話題の築地。
いよいよ豊洲に移転ですね・・。

築地のおむすびや「やのや」のりっちゃんに
築地場内を案内してもらいました。
遅ればせながら・・初場内!!

まるでタイムスリップしたような気分。
昭和の空気がいっぱい、
昔懐かしいような
迫力ある光景にしばし圧倒された場内でした。

b0347858_23125466.jpg


りっちゃん御用達のマグロやさん
みんなでマグロをシェア。
「いいよ2000円で!」って。
こんなにたくさんのマグロ♡
今夜はマグロ祭りだあ〜♪

b0347858_23125576.jpg

社長さんと一緒に記念撮影♪


アワビもゲットして、
場外へー。

場外は場内と違って、一般客向け。
小分けに陳列してあって、
やっぱり落ち着く・・(笑)
でも場内よりは割高ですよ。


ここでもたくさんのお初を経験しました。

例えば
コリンキーの漬物

b0347858_23125512.jpg


コリコリの食感がたまりません


しらすソフト

塩気のあるソフトクリームでした
ここの日本酒ソフトがめちゃ好みでした♡

b0347858_23125621.jpg


添加物なしの魚肉ソーセージ
b0347858_23125753.jpg


これは珍しい


などなど。
今回も保冷バックぱんぱんにして終わりました。



そしてお昼ご飯は銀座の「金のダイニング」
海鮮丼を注文。
ウニ・いくら、その下にはマグロやカニや白身が隠れてる・・

b0347858_23125778.jpg


そして最後にお茶漬けも楽しめる♪
お出汁がきいて、これまた美味しかったー!!
(茶漬けはビジュアル的に美しくなかったため写真なしです・・)



帰ってからの夕飯は、
我が家で「築地御膳」です。
築地で買ったお漬物にマグロにアワビ
コリンキーの漬物も。

b0347858_23125883.jpg

マグロも半分はサイコロに刻んでねぎ・生姜とヅケにしましたー。


アワビは半分刺身に半分バターソテーに。

b0347858_23125964.jpg


こうして食べ方を変えると飽きないですよ、
たくさん美味しく食べられます!


そして忘れちゃいけない
やのやのおにぎりも!
魚沼産コシヒカリのおにぎり、
もっちりめちゃ旨ですよ♪

b0347858_23125930.jpg



築地は日本の誇るべき台所です。
こんな素敵な、昔ながらの空間は、
今やなかなかないな・・と思ったら、
移転してしまうのが残念です。

でも今後どんな風に築地が残されていくのかな・・
期待したいと思います。



[PR]
# by coucouatable | 2017-06-27 08:00 | お出かけ | Comments(0)
トマトは日本では生食で食べられることが多いですが、
火を入れてもとても美味しい食材です。
火を入れると、トマトの風味や甘みが増します。

私がよく作るのは・・
鍋にトマト!生姜焼きにトマト!など。
美味しいですよ♪
肉の油っぽさに、
トマトの甘酸っぱさが加わって、
爽やかになります。


今日は、栃木産の桃太郎で炊き込みご飯を作りました。

b0347858_15540008.jpg


レシピは簡単!
イタリアン風に仕上げました。


トマトとツナの炊き込みご飯

●材料(4人前)
米 2合
トマト(大) 1個
ツナ缶ノンオイル(小) 1缶

昆布出汁または水 適量
酒 大さじ1
醤油 小さじ1
塩 小さじ1/2

(トッピング)
粉チーズ 適量
バジル 適量

●作り方
1、米は研いでザルにあげ30分置く
2、トマトは湯むきし、4等分に切る
3、炊飯釜に1、2、ツナ(汁ごと)、昆布出汁、酒、醤油、塩を入れ、目盛りよりやや少なめに調整し、炊飯ボタンを押す
4、炊けたら、トマトを崩しながら混ぜる
5、茶碗にもり、粉チーズとバジルをトッピングする


b0347858_15540162.jpg
トマトから水分が出るため、水分は少なめで調整します。





b0347858_15540255.jpg


手軽に、美味しいイタリアン風の炊き込みご飯の出来上がりです♪




[PR]
# by coucouatable | 2017-06-25 15:59 | 料理 | Comments(0)
梅雨の合間の休日に、
神奈川県のうるしやファームさんへ
お友達家族を誘って、
玉ねぎの収穫のお手伝いに行きました。


b0347858_22592754.jpg
玉ねぎ畑で記念撮影!



小田原市下中の玉ねぎ畑。
観光農園ではありません、ガチです!


畑に着くと、まず、「どこが玉ねぎ畑?」
と思ってしまったほど、
畑は荒れた感じ。笑
畑に青々とした玉ねぎの葉が見えません。

でも、このシートの下に玉ねぎがいるんですー!

b0347858_22592849.jpg


この畑では、葉が枯れるまで、
土の中で玉ねぎを熟成させていました。

長い時間をかけて、ゆっくり育てた玉ねぎは
甘くて美味しいんですって!
なるほど・・。

生でかじらせていただきましたが、
あま〜い!びっくりするような甘さです。


こんなキュートなパッケージで出荷されています

b0347858_23132933.jpg


収穫のお手伝いは
まず、枯れた葉を切り、

b0347858_22592909.jpg


ビニールシートを剥がし、

b0347858_22593099.jpg


玉ねぎを抜いて、根っこを切り、裏返しし、根っこを乾燥させる

b0347858_22593142.jpg


という作業でした。

単純作業は燃えます(笑)
お喋りしつつも手は動いてますよー。
小学生のお子ちゃまも頑張ってくれました。


総勢9名でお邪魔しましたが、
マンパワーって素晴らしいです。

あっという間に長い畝一列が終わります。
時間を測って、目標タイムを設定したり、
この作業をもっと効率よくやるための方法を
考えたり・・・
人が集まるといろんなアイディアが生まれます。


3列終わったー!

b0347858_23180558.jpg


畑仕事の合間に
お茶休憩やお昼ご飯も挟みました。

お昼ご飯は、農家のお母さんが作ってくれた
「玉ねぎのかき揚げそば」

玉ねぎのかき揚げが甘くて、美味しくて
感激!!
お母さん!ありがとう。

b0347858_22593250.jpg


そして、帰りに玉ねぎのお土産もたっぷりいただきました。
これから毎日食べて、血液さらさらですわ。
ありがとうございます!!


そして帰りに小田原牧場アイス工房へ。
イタリアンジェラートを。
甘夏ピールが甘酸っぱくて、とても美味しかったです。

b0347858_23132921.jpg

今日は、都会からほど近い田舎で
土をいじり、
清々しい1日になりました。


下中の新玉ねぎ、生で食べて見ましたが、本当に甘いんです!
新玉ねぎのレシピ、またご紹介したいと思います。





[PR]
# by coucouatable | 2017-06-22 23:25 | | Comments(0)
夏野菜の代名詞、トマト
今日は、栃木産のトマトが届きました。
ツヤツヤ輝いてる〜♪

b0347858_21150841.jpg

栃木県は、肥沃な土地と澄んだ水の恩恵で、
ハウスなどの施設によって
トマトが1年中栽培される一大生産地です。

今の時期のトマトは、
夏の日差しを浴びてみずみずしく大きく育っています。


今日のお料理教室では、
この栃木産のトマトで、
「トマトとオクラのスープ」を作りました。

その他は
・わかめとホタテのサラダ、人参ドレッシング
・緑黄色野菜のナムル
・ガパオライス


b0347858_21150977.jpg
初夏のメニューなだけに
彩り鮮やか!



b0347858_21150922.jpg
テーブルセッティングも終了!



トマトは生食だけでなく、火を通しても美味しく頂ける野菜。
火を通すことで、トマトの風味や甘みが増します。

オクラのとろみとトマトの旨みや酸味で、
これからの季節にぴったりのスープです。

作り方はとてもシンプル。
ここでご紹介します!


b0347858_21151027.jpg
トマトの甘みと酸味で爽やかに



トマトとオクラのスープ

●材料(4人前)
トマト 1個
オクラ 10本
昆布出汁 600cc
塩 小さじ1/2

●作り方
1、トマトは1cm角にざく切りにする
2、オクラはまな板の上で塩(分量外)をふって板ずりし、うぶ毛をとって、さっと茹でる
3、茹でたオクラは薄くスライスする
4、鍋に3を入れ、木べらでくるくる回しながら、昆布出汁を少し入れ、とろみがついたら少しずつ昆布出汁を足していく
5、とろみがついたスープができたら、1を入れ、一煮立ちさせ、塩で味を整える


生徒の皆さんと。

b0347858_21151132.jpg

今日はお土産に
栃木のトマトをお持ち帰りいただきました。


トマトは、生でも、火を入れても、使える万能野菜です。
毎日の食卓にぜひ取り入れてくださいー。
栃木産、とても美味しいですよ♪










[PR]
# by coucouatable | 2017-06-20 21:52 | 料理教室 | Comments(0)
梅のシーズンです!
今年もありがたいことに、友人のお庭の梅を頂きました。
青い梅と完熟梅の2種類。

b0347858_19201732.jpg


毎年、青い梅で梅酢シロップと梅酒を作ります。
今年も黒酢と氷砂糖を入れて梅酢シロップを、
ブランデーと氷砂糖を入れて梅酒を作りました。
(レシピは以前のブログにて)

b0347858_19201874.jpg



そして、しまいこんでいた去年の梅酒を出してみると・・
そうでした!去年はラム酒で梅をつけていました。
お初です、味見、味見。

b0347858_19201938.jpg



飲んでみると、ふわ〜とラムの香りが広がり、
スッキリ美味しい!
めちゃ美味しい!

b0347858_19201900.jpg


ホワイトリカーで作るより、ずっと深みがあります。
これは大正解でした♡
飲み過ぎに注意です。


あんまり美味しかったので、
料理教室の生徒さんにも、自慢して(笑)
お出ししてみると・・
大人気です!
「今年はラム酒で漬けよう!」と帰って行きましたー。

b0347858_19202028.jpg
せっかく作る梅酒作り、
アルコール度の高いお酒で、
美味しいお酒でつけることをオススメします♪


そして、完熟梅は、梅ジャムにしました。
こちらも甘みと酸味が共存していて、
とっても美味しく完成しました。
甘酸っぱい香りがたまりません。

b0347858_19202106.jpg
空き瓶に詰めたら、
まるでお店のものみたいです・・



ヨーグルトに、このジャムをトッピングして食べたら、爽やか。
クラッカーにチーズと梅ジャムトッピングもおしゃれです。


季節を感じる食材で、
保存食など手作りした日は、
とても気持ちよく、穏やかな日になります。


来年になって、今年の梅酒はどんなお味か、楽しみです。






[PR]
# by coucouatable | 2017-06-16 19:23 | 料理 | Comments(0)