カテゴリ:料理教室( 89 )

毎年夏に行っている、
ファスティング講師の鮎田奈央海先生とのコラボレッスンを開催しました。

午前中、「腸活とファスティングセミナー」
腸の大切さ、腸内環境を整えるファスティングについてたっぷりお話頂きました。

b0347858_23032811.jpg

私も年に1回は行っているファスティング。
ファスティングとは…断食です。

と言っても酵素ドリンクを飲みながら行うので
空腹で耐えられない・・というような事態は起こりませんので。

酵素ドリンクも試飲してもらいました。
b0347858_23184260.jpg


ファスティングは、
自分の食習慣を見直すきっかけであり、胃腸の休憩にもなります。
分かっちゃいるけどやめられない食習慣をリセットし、腸に良い菌を入れてリスタートします。

私は、毎年やる度に身体の変化を感じます。
毒素が出てる感覚?あります。
もちろん、今年もスケジュールに入れています♪
暑い時期にやるのが身体的にも楽なので、毎年真夏にやっています。


鮎田先生のファスティングセミナー終了後は私の作った発酵食品フルコースランチです。
フルコースランチと言いながら、ビュッフェ形式で行いました。

b0347858_23060818.jpg

どんな発酵食品を使ったかというと
甘酒、塩麹、醤油麹、酒粕、味噌、チーズ、ヨーグルト、浜納豆(郷土の発酵食品です)


お皿に盛り付けたお料理!
b0347858_23204466.jpg

発酵食品三昧のお料理、生徒さんにはとても喜んでいただけました。

うんうん、胃腸が喜んでいる感じ、
いくら食べてももたれない、
そんなマイルドな仕上がりに完成しました。

少し紹介をすると…

甘酒で作った、三五八漬け風の漬物
小メロンと水ナス、人参で。
b0347858_23073004.jpg


ヨーグルトで漬けた中華風ポークソテー
五香粉の香りもポイントです!
b0347858_23074251.jpg


豆腐のサラダ
ドレッシングは自家製梅味噌ドレッシング

春に漬けた梅味噌を使ってみました。
酸味が柔らかくて美味しい♪
b0347858_23085962.jpg


酒粕ビューティーディップ
酒粕の香り、大丈夫かな?好みもあると思いましたが、みなさん完食♪
メープルシロップの甘みが女性好みに。

b0347858_23111960.jpg


ひじきと切り干し大根の胡麻和え
甘酒を調味料として使いました。

b0347858_23131376.jpg


きゅうりと長ネギと浜納豆炒め
浜納豆という浜松の発酵食品を使いました。
浜納豆は、大豆食品。中華のトウチのようなお味なので、花山椒と一緒に辛めに炒め合わせました。

b0347858_23132290.jpg

揚げ野菜の味噌トマトソース和え
私の大好物で定番メニュー。
生のトマトで作った酸味が残る甘みのあるソース⁈がたまりません〜。

b0347858_23152090.jpg



b0347858_23232585.jpg

デザートは甘酒プリン
胡麻ソースを添えて。
甘酒プリンの砂糖はゼロ。
甘酒の甘みのみで十分な甘みが引き出されます。
b0347858_23171621.jpg


7月のこのコラボレッスンが終わると夏休みに入ります。
仕事三昧の鮎田先生からはめちゃ羨ましがられましたが・・
料理教室は秋からまた再開します。

お休みの間に溜まっている雑用、断捨離、料理研究、旅・・・
やらなきゃならないこと、やりたいこと諸々片付けたいです。

ブログは、まったり続きますので、引き続き、よろしくお願いします。


by coucouatable | 2019-07-23 23:34 | 料理教室 | Comments(0)
つくりおきの料理教室

休日の40分で4品作れる時短メニューと
ほぼ3分間クッキングメニュー
合わせて12品を紹介しました。

b0347858_21094148.jpg

「簡単すぎてごめんなさい」レシピでしたが、
これが忙しいワーキングママたちには「待ってました♡」とウケました。


今回はずらっと並べてビュッフェ形式に食事タイム♪

b0347858_21223383.jpg


「どれが今日一だったか」尋ねるのが楽しみでした。
12品のうち、1票も入らなかったメニューがあったら反省ものだと思っていましたが
なんと全て1票は入りホッとしました。

中でも人気だったメニューが、これらです。

「豚しゃぶサラダ 梅かつお風味」
b0347858_21020960.jpg

豚しゃぶを茹でて、新玉ねぎ、ミョウガと一緒に梅かつお風味の出汁につけるというものでした。
ポン酢ばかりでは飽きます、たまにはこんなアレンジも美味しいです。
また新玉ねぎの旨味が全体に行き渡るのも美味しい秘訣です。


「豆苗とえのき茸の甘麹ゴマくるみ和え」
b0347858_21022869.jpg

こちらも私のお馴染みメニューの1つですが、甘みを甘酒でとり、胡麻和えを作りました。
自然な甘みとゴマの香り、くるみのアクセント、美味しいです♪


「枝豆とクリームチーズのおかか醤油あえ」
b0347858_21033329.jpg

こちらは家庭での再現率ナンバー1だったかもしれません。
枝豆の新しい食べ方の提案でもあり、めちゃくちゃ手軽で、食卓にあげれば小洒落た一品です。
聞いただけで間違いない美味しさと実感しますよね。


「アボガドと新玉ねぎと粒マスタード和え」

b0347858_21040598.jpg

こちらも、アボガドの新しい食べ方だと喜んで頂けました。
アボガド自体がもう美味しいですからね〜アボガドさまさまですわ(笑)
新玉、粒マスタードの甘めのドレッシングとよくマッチしていました。


「サバ缶とキュウリとすりごまの味噌汁」

b0347858_21050332.jpg

これはもう大体の生徒さんから大人気。
鯖苦手だったけど食べられた・・という嬉しい感想も。
サバ缶って美味しいですから、
でも美味しいサバ缶を買ってくださいね。
冷や汁にしてもとても美味しいので、教室では冷や汁としてご飯にかけて頂きました。


挙げるとどれもこれもとなってきましたが・・・

そのほかのメニューを紹介すると・・・
「ささみとズッキーニのわさび醤油マリネ」

b0347858_21061047.jpg
ささみがふっくらとさっぱりといただけるメニューです


魚の塩麹にんにく焼き
b0347858_21072971.jpg
つけて焼くだけの超おすすめレシピです


オクラとトマトのクミンソテー
b0347858_21074853.jpg
簡単にエスニックを楽しめる一例です


ゴーヤとちりめんじゃこの焼きナムル
b0347858_21082414.jpg
下処理なしのゴーヤも苦味を抑えて作れる秘訣があります


海老とインゲンのマヨチリ炒め
b0347858_21084347.jpg
市販のチリソースを使ってお手軽エスニック


豆もやしとトマトのコチジャン和え
b0347858_21092479.jpg
豆もやしを袋ごとレンジでチン!して作る時短レシピです


チキンのココナッツソテー
b0347858_21233210.jpg
余ったつけダレで野菜ソテーもできるのがツボでした♪


たくさんのレシピを紹介できましたが
みんな美味しいです〜♪
そんな声をいただけ、幸せを感じました。

どうぞご家庭に帰って、家族の皆さんに作って差し上げてください。
普段の台所仕事が少しでも楽になりますよう、少しでも楽しいと感じてもらえますよう、
それに伴って家族の健康度が増しますよう、
そんな思いでおります。

たくさんの生徒さん、ご参加ありがとうございました。


b0347858_21254633.jpg
デザートは大人のフルーツゼリーでした♪

by coucouatable | 2019-07-15 21:32 | 料理教室 | Comments(0)
つくりおきの料理教室を開催しました。

b0347858_23581853.jpg


b0347858_23595193.jpg


b0347858_00001505.jpg


6日間に渡る開催でしたが、毎日満員御礼。
たくさんの生徒さんにご参加頂けました。
ありがとうございました!!


夏のつくりおきは、コンロに立つ時間が短い、冷やして食べても美味しいメニューを紹介しました。
そして、休日の40分で、2日分のつくりおき料理4品を作る!というコンセプト、
さらにほぼ3分間クッキングのメニューも加え、合計12品のレシピを紹介しました。
今年のつくりおき料理教室は、これまで以上にシンプル。


b0347858_23562104.jpg

つくりおき料理教室は、調理の実習よりも座学がメイン。
座学の後は、最終仕上げのみお願いして、たくさんの作り置き料理の試食が出来ます♪
(これも皆さんに喜ばれる所以)

始まる前の教室の風景
b0347858_23563893.jpg



座学では・・
「美味しいつくりおき料理ってどんなメニューか」
「傷みやすいこの季節、どうやって保存する?」
「保存容器のチョイスは、どう食べたいかで決める」
「短時間で多品目を作る秘訣って」
「食品ロスをなくす調理法」
「1品が2品になるアレンジメニューって?」
などなど。
今回もお伝えしたいこと、もりもりでした。


そのうちの1つを紹介しますね♪
「保存容器の選び方」について。
皆さんはどうやって保存容器を選んでいますか?

保存容器はプラスチック、ホーロー、耐熱ガラス、アルミ、ジッパー付き袋など様々。
それぞれ長所短所が有ります。
私は保存容器を選ぶ際、それぞれの長所を活かして、活用するよう心がけています。

例えば、つくり置いたものを温めて食べたい場合。
私は、電子レンジで温めようと思っているものは「耐熱ガラス」の容器に入れます。
耐熱容器は電子レンジも使える上、油、匂い、色などがつきにくく、衛生的に使えるというメリットがあります。
総合的に考えると、耐熱ガラスをすすめています。

そのほか、煮込み系などの場合は「ホーロー」の容器もおすすめです。
野田琺瑯などは、直火にかけられるというメリットがあります。
そのメリットを活かして火にかけて食べたいものは「ホーロー」に保存するのも良いと思います。

「アルミ」などの保存容器のメリットはすぐ冷えること。
素早く余熱をとりたい場合にも向いています。
また冷たくして食べたいものを保存する場合はおすすめです。
冷やして食べるつくりおきは「アルミ」に保存します。

「プラスチック製」の保存容器については、軽くて手軽ですが、油汚れ、色移り、匂いが取れにくいなどのデメリットも多いです。
また温めた場合、環境ホルモンの危険性などを加味して、
私の使い方は、茹でた野菜を保存するなど素材の保存などに限って使っています。

ジッパー付きの袋については、場所をとらないというメリットを利用して、
西京漬け、麹で漬けるなどの肉や魚の保存に使っています。

そんな話を交えながら「つくりおき料理教室」は進みます。


最後の試食タイムはビュッフェ形式です。

b0347858_23552195.jpg



b0347858_00010005.jpg

b0347858_00011965.jpg

b0347858_00020043.jpg
どれも美味しい〜
紹介したつくりおきメニューについては次回のブログで紹介したいと思います。

続く









by coucouatable | 2019-07-14 09:44 | 料理教室 | Comments(0)
春の料理教室も終盤です。

新玉ねぎ、トウモロコシ、なす、きゅうり、トマト・・・夏野菜たっぷりの料理を紹介しています。
以前のブログでメニューの一つの玉ねぎ料理3種盛りについて紹介しましたが、


今回のメインは「チリコンカンサラダ飯」

b0347858_16085296.jpg

十六穀米を入れつつ、豆よりもお肉たっぷりのチリコンカンにたっぷりお野菜を加えて、普段のおうちごはんも、カフェ風にアレンジしました。
「濃い味のイメージだったけど優しい味付けで食べやすい」
「まぜまぜすると美味しい〜」
と大好評です♪

しかも簡単であっという間にできるのも、
作り置き料理になる点でも、
主婦目線から大人気です。

でもチリコンカンを作る上で重要なポイントが・・
ひき肉は自分でひきましょう!とアドバイスさせて頂いています。

今回は合挽きにします。
b0347858_16094845.jpg

市販のひき肉はどんなお肉が使われているか明確ではありません。
また脂がとっても多いです。
美味しくヘルシーに作りたいなら、フードプロセッサーでお肉をひくことを勧めています。
特別に良い部位でなくて構いません。
「細切れ」「切り落とし」などをひきます。

b0347858_16103681.jpg

手作りひき肉で調理すれば、肉の味をしっかり味わっていただけていると思います♡
簡単な調理方法でも、素材はこだわるべきですね。

その他のメニューは、揚げなすときゅうりドレッシング
すりおろしきゅうりを使って、揚げなすをさっぱりアレンジ♪
b0347858_16105647.jpg

トウモロコシと卵のスープ
コーンのお出汁たっぷりで、コーンの甘みが際立ちます♪
b0347858_16130943.jpg


料理の紹介の他に「プチ栄養セミナー」の時間を少し設けています。

今回のテーマは「むくみ」について。
歳を重ねるごとに「むくみ」を感じる今日この頃。

仕事で座りっぱなし、立ちっぱなしだとむくみませんか?
朝起きたら、枕カバーの跡、ついてたりしませんか?

そのむくみの正体とその対策についてお話ししています。

なんでむくむか、
人間の体は・・
心臓から送り出した酸素、栄養を細胞が取り入れます。
細胞が排出した二酸化炭素や老廃物は、静脈やリンパ管を通して心臓に戻ってくるのですが、それが戻れず、皮膚の下に溜まった状態、これがむくみです。

そこで、むくみの原因の1つは「血流」というところに焦点を当てて、
「血を作る、増やす、流す!」というポイントで、アドバイスさせて頂いています。

日本人女性の大方はタンパク質、鉄分不足です。

血を作るためには、しっかりタンパク質、鉄分を摂らなくてはいけません。
効率よく摂取できるのは植物性より動物性。
そしてまた摂取したつもりの必要な栄養素も、しっかり消化吸収出来ていなければ意味がありません。
あなたの胃腸、しっかり休めていますか?
そんな話をしています。

また、血を増やすためにも、早寝早起きの習慣づけの大切さをお話し、
また血流を良くするために、身体を温める食材の紹介などもしています。

料理教室については伝えたいこと多すぎです。
またチャンスがあればお知らせしたいと思います。

まもなく春の教室も終わりです。
翌週からはつくりおきの料理教室が始まります。
こちらもお楽しみにどうぞ♡

b0347858_22115841.jpg

by coucouatable | 2019-06-24 22:39 | 料理教室 | Comments(0)
春の料理教室開催中です。
(料理教室についてのお問い合わせはこちらへ)

b0347858_22115841.jpg

今回も伝えたいことがありすぎて・・・
(何回かに分けて料理教室の紹介します)

まずは・・
新玉ねぎが旬です。
今回のメニューの1つ「玉ねぎ料理の3種盛り

b0347858_22122538.jpg

新玉ねぎは神奈川県のブランド野菜「下中玉ねぎ」です。

b0347858_22125734.jpg

b0347858_22133797.jpg

「うるしやファーム」さんの新玉ねぎは無肥料、無農薬。
野菜の成長をゆっくりじっくり見守る、そんな栽培方法をしてる素晴らしい農家さんです。

b0347858_22140752.jpg

お味の方は、もちろん甘い!みずみずしい!美味しい!
生で食べるのは苦手で・・とおっしゃる方も、この玉ねぎならパクパクいけてます。
それだけ美味しい新玉ねぎです。

その新玉ねぎを
「青のりオニオンリングフライ」

b0347858_22142867.jpg

「ポン酢漬け」

b0347858_22145083.jpg

「ヨーグルトドレッシング和え」

b0347858_22150131.jpg

で紹介しています。

どれも美味しいー。

オニオンリングフライは、いつも簡単クッキングが基本の我が教室でもやや手がかかる工程。

b0347858_22171161.jpg

でも食べてみたら、「うーん、美味しい。作ってみる!」と。

火を通すとグッと甘みが増します。
そしてほんのり塩味の外のカリカリ食感がたまりません。


ポン酢漬けは、生徒さんがお家に帰られてすぐ復習した率ナンバー1です。
簡単な上に美味しく常備菜になります。


そしてヨーグルトドレッシング和えも、大人気。
チーズのような味わいがウケました。


玉ねぎは、「硫化アリル」という成分があり、血液サラサラ効果で生活習慣病予防に!
「ケルセチン」という成分からは、抗酸化が期待できます。シミシワ対策に!!
殺菌性も高く、体を温め、風邪予防にも!!
良いことずくめの野菜です♪
旬の新玉ねぎ、もりもり食べて欲しいです♪

その他、これから旬となる夏野菜が盛りだくさんです。
b0347858_22161716.jpg

b0347858_22183821.jpg

春の料理教室は今月末まで続きます。
教室が始まるとキュキュッと気持ちが引き締まります。
生徒さんに喜んでいただき、お家でリピートしてもらえるよう頑張ります♪





by coucouatable | 2019-06-02 22:23 | 料理教室 | Comments(0)
6日間開催した、
「おからで作る味噌作り教室」無事終了いたしました。

たくさんの生徒さんに参加頂き、これまでにない体験で面白かったと大盛況でした。

糀やおからの香りに癒されて、気持ちも和んだところで・・お昼ご飯です!
じゃ〜ん!!

b0347858_21273269.jpg

ランチプレート全て、今回レッスンに関係ある食材を使っています。
おから味噌、おから、豆腐、豆乳・・・。


メインは豆乳タンタン麺!
ピリ辛のそぼろと台湾の香りが食欲をそそります〜♪

b0347858_21285784.jpg


ランチプレートに並ぶは6品。

アボガト豆乳スープ
安達屋さんの厚揚げに くるみ味噌
人参・おからマッシュ
ウドと菜の花の酢味噌和え
ふきのとう味噌入り 雑穀おにぎり
揚げ野菜のトマト味噌ソース和え

b0347858_21283790.jpg


なんてヘルシーなんでしょう・・と
今日はお腹も綺麗☆になりましたと喜んで頂けました。

食べながら、次々に出る質問
「どうやって作るんですか〜?」

「それはね・・蒸して、塩と練りゴマと・・混ぜるだけ」
「豆乳とミキサーにかけるだけ」
「茹でて、甘酒と・・あえるだけ」

答えながら、我ながらなんてシンプルなんでしょう・・と笑えました。

素材や調味料を吟味すれば、シンプルな調理で十分美味しく出来上がりますから。

毎日食事を用意する身にとって、「シンプルで美味しい!」が一番だと思っています。

b0347858_21361297.jpg


b0347858_21352848.jpg


帰ってから
「人参おからマッシュ」つくれぽが一番多かったです。

生徒さんから、届いたつくれぽです。↓

b0347858_21321056.jpg


こちらは全品、料理教室の復習メニューでした!
b0347858_21325071.jpg

人参、おからマッシュも、ご家庭での定番メニューに育ってくれたら嬉しいです。


作っていただいたおから味噌は6ヶ月以上常温保存します。

b0347858_21333442.jpg

透明の袋に入れていますので、発酵の様子が目でも楽しめるのも利点です。

半年先、1年先、どんなお味噌になるか、とても楽しみです♪

ご家庭でも、おからの再活用で、
混ぜて作るだけで出来上がる、おから味噌、
作って頂けたら嬉しいです。

沢山のご参加ありがとうございました。

b0347858_21463216.jpg














by coucouatable | 2019-03-31 21:52 | 料理教室 | Comments(0)
冬の料理教室が終わり、
続いて「おから味噌の教室」を開催しています。

b0347858_22444050.jpg

「おから味噌」って何でしょう?

なんと、おからで味噌が作れるんです。

おから味噌の最大のメリットは
「火を使わない」「混ぜるだけ」で完成すること。

通常の味噌作りは、大豆を浸して、蒸して、潰すという工程がありますが、その必要がない、手軽にできる味噌作りです。
しかも美味しい味噌ができるんですよ♪

b0347858_22454324.jpg
左が米麹、右が麦糀で作ったおから味噌


b0347858_22533442.jpg
左から右へ熟成が進んでいる過程などもお見せしています


おからの主な用途は、主に飼料、肥料で、食用は何と1%だそうです。
そして残りは産業廃棄物として捨てられているのが現状です。

それは勿体無い〜まさに主婦目線の味噌作りです。

昨年末に受けました「おから再活プロデューサー」の勉強や実習を経て、「おから味噌」を紹介しました。


使用した材料ですが・・
まずは「おから」

b0347858_22475359.jpg

地元のお豆腐屋さんのしぼりたてのおからを使うことにしました。

駒澤大学駅そばの「安達屋さん」のおからと豆乳をオーダー。
毎朝、安達屋さんに搾りたてのおからと豆乳を仕入れに行っています。
お店の方の優しい素朴な人柄に癒されています♪

b0347858_22482182.jpg

こちらのお豆腐は、佐賀産「フクユタカ」を使っています。
100%国産大豆の豆腐は貴重です。
とっても美味しいですよ♪

おからもふわふわ。香りも良くて、お豆腐の味がします。
生徒さんにも試食してもらっていますが、これだけで食べらる!と大好評です。

豆乳ももちろん濃厚で甘いです。
おから味噌作りの後、この豆乳を使ってランチを作りましたが、これまた美味しくできるんですよ。


続いて「糀」
横浜市瀬谷区の糀屋「川口さん」米麹をオーダーしました。

b0347858_22485074.jpg

職人気質の川口さんの作る糀は日本一!
こだわりの麹菌を使用した、発酵の力が強い、香り高い糀です。
生徒さんも糀の香りを浴びた瞬間、
そのパワーや香りにノックアウト〜でした。笑

塩はおなじみの「赤穂の天塩」を利用しました。


糀をほぐして、塩を混ぜて、おからや豆乳を混ぜます。
b0347858_22491994.jpg

泥団子を作るように団子を作ります。

b0347858_22503643.jpg

親子連れの生徒さんもご参加頂きました。
親子で味噌作り〜
その光景が微笑ましくて、何故か涙ぐむのは歳のせいかな…笑

b0347858_22520007.jpg

最後はその団子をギュギュッとパックに詰めるだけ。

b0347858_22522025.jpg

簡単ですー!!


皆さん、おからの香り、糀の香りに癒され、
手でまぜまぜしながら、優しい感触にまた癒され、ほっこり気分で味噌作りが進行しました。

最後におから味噌たちの記念写真。
作り手の違いで個性豊かなお味噌に育ちます。

b0347858_22583325.jpg


味噌作りで大切なこと!
手に浮いている常在菌を入れることをオススメしています。
自分の常在菌を入れることで自分の免疫力アップが期待できます。
またお母さんの持つ常在菌はお子さんも持っているはず、ご家族の免疫力アップにも繋がるというわけです。
お母さんの手作り味噌に敵うものはないって事ですね。

なので、怖がらずに、素手でまぜまぜ、にぎにぎしていただきましたよ♪



あっという間におから味噌は出来上がりました。
この手軽さが魅力です。
是非ご家庭でも、作ってもらえたら嬉しいです。


可愛いお味噌、これから最低6ヶ月は熟成が必要です。
私は、熟成が進んだお味噌が好みなので、1年は置きます。

皆さん待ち遠しい〜と仰っていました。
良い子に育ててくださいませ。


お味噌作りの後は、おから味噌などを使ったヘルシーランチを楽しんでいただきました。


b0347858_22594241.jpg


ブログ、つづきます。






by coucouatable | 2019-03-29 22:42 | 料理教室 | Comments(0)
冬の料理教室が2月から始まりましたが、はやいもので終わりに近づいてきました。
(料理教室についてのお問い合わせはこちらへ

今回教室で使わせていただいているお野菜の一部は、湖西市のオーガニック農家さんから取り寄せたものです。

こちらが「MARU FARM」さんのお野菜。
江戸循環農法という栽培方法で作った無農薬野菜です。

b0347858_16172653.jpg

届いたダンボール箱に、手書きのイラストが!
なんともほっこり、思わず頬が緩み、優しい気持ちになります。

何事もデジタル化する時代に、手書きは貴重です♡
手間暇かけて大切に育てたお野菜たち、大切にいただきましょう♡と思いが募ります。


今回は、主に、切り干し大根、大根、にんにく、じゃがいもを使います。

b0347858_16181752.jpg


切り干し大根は、無農薬の大根を天日干しにした手作り、これは貴重!
赤い大根が入っているのですが、これは紅芯大根です。
ピンク色が、料理に彩りを与えてくれます。

b0347858_16191974.jpg

こちらの切り干し大根は、水戻し不要なので、そのまま食べられます。
生徒さんに、まず試食してもらいますが、みなさん口々に「甘い〜♪」と。
かなりの人気です。


切り干し大根って地味な存在ですが・・・
ここでは大人気〜☆
「この切り干し大根注文したい!」との声が沢山聞かれます。


その切り干し大根を使った料理はこちらです。
「切り干し大根とひじきの梅とろろあえ」

b0347858_16204239.jpg

甘酸っぱい梅の香りに「美味しい」と感嘆!
そして「今日早速作ろう」と。
作り方、簡単すぎなんで、すぐ作れちゃうのも嬉しいですよね。


また「MARU FARM」さんの野菜以外に、
湖西市の夏目さんのさつまいもも使わせて頂いています。
こちらも無農薬のべにはるか。

b0347858_16213581.jpg

ねっとり甘くて、さつまいもの美味しさもみなさん口にします。

こちらは野菜のステーキにしました。
野菜は分厚く切ってステーキにしますので、ごまかしは効きません。
野菜の味で勝負!!

b0347858_16215687.jpg

味付けが塩麹や醤油麹なので、野菜の美味しさが際立ちます。
こちらも大人気でした。

b0347858_16221050.jpg

醤油麹や塩麹も万能調味料。
こちらもステーキに使ったら、大好評でした♡

「料理教室からの帰りに麹を買って、早速仕込みました!」なんて話も沢山聞いています。

作り方、使い方などの話はまたの機会にできればと思います。


料理教室も、3月下旬まであとわずかですが、
最後までしっかり、食の大切さ、美味しさ、楽しさ、お伝えできるよう、頑張ります♪

b0347858_16233873.jpg













by coucouatable | 2019-03-10 10:11 | 料理教室 | Comments(0)
冬の料理教室が始まりました。
(料理教室についてのお問い合わせはこちらへ

この季節恒例になりましたが、冬の料理教室では「お鍋料理」が1品入ります。
今年のお鍋は「カムジャタン鍋」

b0347858_21533878.jpg

ご存知ですか?
韓国のお鍋で、骨つきの豚肉とじゃがいもを煮込んだ鍋です。

去年友人と行った韓国でも食べてきました。
お肉がホロホロ、じゃがいもがホクホク、スープは骨から出た旨味でとても美味しかったです。
食べた瞬間、この味、日本人ウケする〜♪と思いました。
辛味も強くなく、食べやすいお味です。

そんなお鍋を紹介しています。
その他、3品の野菜の副菜もあります!

b0347858_21551953.jpg


そして「プチ栄養講座」は「美肌」がテーマ。
お鍋の魅力に迫ります!
お鍋にはいろんな美肌に繋がる要素があります。

例えば「ビタミンACE」や野菜のもつ「フィトケミカル」
これらは抗酸化力の強いものたちです。

色の濃い野菜などに多く含まれていますので、
色の濃い野菜を意識して摂ることが大切です。

そこで、「食卓をカラフルに彩る」ことで、自然に栄養のバランスが良くなり
自然と体調も整えられていくと思います。

b0347858_21590303.jpg

今回のお鍋以外のメニューの1つが
「五色の野菜ステーキ」です。

五色って何色でしょう?
赤・白・緑・黄・黒です。

今回は、赤い野菜代表でトマト、
白い野菜代表で大根、
緑の野菜代表はスナップエンドウ、
黄色い野菜代表でさつまいも、
黒い野菜代表で椎茸

をステーキにして、塩麹と醤油麹で味付けしています。
弱火でじっくり焼いた野菜のステーキは、甘みがあって美味しいです。
また発酵食品の「塩麹」「醤油麹」も手軽に使えるシンプルな調理法です。

毎日の食卓でも、5色揃うように献立を立てられたらとても良いと思いますよ♪

料理教室については・・話したいことがいっぱいです(笑)
冬の料理教室については、またブログで紹介したいと思います。

b0347858_21581954.jpg
カムジャタン鍋の野菜は、じゃがいもの他に、もやしとニラが入ります。
そして、シメは…ラーメン!にしました♡









by coucouatable | 2019-02-10 22:02 | 料理教室 | Comments(0)
白金台と茅ヶ崎でデコパージュの教室を主催されているHIROKO先生とのコラボ企画

「デコパージュで作るお雛様飾り(兜飾り)
と発酵ランチの会」

素敵にお飾りが完成し、充実感いっぱいのところで・・午後の部は、
発酵ランチを召し上がっていただきました。

b0347858_22134027.jpg


用意した発酵ランチは全11品!です。

・酒粕でビューティーディップ

b0347858_22140102.jpg

酒粕はアミノ酸、ペプチド、ビタミン、酵母などたくさんの美容成分を含んだ食品です。
これを食べればきっと体の中からビューティーになれる!
そんなビューティーディップを作りました。


・酒粕で鮭と根菜の粕汁

なんとこれは写真を撮り忘れるという大失態。
この粕汁がとても美味しく出来て、大好評でした。
実は私もこれが一番好きだった〜
いつか紹介します。


・塩麹で長ネギとちくわ炒め

b0347858_22145428.jpg

これは麹屋さんのレシピを参考に作りました。
シンプルで美味しいです♪


・塩麹で鶏のカレー唐揚げ

b0347858_22153288.jpg

塩麹とにんにくで漬けた鶏胸肉をカレー粉をまぶし、米粉で揚げました。
とても評判良く、早速作りました♪という声も聞きました。嬉しいです。


・塩麹で五穀米にぎり

b0347858_22161793.jpg

塩麹を入れて炊いたご飯。
ふっくら甘みが出ます。


・醤油麹でサーモンとアボガド納豆サラダ

b0347858_22165598.jpg

醤油麹はドレッシングに重宝する食材です。
醤油麹一つで、まろやかな深い味わいに仕上がります。


・甘酒でべったら漬け

b0347858_22163542.jpg

甘酒で即席べったら漬けが出来ますよ。


・甘酒で白菜とりんごの水キムチ

b0347858_22172259.jpg

乳酸菌たっぷりの水キムチは、汁ごと飲んでくださいねとお話ししました。


・キムチとチーズで 豚・チーズ・キムチ・トッポギ

b0347858_22174342.jpg
チーズとキムチ、これも不動の人気の味!


・ヨーグルトでさつまいもとささみのサラダ

b0347858_22155821.jpg

水切りヨーグルトを使ってドレッシングを作りました。
水切りヨーグルトさえ準備しておけば、簡単にドレッシングに変身です。


・酒粕パウンドケーキ

b0347858_22150985.jpg

酒粕を入れてシンプルなパウンドケーキを作りました。
とてもヘルシーですが、コクがあって美味しかったです。


酒粕のレシピがいくつか登場しました。
これまで「酒粕苦手です」という声をちらほら聞くことがあったので、
果たしてみなさん食べられるか?
心配でしたが、杞憂に終わりましたよ。
みなさん、美味しい♪と完食してくださいました。

酒粕も、上手に使えば、香りや旨味を十分活かせます。
発酵食品の中でも、酒粕はお勧めできる美容に良い食品、ご家庭でも活用して欲しいです。


b0347858_22194552.jpg


こうしてコラボレッスンも満員御礼!
無事、終了しました。

「3月3日まだ先だけどもう飾ります♪」
「5月5日、随分先だけど飾っちゃう♡」
とみなさんニコニコ笑顔で帰られました。

ひな祭りが近づいたら、
女の子がいる家も、いない家も
女子なら自分の為にも
雛飾り、置いてくださいね♪

兜飾りも同じように。
季節を感じられる事は幸せな事です。

部屋の片隅に飾ってもらい、
ふとした視線に入った時には、ほっこり優しい気持ちになれるはずです。
そんな癒しの時間になれば嬉しいです。

b0347858_22202347.jpg






by coucouatable | 2019-01-25 08:00 | 料理教室 | Comments(0)