カテゴリ:野菜ソムリエ( 18 )

先日、雑誌の料理写真の撮影がありました。

b0347858_22550391.jpg

今月発売予定の「わかさ2月号」
米ぬか入り味噌汁8種類の紹介です。

こちらは1月号
b0347858_22552471.jpg

「米ぬか」は最近注目されている食材です。
「米ぬか」は、玄米を精米するときに出る粉です。
玄米が栄養価が高いように、
米ぬかにも、ギャバやフェルラ酸、ミネラル、食物繊維が豊富です。

その米ぬかを毎日手軽に取り入れる方法として、「味噌汁」のレシピが掲載されます。

使った食材は、きのこ、根菜、切り干し大根、高野豆腐、アオサ、豆乳・・・
そして、柚子胡椒や生姜をアレンジ。
味噌も赤、合わせ、白と用意。

b0347858_22560313.jpg

手軽に作ってもらえるように。
簡単で美味しい!レシピをチョイスしました〜。

b0347858_22575665.jpg

料理写真の撮影に立ち会いましたが、なんと作業が繊細なこと!
味噌汁は具が重たいと沈みます。
でも料理写真に具が写っていないといけません〜

大根などで上げ底して、全種類の具が写るように工夫したり、
米ぬかを盛る位置も考えて配置して、
米ぬかは溶けないように、こんもり盛り付けて写真撮影。
熟練の技でした。

b0347858_22571548.jpg

「わかさ」は中高年向けの健康ネタ満載の雑誌です。
文字も大きくて読みやすいんですよ。
美容や健康情報が色々な角度から切り込まれていて、とても面白いです。

「わかさ2月号」よかったら、読んでみて下さい。



[PR]
by coucouatable | 2018-12-04 22:59 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
読売新聞栃木版
栃木やさいサポーター
野菜のコラム、レシピの紹介をリレー方式で行っています。

今回6月25日に掲載されました。
テーマ野菜は「きゅうり」

夏本番、きゅうりの旬です。
お値段もお求めやすくなりました。
カリウムやビタミン類の栄養の他にも
「こもった熱を取り除く」「むくみ解消」などの機能も備わり、
夏バテ予防にも繋がりますので是非たくさん食べてください♪

b0347858_10313809.jpg


残念ながら白黒掲載となりましたが、カラーの写真はこちらです!笑笑
b0347858_10174548.jpg


[PR]
by coucouatable | 2018-07-06 10:34 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
ヘルスケア大学より
が出版になりました。

b0347858_17274950.jpg

本書は女性特有の悩みをカテゴリーに分けて、
症状の説明や原因、対策などが書かれている健康管理本です。

どのカテゴリーも女性にはよくあるお悩みばかり・・

b0347858_17281099.jpg


とてもシンプルで読みやすいですー。


その中に葉山ひよりのレシピが掲載されましたー!

「緑黄色野菜のチョップドサラダ」です。

b0347858_17283721.jpg

ホルモンバランスの乱れやアンチエイジング、免疫力アップなど
女性の悩みをサポートするレシピとして紹介されています。

ビタミンACEを同時に摂れて、抗酸化作用豊富な欲張りレシピ。
お味も間違いなく美味しいですよー♪

そして野菜ソムリエとしての紹介ページもあります。ありがとうございます!

b0347858_17292446.jpg


「ヘルスケア大学」とは、
ドクターをはじめとした専門家が
医療や健康に関する情報を発信しているヘルスケアの情報サイトです。
(ヘルスケア大学はこちらより

「ちょっと調子が悪いな」なんて感じる時に
気軽に症状をチェックしたり、正しい知識を知ることが出来る、頼りになるサイトです。

私の周りでも、体調が悪くても、「歳のせいかな・・」なんて我慢している方がいらっしゃいます。
いえいえ、もっとご自分の体を労って!とお伝えしています。
そのためには、適切なケアや正しい知識を身に付けることがとても大切だと思います。
健康があっての人生ですからー。
そんな時に参考になるサイトです。


私もこの本をじっくり読んで、自分のために、家族のために、周りの方のために
正しい知識を持って、役立てたいと思います。





[PR]
by coucouatable | 2018-06-04 08:00 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
先月のことですが
「つくりおきマイスター」養成講座を受講しました。

b0347858_22282056.jpg

最近テレビなどでも
「作り置き」がテーマの特集をよく観ます。

家族のためにも手作りのものを食べてもらいたい思いは持っているものの、
仕事や育児をしながら毎日の料理は負担だ・・
と思っている方、大勢います。

この講座では、
「つくりおき」特有の
調理の発想とテクニックを活用することで
休日の2時間を使って5日分の夕食を作れるようになる!
魔法のような「ダンドリ術」を身につけられる講座です。


私もこの講座を受けて
料理することへの違ったアプローチ方法を学びました。

料理は段取り力・・納得です!
つくりおき術を身につけて
さらなるスキルアップを目指したいと思います☆


そして講座を受けた後、提出する課題があります。
今日はその課題の1つ
「つくりおき12品」を実践しました。

完成〜♫
b0347858_22291143.jpg


12品・・ただの12品じゃありませんー
揚げたり炒めたり茹でたり、和洋中あり多種多様のメニュー。
時間の目安は2時間です。
もちろん2時間以内に作らなくてはいけない訳ではありません。
でも12品のメニューの段取りを
シミュレーションして、どこでどういう作業が必要か考えた上で
調理開始します。


用意した食材!
b0347858_22310384.jpg

さあ始めるぞ!
時計を見て、
競争ではないけれど、
なんだかゲームみたいで楽しいです♡

b0347858_22314959.jpg

完成した12品は
○茹で豚○豚の角煮○にらの白和え○きんぴらごぼう○秋刀魚のピカタ○ラタトゥイユ○キャロットラペ○酢豚○サワラのチーズ竜田揚げ○ハンバーグ○チャウダースープ○茹でブロッコリー

12品、130分で完成しました。

それぞれどんな作業があるか考えて始めましたが、
コンロを効率よく使いまわせなかった分
時間がオーバーしちゃいました。笑
次はいけそうです。←負け惜しみ?笑


夕飯はどれも食べてみたくなって、
ちょこちょこ食卓に並べました。
つくりおき派より即食べたい派なんです。笑

b0347858_22332825.jpg


つくりおきマイスターの勉強をして
とても勉強になりました。

このスキルを身につけて
2時間で5日分のバラエティーに富む作り置きメニューを揃え
お料理教室の生徒さんにも
お伝えしたいと思っています♡

作り置き=余り物
の概念ではなく、
作り置きして美味しいもの
食べる直前に一手間加えて美味しくなるもので揃えれば
かなり満足度が高いと思っています。

近々「作り置きの料理教室」も開催予定ですので
お楽しみにしていてください♪







[PR]
by coucouatable | 2017-11-19 22:38 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
スキンケア情報サイトの
「スキンケア大学」の美肌レシピ
2つレシピが掲載されました♡
(プロフィールはこちらより

「白菜とリンゴの水キムチ」
「緑黄色野菜のチョップドサラダ」です。


乳酸菌たっぷりの常備菜です。

外食が増えて野菜不足を感じたり、
肌荒れを感じた時に
腸内環境を整えてくれる、
作り置きしておくのにオススメのレシピです♪

腸内環境が良いことは、良い睡眠に繋がります。
腸で95パーセントが作られていると言われている
幸せホルモンの「セロトニン」。
昼間の日差しを浴びて、14時間後に
安眠ホルモン「メラトニン」に変わるからです。


b0347858_23575890.jpg


血行促進や疲労回復、抗酸化作用などに
効果があると言われている食材が豊富のレシピです。
アボガド、アーモンド、豚肉、バルサミコ酢・・
彩り豊かなサラダが出来ます♪


b0347858_20485644.jpg


ストレスが多いと言われている社会、
たっぷりのビタミンやミネラルを摂取して
元気に美しくありたい!ですね。







[PR]
by coucouatable | 2017-11-04 20:55 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
野菜ソムリエ協会主催の
フードプロデューサー神谷禎恵先生による
「フレッシュな柚子胡椒の楽しみ方」講座に参加しました。

b0347858_20441630.jpg

柚子胡椒は、柚子の皮、唐辛子、塩が材料です。
こしょうが入っているわけではないのに、なんで「柚子こしょう」って言うんでしょう?
私も不思議に思っていました。

九州北部では唐辛子のことを「こしょう」と言うそうです。
そうなんですねー
柚子胡椒は九州発祥の食べ物だったんです。

美味しい柚子を収穫するために摘果した青い柚子を
捨てるんではもったいないと
主婦の知恵が詰まってできたものです。

b0347858_20475689.jpg
ゴリゴリやって作っていました〜


九州北部では、普通に各家庭で手作りされてきた、なくてはならない調味料だそうです。
今こそ全国的に有名な調味料になりましたが、
私も子供の頃は知らなかったな・・。

講座ではそんなお話も伺いながら、
実際に柚子こしょうを作ってみました。

柚子こしょうも
柚子も唐辛子も旬があります!

フレッシュな香りが魅力の柚子こしょうですから
柚子も青々した、少し包丁を入れただけでも
汁がシュッとにじむような
人間の歳で言えば、18ぐらい?(笑)が
ベストな時期らしいです。
青唐辛子も若く柔らかいものが、
辛すぎずちょうど良いそうです。
この見極めが難しいですねー。

作り方は、
柚子の皮を厚めに剥き(白い部分も一緒に)、包丁で細かく刻み、フードプロッセッサーに入れ、塩と一緒に回します。(塩は16〜18パーセント)

青唐辛子は、縦半分に切り、中の種を包丁の先で取り除き、3等分ぐらいにして、塩と一緒にフードプロッセッサーにかけます。(塩は16〜18パーセント)

b0347858_20490641.jpg
包丁の先で取り除けば、
手にはつきません〜


柚子と青唐辛子の割合は
青唐辛子の辛さによるので5:1とか4:1とか3:1とか・・まちまちです。

b0347858_20451544.jpg

そしてフードプロッセッサーにかけた柚子と唐辛子を
辛さの具合を見ながら混ぜ合わせます。
最後はすり鉢ですり、粘り気が出たら完成でした♪

b0347858_20454034.jpg


唐辛子の辛さはものによって異なるので
こうして別々に作って、
合わせると言う手法は賢いですねー。

万が一唐辛子の方が余っても、
他のお料理に使えますから、
残しておけます。
例えば、ペペロンチーノとか、薬味に使うとか・・。


そして試食タイム♪
これがびっくりでしたー。

アイスクリームやクリームチーズ、
チョコレートにプリンが出てきました♡

b0347858_20461087.jpg

b0347858_20463159.jpg

柚子こしょうを乗せて食べれば、
なんと大人スイーツに大変身でした。

b0347858_20465021.jpg

乳製品に合うんです。
甘いものに合うんです。
これはいつかお料理教室でも
ご紹介したいですー。


そして神谷先生オススメの食べ方が
卵かけご飯(白身はメレンゲ)
柚子こしょうを乗せて食べると言うもの。

帰って、お土産の柚子こしょうで試してみました。
ふわっと空気を含んだメレンゲに
柚子の香りが含まれて
いつまでもふわふわと香りが残ります。
そして黄身の濃厚さとも、相性抜群!

これは美味しい食べ方ですー、納得♡

b0347858_20472313.jpg
メレンゲ立てすぎた…
もう少し緩くても良かったかな(笑)


手作りの柚子こしょうは
本当にフレッシュな香りがいのち。
市販の柚子しょうとは別物です。

香りを楽しんで、
食卓に幸せを運んでくれますー。

年によって柚子のできも違いますから
いつが旬とは言い難いらしいのですが
9月が旬だと言う話でした。

来年の9月は
絶対手作りするぞー!と心に決めています。

新しい発見や学びがあり、有意義で楽しい講座でした。
神谷先生、ありがとうございました。










[PR]
by coucouatable | 2017-10-07 08:00 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
先月の讀賣新聞の栃木版
栃木産トマトについてのコラムを掲載いただきました。

b0347858_19503672.jpg


栃木産のトマト
豊かな大地の恵みを受けて、
ハウスなどの施設も設けて
1年中生産され、一大生産地です。
夏の日差しを浴びて、たくましく元気なトマトが実っています♪

b0347858_19503726.jpg

夏野菜の代名詞であるトマト
生でも火を入れても
食べられる万能野菜です。

夏バテ防止のクエン酸
美肌効果、アンチエイジング効果のリコピン
ビタミンACEは抗酸化作用があります。

旨み成分の「グルタミン酸」だって入ってるんですよ、
これは食べなきゃ♡と思わせてくれる野菜です!


新聞には「トマトとツナの炊き込みご飯」が掲載されました。

b0347858_15540255.jpg
以前ブログでも紹介しています(レシピはこちら


お手軽で、美味しい、ちょっとイタリアンな炊き込みご飯です。
ぜひお試しください♪



[PR]
by coucouatable | 2017-08-12 07:00 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
都内は紅葉が見頃です。
ここのところ、ハルと駒沢公園に行くことが多く
ついつい紅葉とハルを一緒に撮影。
甚だ迷惑な様子のハルです・・笑

b0347858_22301548.jpg
見ほれちゃう


b0347858_22301644.jpg
早くしてくれ〜と耐えるハル♡



美しい紅葉もあっという間に終わり、
木枯らし吹く冬が来ますね・・

寒い冬を元気に乗り切るご飯といえば・・鍋です!

冬にオススメの身体に潤いを与える鍋レシピ
紹介させていただきました。
タヤ美容院の会報誌「マキアータ冬号」に掲載中です。

b0347858_22301798.jpg

ご紹介したのは
「豆乳で担々鍋」
「ふわふわ おから入り鶏団子鍋」
の2種類。

豆乳もおからも、とてもヘルシーですが
高タンパクな食材です。
女性ホルモンと同じような働きをする
イソフラボンも含まれていますので、
おすすめです。
身体とお肌にうるおいをもたらす鍋、
ぜひ試してみてください♪


b0347858_22302274.jpg

いつもの鍋とは一味違ったお鍋もいいです。
たっぷり野菜もタンパク質もとれて、身体も温まり、栄養満点!です。







[PR]
by coucouatable | 2016-12-04 22:37 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
今日は、美容室タヤグループの会報誌「マリキータ」冬号
撮影がありました。

b0347858_17264074.jpg

大好きなお鍋!の撮影でした。
テーマは「お鍋を食べて、カラダとお肌に潤いを」
12月1日発行予定です。


「マリキータ」は、タヤ美容室のお客様向けの雑誌、
高級感あふれる充実の内容です。
b0347858_17243180.jpg
こちらは今店頭にある秋号



身体が温まるレシピ2種類を提案させて頂きました♪

b0347858_17454468.jpg
豆乳とおからがメインテーマ



まずは「ふわふわ〜おから入り鶏団子鍋」

b0347858_17301180.jpg

こちらはおからが入った鶏団子
おからが入る事で、
良質なタンパク質とともに、しっかり繊維質もとれる
ぐっとヘルシーな鶏団子です。
また、食感もふわっと柔らかくなります♪

お野菜は長ネギ、白菜、きくらげです。
お鍋にすると、野菜摂取量がぐっと増えるのがいいですね。


食べ方は、ポン酢バージョンと
塩・花山椒・パクチーバージョンの2タイプをご紹介。

塩・花山椒・パクチーを薬味で頂くと、
お好きな方はドはまりするかと思います。
私もこれをやると、止まりません・・(笑)

身体にやさしい、ヘルシー鍋です。



そしてもう1つは「豆乳で坦々鍋」

b0347858_17305134.jpg

豆乳で作る手作り坦々スープです。
良質なタンパク質を含み、イソフラボンの効果も
期待したいです。
練りごまやピーナッツバターが入りますので、
ビタミンEの抗酸化作用も期待でき、
アンチエイジング鍋でもあります♪

こちらは豚肉のしゃぶしゃぶ用肉で
お野菜は水菜、えのき茸。にら、ねぎ、春雨です。



「マリキータ冬号」は12月1日発行、
タヤ美容室でご覧になれます。
(発行されたら、こちらのブログでもご案内致します♪)

どうぞタヤ美容院で美しくなられて、
さらにお鍋で
身体の中も美しく〜!
応援いたします♪





[PR]
by coucouatable | 2016-09-29 17:49 | 野菜ソムリエ | Comments(0)
野菜ソムリエの大先輩、越川純さん主催の
「泉州水なすの勉強会」に参加しました。

b0347858_23202549.jpg


「水なす」は大阪南部の泉州地区の伝統野菜。
各農家さんで種を自家採取して、
種を守りながら作り続けている、
長〜い歴史のある野菜なんです。

b0347858_23202770.jpg
つやつやぴかぴか


「水なす」とはその名の通り、水分をたっぷり蓄えたおなす。
ぎゅっと絞ると、水がしたたります!
これ本当。
皮も柔らかく、甘味があります。

アクが少なく、ジューシーな分、
生で食べるのがおすすめです。

勉強会では、生で
「水なすとイチジクのサラダ」を頂きました。

b0347858_23202810.jpg
水なすとイチジクの組み合わせもニクイです♪
塩とオリーブオイルで頂きます。
なすを食べれば、じゅわ〜っとなすの水分がお口に広がります。
甘くておいし〜♪


そして「水なすとオクラの和風サラダ」
さっと炒めた水なす、昆布塩の味付けで頂きましたが
和風の味付けにも、よく合いました♪
パスタにしてもオシャレですね。

b0347858_23202961.jpg

お土産に「泉州水なす」を頂いて帰りました。
その美味しさを知らなきゃ、
なかなか手にとらないお野菜です。

帰って、冷蔵庫になる食材で
あれやこれや水なす料理の試作をしてみました!

まずは、水なすをカナッペ風にアレンジを。


水なすをスライスした上にトッピングしたのは
モロヘイヤのおかか醤油あえ
クリームチーズとレーズン
梅みそと香味野菜(みょうがと大葉)

b0347858_23203165.jpg

「モロヘイヤのおかか醤油あえ」
とは
さっと湯がいたモロヘイヤを刻んで鰹節とだし醤油で混ぜたもの
「梅みそ」とは
梅干しの種を除きペーストにして、味噌と混ぜたもの
です。

どの組み合わせもなかなかいけますよ。
何より、水なすがジューシーなので、
さらっと食べられちゃうんです。

クラッカーやパンに乗せると、
それだでお腹いっぱいになってしまいがち。
これならヘルシーでたくさんの種類楽しめます。


b0347858_23203214.jpg
おもてなし料理に最適♪かと思います



続いて
「水なすと桃とパクチーのアジアンサラダ」

生の水なすと桃、パクチーを刻んで、
ドレッシングはツナ、ナンプラー、レモン汁、にんにくすりおろし、砂糖を混ぜました。
水なすと桃、そしてパクチーの組み合わせ、
ありです!
意外だけど、美味しい♡

b0347858_23203335.jpg


最後に、水なすとみょうがを塩麹であえました。
これも塩麹の自然な甘味が加わり、
お漬け物のように
サラダのように箸が進みます。

b0347858_23203557.jpg
1時間もして、味がしみ込めば出来上がり〜



「水なす」って、これまで、
高級野菜で敷居が高いという印象でした。
でも勉強会で学んでみて、
生で食べられるメリットを活かして
普段の食事にも取り入れられると分かりました。
ぐ〜んと身近に感じられるお野菜になりました。

春から秋まで出回る「泉州水なす」
是非、シーズン中に一度お試し下さい♪




[PR]
by coucouatable | 2016-09-16 17:49 | 野菜ソムリエ | Comments(0)