娘とおやつ作りをしました。
たまった宿題を一日中やっていたので、気分転換したくなったようです。
「作りたい!」と言ったときは、面倒がらずに、やらせてあげるように
心がけています。
彼女の未来のために
(いえいえいつか美味しいお菓子を作って訪ねてくれる娘になってもらうために・・
ちょっと下手くそでも、段取りが悪くても、手が遅くても、今は我慢の時です(笑)
ひたすら助手に徹しました。

今日は「アメリカンクッキー」「さくらんぼのゼリー」です。
クッキーもゼリーも作り始めてしまえば、あっという間に完成するおやつです。
そんなお手軽感、好きですー☆
b0347858_16005380.jpg

サクッと大きいアメリカンクッキー(チョコチップとヘーゼルナッツ)

●材料(20枚)
無塩バター 90g
グラニュー糖 70g
ココナッツシュガーなどブラウンシュガー類 50g
卵 1個
バニラエッセンス 少々

薄力粉 150g
重曹 小さじ1/2
塩 小さじ1/2

チョコレートチップ150g
ヘーゼルナッツ(お好みのナッツで) 50g

●作り方
1、粉類はふるっておく。ヘーゼルナッツは軽くローストし、ざっくり刻む。
2、ボウルにやわらかくしたバターを入れ、泡立て器やハンドミキサーでかき混ぜ、砂糖を加え、よく混ぜる。そこに卵とバニラエッセンスを加えて、よく混ぜる。
3、2に粉類を加え、ヘラで混ぜ、最後にチョコレートチップとヘーゼルナッツを混ぜ合わせる
4スプーンで生地をすくい、オーブン皿に並べ、指で形を整え、170℃に熱したオーブンで約15分焼く

b0347858_16005380.jpg
直径約8cmの大きなクッキーです。
グラニュー糖にブラウンシュガーが入ると、上品な甘さが雑味のある甘さ、こくがある甘さになります。ざっくり食べるクッキーにはブラウンシュガーが合いますね。



さくらんぼのゼリーは寒天で作りました。少しブランデーを加えると、風味がよくなって、ただのフルーツゼリーじゃなくなりますよ♪
b0347858_15590422.jpg



先日パン教室で今年の干支、ひつじのパンを教わりました。
今年は年女ですので、愛着がわいて丁寧に作り上げましたよー。
なかなかかわいい♡です。
b0347858_16012126.jpg

「コーヒー生地」「栗あん」「うぐいすあん」という面白い組み合わせでしたが、食べてなかなか大人の味♪はまりそうな組み合わせです。
大人にも「ひつじパンだあ〜」とうけましたよ。
でも次にお家で作る時は、簡単な成形で作る予定です(笑)



b0347858_16014965.jpg
「ひつじぱん」と「ホットドッグパン」





[PR]
# by coucouatable | 2015-01-16 08:39 | デザート | Comments(0)
週末に近くに住む義父母が遊びに来ました。
お昼ご飯を一緒にしようと、メニューを考えました。
義父80代、義母70代。
健康とはいえ、もう沢山は召し上がりません。
長いこと東京で暮らしていましたから、ハイカラなものが好みです♪
う〜ん、悩みましたが、
塩豚のポトフ」と「イカと人参のマスタードマリネ」と「パン」の組み合わせにしました。
「塩豚のポトフ」は、シンプルな味付けで、くせがなく食べられると思いました。
お肉も野菜も柔らかく煮えます。
「イカとにんじんのマスタードマリネ」は以前ブログで紹介しましたが、
彩りよくさっぱりした味わいです。

b0347858_20225301.jpg


[塩豚の作り方]
●材料
豚肩ロースかたまり 300〜400g
塩  小さじ2

●作り方
豚肉に塩をすり込み、キッチンペーパーでくるみジプロックなどにいれて
冷蔵庫に1晩〜3日おく
(毎日キッチンペーパーに出た水分をふきとり、新しいものに取り替える)


b0347858_20192955.jpg
塩をすり込んでおくと、お肉から水分が出て来ます。

b0347858_20201129.jpg
1日たつごとに、お肉の色が綺麗なピンク色になっていきます。



塩豚のポトフ(3〜4人前)

●材料

塩豚 300〜400g
キャベツ 1/2個
人参 1/2本
じゃがいも(小) 4個

[A]
水 800ml
酒 大さじ3
ローリエ 1枚
タイム 2〜3本
にんにく 1かけ

[B]
塩・こしょう 少々

●作り方
1、鍋に塩豚と水、ハーブ、にんにくを入れ煮込み、あくが出たらすくう
2、ジャガイモは皮をむきそのままの大きさで、にんじんは1/2本を縦に4等分に切り面取りし、キャベツは1/2個を4等分する
3、20分ぐらいしたら、(火が通りにくい)人参を入れ、
10分ぐらいしたら、キャベツ、ジャガイモを入れ、さらに15分ぐらい煮込む
4、Bで味を整える
5、塩豚を好みの厚さに切り、盛りつける

※豚肉は竹串を刺してみて、赤い肉汁が出なければ火が通っています。


b0347858_20234099.jpg
今回は上記レシピの約3倍の量で作ったので、鍋に全部入らず、
キャベツとジャガイモは別の鍋で少ない水で蒸し煮してから、最後にあわせました。


b0347858_20225301.jpg
塩豚の旨味がスープいっぱいに広がります〜☆お肉もふっくら柔らかく煮えます。



デザートはお土産に頂いた福砂屋のキューブカステラ
1個ずつカラフルなキューブのパッケージに入っていて、かわいい♡です。
お菓子も1本のカステラだった時代から、生活の変化にあわせて、
個別包装になってるんですね。
パッケージを開けると、フォークが入り、カットもされていて、そのまま
お皿を汚す事なく食べられるようになっています。

b0347858_20243416.jpg
このカステラ、人気商品だそうで、早い時間に行かないと売り切れているとか。
さすがよくご存知で!ハイカラな両親です(拍手)









[PR]
# by coucouatable | 2015-01-13 09:21 | 料理 | Comments(0)
子どもの頃の食習慣は大人になってからも
引き継がれています。
自分で食事を作っているなら、なおのことそうです。
子どもの頃、海が近いこともあってか、よくお刺身を食べました。
お刺身といっても、白身ではなくほとんどマグロでしたが・・。

今もその食習慣が続き、お刺身が好きでよく食卓に並びます。
毎回わさび醤油をつけて食べるのも美味しいのですが、飽きてきます。
(飽きるというか、ごちそうなので、もっと喜んで食べてもらいたいと言うのがふさわしいでしょうか・・)
なので、いろいろ工夫するようにしています!
ちょっとしたアレンジで、
お酒のおつまみにもなりますし、おもてなし料理でも喜ばれますよ♪


b0347858_17320740.jpg
生のりをあえるのが味のポイントです


まぐろとアボガドの青のりあえ

●材料
まぐろ(刺身用) 1さく
アボガド 1個
(新玉ねぎ  1/2個 あれば)・・今の季節は入れていません
生青のり 1パック
レモン汁 小さじ1
万能ねぎ(みじん切り) 少々

醤油 大さじ2
酒 大さじ1
わさび 少々

●作り方
1、マグロは一口大に切り、アボガドは種をとって皮をむき、一口大に切り
レモン汁をふる
2、新玉ねぎは薄切りにする(あれば)
3、青のりは水洗いしてザルにあげ水気をよく切る(よく水を切ることがポイントです)
4、ボールに醤油、酒、わさびを混ぜ、1〜3の材料を入れ混ぜて、皿に盛りつけ、万能ねぎを散らす





ぶりのピリッと中華風刺身

●材料
ぶり(刺身用) 1さく

醤油 大さじ1
紹興酒 大さじ1/2
豆板醤 小さじ1/4
ごま油 小さじ1/2

貝割れ大根 少々


●作り方
1、ぶりをスライスし、貝割れ大根は根を切る
2、調味料をあわせ、皿に盛りつけた1にかける

b0347858_17332893.jpg
ぶりの季節です。濃いめの味付けでなかなかいけます〜☆




平目のお刺身は芽ねぎや細ねぎに巻いて、すだちなどの柑橘類をしぼって、ポン酢で頂きます!
これもさっぱり美味しいですー。
b0347858_17453867.jpg
ほっぺた落ちそうです・・







[PR]
# by coucouatable | 2015-01-09 20:04 | 料理 | Comments(0)
年末に換気扇のお掃除をしてから、
汚すのがもったいなくて(笑)
揚げ物を控えていました。

でも、とうとう今日揚げましたーチキンナゲットが食べたくなって・・。
とても美味しいですよ、自分で作るナゲット。
何が入ってるか分からない市販のものを食べるより、ずっと安全でヘルシーです♪

b0347858_22340702.jpg

ハーブをきかせて「チキンナゲット」

●材料(約18個分)

鶏胸肉 2枚(600g)
卵 1個
パン粉 大さじ4
玉ねぎ(すりおろし) 大さじ2
粉チーズ 大さじ2
塩 小さじ1、5
生ハーブ(ローズマリー・タイム) みじん切り 大さじ1
ガーリックパウダー 少々
こしょう 少々

小麦粉・・揚げる時にまぶす
マスタード・・お好みで食べる時につける

●作り方
1、鶏肉は皮をむいて、包丁で細かく切り、粗めにたたく
2、ボールに全部の材料を入れ混ぜ合わせる
3、バットなどに小麦粉をふるい、2を一口大にし、楕円形に押しつぶし、
小麦粉をまぶして、170℃の油で4〜5分揚げる
4、お好みでマスタードをつけて頂く
b0347858_22283592.jpg

b0347858_22340702.jpg
ヘルシーなのでもりもりいけます☆



[PR]
# by coucouatable | 2015-01-07 09:54 | 料理 | Comments(0)
去年の暮れにさかのぼります。
年末実家に帰る前に、家族で箱根の温泉に寄りました。
箱根の温泉って、イメージよいですよね。
東京から近くて、富士山も♪景色も美しく♪山のいい空気が溢れています。
観光場所もいろいろあります。
ですからとても人気です。
なのでとても混みます(泣)
特に年末年始は、1年の疲れを温泉でゆっくり癒したい、新年を温泉で迎えたい・・と思う人で混みます(泣)

泊まったところは強羅温泉「季の湯 雪月花」
お料理も豪華で美味しく、温泉も木のぬくもりがたっぷり味わえるお風呂で快適、
お部屋も清潔で広々として、ベランダに専用の露天風呂までついた
申し分ない旅館でした。
混雑していることさえ除けば・・。これは旅館のせいじゃないですが。


夕食は黒毛和牛しゃぶしゃぶとお寿司がメインの和食でした。

b0347858_13494887.jpg

b0347858_13500634.jpg
とろけるようなお肉が美味しかったです〜♪


旅館に入ったところから混雑は始まっていました。
ロビーは人でいっぱい、
食事処も時間になると行列に並んで中に入る、
お風呂も脱衣所が混雑・・
万事がそんな感じで、落ち着きませんでした。
もっと温泉宿の風情を味わいたかった・・。
そうですよ、箱根は繁忙期に行く所じゃないです。
繁忙期でもゆっくり過ごしたいなら、もっと小さい旅館にする方がいいですね。

それでもまた何年かして、「年末温泉に行きたいね〜」なんて話になると
また箱根に決めてしまうのは、やはり箱根の魅力♡なんでしょうね。


「雪月花」に行く前に宮ノ下の富士屋ホテルでランチをしました。
「カレーが美味しい!」と聞いていましたので「カレーライス」を食べてようと思いました。

言わずと知れていますが、富士屋ホテルは明治時代に建てられた
クラシカルなリゾートホテルです。
ザ・フジヤ(レストラン)に入りました。
天井を見上げると、箱根の野草などを描いた絵画や彫刻が眺められます。
とても素敵な装飾です。

b0347858_13505723.jpg
お正月かざりも準備が整っていました。
きらびやかな演出があちこちにあるのは、外人うけするようにしたものなんでしょうか、個人的にはもっとシックにした方が素敵かな・・と思うのですが。


カレーはバターがたっぷり入ったマイルドでこくのあるカレー。
「フォークでお召し上がり下さい」と言われました。
なぜスプーンじゃないのかな??謎のままです。
b0347858_13511707.jpg
薬味もたくさんの種類。
食器がぴかぴかできれいな所も格調高い装いを醸し出しています
b0347858_13515135.jpg

ハヤシライス海老フライも頼みました。
ハヤシライスは、お肉が厚みがあり柔らかく、ソースもトマトの酸味がきいて、
甘味とのバランスもよく、味わい深かったです。
カレーが目的でしたが、ハヤシライスがとても気に入りました。
海老フライもさくっと衣も軽く、美味しかったです。
(なぜかハヤシライスの写真だけ撮り忘れていました)


b0347858_13521237.jpg


そしてちょっと観光も・・ポーラ美術館に寄りました。
シャガール、ミロ、ダリ・・沢山の巨匠達の名画が揃っていました。
温泉に遊びにきたついでに、こんなに素晴らしい作品を観る事が出来るとは
やはり箱根はすごい!ですね。
人を惹きつける人気のわけです。
b0347858_13553944.jpg



お正月、ハルは実家には連れて帰れないので、毎度知人宅にお預けです。
その方は湘南に住んでいるので、今年は駅伝観戦に行ったそうです。
がんばれ〜ハルも一緒に応援しました!

b0347858_13560710.jpg









[PR]
# by coucouatable | 2015-01-06 20:45 | 旅行 | Comments(0)