<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

年中りんごが手に入る時代です。
貯蔵技術が優れて、
秋から冬に収穫されたりんごが今でも食べられます。
でもやっぱり旬のりんごにはかないませんよね・・。

今の季節よく目にするニュージーランド産のりんご「jazz」
ちょっと小ぶりでかわいらしいスタイルです♪


b0347858_15271964.jpg



今日はこのjazzでリンゴのコンポートを作りました。
果肉がしっかりしているので煮崩れることなく、小ぶりなのも向いています。


b0347858_15272028.jpg



ニュージーランド産jazzで りんごのコンポート

●材料
りんご(jazz) 2個
白ワイン 300cc
はちみつ 大さじ3
レモン輪切り 6枚

●作り方
1、りんごは皮をむき、4等分する
2、鍋にりんごと残りの材料を入れ中火で20分ぐらい、アクを取りながら煮る

b0347858_15272055.jpg




白ワインとはちみつ、レモンの組み合わせが
すっきり爽やか〜。
冷たく冷やして頂くのがおすすめです。
アイスクリームを添えても、オシャレですよ。

b0347858_15272120.jpg

国産、防カビ剤などを使っていないレモンを使って、レモンも頂きます♪


[PR]
by coucouatable | 2016-06-30 15:20 | デザート | Comments(0)
畑を借りて野菜作りを楽しむ畑のレンタル・・シェア畑で、
夏野菜がどんどん出来ています♪

b0347858_08201589.jpg


夏野菜の成長は早いので
最低でも週2回は足を運ばないと
お化けきゅうりが出来たり
トマトの脇芽が長く伸びてしまったり・・
大変なことになります。

こちらが今週収穫した品々・・。

b0347858_08201640.jpg


b0347858_08201699.jpg


b0347858_08201622.jpg


きゅうりやなすは瑞々しく
いんげんは、とても柔らかく甘く、
ピーマンは果肉が薄くて柔らかく食べやすい。
毎日の食卓に何かしら畑のお野菜が並ぶのは楽しいものです♪

畑の野菜は、手厚いサポートのお陰でしっかり成長します。
しかも有機栽培!
こういうサービスがあちこちであれば、
たくさんの人が野菜作りを、
気楽な気持ちで始められるのになあ・・と思います。


今日はこんな事を指導員の方に教わりました。
「なすやトマトの近くにバジルを植えるといい」
「きゅうりのそばはマリーゴールドを」
虫除けなどの効果があるそうです。
バジルはもちろん食べられますので一石二鳥です♪

b0347858_08201633.jpg


b0347858_08201787.jpg


苗を入れる穴を掘ったら、まずは水をたっぷりあげて
苗を移植しました。
こんなワンポイントアドバイスもありがたや〜。

楽しい♡楽しい♡畑生活です。
これもサポート付きのお陰です。




[PR]
by coucouatable | 2016-06-27 23:17 | | Comments(0)
お料理教室に来てくださっている生徒さんは
「お料理を学びた〜い!」気持ちが旺盛な方も
「健康な食生活を送りた〜い!」と思っている方も
大勢いらっしゃいます♪

今日は、そんな生徒さんで
毎度検診で「貧血」と診断され、
日頃から鉄分を摂ろう!と努力されてる方から
教わったレシピです。

鉄分補給レシピ
「切り干し大根とお揚げのさっと煮」

b0347858_22060183.jpg
きゅうりのキュウちゃんとつまみにしちゃいました・・


鉄分を補給するには、レバーなどの動物性のものの方が
吸収率が高いと言われていますが
こちらは植物性のものから摂るレシピ♪
動物性も植物性もバランスよく摂ることはいい事だと思います。

(作り方など詳しい説明はこちらのサイトをご覧下さい)
b0347858_22083557.jpg
フライパン1つで完成!


こちらを毎日140g摂り続けていると
貧血が治ったというデータもあるそうですよ。
作ってみると、
とてもさっぱりとしたヘルシーレシピです。

b0347858_22092357.jpg

常備菜として保存しておき、
小鉢に入れて、食卓にちょくちょく登場させたり、
うどんのトッピングや
チーズとあわせるなど洋風にアレンジも可能です。


日本人の女性は圧倒的に鉄分不足と言われています。
鉄分は、血中のヘモグロビンに多く含まれています。
これが不足すると、身体が酸素不足になるんです。
ぼ〜っとしたり集中力が上がらないなどの
症状も出ます。
うつの症状も起こりやすいようです。

このように鉄分は身体の働きにとても大切な栄養素。

「レバー」「赤身肉」「しじみ」「ひじき」「小松菜」・・
などが鉄分が多い食材。
是非意識して食べていくといいと思います♪





[PR]
by coucouatable | 2016-06-24 22:11 | 料理 | Comments(0)
5月から始まった春のお料理教室
あと残り数回になりました。
(お料理教室についてのお問い合わせはこちらより

b0347858_22494798.jpg
アジアンな雰囲気のメニューです


今回のお料理教室のメインの野菜は緑黄色野菜
緑黄色野菜は今が旬の野菜が沢山あります。
パプリカ、ルッコラ、大葉、おくら・・・。
b0347858_22513259.jpg
ざっとこちらが5人前の野菜です!
この食事で一人約150gの緑黄色野菜がとれています


緑黄色野菜には「解毒」「解熱」「抗菌」などの働きがあります。
まさに今の季節、積極的に食べたいお野菜です♪
そんなお話も交えながら
いつも楽しくクッキング♪です。


こちらは
そんな緑黄色野菜をいろいろ合わせて作ったナムル
b0347858_22544610.jpg

ナムルの味付けは至ってシンプルですが、
いろいろな野菜を組み合わせる事で美味しさが増します。
「いろんなお野菜の味と歯応えが味わえて美味しい〜♪」と
評判も良く嬉しかったです。




こちらは、「ホタテとわかめのサラダ〜人参ドレッシング」
b0347858_22571062.jpg
すり下ろした人参ドレッシングの酸味が
夏バテにきく感じ〜♪
食べるドレッシングというところです。

女性は酸っぱいもの好きですから、
こちらも家で作ったよレポ、沢山頂きました。


残りラスト1週間のお料理教室、
最後まで、
来て下さる生徒さんが、
「美味しいから家で作ってみよ〜」
「身体にいいもの食べたい〜」
と、ご自宅でのクッキングのテンションが上がるよう♪に
ベストを尽くします!



[PR]
by coucouatable | 2016-06-22 23:10 | 料理教室 | Comments(0)
うっかり農園に行くのがのびのびになって
畑のきゅうりがお化けきゅうりに!!
b0347858_09455559.jpg

大きくなったきゅうりは火を入れる料理に向いています。
漬け物もいいですね。
前回のブログで「自家製きゅうりのキュウちゃん」をご紹介しました。


今日は「豚肉ときゅうりのピリ辛ジンジャー炒め」です。

b0347858_21354962.jpg


豚肉ときゅうりのピリ辛ジンジャー炒め

●材料(4人分)
お化けきゅうり 300g
豚肩ロース肉 塊 400g
塩麹 大さじ1
生姜 1かけ
鷹の爪 1本

ごま油 大さじ1
水 100cc
ナンプラー 小さじ1
紹興酒または日本酒 大さじ1

片栗粉 小さじ1(同量の水でとく)

(トッピング)
黒ごま、白ごま 適量

●作り方
1、前日に、豚肉は5cm位の棒状に切り、塩麹につけておく

2、おばけきゅうりはピーラーで皮をむき、縦半分に切り、種をスプーンで除き、棒状に切る
生姜は千切りに、鷹の爪は種を取って、みじん切りにする

b0347858_21453560.jpg

3、中華鍋にごま油を熱し、豚肉を入れ、こんがり焼けたら一旦取り出す

4、同じ鍋で残った油を使って、弱火で生姜と鷹の爪を入れ、香りが出たら、きゅうりを入れ強火で炒める
2、3分したら、紹興酒を入れ、香りがたったら、水、ナンプラーを加え、中火で煮る

5、きゅうりに火が通ったら、3の豚肉を加え温めて、水とき片栗粉を入れ混ぜ合わせる

6、トッピングに黒ごま、白ごまをかける

b0347858_21354962.jpg

きゅうりと豚肉の相性は抜群です。
きゅうりの炒め物には生姜などの薬味が入ることで
青臭さが取れて美味しくなります♪


まだまだあるお化けきゅうり・・
夏野菜のカレーにも入れましたよ。
こちらも美味しく頂けました♡

b0347858_22024940.jpg

[PR]
by coucouatable | 2016-06-20 22:10 | 料理 | Comments(0)
夏野菜がぐんぐん成長する季節です。
サポート付き農園の野菜たちも、ぐんぐん大きくなっています。
早々と、うっかりをやってしまいましたー。
ジャンボきゅうり!!

b0347858_09434572.jpg


「週に2回は農園に行って収穫などお世話して下さいね〜」
なんてアドバイスされていましたが、
今週は忙しくてほぼ1週間ぶりに行ってみると、
「お化けきゅうり」に・・・。

b0347858_09455559.jpg
ほぼ2倍


さてどうやって食べましょう。
生で食べるより火を通すのが向いています。
そして、漬け物にもなりますね。

まずは「即席きゅうりのキュウちゃん」を作りました。

b0347858_09451010.jpg


お化けきゅうりで 即席きゅうりのキュウちゃん

●材料
お化けきゅうり 500g
塩 小さじ1

(たれ)
醤油 40cc
みりん 20cc
酢 20cc
しょうが  1かけ(千切り)
鷹の爪 1本(種をとる)

●作り方
1、おばけきゅうりは縦半分に切り(種が気になる場合は種をスプーンで取り除く)
薄くスライスし、ボウルに入れ、塩をふって1時間ぐらいおく
b0347858_09461621.jpg
2、きゅうりを水で洗って、よく絞って水気を十分とる

3、たれの材料を鍋に入れ、火にかけ、沸騰したら2を加え、煮立ったら火を止める
b0347858_09472122.jpg

手作りのきゅうりのキュウちゃんは
無添加の漬け物♡です。
生姜を多めに入れたので、
ぴりっと生姜がきいて美味しいです。
しばらくご飯のおともに大活躍しそうです♪

b0347858_09451010.jpg

あとは・・・
「夏野菜のカレー」
「豚肉ときゅうりのピリ辛炒め」を作りました。
次回のブログで紹介予定です〜。

こうやっていろいろ作ってみると、
ジャンボきゅうりも悪くない・・。
いやいや、これからは、真面目に週半ばで一度収穫に行こうと思います♡




[PR]
by coucouatable | 2016-06-18 09:51 | 料理 | Comments(0)
今日はイタリアン♪な気分で・・
ラタトゥイユを作りました。

b0347858_22454883.jpg

お鍋にいっぱい作ったら、まずは温かいまま頂き、
翌日は冷蔵庫で冷やして食べます。
1回で2度おいしい♡おすすめメニューです。

そして、野菜の種類も豊富に!
大豆まで入れて栄養満点!です。



根菜でラタトゥイユ

●材料
にんじん 1/2本
ズッキーニ 1/2本
じゃがいも 1個
ごぼう 1/2本
えのき茸 1袋
玉ねぎ 1/2個
ベーコン 80g
大豆(ドライパックや水煮) 100g
トマト水煮缶(ダイスカット)1缶

オリーブオイル 大さじ1

野菜ブイヨン 1個
醤油 小さじ1
塩・こしょう 少々
バジル 少々(あれば)

●作り方
1、にんじん、ズッキーニ、じゃがいも、ごぼうは1cm角に切る
(じゃがいもとごぼうは水にさらす)
玉ねぎはみじんぎり、ベーコンも1cm角に切る
えのき茸は3等分に切る

2、鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎとベーコンを入れ、よく炒める

3、玉ねぎがしんなり薄茶色になったら、にんじん、ズッキーニ、じゃがいも、ごぼう、えのき茸を入れ、全体に油をなじませる

4、トマト缶を入れ、ブイヨン、醤油を入れ、野菜が煮えるまで弱火で煮る
最後に塩、こしょうで味を整える
b0347858_22450545.jpg

5、温かいままでも、冷やしてもおいしいです。盛りつけにバジルをかざる
b0347858_22463592.jpg


そしてお弁当にも入れました!
温めても、冷たくても、そしてお弁当にも
なんて便利なおかず♡

b0347858_22472612.jpg
チキンの柚子胡椒照り焼きと一緒に





[PR]
by coucouatable | 2016-06-16 13:18 | 料理 | Comments(0)
夕飯に揚げ物をする時はいつも
「ついでに揚げられるものはないかな・・」と
冷蔵庫の中を調べます。

翌日のお弁当の一品をここで作っておけば
翌朝が楽チンですから〜♪

「冷蔵庫に揚げられそうなものはないかな・・?」
「ズッキーニと山芋!」
今日はこれらを素揚げにして
ごま油風味のマリネにしました。

b0347858_20093508.jpg
作り置き その1
もちろん簡単♡


そして「さつまいも」で、大学いもも作りました。
b0347858_20113967.jpg
作り置き その2
手作りたれも簡単♡



これで2品完成すれば、
翌朝も弁当、弁当ー!!と慌てることなく
気持ちよく迎えられます〜☆



ズッキーニと山芋のごま油風味のマリネ

●材料
ズッキーニ 1/2本
山芋 10cm
揚げ油 適量

(マリネ液)
ごま油 大さじ1
米酢 小さじ1
塩 少々

●作り方
1、ズッキーニは縦に半分に切り、1cmの厚みに
山芋も同じようなサイズに切る
2、170度の油で素揚げする
3、マリネ液を混ぜ、2をからめる

b0347858_20154146.jpg




即席☆大学いも

●材料
さつまいも 小1本
揚げ油 適量
黒ごま 少々

(たれ)
はちみつ 40g
水 小さじ1
醤油 小さじ1/2


●作り方
1、さつまいもは皮をむき(むかなくてもOK)、少し水にさらしてから、水分を拭き取り、170度の油で素揚げにする

2、小鍋にタレの材料を入れ温めてタレを作る
b0347858_20100019.jpg

3、揚がったさつまいもを2のタレにからめ、黒ごまをまぶす

b0347858_20104604.jpg


今日の娘のお弁当には
この作り置き2品と
ささみのチーズピカタを焼いていれました♪


b0347858_19540926.jpg



曲げわっぱのお弁当箱のお陰で
楽しいお弁当生活続いています♪

↓ちなみにこちらは前日のお弁当
b0347858_20264907.jpg
ふるさと納税、万歳!!
(秋田県大館市のふるさと納税の返礼品で〜す)





[PR]
by coucouatable | 2016-06-14 20:30 | お弁当 | Comments(0)
パンウェイ先生薬膳料理教室に行って来ましたー!
テレビ出演や料理本などでご活躍の先生ですが、
代々木で薬膳料理教室を主催しています。

b0347858_11005238.jpg
色どりも大切な要素
野菜もいっぱい〜


薬膳料理と聞くと・・
特別な材料が必要?とか
クセがあって美味しくなさそう?
というようなイメージですが、
こちらのお教室は、身近な食材でシンプルに薬膳料理を習えます。
そして全部美味しいんです〜!


今回習ったのは2品
「トマト風味の厚揚げ炒め煮」と「すずきと野菜の揚げあんかけ」
b0347858_11015743.jpg


b0347858_11044134.jpg
ガラスに入ったのが、すずきのあんかけです
ガラスの器に映えます


「季節」と「身体」がテーマですので、
季節にあった食養生を教えて頂けます。
大変勉強になります〜☆


パン先生によれば・・
梅雨入りしたばかりです。
こんな季節は、血のめぐりが悪くなり、むくみやすい季節。
心臓のリズムを整えてくれる食材を食べるといいそうです。
メニューにも「梅」や「らっきょう」がたくさん入りました。



そうですね、
梅のクエン酸がいいんですね。
旬のものには必ず、その季節にあう理由があるって事を実感します。

タイムリーにも前日友人からお庭の梅を頂いて、
梅酒や梅酢シロップ、梅醤油をつけたところでした!
(作り方は去年のブログで)

b0347858_11074559.jpg


今年は梅酒は「ラム酒」で漬けてみました。
どんなにおいし〜い梅酒が出来上がるか〜♪
来年が楽しみです♡

b0347858_11143990.jpg
配合は梅酒800g・ラム酒1,4ℓ・氷砂糖500g




そして今年は紀州の赤い梅にも出会えました。
b0347858_11093389.jpg



「パープルクイーン」と「ミスなでしこ」
b0347858_11083394.jpg
パープルクイーンは小粒


b0347858_11105816.jpg
スーパーでも見かけました



ルビー色のシロップ
が出来上がるという話に、ときめいて♡
梅シロップを作る事にしました。
「かき氷やくずきりにかけて食べたら美味しい〜」とも聞いて
めちゃくちゃテンション上がりました(笑)

b0347858_11164439.jpg
凍らせた梅と氷砂糖を交互に入れるだけ


ルビー色の梅シロップ

●材料
梅(パープルクイーンやミスなでしこ) 1kg
氷砂糖 1kg

●作り方
1、梅は一晩水につけてアクをぬく
2、爪楊枝でへたをとり、よく乾かす
3、ジプロックに入れ冷凍庫で24時間以上凍らせる
4、煮沸した瓶に、3の梅、氷砂糖を交互に入れる
5、毎日瓶を揺らして混ぜ、氷砂糖が溶けたら完成です

b0347858_11132467.jpg
パープルクイーンちゃん♡
数時間であっという間に水分が出ます


通常1週間で完成しますが、
友人からの情報によれば・・
水分が出てひたひたになったら、冷蔵庫に入れて、
ゆっくり氷砂糖を溶かすのがおすすめと聞きました。

じっくりシロップが出来た方が美味しそうですね♪
私もそれにならって、冷蔵庫に入れましたー。
1ヶ月後ぐらいに完成予定、楽しみです。
ちょうどかき氷シーズンですものね☆





[PR]
by coucouatable | 2016-06-12 11:27 | 料理 | Comments(0)
梅雨入りしました。
今日は特に暑い〜。
こんな日には、夏野菜でカレー!がぴったりきます。

通常カレーのルーには油脂がたくさん(泣)
パッケージの裏に必ず原材料名が書いてありますが、
原材料名の見方、知っていますか?
まず食品原材料の多いものから順に記載され、
次に添加物の多い順に並びます。
通常のカレーのルーは、油脂や小麦粉が最初にきていると思います。


今日は「カレーの壷」でカレーを作りました。
b0347858_20335788.jpg
様々な香辛料が入っているので
とてもおいしいカレーが出来ます


こちらは小麦粉も入っていませんし、
油もココナッツクリーム油が入っているぐらいなので、
とてもヘルシー!


このシリーズ3種類がありますが、「やさい用」はとてもマイルドです。
辛めでも大丈夫であれば、「チキン用」も美味しいです♪

b0347858_20362490.jpg
ひき肉と夏野菜でカレー



グルテンフリー ヘルシー☆夏野菜のカレー

●材料(3〜4人分)

牛ひき肉 300g (豚ひき肉でもOK)
なす 3本
おくら 1パック
しいたけ 3個
トマト 中1個
玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
にんにく 1かけ(みじん切り)
生姜 1かけ(みじん切り)

サラダ油 適量

カレーの壷 大さじ2・・なければカレー粉でもOK
水 150cc
赤ワイン 大さじ2
ケチャップ 大さじ1

●作り方
1、なすは乱切りにし、水にさらす
おくらは塩をふって板ずりし、うぶ毛を取り、面取りする
しいたけは石突きの固い所は切って、十字に4等分する
トマトは2cmぐらいのざく切りにする

2、玉ねぎ、にんにく、生姜はみじん切りにする

3、なす、おくら、しいたけは170度の油でさっと揚げる

4、フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎ、にんにく、しょうがを弱火でよく炒める

5、強火にして、焼き付けるようにひき肉を加え、だいたい火が通ったら、中火にして「カレーの壷」を入れ混ぜる

6、5に赤ワイン、水、トマト、ケチャップを加えよく混ぜ、煮立ったら、最後に3を加える


b0347858_20354804.jpg


様々なスパイスがうまく調合されているので
本格派ですが、バランスよく食べやすいカレーです。
さらっとマイルドに完成です〜♪






[PR]
by coucouatable | 2016-06-10 20:55 | 料理 | Comments(0)