世田谷から車をとばして1時間もすれば葉山に着きます。
ちょっとだけ空いた時間を活用して、
週末の夜に葉山へ。
翌日にはまた世田谷に戻ります。

こんな少しの小旅行でも気持ちはリフレッシュします。
葉山に着いて、暗い海に光る対岸の灯りを眺めながら風に当たると、
不思議に身体の緊張が解きほぐされる感覚があります。
自然の力は偉大です。

冬の葉山に何しに行くんでしょう?
人気のない海岸ほど贅沢なものはありません。
広い海岸を独り占めですから。
葉山の穏やかな海を見つめ、波をただ眺めているだけ、
波の音に耳を澄ませば自然に身体が癒されていきます。

b0347858_21384736.jpg


b0347858_21410627.jpg
ハルも海にいればご機嫌です



海岸に「わかめ」が干してありました。
旬です♫
珍しい光景です。
久しぶりに、ニッポンを感じました〜。
b0347858_21394118.jpg


そして・・葉山でのお楽しみは「焼き芋」です♡
暖炉で焼き芋を作るのが定番です。

「焼き芋」の作り方は
まずイモを洗い、濡れた状態で新聞紙にくるみ、
その上からアルミホイルで包みます。
暖炉の温度が十分温まってから(250度くらいまでいくといいです)
薪の炎が静まって赤い炭になるのを待って、
アルミホイルで包んだイモを暖炉に入れます。
20分ぐらいして、竹串などで刺して、すっと刺さるようなら
完成です。
b0347858_21375021.jpg
今回の焼き芋の出来、この冬一の出来でした。
息子が作ってくれましたが、腕があがってます(笑)

イモの種類はじゃがいも(メークイーン)とサツマイモ(安納いもとはるか)
メークイーンはじゃがバターで頂きますが、
バターに砂糖が入ってるんじゃ?と思う程、
甘くほっくり出来ました。
b0347858_21354116.jpg

サツマイモは触ると柔らかくふわふわです。
安納イモは濃い黄色が美しい!
b0347858_21360403.jpg
はるかの方は、新聞紙をはがすと、蜜がにじみ出ていました。
透き通っているかのような見た目。
これは期待できる♡
b0347858_21364138.jpg
食べてみて、甘くてねっとり完成しました。
おいしい!!


イモ好きのハルもこの時ばかりは大興奮です。
早くおこぼれを頂戴しようと、おすわりをしておねだりしてみたり
あっちうろうろ、こっちうろうろ、落ち着きません。
おイモをあげた時の食べる様は、慌てて殺気立っていて、
かわゆくないのが残念ですが(泣)
b0347858_21401158.jpg
イモの虜です〜♡



また葉山に来ようね、ハル!

















[PR]
# by coucouatable | 2015-03-15 22:58 | 旅行 | Comments(0)
1月から「冬のメニュー」で開催していたお料理教室が
終わりました。
今回は、雪の日あり、インフルエンザの大流行あり、
爆弾低気圧あり・・
という劣悪な状況の日も多々ありましたが、
生徒さん、大勢お越し頂きました。
感謝です♡ありがとうございました♫

今回は寒い冬に身体が温まるメニューをと、
お鍋を取り入れました。
b0347858_20142161.jpg
エスニックな味付けのアジアン鍋です。好評でした〜



そしてダイニングテーブルではなく、和室コーナーの
掘りごたつで試食という形に。
美味しいものを食べて、足下が温まると
お尻に根っこがはえちゃいますね・・。
いつも以上にお喋りに花が咲いたように思います(笑)

b0347858_20131959.jpg



育ち盛りの子がいる家庭には、がっつりメニューも必要ですね。
スライス肉でトウロンポウを作りました。

b0347858_20161787.jpg
冷凍パイシートを使った「干し椎茸のクリームパイ包み」
上手に出来ましたよ。
b0347858_20243478.jpg

「白髪ねぎと焼き油揚げのサラダ」のドレッシングに
アマ二油を使いました。
最近話題のオメガ3系のオイルです。
「モデルさんが毎日飲んでる!」「健康にいい!」など
聞きますが、
他の種類の油とどういう違いがあるのか分かりにくですよね。
油の種類によって、
どんな特徴があるか、おすすめの採り方など
資料をもとにお勉強もしました。

そこで、デザートは今話題の
「ココナッツオイルで焼いたバナナのデザート」を作りました♫
b0347858_20173175.jpg
ココナッツとバナナ・・南国ムード漂う組み合わせで美味しい♪


もう満腹です〜。
それでも、帰ってすぐ家族のために
今日のこのメニューを作るお母さん、沢山いらっしゃいました。
家族愛を感じました♡

家族で美味しい楽しい食卓を囲んでいる姿を想像すると
とても微笑ましいです。
このお教室を通してご家族の健康や美味しいおうちご飯作りの
お手伝いが出来れば嬉しい限りです。

ようやく暖かくなり春の訪れを感じるようになりました。
4月からお料理教室は春メニューになります。
さて春を感じるメニュー、どんなものにしましょうか・・
楽しみにしていて下さいな。








[PR]
# by coucouatable | 2015-03-14 20:27 | 料理 | Comments(0)
子どもの学期末テストも終わりました。
これで1年が終わります。
子どもが中学校に上がると、急に時間の流れが早くなり、
子どもがいよいよ大人に近づいて行くのを感じます。
手が離れて嬉しい反面
ちょっと寂しい思いもあります。

そんなセンチな親心はお構いなしで、
子どもらは、もう春休みモード全開です。

テスト明け、娘のお友達がお泊まりに来ました。
娘はずーっとこの日を楽しみにしていました(笑)
そうですよね、私の中高生時代もお泊まりは特別なイベントでした。
今となっては、かけがえのない青春の思い出です。
そんなかけがえのない日々を今まさに過ごしている彼女らは
きらきらとまぶしい・・。
b0347858_19555091.jpg


さて、子どもが喜ぶ夕飯は何がいいでしょう?
まずは・・定番のカレーライス。
これはセルフサービスにして、食べたい分量だけ自分でよそってもらいます。

サイドディッシュに
「きゅうりの韓国風マリネ」と
「明太子とあさつきのじゃがいもガレット」
を作りました。
b0347858_21135072.jpg
今回はちょっと浅漬けでした。1日以上つけた方が味がしみ込みます。
ごま油の味付けが子どもにもうけます
お弁当にも重宝ですー

b0347858_21142187.jpg
ふわっとバターの香りがいい具合です


これまでの経験上、この2つのメニューは子どもうけします!
今回も美味しい♫と言ってくれましたよ(言わせたかも・・笑)



明太子とあさつきのじゃがいもガレット

●材料 (3〜4人前)
じゃがいも(中) 2個
明太子 1腹
あさつき 大さじ2(みじん切り)

小麦粉 大さじ2
牛乳 大さじ2
粉チーズ 大さじ4

バター 大さじ1

●作り方
1、ジャガイモは細かい千切りに、あさつきもみじん切りにする
2、ボールに上記の材料(バター以外)を入れ混ぜる
3、フライパンにバターを溶かし、2を薄く広げ、かりっとするまで
両面焼く(途中でフライ返しなどで上から押しつける)

※ガレットはジャガイモに含まれるデンプンでくっつきますので、
水にさらさないでそのまま使います。

b0347858_21144989.jpg

以前のブログのレシピをご参照下さい。
(クリックすると以前のページにいきます)


夜遅くまでお菓子を食べながらおしゃべりに花を咲かせていたようです。
昼まで起きてきませんから。
いつもなら「こらー!」ですが、今日は優しいお母さんを演出で(笑)
我慢我慢です。


翌日は久しぶりの晴天でした。
シーツ干して、布団干して、ついでにお芋も干しましたよ

b0347858_19563115.jpg
干し芋って、買ったら意外とお高いです(涙)
自家製干し芋ならとてもリーズナブルに出来ますよ!










[PR]
# by coucouatable | 2015-03-12 20:04 | 料理 | Comments(0)
田舎の両親が上京しました。
父は84歳、同居の兄家族に大切にしてもらい、
3食昼寝つきの気ままな生活を送っています。
それでもここにきて急に体力が衰えて、食も細くなりました。
最近、母はそんな父を心配してか、
あちこち外へ連れて出す努力をしています。
私が子どもの頃は、冗談でもおしどり夫婦とは言えませんでしたが、
いつの頃からかその壁を越えたのでしょうか、
今となっては仲良し夫婦みたいに写ります(笑)

お土産に黒にんにくを持って来てくれました。
これは自家製。
b0347858_20102309.jpg
にんにくを丸ごと炊飯器に入れて
なんと17日間保温したら出来上がるそうです。
強烈な匂いを放つそうなので、広い場所・・
田舎でないと作れませんよね。
青森産の大きなまるまるとしたにんにく。
にんにく臭さはなく、ねっとりとした食感に、
酸味と甘味が共存して、
食べると元気が湧いてきます♫



父が我が家に泊まるのは数年ぶりです。
食べる事が何よりの楽しみ♡の父ですので
満足してもらえるよう賑やかにテーブルを飾りました。

b0347858_20122498.jpg


お魚屋さんで毛ガニとお刺身を用意してもらい、
その他のメニューは

かきのアヒージョ (クリックすると以前の掲載レシピが見れます)
小松菜の油揚げ巻き (  〃  )
三つ葉と白菜のザーサイサラダ
ふきのとう味噌

b0347858_20013273.jpg
一番手前が「ふきのとう味噌」、後ろがおなじみ「カキのアヒージョ」
その右が「小松菜の油揚げまき」


b0347858_20031159.jpg
「セロリのピリッと炒め煮」と「三つ葉と白菜のザーサイサラダ」


ほとんど、これまでブログで紹介したものですね。
「うーん、おいしい。おいしい。」と何度もうなって食べてくれました。
ちょっとした親孝行が出来ましたよ。


ふきのとう
庭の畑に芽を出したものです。
春の訪れですね。
b0347858_21034517.jpg
それを摘んで湯がいて刻み、みそ・メープルシロップ・すりごま
で合えました。
ふきのとうの苦みと甘いみそのコラボで
白いご飯がぐんぐん進みます。
危険です・・食べ過ぎ注意(泣)

翌日は朝ご飯にふきのとう味噌のおにぎりを作りました。
これもなかなかいけました♫

b0347858_20302800.jpg
団子三兄弟みたい♡


楽しい時間はあっという間です。
また来るね〜と帰って行きました。














[PR]
# by coucouatable | 2015-03-11 20:49 | 料理 | Comments(0)
梅の花真っ盛りの鎌倉
ノルディックウォーキング」をしてきました。
b0347858_10373402.jpg
「ノルディックウォーキング」とは、
2本のポールを持って、地面を押し出して歩く
フィットネスウォーキングです。
ポールのお陰で身体への負担が減り、
楽に長距離歩けたり、代謝もUPするそうですよ。
誰でも手軽に出来る、とても身体に優しいスポーツだと
思いました♪
Cheer Up Momさん主催のエクササイズで行ってきましたので
ポールをレンタルして、ポールの使い方やウォーキングの指導もありました。


鎌倉のお寺には、梅の花が可憐に咲き、
私たちおばさんにも、乙女心が甦り(笑)
あまりのかわいらしさに感激して、
梅・梅・梅・・とやたらと写真を撮りまくりましたよ♫
b0347858_10380761.jpg

訪ねたお寺は、荏柄天神社、瑞泉寺、杉本寺など。
b0347858_10544027.jpg
鎌倉最古のお寺の杉本寺、歴史を感じます



祇園山ハイキングコースも歩き
計8キロ程のウォーキングとなりました。
b0347858_10363339.jpg
鎌倉っていう所は、美しい自然あり、古の文化あり、
和の趣きあり、洗練された街やお店あり
もうパーフェクトですね。


ウォーキング中のお昼ご飯は、自宅を改装した一軒家のカフェ
鎌倉野菜を使った野菜丼。
ジューシーにグリルされた色とりどりの野菜が
甘辛い醤油たれにからまり、とても美味しかったです♡
優しいお味がして、ほっこりとした気分を味わえましたよ。
お庭もナチュラルで、ところどころに現れるカエルの置物も可愛かったです。
b0347858_10524449.jpg

ウォーキングの途中で鎌倉野菜を販売している出店がありました。
そこで鎌倉野菜や干し芋などのお買い物が出来ました。
b0347858_10400882.jpg



帰ってから、早速ポタージュスープを作りました。
里芋の粘りで、とろ〜りと♪
長ネギを加えることでさっぱり和風に仕上がります。

b0347858_10405522.jpg


里芋のポタージュ

●材料
里芋 5こ(400g)
玉ねぎ(薄切り) 1/4個
長ネギ(みじん切り) 1/2本
オリーブオイル 大さじ1
水 400cc
牛乳 400cc
コンソメ 1個
塩・こしょう 少々
生クリーム 50cc (またはバター大さじ1)

●作り方
1、里芋は洗って、皮のまま竹串が通るまで茹で、
皮をむき輪切りにする
2、鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎと長ネギをじっくり炒め、
そこに1を加えて炒め、水、コンソメを入れ15分位煮る。
3、粗熱がとれたらミキサーにかける
4、鍋に戻し入れ、牛乳を加え温め、
塩・こしょうと生クリーム(またはバター)で味を整える


ウォーキングの終盤に・・
週2日しか営業しない天然酵母のこだわりのパン屋さん
「れのかまくら」に寄りました。
b0347858_10533324.jpg
ロールケーキのスポンジがきめが細かくふわふわ♡で



カンパーニュなどは
里芋のポタージュと一緒に頂きました。
程よい肉体疲労に、栄養たっぷりのスープ、
心も身体もほっこり温まりましたよ〜。

b0347858_10541528.jpg




[PR]
# by coucouatable | 2015-03-09 11:33 | 旅行 | Comments(0)