<   2017年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

話題の築地。
いよいよ豊洲に移転ですね・・。

築地のおむすびや「やのや」のりっちゃんに
築地場内を案内してもらいました。
遅ればせながら・・初場内!!

まるでタイムスリップしたような気分。
昭和の空気がいっぱい、
昔懐かしいような
迫力ある光景にしばし圧倒された場内でした。

b0347858_23125466.jpg


りっちゃん御用達のマグロやさん
みんなでマグロをシェア。
「いいよ2000円で!」って。
こんなにたくさんのマグロ♡
今夜はマグロ祭りだあ〜♪

b0347858_23125576.jpg

社長さんと一緒に記念撮影♪


アワビもゲットして、
場外へー。

場外は場内と違って、一般客向け。
小分けに陳列してあって、
やっぱり落ち着く・・(笑)
でも場内よりは割高ですよ。


ここでもたくさんのお初を経験しました。

例えば
コリンキーの漬物

b0347858_23125512.jpg


コリコリの食感がたまりません


しらすソフト

塩気のあるソフトクリームでした
ここの日本酒ソフトがめちゃ好みでした♡

b0347858_23125621.jpg


添加物なしの魚肉ソーセージ
b0347858_23125753.jpg


これは珍しい


などなど。
今回も保冷バックぱんぱんにして終わりました。



そしてお昼ご飯は銀座の「金のダイニング」
海鮮丼を注文。
ウニ・いくら、その下にはマグロやカニや白身が隠れてる・・

b0347858_23125778.jpg


そして最後にお茶漬けも楽しめる♪
お出汁がきいて、これまた美味しかったー!!
(茶漬けはビジュアル的に美しくなかったため写真なしです・・)



帰ってからの夕飯は、
我が家で「築地御膳」です。
築地で買ったお漬物にマグロにアワビ
コリンキーの漬物も。

b0347858_23125883.jpg

マグロも半分はサイコロに刻んでねぎ・生姜とヅケにしましたー。


アワビは半分刺身に半分バターソテーに。

b0347858_23125964.jpg


こうして食べ方を変えると飽きないですよ、
たくさん美味しく食べられます!


そして忘れちゃいけない
やのやのおにぎりも!
魚沼産コシヒカリのおにぎり、
もっちりめちゃ旨ですよ♪

b0347858_23125930.jpg



築地は日本の誇るべき台所です。
こんな素敵な、昔ながらの空間は、
今やなかなかないな・・と思ったら、
移転してしまうのが残念です。

でも今後どんな風に築地が残されていくのかな・・
期待したいと思います。



[PR]
by coucouatable | 2017-06-27 08:00 | お出かけ | Comments(0)
トマトは日本では生食で食べられることが多いですが、
火を入れてもとても美味しい食材です。
火を入れると、トマトの風味や甘みが増します。

私がよく作るのは・・
鍋にトマト!生姜焼きにトマト!など。
美味しいですよ♪
肉の油っぽさに、
トマトの甘酸っぱさが加わって、
爽やかになります。


今日は、栃木産の桃太郎で炊き込みご飯を作りました。

b0347858_15540008.jpg


レシピは簡単!
イタリアン風に仕上げました。


トマトとツナの炊き込みご飯

●材料(4人前)
米 2合
トマト(大) 1個
ツナ缶ノンオイル(小) 1缶

昆布出汁または水 適量
酒 大さじ1
醤油 小さじ1
塩 小さじ1/2

(トッピング)
粉チーズ 適量
バジル 適量

●作り方
1、米は研いでザルにあげ30分置く
2、トマトは湯むきし、4等分に切る
3、炊飯釜に1、2、ツナ(汁ごと)、昆布出汁、酒、醤油、塩を入れ、目盛りよりやや少なめに調整し、炊飯ボタンを押す
4、炊けたら、トマトを崩しながら混ぜる
5、茶碗にもり、粉チーズとバジルをトッピングする


b0347858_15540162.jpg
トマトから水分が出るため、水分は少なめで調整します。





b0347858_15540255.jpg


手軽に、美味しいイタリアン風の炊き込みご飯の出来上がりです♪




[PR]
by coucouatable | 2017-06-25 15:59 | 料理 | Comments(0)
梅雨の合間の休日に、
神奈川県のうるしやファームさんへ
お友達家族を誘って、
玉ねぎの収穫のお手伝いに行きました。


b0347858_22592754.jpg
玉ねぎ畑で記念撮影!



小田原市下中の玉ねぎ畑。
観光農園ではありません、ガチです!


畑に着くと、まず、「どこが玉ねぎ畑?」
と思ってしまったほど、
畑は荒れた感じ。笑
畑に青々とした玉ねぎの葉が見えません。

でも、このシートの下に玉ねぎがいるんですー!

b0347858_22592849.jpg


この畑では、葉が枯れるまで、
土の中で玉ねぎを熟成させていました。

長い時間をかけて、ゆっくり育てた玉ねぎは
甘くて美味しいんですって!
なるほど・・。

生でかじらせていただきましたが、
あま〜い!びっくりするような甘さです。


こんなキュートなパッケージで出荷されています

b0347858_23132933.jpg


収穫のお手伝いは
まず、枯れた葉を切り、

b0347858_22592909.jpg


ビニールシートを剥がし、

b0347858_22593099.jpg


玉ねぎを抜いて、根っこを切り、裏返しし、根っこを乾燥させる

b0347858_22593142.jpg


という作業でした。

単純作業は燃えます(笑)
お喋りしつつも手は動いてますよー。
小学生のお子ちゃまも頑張ってくれました。


総勢9名でお邪魔しましたが、
マンパワーって素晴らしいです。

あっという間に長い畝一列が終わります。
時間を測って、目標タイムを設定したり、
この作業をもっと効率よくやるための方法を
考えたり・・・
人が集まるといろんなアイディアが生まれます。


3列終わったー!

b0347858_23180558.jpg


畑仕事の合間に
お茶休憩やお昼ご飯も挟みました。

お昼ご飯は、農家のお母さんが作ってくれた
「玉ねぎのかき揚げそば」

玉ねぎのかき揚げが甘くて、美味しくて
感激!!
お母さん!ありがとう。

b0347858_22593250.jpg


そして、帰りに玉ねぎのお土産もたっぷりいただきました。
これから毎日食べて、血液さらさらですわ。
ありがとうございます!!


そして帰りに小田原牧場アイス工房へ。
イタリアンジェラートを。
甘夏ピールが甘酸っぱくて、とても美味しかったです。

b0347858_23132921.jpg

今日は、都会からほど近い田舎で
土をいじり、
清々しい1日になりました。


下中の新玉ねぎ、生で食べて見ましたが、本当に甘いんです!
新玉ねぎのレシピ、またご紹介したいと思います。





[PR]
by coucouatable | 2017-06-22 23:25 | | Comments(0)
夏野菜の代名詞、トマト
今日は、栃木産のトマトが届きました。
ツヤツヤ輝いてる〜♪

b0347858_21150841.jpg

栃木県は、肥沃な土地と澄んだ水の恩恵で、
ハウスなどの施設によって
トマトが1年中栽培される一大生産地です。

今の時期のトマトは、
夏の日差しを浴びてみずみずしく大きく育っています。


今日のお料理教室では、
この栃木産のトマトで、
「トマトとオクラのスープ」を作りました。

その他は
・わかめとホタテのサラダ、人参ドレッシング
・緑黄色野菜のナムル
・ガパオライス


b0347858_21150977.jpg
初夏のメニューなだけに
彩り鮮やか!



b0347858_21150922.jpg
テーブルセッティングも終了!



トマトは生食だけでなく、火を通しても美味しく頂ける野菜。
火を通すことで、トマトの風味や甘みが増します。

オクラのとろみとトマトの旨みや酸味で、
これからの季節にぴったりのスープです。

作り方はとてもシンプル。
ここでご紹介します!


b0347858_21151027.jpg
トマトの甘みと酸味で爽やかに



トマトとオクラのスープ

●材料(4人前)
トマト 1個
オクラ 10本
昆布出汁 600cc
塩 小さじ1/2

●作り方
1、トマトは1cm角にざく切りにする
2、オクラはまな板の上で塩(分量外)をふって板ずりし、うぶ毛をとって、さっと茹でる
3、茹でたオクラは薄くスライスする
4、鍋に3を入れ、木べらでくるくる回しながら、昆布出汁を少し入れ、とろみがついたら少しずつ昆布出汁を足していく
5、とろみがついたスープができたら、1を入れ、一煮立ちさせ、塩で味を整える


生徒の皆さんと。

b0347858_21151132.jpg

今日はお土産に
栃木のトマトをお持ち帰りいただきました。


トマトは、生でも、火を入れても、使える万能野菜です。
毎日の食卓にぜひ取り入れてくださいー。
栃木産、とても美味しいですよ♪










[PR]
by coucouatable | 2017-06-20 21:52 | 料理教室 | Comments(0)
梅のシーズンです!
今年もありがたいことに、友人のお庭の梅を頂きました。
青い梅と完熟梅の2種類。

b0347858_19201732.jpg


毎年、青い梅で梅酢シロップと梅酒を作ります。
今年も黒酢と氷砂糖を入れて梅酢シロップを、
ブランデーと氷砂糖を入れて梅酒を作りました。
(レシピは以前のブログにて)

b0347858_19201874.jpg



そして、しまいこんでいた去年の梅酒を出してみると・・
そうでした!去年はラム酒で梅をつけていました。
お初です、味見、味見。

b0347858_19201938.jpg



飲んでみると、ふわ〜とラムの香りが広がり、
スッキリ美味しい!
めちゃ美味しい!

b0347858_19201900.jpg


ホワイトリカーで作るより、ずっと深みがあります。
これは大正解でした♡
飲み過ぎに注意です。


あんまり美味しかったので、
料理教室の生徒さんにも、自慢して(笑)
お出ししてみると・・
大人気です!
「今年はラム酒で漬けよう!」と帰って行きましたー。

b0347858_19202028.jpg
せっかく作る梅酒作り、
アルコール度の高いお酒で、
美味しいお酒でつけることをオススメします♪


そして、完熟梅は、梅ジャムにしました。
こちらも甘みと酸味が共存していて、
とっても美味しく完成しました。
甘酸っぱい香りがたまりません。

b0347858_19202106.jpg
空き瓶に詰めたら、
まるでお店のものみたいです・・



ヨーグルトに、このジャムをトッピングして食べたら、爽やか。
クラッカーにチーズと梅ジャムトッピングもおしゃれです。


季節を感じる食材で、
保存食など手作りした日は、
とても気持ちよく、穏やかな日になります。


来年になって、今年の梅酒はどんなお味か、楽しみです。






[PR]
by coucouatable | 2017-06-16 19:23 | 料理 | Comments(0)
最近はまっている朝活です。
朝早く起きるようになった体質♡を有効利用!笑
日曜日の朝は葉山から鎌倉へ出かけました。

行き先は、ベストシーズンの長谷寺へ。
ただいま紫陽花の最盛期。
紫陽花散策路は入場制限がかかる人気スポットです。

b0347858_22542912.jpg
うっとり〜



茅ヶ崎に住む姉夫婦と鎌倉駅で待ち合わせ、朝7時半。
4人で朝活開始です。
長谷寺横の駐車場に車を停めて、
開門までしばらく待ったものの
スムーズに入場できました。

しっとりとした鎌倉の自然には
風情のある紫陽花が馴染みます。
色とりどりの紫陽花が一面に咲いていました。
花ビラの形も様々、色も様々、
う〜む素敵♡
なんとも儚げな色合いが好きー。

b0347858_22543005.jpg


観光客全員が俄かカメラマンと化して、
無心にシャッターをきっていました。
b0347858_22543076.jpg


1時間ほど散策して、戻ってみると、
電光掲示板には入場番号の表示が・・!
散策路入り口に入場待ちの方の行列でした。

b0347858_22543130.jpg


朝早く活動するって、素晴らしいーと実感した瞬間。
時間を有効活用できて
お得な気持ちになりました。


長谷寺は紫陽花だけじゃありません。
観音像や弁天窟など、見所は他にもたくさん。

和み地蔵もなんて可愛いの♡
b0347858_22543201.jpg

ところどころに花が添えてあるのがニクい。
ほっこりした気分になれました。


長谷寺を後にして、お楽しみの朝ごはんは・・
御成町の「ガーデンハウス」へ。


避暑地ような雰囲気に包まれ、
緑が溢れて、とても開放的な空間でした。
しかもわんこオッケーというのがありがたい♡

b0347858_22543346.jpg
ハルも一緒にのんびり過ごせました。

頼んだものは
「パンケーキ・バナナとくるみ」
「トースト・ベーコン・ポーチドエッグ・サラダのセット」
「クロークムッシュ」
「トマトのスープ」など。

b0347858_22543392.jpg

b0347858_22543430.jpg


どれもボリューミーで
見た目からテンション上がりまくり〜
誰もが望むような、「憧れの朝食!」です。

食べてみても、とっても美味しかった♪です。
パンケーキは表面こんがり焼け、
生クリームは甘さ控えめでサラリと
バナナとくるみの組み合わせもグッドでした♪

トーストの方は、
パンはやや酸味があり、もっちりして、
添えられた厚切りベーコンや
酸っぱめのサラダとの相性もよく、
ペロリと食べられました。


朝ごはんを食べてお店を出ると、時間は10時半。
すでに鎌倉の街は混み始めています。
渋滞を回避するために、
後ろ髪引かれながらも・・鎌倉からは脱出。
大船へ出ました。

そして大船にある「フラワーセンター大船植物園」へ。
ここもとても見応えのある植物園でした。
もちろん鎌倉のような混雑もありません。


花菖蒲が見頃でした。
b0347858_22543501.jpg

鮮やかで豪華絢爛!
咲き乱れる花菖蒲たちが眩しかった〜!

花菖蒲以外にもバラや蓮も美しく咲いていました。


b0347858_22543577.jpg
今日はたくさんの美しものに触れられて大満足。

そして大船を出て、昼過ぎには葉山に戻りました。
さて午後はどう過ごしましょう?
今日は1日が長いですー!
早起きしたお陰で、充実した1日になりました。




[PR]
by coucouatable | 2017-06-13 23:01 | レストラン | Comments(0)
今日は久しぶりに1日フリー。
ぷらっと自由が丘まで出かけました。

雑貨や洋服も見ているのは楽しいのですが、
やっぱり「お昼ご飯をどこで食べるか。」
そこポイントです、悩みますー。

お一人様のランチ、
絶対美味しいものを食べたいです!
だって、話し相手もいなくて、
楽しみは「食べること」なんですから・・笑


今日は「ふみきり」へ。

b0347858_22064871.jpg

フランス惣菜食堂
です。
名前の通り、踏切のそばにあります。

ここのお料理は、いつ行っても間違いなく美味しい♡です。
店主の心のこもった家庭風のお料理が食べられます。

店内は一面壁が黄色くて、可愛らしいお店です。
お店は狭いんですが、
なんともほっこり落ち着く空間です。

b0347858_22064986.jpg

今日は「厚切りポークロティ」を注文しました。
ポークロティの他にフランス惣菜が数種類つきます。
スープもサラダも、プチデザートも、ドリンクも!
これで1,500円は安すぎです・・。


出てきたお料理はこちら!

b0347858_22064911.jpg

すごいボリューム。
フランス惣菜は、ザワークラウト、キャロットラペ、ポテトサラダ、おからのサラダ、ラタトゥイユ、赤キャベツの酢漬け
わーい♡野菜たっぷり。
そしてなんて厚切りのポークロティなんでしょ!


どれもこれも、一口食べる度に「あー美味しい」と
心の中で独り言。
やっぱり誰か誘えばよかったな(笑)


お隣に座った女子2人も、
トークで盛り上がる最中でも、
「美味しいね」って何回も言葉を挟むのは忘れないのに、
思わず「ですよね〜」って声かけてしまいそうでした。

b0347858_22064911.jpg
野菜のお惣菜の中でも「ザワークラウト」が
まろやかな酸味と香ばしい香りがして
めちゃめちゃ美味しかったです。
添え野菜にぴったりです。

ポークロティも厚切りで、
私はもう1cm小さくても大丈夫よって大きさでしたが、
美味しいから、もちろん完食!

お肉は柔らかく、ピリッと効く塩・胡椒と
まろやかなソースの絡み具合が良かったです。


今日はお一人様のランチ、大成功でした♪

気分を良くして街に繰り出したので、
やっぱり財布の紐は緩んだようで・・
買い物も気分良く出来ましたー!!
もうすぐ田舎の父と母が遊びに来てくれます。
ささやかなプレゼントを用意できました♡





[PR]
by coucouatable | 2017-06-12 07:00 | レストラン | Comments(0)
発酵食品ブームで、
和食の調味料が改めて注目されています。
味噌や醤油、塩麹、醤油麹、甘麹・・・
古くから私たちの身近にある調味料です。
日本人であるなら、やはり昔から食べられてきた食品が
体にも合います。

腸内環境を整えるのにも
毎日取りたい食品ですね♪

昨今人気の甘酒
「飲む点滴」とも言われるように
栄養価も高く、夏でも甘酒を飲むと、疲労回復に効きます。

私はいつも希釈タイプの甘酒を購入します。
豆乳で薄めて飲んだり、
お料理の調味料としても使います。
砂糖の代わりの役割ですが、
自然の甘みでまろやかになります。


今日はその甘酒を使って、白和えを作りました

b0347858_12045367.jpg


「ニラのごま白和え」

●材料
木綿豆腐 1丁(300g)
ニラ 1/2束
すりごま 大さじ4
薄口醤油 小さじ1
塩 小さじ1/2
甘酒(希釈タイプ) 大さじ1・・米麹で作ったもの、ノンアルコール

●作り方
1、豆腐は下ゆでして、ざるにあげ、水気を切る
2、ニラはさっと茹で、2cmに切る
3、すり鉢(なければボウルでも)に1の豆腐、すりごま、薄口醤油、塩、甘酒を入れ、滑らかになるまで混ぜる
4、2のニラを水気を絞って加える


滑らかで優しいお味に仕上がります。
すりごまたっぷりなのも香り高く美味しいです♪


b0347858_12045426.jpg



[PR]
by coucouatable | 2017-06-10 07:00 | 料理 | Comments(0)
ピーマン、パプリカ、トマト、なす、きゅうり・・
夏野菜が出回り、
赤・青・緑・黄色・・
食卓も彩り豊かになる時期です。

今日は真面目に
夏野菜でラタトゥイユを作りました。

b0347858_22143910.jpg


真面目に・・というのは、
野菜をさっと揚げる一方で
別の鍋でトマトソースを作ります。
最後に揚げた野菜とトマトソースを合わせるという作り方。

丁寧に仕上げている分、とても美味しいです。
手間をかけただけの味の差は出ますー☆


夏野菜のラタトゥイユ

●材料
長なす 1本
かぼちゃ 1/8カット
パプリカ 1個
ピーマン 2個
ズッキーニ 1/2本
サラダ油(揚げ油) 適量

トマト缶(ダイスカット) 1缶
オリーブオイル 大さじ1
にんにく1かけ
生ハムまたはベーコン 50g あれば
玉ねぎ 1/2個
セロリ(茎)1/4本 あれば
コンソメ 1個
醤油 小さじ1
塩・胡椒 少々

●作り方
1、なす、かぼちゃ、パプリカ、ピーマン、ズッキーニは一口大に切り、さっと揚げる
2、にんにく、玉ねぎ、セロリはみじん切り、生ハムまたはベーコンは細かく切る
3、鍋にオリーブオイルとにんにくを熱し、香りが出たら、玉ねぎ、セロリ、生ハムまたはベーコンを加えしんなりするまでよく炒める
4、3にトマト缶を加え煮込み、コンソメ、醤油、塩・胡椒で味を整える(30分煮込む)
5、4に1の揚げ野菜を加える


味がぼけないので、
作り置きにも向いている惣菜です。
冷やしても美味しく頂けます♪


朝食のお皿にも、ちょっと添えるだけで
野菜もたっぷり摂れるし、
グッと感じがよくなり、にまにま♡

b0347858_22144047.jpg





[PR]
by coucouatable | 2017-06-08 07:00 | 料理 | Comments(0)
家族がいる週末のお昼ご飯
主婦にとっては
「何食べよう〜?」
「一体何をみんな作ってる?」
疑問に思いますよね。
思い浮かぶのは、うどん、パスタ、そうめん、チャーハン・・・?
糖質だらけ。笑

今日のお昼は、
大学生の息子とお家でパスタに。

b0347858_22165241.jpg

男子がパスタじゃ物足りない感じですよね。
そこで、ボリュームも出て、
糖質だけでなく、タンパク質もきちんと摂れるパスタにしました。

豚の生姜焼きパスタです。

豚の生姜焼きを作って、そこにパスタを絡めて出来上がりです♪
生姜焼きはご飯だけじゃなくパスタにも合いますよ。
安定の美味しさです。
男子ウケも間違いなく良いと思います。



豚の生姜焼きパスタ

●材料(2人前)
スパゲッティ 200g

豚肉薄切り 150g
玉ねぎ 1/2個
トマト 1個
生姜 1かけ
醤油 大さじ1
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
胡椒 少々

絹さや あれば少々

●作り方
1、スパゲティーを茹でる(一緒に絹さやもさっと茹でる)
2、玉ねぎは薄切り、トマトは8等分にくし切り、生姜はすりおろす
3、醤油、酒、みりん、生姜のすりおろしを混ぜておく
4、フライパンにサラダ油(分量外)を熱し、豚肉を炒め、大体火が通ったら、玉ねぎを加え、しんなりしたらトマトを加え、3を流し入れる
5、茹で上がったパスタを4に入れ絡めて、胡椒をふり、絹さやをトッピングする


b0347858_22165332.jpg


トマトの酸味がポイントでさっぱりとします。
これなら野菜もタンパク質も摂れて
糖質だらけとは言わないかなー。




[PR]
by coucouatable | 2017-06-06 08:00 | 料理 | Comments(0)