<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

毎日気持ちのいいお天気が続きます。
青〜い空が広がって、
あちこちで芽吹く新緑が美しく、
お花も綺麗に咲いていて、
自然と体を動かしたくなる季節になりました。

先日、ノルディックウォーキングスカイツリー近辺を歩いてきました。
見てください、この絶景!

b0347858_21594692.jpg
亀戸天神社の藤棚とスカイツリー



黒木公美さん主催の

ノルディックウォーキングとは2本のポールを持って歩くエクササイズ。
ポールがあることで運動効果がぐっと上がります!

黒木公美さんがナビゲートしてくれたコースは
門前仲町をスタートして、
途中遊歩道や親水公園などを通りながら
亀戸天神社で「藤まつり」を見て
スカイツリーまで歩く10キロのコースでした。

b0347858_21594744.jpg
お天気がいいと体も軽やかな気持ちに〜



雲ひとつない完璧なお天気の中、
どこからでも見えるスカイツリーが格好良い♪
あそこを目指して、レッツウォーキング。

b0347858_21594807.jpg

コースの見所は、
何と言っても亀戸天神社の藤の花
藤の花が咲き乱れ、豪華絢爛。
花の香りも漂い、美しかった♡
スカイツリーもしっかり見えるビューポイントもあって
なんと贅沢な眺め・・。

b0347858_21594692.jpg
池には亀さんもいましたよ


ゴールデンウィークまで藤まつりは開催しています、
そろそろ満開で、さらに見頃♡と思います♪


そして、亀戸天神社の近くにある「船橋屋」
「くず餅」をお土産に。
お買い物など立ち寄るポイントがあると
ウォーキングも頑張れます(笑)

店構えも老舗の貫禄あります。

b0347858_21594835.jpg



ウォーキングの途中のお昼ご飯は
オーガニック&ビーガンカフェ「SASAYA CAFE」で。

b0347858_21594917.jpg


テンペのカツカレーを注文しました。

b0347858_21595037.jpg

テンペを上手に調理してありました。
カリッと上がったテンペに、
ヘルシーなカレーとの組み合わせがイケてます。
黒米のご飯ももっちりツヤツヤで美味しかったです。
ビーガンだけれど、
しっかり食べ応えのあるメニューでした。


あまりに良いお天気で、
あちこちの新緑の美しさに目を奪われて・・
あっという間にスカイツリーまでゴールできました。
程よい疲れ具合、気持ちの良いエクササイズが出来ました。

そして歩くだけじゃなく
観る楽しみ
食べる楽しみ
お買い物の楽しみ・・・
いつも様々なお楽しみ満載の
黒木公美さんのノルディックウォーキングはとっても楽しいー!
おすすめです。


そして帰ってから頂いた、船橋屋のくず餅

b0347858_21595000.jpg

自然発酵した小麦でん粉を蒸し上げているそうです。
きな粉と黒蜜をかけて頂きます。

b0347858_21595176.jpg

くず餅のぷるるん〜とした食感にほのかな香りと酸味、
上質のきな粉と黒蜜がよく合います。
おいし〜♪
素朴だけれど洗練されたお味でした♡






[PR]
by coucouatable | 2017-04-29 22:13 | レストラン | Comments(0)
春キャベツでサラダを作りました。
とても簡単で、子供達にもウケがいいので
定番のレシピです。

b0347858_19455644.jpg


いつもはキャベツとえのき茸とツナ缶のみ
で作ることが多いのですが、
今日は冷蔵庫にあった
大葉とラディッシュ、スナップエンドウも入っています。


茹でたキャベツ、えのき茸の水気を絞り、
温かいうちに
ツナ缶(油漬け)とポン酢で和えて完成!
簡単すぎ・・笑

今日はスライスしたラディッシュと大葉の千切り、さっと茹でたスナップエンドウも入れました。
ツナ缶はオイルも一緒に入れます。


さっぱりして食べやすく
ぽりぽり・・止まりませんよ♪

b0347858_19455775.jpg
今日は和風ハンバーグと一緒に盛り付けました♪



キャベツは「キャベジン」でおなじみのように
胃腸を守ってくれる効果もあります。
脂っぽものとの相性も良いはずですね。
また、ビタミンCやKも豊富。
美肌効果も期待できます。





[PR]
by coucouatable | 2017-04-27 19:57 | 料理 | Comments(0)
春らしいお天気が続いています。
週末に神奈川県の沼代の農家さんへ
八重桜の花摘みのお手伝いに行ってきました。

b0347858_19003899.jpg
可憐な桜♡


東京から車で1時間強で
新緑が芽吹く美しい里山に到着しました。

東京からも
たくさんのお子さん連れの家族がいらしていました。

八重桜の花摘みの方法を林さんから教わって、
各自花摘み作業に!

b0347858_19003966.jpg
摘み方の説明をしてくださる「うるしやファーム」の林さん



最初は手がとどく場所からはじめ、
b0347858_19003937.jpg

ちょっと届かない場所は、
棒で枝を引っ掛け、しならせて摘みます。

b0347858_19004001.jpg


次は木登り♪
うわあ〜久しぶりに木登り。
木に登ると、桜の波が美しくて・・。
落っこちないように注意して、花摘み花摘み♡

b0347858_19004120.jpg


美しい花に囲まれて、十分リフレッシュ出来ました♪

そしてお腹も空いた頃、
おばあちゃんが作ってくれたお昼ご飯が準備されていました。

b0347858_19004161.jpg
カレーに入っている里芋が柔らかくて、美味しい〜
ごちそうさまでした!



摘んだ花は、すぐに近くの漬物屋さんへ出荷されます。
鮮度が命だそうです!
ここで桜の塩漬けに加工されます。

b0347858_19004226.jpg

なんと鮮やかな!

b0347858_19004264.jpg
塩と梅酢で漬けることで、こんな美しい色になるそうです♪
香りもいい〜



桜の花の生産量は、神奈川県の沼代近辺の地域で
全国の8割を占めているそうです。
桜の花を使ったお料理やお菓子が出回ると
季節を感じますよね。

「日本の伝統美を絶やすことなく継承していきたい!」
「中国産に取って代わっていいのか?」
そんな沼代の農家さんの熱い思いを知りました。

この地域の農園でも高齢化が進み、
若い世代の働き手が不足しています。

東京に暮らしていると、里山の風景は癒しです。
幼い子供にもそんな田舎の風景を見たり、
農作業の体験が出来ます。
虫を捕まえたり、野山を駆け回ったりも。

そんなお互いのニーズがマッチして
都会と田舎の交流が盛んになれば、とてもいいですね。


桜の花摘みは終了しましたが、
収穫は日々あります。
また近いうちに畑にお邪魔したいと思っています。



さて、帰ってから、鮮度が落ちないうちにすぐ、
おばあちゃんから教わった
「桜の塩漬け」を作りました。

b0347858_19004377.jpg


☆おばあちゃんの桜の塩漬けレシピ☆

●材料
桜 300g
梅酢 1カップ
塩 60g

●作り方
桜の花は洗わずに(洗うとカビが生えるそうです)
塩と梅酢につけて、重石をして1週間。
その後、陰干しして、塩を多めにまぶして(分量外)完成です。
冷凍保存を勧められました。
色落ちが防げるからだそうです。


重石をするときは、ポリ袋に水を入れて重石にすると
まんべんなく重石がかかると教わりました。
なるほど〜。
こんな風にやりました↓

b0347858_19004467.jpg


桜の塩漬けが完成したら、
とりあえず桜茶を入れて、
桜の炊き込みご飯を作る予定です♪
完成が待ち遠しいです♡











[PR]
by coucouatable | 2017-04-24 20:43 | | Comments(0)
セロリが美味しい季節です。
新緑が美しいこの季節に、
「セロリの葉も同じ色で美しい〜!」と
色鮮やかで柔らかいものを見ると
ついつい手が伸びます。

セロリは、煮込むだけでとても美味しいスープができたり、
サラダで食べたり、
中華風に炒めたり・・
と様々な調理方法がある万能野菜です。


今日はセロリを「薬味」として使いました。
茎の部分が薄くて柔らかいものは、
薬味として使うのに向いています。

b0347858_20063753.jpg


お刺身のカツオにセロリ、ミョウガ、ねぎ、大葉、生姜をトッピング。

薄くスライスして生のままですが、
とてもシャキシャキ美味しく頂けます。
繊維に垂直にスライスして、少し水につけると
香りが少し弱まります。



そして葉の部分がたくさん余ったので、
「セロリのお浸し」を。

b0347858_20063818.jpg

さっと湯がいたセロリの葉を、お出汁につけました。
こちらは、グッと渋く大人の味です。



カリウムやビタミンが豊富なセロリ。
食物繊維も豊富、
食べると身体が美しくなりそう♡な
お野菜です。




[PR]
by coucouatable | 2017-04-22 20:09 | 料理 | Comments(0)
生の青海苔があったので、
今日のお昼ご飯はパスタを。
青海苔の香りだけで、十分メインのお料理になりますよ〜♪
青海苔は十分主役になる食材です。

b0347858_11485412.jpg


青海苔としらすのパスタ

●材料(4人前)
パスタ 400g
生青海苔 1パック
釜揚げしらす 50g
にんにく(みじん切り) 1かけ
唐辛子(輪切り) 少々
ナンプラー 大さじ1
塩・胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ1

トッピング
大葉 10枚 

●作り方
1、鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら塩を加え(分量外)パスタを茹でる

2、生青海苔はボウルに入れ水洗いし、布巾をかけたざるにあげ、水気を絞る
b0347858_11485522.jpg

3、フライパンにオリーブオイル、にんにく(みじん切り)、唐辛子(輪切り)を入れ、香りが出たら、釜揚げしらすを加え、ひと混ぜする

4、茹で上がったパスタを3に入れ(茹で汁を少し残しておく)、生青海苔、茹で汁(大さじ1〜2)を加え、混ぜ合わせ、ナンプラー、塩、胡椒で味を整える

5、皿に盛り付け、大葉(千切り)をトッピングする



b0347858_11485507.jpg

青海苔の香りが広がります〜♪
ナンプラーで味付けも、コクが出て美味しくなりますよ。



[PR]
by coucouatable | 2017-04-19 11:54 | 料理 | Comments(0)
桜新町の八重桜が満開です。
ぽてぽてと花を咲かせる八重桜、とっても可愛らしい♪

b0347858_16135473.jpg


そして、勉強会&懇親会の集いの際に
我が家にも吉野桜を入れてもらいましたー。

b0347858_16135431.jpg

当日は8分咲きでしたが、
1週間経ち、満開を過ぎ、いよいよ散り始めました。
もっと楽しみたいのに・・
家に植物があると、雰囲気が和らぎます、毎日お花見です!


さて、そんな懇親会でのお料理の紹介、最終回です。
「温野菜の明太子クリーム和え」
濃厚なクリームソースの力で、
お野菜だけですが、お腹の満足度が高いメニューです。


b0347858_16135529.jpg



温野菜の明太子クリーム和え

●材料
カブ 3個
エリンギ 1パック
パプリカ 1個
ズッキーニ 1個

生クリーム 1パック
明太子(大) 1腹

●作り方
1、カブ、エリンギ、パプリカ、ズッキーニは一口大に切り、軽く蒸し器で蒸し(蒸しすぎに注意)ざるの上で冷ましておく
2、鍋に生クリームを入れ、中火から強火で、ヘラでかき回しながら、半量になるまで煮詰める。
3、煮詰まった生クリームに、薄皮を除いてほぐした明太子を入れて混ぜる
4、蒸しあがった野菜に3を和える

b0347858_16135660.jpg
濃厚クリームがよく野菜に絡みます



懇親会は無事に終了して、
美味しい♪と言っていただけて
私の方も嬉しかったです。
頑張って作ってよかったなー充実でした。

一方、反省点もなかったわけではありません。
もう少しあーゆうメニューを加えるべきだったとか
下準備してなかったから、もたついた・・とか色々です。
今後同じ失敗を繰り返さないよう気をつけて、
次回はもっと満足度の高い会にしたいです(笑)

b0347858_17084326.jpg
美味しいご飯は人を幸せにしてくれます♪
これからも、健康的で美味しいお料理をご紹介していきたいと思います。






[PR]
by coucouatable | 2017-04-17 16:20 | ホームパーティ | Comments(0)
ホームパーティーの続きです。

b0347858_15434719.jpg

20人のお客様でしたので、品数も多く作りました。
フェイスブックなどを見てくれた友人からは、
すごーい!と褒めてもらえましたが・・
実は手の込んだ料理はあまりなく、
混ぜるだけ、巻いて焼くだけ、乗せるだけ・・
というような簡単メニューばかりでした。笑

上の写真は、ヒラメの刺身にせり、白髪ネギの薬味をたっぷり乗せただけです。
タレは豆板醤が入ったピリ辛タレで。



ローストビーフも前日に作りました。
普段は炊飯器で作ることが多いのですが、
今回はフライパンで作るレシピで行きました。

b0347858_15434790.jpg
薄くスライスしてリーフレタスに巻いておけば、
見た目もおしゃれです☆



フライパンでできるローストビーフ

●材料
牛塊肉(トウガラシ) 600g
にんにく 3かけ
牛脂またはサラダ油 適量

(タレ)
醤油 100cc
酒 100cc

●作り方
1、にんにくをすりおろし、牛肉にまんべんなくつける
2、フライパンに牛脂(またはサラダ油)を敷き、弱火にして10分ずつ3回に分けて向きを変え焼く(合計30分)
(フライパンの蓋またはアルミホイルをかけて焼く)
3、フライパンから肉を取り出し、アルミホイルにくるむ
4、粗熱が取れたら、ジプロックに入れ、醤油と酒を入れ、空気を抜いてタレに肉が浸かるようにして、冷蔵庫に1日おく
5、翌日、薄くスライスする
6、ジジプロックの中のタレは小鍋に移し、一旦煮立たせる。お好みでかけて頂く


b0347858_15434790.jpg


お料理教室でも、生徒さんからよく
「先生のレシピ、巻くのが多いー!」と言われます。
巻くことによって、ちょっとおもてなし感が出ますから(笑)



こちらも巻き巻きして焼きました。
桜鱒と筍の山椒焼き

b0347858_15434897.jpg


レシピは以前のたけのこ料理のページにありますので


桜鱒と筍のさっぱりした焼き物です。
山椒の香りがアクセントに、
上に乗せた甘めのお味噌と良くあいます♪







[PR]
by coucouatable | 2017-04-15 15:51 | ホームパーティ | Comments(0)
前回のブログで、
ホームパーティーの極意は段取り
とお伝えしました♪

メニューを決めてから
あらかじめ作っておけるものは、
数日前から作りました。

例えば、「大根とゆずの甘酢和え」「牡蠣のオイル漬け」「ピクルス」
数日経ったほうが美味しくなるので、
5日前ぐらいに作りました。

b0347858_20583108.jpg


前日はローストビーフを作りました。
あとはミートボールのタネを作りました。

その他のメニューは当日に。
サラダは野菜を切ったり、茹でたりしておき、
ドレッシングも準備します。
そして開始直前に和えるだけの状態にしておきます。
そうすると味がボケません〜。

このように段取りしておけば、
比較的落ち着いて、おもてなしできますよ♪
余裕があれば、自分も楽しめますから♡


今日は、先付けのように小鉢に出した
「ちょこっとおつまみ」の紹介をします。


旬のホタルイカを使ったアヒージョ

b0347858_20583278.jpg
ぐい呑みに入れてセッティング



ホタルイカとドライトマトのアヒージョ

●材料
ホタルイカ 20匹(茹でてあるもの)
ドライトマト 3枚
にんにく 2かけ
鷹の爪 1個
ミョウガ 1個
オリーブオイル 100cc

●作り方
1、ドライトマトは千切りに、にんにくは薄くスライス、ミョウガは千切りにする
2、小鍋にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪、ドライトマトを入れ、弱火で火にかける
3、ふつふつと煮立ってきたら、ホタルイカを加え、温まったところで、ミョウガを加え火を止める

b0347858_20583388.jpg
ドライトマトの甘みとホタルイカの味噌の旨味で
お酒がすすむすすむ・・



春を感じる一品
「ウドと八朔のオリーブ油あえ」

b0347858_20583425.jpg



ウドと八朔のオリーブ油あえ

●材料
ウド(春香) 1本
八朔 1/2個
塩 適量
オリーブオイル 適量

●作り方
1、ウドは皮をむき、薄く拍子木切りにし、水につけてアクをとる
2、八朔は皮をむき、実を取って、小さく切る
3、ウドをザルにあげ、水気を切って、ボウルに入れ、八朔と混ぜ、塩とオリーブオイルで和える


b0347858_20583425.jpg
ウドの苦味と八朔の爽やかな酸味が
大人の味を演出してくれます



次回もレシピを紹介します!

[PR]
by coucouatable | 2017-04-13 23:50 | おつまみ | Comments(0)
自宅で旦那さんの後輩たちの集まりがありました。
勉強会兼懇親会です。

b0347858_17084326.jpg


大勢のお客さんが集います、準備は前日から。


ホームパーティーで大事なこと・・まず段取りです!

はじめにメニューやスタイルを決めます。

今回のメニューの構想は・・
身体に良くて健康的なメニューを中心に、
でもほとんど男性なので、がっつり味のものも入れます。
そして目玉になるような1品を入れて、豪華にしたいな。
山菜などの春を感じる料理も入れることにしました。


山菜のジンジャーサラダ
b0347858_17112130.jpg

スタイルは・・先付けのようなものを小皿で少し準備して、
後は大皿からとっていただく形に決めました。
小皿や大皿は家にあるものを駆使して、
とりわけのお皿やお箸は使い捨てにします。


次に、テーブルコーディネート、お皿などの食器を決めます。
これは前日に用意してセッテイングまで終わらせておくと楽です。


当日は、テーブルコーディネートができているテーブルに
作ったものをどんどん置いていきます。

常温で置いておけるものは早い時間に準備します。
オイル漬けとか甘酢和えとか、
味が変わらないものは先に準備します。


例えば・・
b0347858_17005180.jpg
ホタルイカのアヒージョは盛り付けてセッティング


b0347858_17005223.jpg
大根とゆずの甘酢漬けもセッティング



b0347858_17005245.jpg
作り置きしていた牡蠣のオイル漬け



サラダなどは、素材を切ったり、茹でたりしておき、
ドレッシングを混ぜるのは始まる直前にします。
(時間が経つと味がボケやすいものは、そうします)

焼き物やオーブン料理、揚げ物などは、下準備だけしておき、
始まってから作ります。
おにぎりなどの締めは終わりころ出すように。


鱒とたけのこ山椒やき
これも鱒を巻いた状態で下準備しておき、
出したいタイミングで焼きました。

b0347858_17005314.jpg



このようなイメージで段取りしました。


とはいえ・・
頭で描いてるように完璧にはいきません。
思った以上にお客さんの食べるペースが早くて焦る!とか
調味料買い忘れ!とかありました。

でもそれもまた楽しみます。笑
ま、いいか!も大切。
時には、お手伝いしてもらったり、もあります。

もてなす側が、キリキリしていたら、お客さんも楽しめませんからね。笑
だから自分が楽しめる雰囲気を作ることが大切です。


今回の勉強会兼懇親会、
料理もいろいろ準備しましたー。
次回のブログでレシピなども紹介します♪






[PR]
by coucouatable | 2017-04-11 16:17 | ホームパーティ | Comments(0)
土佐琵琶の黒田月水さんのライブが週末にありました。

場所は市ヶ谷にあるPlace W。
周囲は桜満開。
b0347858_23393167.jpg
周囲はお花見スポット!


仕事帰りにふらっと気軽に
桜満開のお堀端で
軽くお酒とおつまみを食べながら
生の演奏を聴ける空間。
大人の贅沢♡を感じます。


そんなライブで軽食・おつまみを担当させて頂きました!
メニューは、季節を感じる、お酒が進むラインナップで。

b0347858_23393203.jpg


こちらは「いぶりがっことクリームチーズのおかか醤油和え」
和のテイストとクリームチーズのコラボ。
めちゃ合いますよ♪

b0347858_23393210.jpg



「しらすとアンチョビのブルスケッタ」

b0347858_23393341.jpg


しらすとアンチョビというダブルの旨味♡使いで
これはこれはお酒が進みます〜♪

釜揚げしらす、アンチョビ(チューブ)、ニンニク、粉チーズ、オリーブオイルをあえて、バケットに乗せ、トースターで焼きました!




そして宮崎の金柑「たまたま」が手に入ったので
大好きな甘酢和えを。

「かぶと金柑の甘酢和え」

b0347858_23393487.jpg


そして
「ささみともやしと三つ葉のザーサイサラダ」
春を感じる一品です♪

b0347858_23393427.jpg



最後に「エスニック風肉団子」

b0347858_23393561.jpg

なぜエスニック風か?
ナンプラーと砂糖、ニンニクで味付けた肉団子。
そしてパクチーを添えて。
お好みでチリソースも。
冷めても美味しい肉団子なので
お弁当にもおすすめです。


黒田月水さんの生琵琶の演奏は、
ど迫力で、ぐぐぐっと引き込まれました。

b0347858_23393685.jpg

弦の使い方などで力強い音もあり、儚い音もあり、
様々な音色を聴かせてもらえました。
初めての琵琶演奏を聴けて楽しかった〜。
新たな世界を教えて頂き、
贅沢な時間をありがとうございました!




[PR]
by coucouatable | 2017-04-09 23:45 | おつまみ | Comments(0)