が良心的。
次回は看板商品フォカッチャに挑戦したいです。
バナナのフォカッチャなんて変わってますよね。
b0347858_17103159.jpg


最後は葉山の美味しいピザ屋さんの紹介です。
お店は住宅街にある一軒家。
薪釜でピザを焼くお店です。
店内はイタリアの片田舎を連想させるような素朴な作りです。
b0347858_17125839.jpg
食べてみて・・
ピザはふんわり軽く、チーズは少なめですがクリーミーで
味付けは薄味、さっぱりとしていました。
釜で短時間で焼いているピザは、自分で焼くピザとは違います〜
ふわっと軽く、香ばしいです☆
b0347858_17131331.jpg
自家製のバーニャカウダソースをつけて頂く野菜が
彩りよく瑞々しかったです!
身体に優しいお味で、おいしく頂きました♡










[PR]
by coucouatable | 2015-04-11 21:02 | おつまみ | Comments(0)
葉山に田舎の両親が遊びに来ました。
85歳の父が急に体力が衰えてきたことを心配し、
70代の母が父をあちこち連れ出すようになりました。
「美味しいご飯」と「春の海」を眺めにやって来てくれました☆
b0347858_22395645.jpg

桜が咲き、暖かくなってきた頃でした。
海を眺めながらのベランダバーベキューをしました。
80過ぎても父はお肉は大好き♡です。
b0347858_22405822.jpg
b0347858_22434004.jpg
お野菜も忘れずに
アボガド・トマト・エシャロット・長芋のサラダ・・


バーベキューをするときどんなお肉を用意するか・・
「色々な種類のお肉」を「違った味付け」にします。
ただ焼いて焼き肉のたれで食べるのは面白くありません。

今回は
・ラム肉(スライス)はハーブ味
・豚肉(バラ厚切り焼き肉用)は塩麹につけて
・鶏肉(手羽)はゆずこしょう醤油味とハーブ味と2種類
・牛肉は焼いてからわさび醤油で
という具合にしました。
年寄りですから量は食べれませんので、
1枚ずつ違う味付けで食べました。

とても簡単な「ラム肉バーベキュー」の作り方です。
前日に、ラムのスライス肉に(骨付きでも大丈夫)
にんにくみじん切り、生のローズマリーみじん切り(ドライでも可)を沢山あえて、少しオリーブオイルを加えマリネしてしておきます。
焼く時に塩・こしょうを振ります。

b0347858_22414141.jpg

にんにくとローズマリーの香りでラム肉の臭みも消え
さっぱりと、でも程よい脂がじゅわっと口に広がり
柔らかく美味しく焼けます♪
バーベキューでラム肉ってちょっと小洒落てませんか(笑)

b0347858_22421839.jpg



お腹がいっぱいになった後は海にお散歩です。
さすがに風はまだ冷たかったです。

きらきら輝く海を眺める両親。
b0347858_16163767.jpg
いまだに腕組みなんて、仲良し♡です。
いえいえ、実は強い風が吹いて来て
母が転んだら困る!と父をぐっと支えているところです(笑)
でも、こうして支え合う気持ちは大切だと教えてもらっています。











[PR]
by coucouatable | 2015-04-10 16:34 | 料理 | Comments(0)
有田焼のすばらしい作品を眺めた後は、
ショップをまわるために上有田へ移動しました。

有田焼の伝統的な文様や技法を継承しつつ、
現代のライフスタイルに合ったデザインや形の
商品が並ぶお店が並んでいます。
普段使いに最適でモダンなものが多かったです。
セレクトショップに入ると、いろいろな釜の商品が並んでいて
とても楽しいですよ♪

途中、釜を作るレンガ、ドンバイを赤土で固めた「ドンバイ塀」が残る小道を散歩したり、昔の建物が残るレトロな街並を見学したり、
鳥居や灯籠が焼き物で出来ていたりする「陶山神社」にお参りしたりしました。
b0347858_08123716.jpg


さて、有田焼の窯元めぐり、最後はそうた釜へ。
b0347858_20420544.jpg

おうちで日常に使っている湯飲み茶碗そうた釜のものでした。
東京のお店で出会い、一目惚れして購入。
長年、コーヒー茶碗や茶碗蒸しの器として使っています。
モダンなデザインが料理を引き立ててくれます♪
お客さんにお出しすると、「素敵なお茶碗〜♡」と
褒めて頂ける事も多いお茶碗です。
b0347858_20335381.jpg
ある時のお料理教室のデザートとお茶の写真
これがそうた釜の茶碗




大好きな普段使いの器を直接釜元で見れるとは・・感激♪でした。
東京で売ってる時は、種類も限られていますが、
ここではお皿も大皿から小皿まで、お椀もいろいろな形や大きさがあり種類も豊富、また絵柄も豊富でした。
b0347858_20441338.jpg
しかもお店の小売価格より随分安く手に入ります!
購買意欲が急上昇でした(笑)

どれにしようかな・・柄と形といろいろ眺めて検討。
b0347858_20445873.jpg
候補にあがったお皿たち

普段使いしやすそうなものを数点注文して帰りました。
(置いてある器はサンプルで在庫がないものは注文になりました)


b0347858_16421686.jpg
制作中の現場も見せて頂きました

釜主に出会えて、
工房も見せて頂け、
絵付けの話も聞けたり、
おうちで使ってるお茶碗の評判のいいこともお伝えでき、
通常価格よりぐっとお得に買い物も出来て
なんだかとても嬉しかったですー☆


窯元めぐりの旅もこれで終わりです。
帰りの飛行機の時間まで少々あったので、
さくっとひとっ風呂浴びることに・・。
最後まで一秒足りとも無駄にはしませんでした(笑)


武雄温泉は古い歴史が残る温泉です。
竜宮城を連想させるような入り口の桜門は国の重要文化財だそうです。

b0347858_20573930.jpg

昔ながらの公衆浴場の風情たっぷりでした。

b0347858_20581740.jpg
お湯は何種類もありましたが、明治時代の建築物で高天井のある「元湯」にはいりました。
あつ〜いお風呂に浸かって、旅の疲れも癒えました〜。

帰りは長崎空港から。
武雄から車で1時間ぐらいで到着です。

やきものの里を訪ねる旅・・
これまでとは違う大人の旅が実現できて、感無量でした。

初めて訪ねた佐賀県はとてもいい所でした☆
歴史が随所に残り、美しい自然に囲まれ、
おいしい山海の幸にも恵まれ、
何よりも窯業の盛んな街です。

窯元めぐりをして
伝統が息づく和風旅館に泊まってみて、
日本の良さを多いに実感できました。
全国にその良さをもっとアピールし、
世界にも「ジャポニズム」を発信すれば面白いのに・・。
佐賀県、もっと頑張って〜!という気持ちです。

旦那さんもすっかり「窯元めぐり」が好きになったようです。

子ども達へのお土産はこれ。
b0347858_08201662.jpg
北海道土産の「じゃがポックル」がとても美味しい♪ので、
こちらも期待できます〜厚切りなのが特徴です


b0347858_08222170.jpg
あとはこれ、長崎は観光してませんがついつい・・



新しい器が届いたら、これからの食卓やお料理教室に、新しい器の登場です〜☆
見ていて楽しくなるテーブルセッティング、
大好きな器にささっと手料理を盛りつけ、
健康的で美味しいお料理で
楽しい時間を過ごしたいと思います♪


おわり








[PR]
by coucouatable | 2015-04-08 11:41 | 旅行 | Comments(0)
最終日は有田焼の窯元をめぐりました。
b0347858_15460558.jpg
入り口にある看板も美術館のよう


昨年秋にオープンしたばかりのスタジオは
かつて黒曜石の採掘場所だった地に建てられていました。
b0347858_15415714.jpg
かっこいい!芸術的な建築物としても見応え十分です。
中は作品を展示してあるギャラリーとカフェ、
制作スタジオがありました。

行った日はスタジオの定休日にもかかわらず、
(下調べ不足でした、ごめんなさい)
東京から来た旨を話したら、
奥様がギャラリーを開けて見せて下さり♪
制作スタジオまで案内して頂けました。
作品に対する熱い思いに、また
温かなおもてなしの心にも感動しました♪

作品は、見た瞬間から葉山有樹の世界に引き込まれ、
感動の連続でした。
美しい色づかいや模様の力強さと穏やかさ、その緻密さ、
重ね上げられた重厚な色合い・・・
見ているとふぅ〜とため息が出ます。
「これはすごい」という言葉を何回つぶやいた事か・・(笑)
作品を見て回ると、古代オリエント、中国、ヨーロッパ・・世界を旅しているように感じられるのも楽しいです。
b0347858_15424603.jpg
b0347858_20181299.jpg
ギャラリーに展示されていた作品


制作スタジオにお邪魔すると、
スタッフが皆静かにもくもくと筆を持って作業していました。
b0347858_15434323.jpg

描いた絵に色を塗っては焼き、また別の色を塗っては焼き・・を何度も繰り返すそうです。
b0347858_15441522.jpg
細かく丁寧な手仕事です


作品が完成するまでに途方もない時間と手間がかかっています。
人を魅了するには、一筋縄ではいきませんね。

葉山有樹さんの作品は注文しても完成が何年か先だそうです。
その理由はよく分かりましたー。
すばらしい作品に魅了され、完全にファンになりました。



お昼ご飯はギャラリー有田で。
全てのお食事が有田焼の器で楽しめるカフェ。
2000客以上あるカップから好みのカップを選んで
お茶ができるというシステムもユニークです♪

b0347858_15510629.jpg
周りは有田焼のカップに囲まれたカフェ

b0347858_15531182.jpg
伊万里牛カレーを注文
器は全て有田焼


有田名物の「ごどうふ」がついていました。(写真左上のお椀)
ゴマだれがかかっていて、お豆腐はもっちりぷるぷる。
なめらかで弾力があります。
初めて食べましたが、とっても美味しく、
また食べたいと思う一品でした♪

カレーの方は、さらっとして、
伊万里牛も柔らかく煮込んでありました。やや小さかったですが(笑)

食後のコーヒーは沢山並んだコーヒーカップから
好みで選んだものに入れてもらいました。

b0347858_16141323.jpg
どれにしようかな・・・

b0347858_16121873.jpg
選んだカップにデザート





さて次の訪問先は井上萬二釜
工房見学は出来ませんでしたが展示場がありました。
b0347858_16354273.jpg


井上萬二さんは人間国宝で有田焼ろくろ成形の第一人者と言われている人物です。
展示場には、白磁の美しく凛とした風格を表現している作品が並んでいました。
b0347858_16364226.jpg
シンプルな形であっても、端正で滑らかな作りに奥深い美しさがありました。
触れてみて、背筋がぴんとなるような器でした。


同じ展示場に息子の井上康徳さんの作品も並んでいました。
明るい色合いの作品もあり、こちらも洗練されていて美しかったです。

b0347858_16382164.jpg


白磁の世界を初めて覗いてみて、
凛としたその造形美に感激しました。



つづく







[PR]
by coucouatable | 2015-04-06 20:21 | 旅行 | Comments(0)