2019年 06月 21日 ( 1 )

普段から懇意にしているママ友が海外にお引越し。
出発前に、彼女の送別会を開きました。

二子玉川の「naturam kazuya sugiura」にて。
b0347858_19555463.jpg

二子玉川という地に一軒家レストランなんて贅沢!!
外観が可愛らしくてうっとり〜女子ウケ間違いなしです。


中に入ってもアンティークな家具に囲まれ、天井が高く広々です。
ナチュラルテイストなので、気負わずゆったりできるフレンチレストランです。

b0347858_19560584.jpg

飾ってあるインテリアも、小物雑貨も、どこを見渡してもおしゃれ空間。

b0347858_19564688.jpg


お食事は、一休のスパークリングワインがついたフルコースディナーを予約しました。


前菜が出てきたところで、思わず「うわぁ素敵♡」とため息が出ます。

b0347858_19570542.jpg

イカスミを加えたジャガイモのニョッキなのですが、あまりに洗練されすぎて、アートなので、どこを食べていいのか分からない(笑)

「食べれるの黒いのだけですよねー」って確認してるおばさんたちでした(笑)
ちなみに下に敷き詰めてあるのは「レンズ豆」でした。
ツタの葉も食べません。

そして2品めはトウモロコシのスープ。
なんとコーヒーの泡が浮かんでるんです。
合うような合わないような?近未来的なお味!!
b0347858_19572730.jpg


3品めは、ガスパチョと鯵とチェリートマトのカルパッチョ風のお皿。
b0347858_19584022.jpg

ガスパチョをソースのようにしてしつらえるとは、素晴らしい。
この辺りから、味が受け入れられるようになって来ました。
お皿のデザインや盛り付け方も洗練されていて綺麗です。


カンパーニュは、こんな風に田舎パンっぽく素朴にアレンジ。
b0347858_19590447.jpg

ニクイです〜
添えてあるのはニンジンペースト。
甘くてさっぱりしていました。

続いて麦烏賊とそら豆リゾット。
これがとても美味しかったです。
目でも舌でも味わえる一品。
イカの香りと柔らかさ、お豆やトマトとの相性も抜群でした。


ヒラメのソテーのお皿。
b0347858_20005651.jpg

ネギのソテーが甘く、甘夏の酸味が複雑な味を醸し出していました。
お魚はふっくらしっとり、美味しかったです。
黒い粉が散っていますが、ナスの皮を焼いたものだそう。
これまた独創的でこんなこと考えられるなんて・・天才ですね。
ちなみにお皿の前方の粉が舞っているのはお皿の柄です。どこから本当のなすの粉なのか分からない〜それもユニークな演出です。

最後はチキンのソテーのお皿。
b0347858_20032184.jpg

しっかりした甘みのあるタレがコースの最後に相応しいお味。
チキンも表面カリッと、中は柔らかくて美味しかったです。

この美しい盛り付け〜
メインディッシュを真ん中ではなく横に置いて、空間の美ですね。ため息が出ます♡

最後にデザート。
b0347858_20051396.jpg

ココナッツやパイナップルやパッションフルーツなどを使っています。バジルのさわやかな香りが夏らしく季節を感じました。
さっぱりいただけるものばかりで、とても嬉しかったです。


送別会を兼ねて、豪華にフルコースディナーを頂きました。
親しい友人との時間はあっという間にすぎましたが、それをを感じさせない、ゆったりと過ごせるお店です。

お店の雰囲気も、店員さんの雰囲気も好印象で、また特別な日にぜひ訪れてみたいお店だと思いました。









by coucouatable | 2019-06-21 08:00 | レストラン | Comments(0)