野菜ソムリエが綴る   季節を感じるお料理日記


by 葉山 ひより
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!

夏の料理教室


副菜は、夏野菜をたっぷり取れる手軽で美味しいレシピをご紹介しました。

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20222620.jpg

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20222756.jpg


「茄子の棒棒鶏風サラダ」
2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20251433.jpg


バンパンジーのたれを
焼きなすに合わせましたが、
もちろん蒸し鶏でもそうめんでもサラダでも使える万能だれ。
とても美味しい!と好評でした。

「パプリカと白身魚のバジルマリネ」
2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20240915.jpg

タスマニアへ旅行した時、カウンターのバーで出てきたつまみを再現しました。
白ワインを頂きたくなるようなお味です。
赤パプリカはビタミンCたっぷり野菜の代表格。
抗酸化にも役立ちそうです。

「きゅうりのライタ」
2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20245396.jpg

カレーの付け合わせにぴったりのヨーグルトサラダです。
きゅうりをパリパリっとさせてからヨーグルトで和える、シンプルだけど小さなひと手間が肝心。
こちらもきゅうりに限らず、いろんな野菜で試してもらいたいと思います。


みんなで手分けして作るのですが、
終始楽しい台所タイム!
2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20394783.jpg

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20394960.jpg


そして、季節の料理教室の特徴でもある
「プチ栄養セミナー」も行いました。

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20292416.jpg

今回は「酸化・糖化を防ぐ」がテーマ。

加齢に伴い、増してくるシミ、シワ、身体のトラブル・・。
いつまでも健康で若々しくありたいー
そのための食材の取り方、選び方、調味料の見分け方・・などをお話ししました。

例えば・・調理方法
炒める、揚げる、煮る、蒸す・・
加熱調理にはいろいろな調理法がありますが、
どの調理法が身体に優しいと思いますか?

高温調理はAGEsを多く作ってしまいます。
高温でカリカリに焼いたもの、揚げたもの、焦げた部分などに含まれます。

抗糖化を考えるなら、茹でるや煮る、蒸すのほうが、焼く、揚げるより温度が低いので、身体に優しいということです。


でも、そういう身体に悪いものって美味しいよねーという話も。
唐揚げとかー家族が喜ぶなら作ってあげたい気持ちも分かります。私も作りますから。
たまには、いいんじゃないですか・・とも言っています。

知ることは大切、選ぶのは個人の判断で!というスタンス。
ストレスにならない、無理のない範囲で、食習慣を正していくのが一番だと思っています。

そして私の話が終わったら、みなさんの健康法などを伺い情報共有。
さすがにうちの生徒さんは健康意識が高く、沢山の有意義なお話を頂きました。
ありがとうございました。

このようなプチ栄養セミナーを通して、ご自身や家族の健康について考えるきっかけになれば嬉しいです。

料理教室のテーブルには
いつも季節の花を飾ります。

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20421390.jpg

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20421374.jpg

2023夏の料理教室 新鮮な夏野菜を使って 抗酸化・抗糖化!_b0347858_20421532.jpg

つづく




by coucouatable | 2023-08-09 07:57 | 料理教室 | Comments(0)