人で混み合わない海岸ほど贅沢なものはありません。
季節外れの海散歩、大好きです。
b0347858_15522861.jpg
先日、姉が住む茅ヶ崎の新居に両親が田舎からやって来るというので
茅ヶ崎まで出かけました。
ずっと東京住まいだった姉家族でしたが、新居選びでいろいろ悩んだ末、
スローライフを送れる湘南を選びました。
やんちゃ盛りの子どもは、学校でも毎日広いグランドを駆け回り、
時間があれば、砂浜で外遊びや海遊び。
真っ黒に日焼けして、すっかり湘南ボーイになりました
ストレスから体調を崩すことが多かった姉夫婦も、自然に癒され
心地よく暮らしています。

東京から乗った電車を降りて、海の香りがする風に当たった時、
これまでの空気と違うものを感じます。
なんでしょう、その感覚、ふっと心が緩む感覚。
自然に取り込まれてモードが変わる不思議な感覚。
湘南が愛され続けている理由がなんとなく分かります。

夕方、ハルを連れて海岸まで散歩しました。
秋の日の夕日が沈む時間帯に、広い海岸をハルと独り占めしました。
ボールを追いかけてはしゃぐハルを見ていると、幸せな気持ちになります。
澄み渡る素晴らしい景色を見せてもらえて、胸いっぱい新鮮な空気をすって・・
こんな贅沢はありませんね。
b0347858_15533254.jpg



母がこのブログをとても楽しみにしてくれています。
夕飯はここに載っているお料理が食べたい♪というリクエストに応えて
何品か用意して行きました。
「かきのアヒージョ」「椎茸のガーリック焼き」「にんじんとフェンネルのシークワーサーサラダ」「砂肝のマリネ」「長ネギのマリネ」です。
b0347858_15544184.jpg

前日までに作り置きしておきましたので、自動的に子ども達のお弁当は
シャレたお弁当になりました(笑)
b0347858_18141192.jpg



夕食では姉の砂肝のハーブ揚げも並び豪華な食卓になりました。
父も母も「お洒落だねえ、美味しいねえ・・」と言って、たくさん食べてくれました。
ちょっと親孝行した気分になりました(笑)

b0347858_15552899.jpg


さてさて時間は戻りますが、昼間は
折角茅ヶ崎まで来てもらったので、「湘南観光に行こう!」と
江ノ島までドライブしました。
江ノ島といえば・・しらすですね〜べたな観光してきました。
行列の出来る江ノ島の人気店「とびっちょ」で生しらすを頂きました。
平日なのに行列が出来ていました。
30分位待って入店、お店おすすめの「とびっちょ丼」を頼みました。
生しらす生桜えびがさらっとしていて食べやすく、とても美味しかったです。
その他、まぐろ、白身、サーモン、あなご、まぐろのたたき、生えび、しらす入り卵焼きとボリューム満点でした。
b0347858_15555302.jpg
お腹はいっぱいなものの、デザートは別腹です☆ー
こちらも行列の出来るパンケーキ屋さんに寄りました。
ハワイの明るい雰囲気漂う「Eggs'n Things」
タワーのようなびっくりするぐらいの生クリームに圧倒されました。
とても食べきれないわ・・と最初は引き気味でしたが、
食べてみると、生クリームの甘味は控えめでふわふわでした。
パンケーキには3種類のシロップ(メープル、ココナッツ、グアバ)
用意されていて、シロップをつけて生クリームと一緒に食べました。
このココナッツシロップがとても香りが良く、生クリームがコクを引き出し、
相性抜群でした。
パンケーキの方も、もっちもちで、塩味がきいているところが
なるほど!この山盛り生クリームとのコラボレーションを成功させているんだ!と
納得でした。
b0347858_15561506.jpg

そして最後に、茅ヶ崎にある「こなひき洞」のパンをお土産に買いました。
こちらも美味しくて、安全で高品質の人気店です。
アンティークな店構えもとても素敵です。
明日の朝食用に「食パン」と「京抹茶パン」を買いました。
b0347858_15563438.jpg

1日で随分と遊び倒した感じです。
両親が元気でいてくれるお陰で、こんな楽しいプチ旅行ができました。
ありがとう。まだまだ長生きして下さいね。という気持ちです。










[PR]
# by coucouatable | 2014-11-20 10:16 | 料理 | Comments(0)
年に2回、野菜ソムリエ便として季節の野菜が届きます。
今回のテーマ野菜は「にんじん」
向陽人参(埼玉産)、ベータリッチ人参(青森産)、金美人参(青森産)
の3種類が届きました。
b0347858_16140525.jpg
まずは、味の違いを食べ比べ!・・生で試食です。

「向陽人参」は人参らしい風味がして、昔ながらの味の濃い人参。
「ベータリッチ」は人参特有の臭みも少なく甘くまったりとして、
色は濃いオレンジ色でひときわ鮮やか。
「金美人参」は人参特有の臭みがなく、食感がコリコリと良く、色は華やかな黄色
向陽人参は和風の煮物に最適かな。
ベータリッチはサラダや煮物、ジュースなど万能。
金美人参はサラダや炒め物がいいかな・・と自分なりに考えましたよ。

生でずっと試食は、私はいけますが、家族的にはキツイので(笑)
デップを用意しました。
b0347858_16155017.jpg
デップのレシピは簡単です。
マヨネーズ・にんにく(すりおろし)・ナンプラー・アンチョビペースト・タバスコ
を混ぜました。
スティックサラダは、目でも楽しみながら、いろいろな野菜を食べられる楽しみがあります。

さてさて・・折角人参の食べ比べが出来たので、
特徴を生かしたお料理にしてみました♫

まずは我が家の定番の煮物。
「向陽にんじん」を使って料理しました。
冷蔵庫が人参だらけになった時(!?)必ず登場します。
これを作るとあっという間に人参を消費できます。
紅白で色どりも綺麗なので翌日のお弁当にも重宝です。

にんじんとはんぺんの煮物

●材料
にんじん 1/2本
はんぺん 1枚
白だし 大さじ1 ※塩分は調整して下さい
水 60cc
ごま油

●作り方
1、にんじん、はんぺんを拍子木切りにする
2、鍋にごま油を熱し、にんじんとはんぺんを軽く炒め、白だしと水を加え
弱火にして、にんじんが柔らかくなるまで煮る
※はんぺんが水分を吸います。焦がさないよう注意しながら煮て下さい。

b0347858_17494856.jpg


次は色の違いを生かして、2色のにんじんー金美人参とベータリッチで
サラダを作りました。
2色にんじんとフェンネルのシークワーサーサラダ
大人の味です、おもてなし料理に良いと思います。

フェンネルって野菜を知っていますか?
見た目はセロリのように株状になっていて、細かい緑の葉がついています。
くせのある独特の香りがしますが、よく噛むと甘みが口に広がります。

今回は珍しく生のシークワーサーが見つかったのでこれで作りましたが、
その他オレンジなどの柑橘系がおすすめです。
b0347858_16163276.jpg

2色にんじんとフェンネルのシークワーサーサラダ

●材料
にんじん2種類(ベータリッチ・金美人参)各1/2本
フェンネル 1茎

(ドレッシング)
シークワーサー果汁 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ1/3
粒こしょう 少々

●作り方
1にんじんは千切り、フェンネルは茎は千切り、葉は適当な大きさに切る
2ドレッシングの材料をあわせ、1にあえる



b0347858_17504893.jpg
翌日の朝食はお洒落にサンドウィッチにしてみました♫
左上は昨晩の残りもののおでんで、我ながらすごい組み合わせです(笑)


にんじんは秋から冬にかけてが旬です。
甘味や栄養成分からみても、とても美味しい時期です。
身近すぎてついつい脇役になりがちな野菜ですが、近年いろいろな品種が出ています。
お試ししてみるのも楽しいですよ♫





[PR]
# by coucouatable | 2014-11-15 18:07 | 料理 | Comments(0)
白いご飯は毎日食べても飽きませんが、
たまに玄米を混ぜたり、炊き込みご飯にしたりと変化をつけます
夕飯の支度となると・・ついつい惰性で手が動き、米をとぎ→浸して→炊飯!
の繰り返しになりがちですが、
ちょっと手をとめて、冷蔵庫にあるもので何か出来ないかと考える!
そうするだけで、食卓のバリエーションが増えます

ご飯を炊く時、白米に玄米黒豆を加えて炊くと、黒豆ごはんが出来ます。
お赤飯に似ているようでちょっと違う・・素朴なやさしいお味のごはん。
もっちりとしてとても美味しいです。
白米2合に玄米1合と黒豆を一緒に水でとぎ、水分は少し多めで長めに浸し、
炊飯器の玄米モードで炊きます。
夜お米をといで、朝タイマーで炊くのが常で、朝から黒豆ごはんに黒ごまとお塩を
ふりかければ、なんともヘルシーな1日の始まり♪になりますよ。

b0347858_20240929.jpg


料理教室では、いろいろなレシピを紹介してきましたが、
生徒さんのリピート率がとても高い人気の炊き込みご飯があります。
「さといもとじゃこの炊き込みご飯」です。
「今までさといもはあまり買わなかった・・」という生徒さんが割といます。
でもこのレシピで、「さといも食べるようになった〜」なんて聞きますと
とても嬉しくなります♫
b0347858_20250210.jpg

さといもとじゃこの炊き込みごはん

●材料
米 2合
さといも(中)4〜5個ぐらい
ちりめんじゃこ 大さじ4
塩 小さじ1/2
酒 大さじ2
味噌 大さじ1
出汁(かつお) 適量

●作り方
1、米はといでざるにあげる
2、里芋は皮を向き、大きめの一口大に切る
3、炊飯器に米を入れ、出汁、酒、塩を入れ水分調整し、
そこにちりめんじゃこ、里芋を入れる。
4、里芋に味噌をおくようにしてのせて、炊く
5、炊きあがったら、里芋がくずれすぎないように、一混ぜしてむらす
b0347858_20253460.jpg
b0347858_20263007.jpg
さといものおいしい季節です。
ねっとりとした食感のさといもに、みそやじゃこの風味が重なり、とても美味しいです。

さといもをむくと手がかゆくなる・・なんていう方は、さといもを酢水につけたり、
指に酢か塩をつけてむくことで、かゆみを和らげられます。



今、秋のメニューでお料理教室を開いています。
今日も次回の教室用にデザートのお菓子を焼きました。
「大人のスイートポテト」(作り方は以前に掲載)
b0347858_20282054.jpg
秋のお料理教室は、食事の試食が終わった後に、この「大人のスイートポテト」とお茶とおしゃべりで締めくくりです(笑)





[PR]
# by coucouatable | 2014-11-12 21:00 | 料理 | Comments(0)
日本はとても忙しいです。
色鮮やかなハロウィンが終わったら、街はクリスマス一色。
これからクリスマスに忘年会、大掃除、冬休み、
年が明ければすぐお正月に仕事初めに新年会・・・。
なんとなくそわそわして、せかされてる気持ちになるこの季節は、
なんとも落ち着きません(泣)
でも、友人同士集まって乾杯〜!なんて事が増えるのは嬉しいです〜☆

こんな季節に、飲んべえにはたまらない、ワインのおつまみです。
「かきのアヒージョ」、作り方は簡単!で、保存もききますから、
作っておくとちょっとした一品になり、食卓が贅沢になりますよ。
白ワインが進んでしまいます。
b0347858_14240941.jpg

かきのアヒージョ
●材料
かき 150g
オイスターソース 小さじ2
にんにく 2かけ
鷹の爪 1本
オリーブオイル 100cc

●作り方
1、かきは塩水で洗い汚れを落とし、水気を切り、
フライパンで水分がでなくなるまでしばらくから煎りする。
水分がなくなったら最後にオイスターソースをからめる
2、別の鍋にオリーブオイル、にんにくと鷹の爪を入れ熱し、
香りが出てきたら、熱いまま1に入れ、かきに浸す

保存していると、翌日、翌々日と味が深まり、
かきもふっくらしてきて美味しさが増します。
保存する場合は、かきがオリーブオイルにしっかり浸った状態で
冷蔵保存して下さいね。
b0347858_14244785.jpg
b0347858_14240941.jpg

そして椎茸のガーリックグリル
これも簡単に作れるのに、おもてなし料理に出したら
もう上級者です♪
b0347858_14224444.jpg

椎茸のガーリックグリル
●材料
椎茸 8個

[ガーリックバター]
バター 25g
エシャレット(みじん切り) 1本
にんにく(みじん切り) 1/2かけ
パセリ(みじん切り) 大さじ1/2
粉チーズ 大さじ1
塩・こしょう 少々
白ワイン 少々

パン粉 少々

●作り方
1、椎茸はじくを切る
2、溶かしたバターにその他の材料を加え、ガーリックバターを作る
3、椎茸に2を詰めてパン粉をふりかけ、オーブントースター(200℃)で
8分くらい焼く
b0347858_14221757.jpg
b0347858_14231558.jpg
クリスマスパーティーに忘年会・・・楽しみになってきました♪

[PR]
# by coucouatable | 2014-11-09 12:03 | おつまみ | Comments(0)

作り置きのお弁当レシピ

早起きはいつになっても慣れません(悲)
子どものお弁当作りは、「これぞ子育て」という醍醐味を
味わう幸せ♪があるけれど・・
早起きして毎日延々と続くこの日課にうんざりもします。

前日や前々日に作り置きしておけば、朝起きて慌てることなく
済みますよね〜。
私は断然作り置き派です。

作り置きできる美味しいお弁当レシピです。
海老のガーリックマリネです。
b0347858_16071887.jpg

海老のガーリックマリネ

●材料
むきえび 200g
白ワイン 大さじ2(下ゆで用)
塩 少々(下ゆで用)
[マリネ液]
にんにく(薄くスライス) 2かけ
レモン汁 1/2個分 
塩 小さじ1/4
オリーブオイル 大さじ4

●作り方
1むきえびは下処理をして、鍋に湯を沸かし、塩と白ワインを加えゆでる
2マリネ液に1をつける



そしてズッキーニやにんじん、エリンギを使ったナムルです。

b0347858_16075714.jpg

彩り野菜のナムル〜ズッキーニ、にんじん、エリンギ

●材料
ズッキーニ  5cm
にんじん 5cm
塩(塩もみ用) 少々
エリンギ 1本

(たれ)
小ねぎ(みじん切り) 大さじ1
醤油 小さじ1
塩 少々
ごま油 小さじ1

●作り方
1ズッキーニ、にんじんは繊維にそって細く切り、塩を振りしばらくおき、
しんなりしたらかるくしぼる
2エリンギも同じように細く切り、さっと茹で、水気をしぼる
3たれに1と2をからめる



朝詰め合わせただけのお弁当です。
以前ここで紹介した「バジルペースト」を和えた蒸しささみと
「さつまいもボール」を入れました。
これも作り置きしたものです。

b0347858_21001431.jpg


高校生男子にはあとお肉、生姜焼きを追加です・・。これだけ朝焼きました。

b0347858_21004162.jpg

長かったけれど、あと数年で終わるお弁当生活
「大変だったけど、充実の時間だったな。」と思えるよう
お弁当作り、楽しもうと思います。



[PR]
# by coucouatable | 2014-11-05 22:32 | お弁当 | Comments(0)