2018年 01月 07日 ( 1 )

お正月後の3連休、まだまだお正月の余韻が残ります。
今日は7日。
今年のお正月も美味しいものをたくさん頂きましたー。
今日は七草がゆを頂いて、お正月疲れした胃腸を整えました。

b0347858_13273499.jpg


お正月の話にちょっと戻りますが・・
実家で作ったおせち料理で今年好評だったのは「昆布巻き」
母から教わりました。


「昆布巻き」というと、とても手がかかる料理のイメージがありましたが、
この作り方なら簡単!
1年後のおせち作りのためにレシピをあげておこうと思います(笑)

●作り方
昆布は水の戻して柔らかくしておき
かんぴょうは塩水でもみ洗いします。

鮭は刺身用でも切り身でもいいのですが、冊のものを昆布の幅に切ります。

昆布で鮭を巻き、2箇所、かんぴょうで結びます。

b0347858_13281056.jpg


鍋に昆布巻きを並べ、昆布の戻し汁と酒、醤油、砂糖(戻し汁2リットル、酒100cc、醤油大さじ2、砂糖大さじ3)で弱火で1時間以上ゆっくり煮ます。

b0347858_13283489.jpg


しっかり味が染み込んで美味しい昆布巻きが完成しました!
刺身用の鮭を使ったことで、より簡単に昆布巻きができました♡

実家にあるお重の豪華さも手伝ってくれて
豪華なおせちになりましたよ♫

b0347858_13292308.jpg


お料理は、盛り付け方やお皿で随分見た目が変わります。
お家のお節も盛り付け方一つで
十分に見栄えがする料理になります。

例えば市販のおせちが入っても
小洒落た器に盛り付けるだけでまずグレードアップ!
さらに、ハランなどの葉っぱを敷くだけで、
見た目がパッと変わります!
金粉もあれば、お正月らしさ倍増!

b0347858_13493289.jpg
あおきの葉っぱや
さやいんげんが入ることで彩りよくなります
金粉散らせば華やぎます


今年は「もち麩」も用意しました。
梅の形や手毬の形のもので彩りも綺麗です。
出汁でさっと煮ただけですが、ちょこっと乗せるだけでも
おせちが華やぎます。

b0347858_13311950.jpg
梅の形のもち麩グリーンと一緒に置くと映えます



去年のお正月にさかのぼりますが・・
去年は東京での年越しでしたので、家族4人。
当然今年のようなお重にぎっちり詰まったおせちは作りませんでした。


「ワンプレートおせち」で迎えたお正月でした。
一口ずつおせちをお気に入りのお皿に乗せましたが、
家族からの評判が想像以上に良かったです。
見栄えが良かったのも手伝ったんじゃないかな・・と思います。笑

b0347858_23274337.jpg


そんな「ワンプレートおせち」について
Webサイト「ウーマンエキサイト」で紹介されました。
料理の見栄えをグッと引き出す「盛り付けテク」が
色々掲載されています。

良かったら料理の盛り付けの参考にしてください。
簡単だけどぐんと引き立つ盛り付けアイディアが満載です。











第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by coucouatable | 2018-01-07 13:54 | 料理 | Comments(0)