大阪・京都の旅、最終日です。

朝から比叡山に向かいました。
京都市内から車で約1時間。
山を上った所に巨大なお寺群が現れました。

b0347858_18073783.jpg
根本中堂、雪をかぶって幻想的です

こんな山奥によく建てました、
昔のお寺の権力はどれだけのものだったのでしょう・・。
辺りは雪が残り、中のお堂も独特の造りになっていて、
お堂はお坊さんのお経が響き、神秘的な趣きがありました。


比叡山詣での後、お昼ごはん・・京都といえばー湯豆腐です。
自家製のお豆腐を出してくれる有名店の
「奥丹 清水店」に行きました。
b0347858_21405134.jpg

店構えもお部屋も純和風。
障子の間に入ったガラス窓から、お庭が眺められ、
昔ながらの日本の風景を感じ、どこか懐かしい気持ちになりました。
b0347858_18094163.jpg
こういうお部屋でお食事は落ち着きます



お豆腐は2種類ありましたので、両方を頼んでみました。
b0347858_18090676.jpg
「おきまり」はさらっと滑らかで食べやすかったです。
「昔どうふ」は、固めで、噛むごとに味わい深い感じがしましたが
正直、豆の味まではよく分かりませんでした(泣)
でも美味しかったことは間違いなしですよ(笑)

湯豆腐の他に、ごま豆腐、山椒の味噌の田楽(もちっとしたお豆腐にみそが乗っていました)、野菜の天ぷら、とろろ汁とご飯、香の物が付いていました
これだけついていましたので、満腹でした〜。
b0347858_18101981.jpg
最後に「おきまり」の入ったお出汁を飲んでみると、まろやか!
そば湯に似た風合いで、身体が温まりました♫


今は観光オフシーズンですが、清水寺周辺は観光客で賑わっていました。
清水寺は修学旅行以来ですが・・いつ見てもダイナミックな造りに感動します。
舞台に立って眺める風景も壮大ですし、下から眺めても、組み上げられているその土台も威厳があって素晴らしい!と感動します。

お寺に向かう途中の二年坂、三年坂はお洒落なお店が点在し、
歩いていてとても楽しいです♫
人気スポットのわけですね。
b0347858_18112494.jpg

そして清水寺に向かう参道でお土産に「生八つ橋」を購入。
八つ橋屋西尾為忠商店」の添加物や保存料を入れていない
こだわりの「生八つ橋」です。
売り子のお兄さんが日本語、中国語、関西弁まで自在に使って客引きしています。
すごいなぁ。
b0347858_18115397.jpg
b0347858_18143059.jpg
お店の奥で作っています

試食してみると、お餅がしっかりとした食感があり、美味しい!
種類も栗が入ったもの、桜の葉が入ったもの、つぶあん、抹茶あん・・いろいろな種類がありました。
ここの特徴は、ニッキが強くないことで、とても食べやすいです。
そして形も長方形で、軽く中身を包んであり、まさにそこで包んでくれたものを売っています。
このご時世で、機械に頼らずこうして手間ひまかけて販売しているお店、貴重です!


みたらし団子もつまみました♫
「梅園」のお団子です。
温かいものを持たせてくれるんですね、感激しました。
こちらもしっかりお餅の食感があり、たれは甘味が抑えめでさらっとしていました。
色は黒いー砂糖の種類なのかな??
東京で食べるみたらし団子とはちょっと違う味、大人の味がしました。
b0347858_18122877.jpg


そして清水焼の手びねり体験をしました。
私は大皿にチャレンジ!
大皿のイメージは前菜を季節のお花と一緒に盛りつけられるような皿。
妄想は膨らみます(笑)
あーしてみようか、こーしてみようかと悩みながら形を作りました。
お気に入りを作りたい・・もう本気ですよ(笑)
色はピンクを選びました。
折角のオリジナル作品ですから、持ってない感じに仕上げたくて・・。
b0347858_21401095.jpg
左下の写真は完成した大皿です。
最後に周りを内側に丸めるのですが、指に力が入りすぎ、あ〜指の形がくっきり(泣)
これもご愛嬌ってことで・・・
右上は娘が作ったお茶碗。意外に上手でビックリでした。

焼き上がるまでに1ヶ月以上かかるようです。
宅急便で届きますが、さてどんな出来栄えでしょうか。
イメージ通り、使える代物だといいですー♫

家族全員でこんな体験も旅の思い出になりますし、あーだこーだ言いながら作るのも
楽しいものです。



夕方、「金閣寺」に行きました。
ちょうど夕日に照らされて、黄金色がさらにきらっと輝いていました。
池に映る風景が美しいです。
ついつい派手な建物に目がいきがちですが、お庭も素晴らしいお寺です。
b0347858_21470784.jpg

2泊3日の旅行でしたが、十分満喫しました。
関西へは20年ぶりに行きましたが、
あの頃(特に修学旅行では)感じなかったこと、いろいろありました。
ただ美味しいもの食べ歩いてただけじゃありませんよ(笑)

あちらこちらで垣間見れた日本特有の芸術や文化の気高さ、
その美は世界に誇るべきものとつくづく実感した旅でした。













[PR]
# by coucouatable | 2015-02-08 20:06 | 旅行 | Comments(0)
USJで遊んだ翌日は大阪から京都に移動です。
移動の途中で梅田で途中下車し、「お好み焼き」を食べました。

関西の友人に聞いたおすすめのお好み焼き屋さんの一つ「きじ 本店」目指して。
驚くことに開店前から行列が・・サラリーマンもいました。
お店は新梅田食堂街という高架脇の古い食堂街にあり、店内は狭く、窓もなく、薄暗い中にオレンジの明かりがともるような、昔ながらのお店。
今や新しく綺麗なお店が並んでいる世の中で、こういう昭和を感じる食堂街はとても珍しいですね。
嫌な人は嫌かもしれません・・、私はこの雰囲気を味わえて、テンションが上がりましたけど。

b0347858_22014754.jpg
10人以上の列が出来ていましたよ


開店と同時にぎりぎり席に座れて、
人気の「モダン焼き」の他「豚肉のお好み焼き」「牛すじとねぎのお好み焼き」「こんにゃくとちくわのお好み焼き」を注文しました。
b0347858_22022284.jpg
手前がお好み焼き、奥がモダン焼きを焼いています



お好み焼きはじっくり弱火で蒸し上げます。
焼き上がるまで時間がかかります。
b0347858_22060690.jpg
手前はミックス、その後ろがこんにゃく・ちくわ、右はじが牛すじ・ねぎ


b0347858_10033962.jpg
完成〜!


お味は、油っぽくなく、あっさりしていました。
大葉が入っているのも、さっぱりした味にしています。
表面がかりっと焼けて、中はしっとりもっちりです。
注文した中で、弾力のあるこんにゃくともっちりした生地の組合わせが好みでした♪
この組み合わせ、うちでもまねしてみまーす♪


家族の評価は「モダン焼き」がダントツでした。
b0347858_22002231.jpg

もっちりした麺に濃厚な甘いソースがからみ合って、卵と相性ばっちりでした。
こちらの「モダン焼き」は焼きそばを卵でくるむ形、オムやきそば風。

鉄板で焼いた熱い焼きそばを卵を割ったボールに入れ軽く混ぜ、
そのままま鉄板に流して焼き、ひっくり返すんです。
こういう作り方なんですね・・これも面白い、作ってみたい♪です。


ご主人がお好み焼きを焼きながら、ぽそりぽそりと話しかけてくれました。
ここでもご主人が関西人ならではのおもしろトークで笑わせます。
こんな風に人を楽しませるサービス精神、見習いたい〜☆



「きじ 本店」のお好み焼きに大満足して京都へ向かいました。

この日は2月3日、「節分祭」が各地で行われていました。
八坂神社へ向かい、「節分祭」を見学しました。
最初に舞妓さんの踊りの奉納がありました。

b0347858_22220776.jpg
綺麗な舞妓さん達が優雅に舞います


その後、豆がまかれました。
人の群れがずずっと前に流れ込み、みんな手を伸ばしますー。
豪腕投手が投げるわけではありませんので、後ろの方までは飛んできません(悲)


b0347858_22094636.jpg


旦那さんがなんとか一つキャッチしてくれました。
今年1年の無病息災を祈願しつつ、みんなで豆をつまみました。
b0347858_22114735.jpg



その他、京都国立博物館(仏像、襖絵、陶器・・・見応えのある常設展でした)
錦市場、新京極などを見学しました。
錦市場ではお決まりの「漬け物」や「豆菓子」をお土産に購入です。

b0347858_22160073.jpg
錦市場はぶらぶらするのに最適です

b0347858_22165542.jpg
お土産にいいですね、豆菓子とかわいいパッケージ



観光の最中に、タクシーの運転手さんに、美味しいお茶が飲みたいというリクエストをしたところ、「とらや」に連れて行ってもらいました。
昔は京都に本店があったそうですよ。
洗練された気品漂う店構えで、お抹茶はまろやかで美味しかったです。
もちろん、お饅頭(温かいんです)や安倍川餅(これも温かい)やくずきりなど
美味しかったです。

b0347858_22224532.jpg
b0347858_22180798.jpg
綺麗なうす緑色でした



食べてばかりですが・・さて夕ご飯です。
友人からおすすめされた天ぷらの店「圓堂」(えんどう)に。
店構えからして、あかりも灯り日本情緒たっぷり、気分は上がります。
b0347858_22184679.jpg


席はカウンターでしたので、
目の前で揚げてもらいながら食べれるなんて♡うきうきです。
「海老パン」「とうもろこし」「えび」「しいたけ」「大葉ときす」「わかさぎと京人参」「ねぎ」「かきあげ」・・食べましたよー。
衣が天ぷらとは思えないぐらい薄く、かりっと揚がっていました。
一口食べると、素材の香りがぷ〜んと香り、美味しかったです♫
揚げることによって、素材の味が引き立つようなお料理で感激でした。

b0347858_22190721.jpg

旅行に出てから毎度のことですが、食べ過ぎていましたので、正直天ぷらはキツイ・・と思っていましたが、ここの天ぷらはさらっとしていて、もたれません。
いくつでも食べられそうな程です。
お値段もなかなかですが、あの雰囲気とお味や立地を加味すれば納得かな・・。


お食事はカウンターで板前さんが目の前。
こんな機会そうそうありませんから、
あれこれ料理のことを質問攻めにしました(笑)

b0347858_22230959.jpg
揚げ油の種類は「綿実油」との話。
精製されたくせのない油で、天ぷらに向いている油だそうです。
関東でごま油を使ったものとは全然違いますね。
ちなみに関東の天ぷらは衣が厚く、関西は薄いのだそうです。
ごま油が入った油で揚げれば色も濃くなります。

「家庭で天ぷらを揚げるのは難しい」という話もしました。
板前さん曰く、さつまいもなどは低温でじっくり揚げて美味しいのですが、
えびなどは高温で短時間で揚げるのがこつで、温度を200度くらいまで上げるそう。
そんな温度調節が家庭では難しいので、なかなか上手に揚がらないのでは・・とおっしゃっていました。

また、「たくさんの油で揚げるのが美味しい」というのは、
たくさんの油で揚げた方が油の温度の変化が少ないからだそうです。

なるほど〜。勉強になりました。


大阪、京都と長い1日でしたが、天ぷらの美味しさに感動して終わりました〜。











[PR]
# by coucouatable | 2015-02-07 09:43 | 旅行 | Comments(0)
子どもの学校の試験休みを利用して、大阪・京都に旅行しました。
当初の目的はUSJでしたが、行ってみたら、
いつのまにか「あれ食べよーこれ食べよー」・・と食い道楽の旅に変わり、
「何が一番楽しかった?」との問いにも、「USJ」でもなく「神社・仏閣」でもなく
「美味しかった話」ばかりとなりました(笑)

b0347858_14172418.jpg
大阪では本場のたこ焼きが一番でした〜☆



初日は東京からUSJに直行です。
b0347858_14122883.jpg
開園時間は10時と意外とゆっくりなんですね。
驚くことに閉園は18時。早い!
平日にも関わらずお客さん沢山でした。
ハリーポッターのエリアはとても混雑です。
あたりの森や建物は映画の再現かのごとく、音楽の相乗効果で映画の世界さながら、
雰囲気がよく出ていました。

b0347858_14132069.jpg
ちょうど入場した時間が混雑のピークだったようで、
ハリポタのアトラクションの待ち時間は200分
泣く泣く断念しました。
何しに行ったんでしょ??
そもそもエクスプレスパス(優先入場できるチケット)を購入して行かなかったのが大きなミスですね(下調べ不足もいいところです)

その他のアトラクションは20分から60分待ちぐらいで乗れましたので、
ハリポタに乗れなかった以外は満足でした。
乗ったアトラクションについては、
スリルや映像の美しさという点で今一歩迫力に欠けるかな・・。



帰り道は、USJのそばにある「たこ焼きミュージアム」に寄りました♫
b0347858_14143166.jpg
入れ替わり立ち替わりお客さんがさくっと食べていきます


「たこ焼き」、食べて感動☆☆☆でした。
本場は全然違います!
中がとろとろなんですね、一口食べると、中身がとろ〜っと流れ出て来る感じです。
たこも大きく存在感があります。
東京でお祭りの屋台か自宅でしか食べたことなかったので・・
あれは別物だったんだと実感しました。
あんまり美味しかったので、5つある全部のお店をまわって食べ比べしました(笑)
ソースの甘味も店によって違います。
中身のとろとろ加減やこってり具合、外の焼き具合や大きさ・具もいろいろでしたが
どこも美味しかったですー。
b0347858_14145647.jpg
右下は「牛すじ入りのたこ焼き」で、ソースはつけずにそのままで。
皮が香ばしくて、なかなか♫です。お酒のおつまみにもなりそう。

右上は「明石焼」が入っているセット
おたふくソース以外にも塩やポン酢や醤油で食べさせてくれます。
それでもやっぱりおたふくソースが一番しっくりきました。


夜はよしもとのお笑い「なんばグランド花月」へ。
その場にいるお客さんのためにしてくれる漫才は、
テレビで観るものとは違いますね。
場内のお客さんとの一体感が生まれた時の楽しさは格別な感じがしましたよ。
息子は「ジャルジャル」の漫才がつぼにはまり、笑いすぎて泣いてました(笑)
b0347858_14153810.jpg
灘波のあたりは、飲食店がいっぱいです。
「焼き鳥」「ホルモン焼き」「てっちり鍋」「立ち飲みや」・・たくさんあります。
そそられます〜小腹も減ったので、お客さんが沢山入っているお店を選んで、
「焼き鳥屋」と「うどん屋」のはしごをしました。

b0347858_14205309.jpg

焼き鳥屋さんは、
店に入ると、火事かと思う程、炭焼きの煙もくもくで、
それでもお客さんは平気なんですね、大阪ならでは・・だと思いました。
そして注文すると、どんどん出て来ます、早い!これも大阪ならではです。
焼き鳥も2本で100円でした。
ぶよぶよした鳥とは違いますよ、おいしい焼き鳥で安い〜魅力です♡
これも大阪ならではないですかー

関西人がよく東京のお店は気取ってる・・と言われますが、
こういうお店にいると、その発言の意味が分かります。

b0347858_14160654.jpg
ねぎまやアスパラベーコンやつくね手羽先など・・


次のうどん屋さんでは「カレーうどん」「卵とじうどん」を食べました。
ご主人が軽くジョークを飛ばして、私たちを楽しませてくれるのも
大阪ならでは・・でした♪
b0347858_14162950.jpg
b0347858_09440458.jpg
〆はごはんに生卵。辛かったカレーがマイルドに変身



お腹もいっぱいになり、
帰りのタクシーでUSJのホテル名を告げると
あっさり「そこ知りまへん」と!(驚)
「近くに何があるか言ってくれー」と言われたのにも
これも関西人だなーと思いました。









[PR]
# by coucouatable | 2015-02-06 09:56 | 旅行 | Comments(0)
以前ブログでも紹介しましたが、
「お家で余った食材を持ち寄り、美味しい料理に変身させる」
「蒸しリンゴとゆで小豆と半生の干し芋」をのせたバケットが
甘味と酸味のバランスがよく、忘れられない美味しさ♡だったので、
早速おやつにトライしてみました♫

b0347858_22534412.jpg
ゆで小豆と蒸しリンゴのコラボって素晴らしいです



蒸しリンゴは厚手の鍋に少し水を入れ、リンゴ丸ごと
弱火で、蓋をしてことこと煮るだけです。
時間は1時間ぐらい煮ました。
砂糖もバターも何も入れません。
柔らかくなったら、皮としんを取り除き、カットしました。
砂糖が入ってないとは思えない甘味があり、ほのかな酸味もたまりませーん。

ゆで小豆は、あずきを洗い、あずきの量の4倍の水で弱火で50分位煮ます。
途中水が減ってきたら差し水して下さい。
そしてゆで汁をとり、鍋に残った小豆に少しの塩とお好みの量の砂糖を加えて、
煮からめました。
手作りゆで小豆は、市販のものよりずっとさらっと出来上がり、
ばくばく食べられちゃいますよ。



折角小豆を煮たので、そのゆで汁とゆでた小豆を利用して、お赤飯を作りました。
もっちもちの美味しいお赤飯が出来上がりました〜。

b0347858_22552431.jpg
今日は和食、こんなご飯が一番です



もっちもちのお赤飯

●材料
もち米 2合
白米 1合
小豆 適量

トッピング
ごま塩

●作り方
1、小豆を洗い、小豆の4倍の量の水で弱火で50分位煮る
途中水が減ってきたら差し水する
2、煮えた小豆と煮汁をわけ、煮汁を冷ます
3、もち米と白米を洗いざるにあげ30分ぐらいおく
4、炊飯器に3と煮汁を入れ、水が足りない場合は足し、ゆでた小豆を入れ、炊く
5、茶碗にもりつけ、ごま塩をふる


豆を家で煮るって、とても面倒に考えていましたが、
弱火でことこと煮るだけ、お手軽です。
そしてヘルシーで身体にやさしいことが何よりですね。






[PR]
# by coucouatable | 2015-02-05 11:16 | 料理 | Comments(0)
冬のメニューお料理教室が始まりました。

玄関の飾り付けや洗面台は季節感のあるものに、
テーブルの飾り付けもイメージチェンジです。
b0347858_10501500.jpg
テーブルはブルーを基調に


b0347858_10523992.jpg
お花屋さんで椿の花を見つけました


b0347858_10544664.jpg
洗面台はお正月の名残です、まだまだいけますよね・・



今回の教室は「冬に温まるレシピを!」とお鍋料理を一品入れた4品のご紹介です。
いつもはダイニングで試食ですが、今回は和室の掘りごたつ使用します。

こたつは一度入ると、もう抜け出せません・・動きが緩慢になるというとても危険なアイテムですが、
今日はこたつで温まって、美味しいお料理を食べて、のんびりいきましょう(笑)
b0347858_10565407.jpg
ほとんど宴会モード・・



4品のレシピの紹介の他に、
食用油について、資料をもとに油の選び方のアドバイス
しました。
最近ココナッツオイルがブームになっていたり、
亜麻仁油をよくスーパーで見かけるようになっていますが、
一体どんなオイルが身体にいいのか・・分かりにくくありませんか?
そんな分かりにくい部分を生活者の目線でまとめました♫


お料理の方は、毎度のことですが、皆さんの際立つ手際の良さで、無事おいしいお料理が完成しました♫
旬の食材で、手軽に作れるメニューです。
普段のおうちごはんでも、おもてなし料理にもなるようなお料理です。

こたつで温まりながら、おしゃべりに花を咲かせ、今日も楽しく終了致しました。
悪天候の中、来て下さり、感謝♡です。
ここで紹介したお料理や健康に関する情報が、各ご家庭で活用してもらえれば
嬉しい限りです。
これからも来て頂いた生徒さんに満足頂けるよう、心をこめて〜頑張ります。










[PR]
# by coucouatable | 2015-01-31 11:24 | 料理 | Comments(0)