カテゴリ:料理( 248 )

でっかい栗で 栗ご飯♪

秋の味覚、栗!!
1年に一度は味わいたい旬の味覚です♡

なんと嬉しいことに、プリプリの〜大きな栗を頂きました!
b0347858_22535298.jpg


渋皮煮に挑戦!
と行きたいところでしたが、断念し…
栗ご飯を作りました。

大きい栗だから、手早くできるかな?・・と思いましたが、やはり時間がかかります。

栗の皮を剥きやすくするために、まず2時間ぐらい水につけておきました。

それから栗の下の部分を包丁で切り、手で皮を剥きます。
すると渋皮がついた栗になります。

b0347858_22542814.jpg

ここから包丁で渋皮を剥きます。
手が滑って包丁で手を切る危険性大!ですから
十分注意が必要です。
剥いた栗はアクで黒っぽくなって来ますから、水に入れて行きます。

b0347858_22544741.jpg

やっと栗が剥けたー!!
1年に1度しか作らない作業ゆえ、慣れなくて
時計を見れば、ここまで約1時間・・。

そして栗ご飯の準備です。

①うるち米2合にもち米1合を足して、洗ってからざるにあげます(30分)

②炊飯器に上記のお米を入れ、昆布出汁、酒大さじ1、塩小さじ1と1/2を入れて、3合の目盛に合わせます。

③栗を入れて、炊飯ボタンを押します。
(栗の分量は皮のついた状態で600gでした)
b0347858_22551206.jpg

④炊き上がったら、栗を潰さないように、混ぜ合わせます。

b0347858_22552709.jpg



大きな栗をまるまる使って、なんと贅沢な栗ご飯が完成しました!

b0347858_22554493.jpg


「栗大きすぎじゃね?」と息子に指摘されましたが・・
栗をめちゃくちゃアピールした栗ご飯となりました(笑)

栗は甘みがあってホクホク、、
お米はもち米を入れたおかげでもちもち。
とても美味しく完成しました♪

1年に1度、季節を感じる栗ご飯、やや時間はかかりますが、出来上がった時の達成感は半端ないですよ、お薦めします♪







[PR]
by coucouatable | 2018-10-28 08:00 | 料理 | Comments(0)
おでんの季節になりました♪

「今日はおでんにしよう!」と
今シーズン初おでんの日は、何故かテンション上がります。

b0347858_19442921.jpg

今日はおでんの具に自家製つみれを入れました。
手がかかりそうに見えますが、そうでもないですよ。

まず、イワシは魚屋さんに3枚におろしてもらいます。
今日は、魚屋さんに「つみれはすり鉢で混ぜなきゃダメだよ、粘りを出さないとね!」
とアドバイスされたので・・・
普段はフードプロセッサーで砕いていましたが、すり鉢で作ってみました。


すり鉢に3枚におろしてもらったイワシをゴリゴリやってみると・・
あっという間に簡単に潰れて、粘り気が出てきました。

b0347858_19450744.jpg

イワシ3尾を潰してすって、
鳥のひき肉80g、長ネギみじん切り、生姜みじん切り、味噌大さじ1を加えます。

b0347858_19452881.jpg

簡単ですよ♪
新鮮なイワシで作れば臭みもなし、添加物もなしで、美味しいつみれができます。
鶏肉を加えることで弾力が出て、柔らかすぎないつみれが出来ます。


今日のおでんは
大根、ソーセージ、玉子、練り物、こんにゃく、つみれ、小松菜でした。
スープは昆布だしでつくりましたが、つみれのいいお出汁が出て、美味しいスープになりました。
その他の調味料は、酒、みりん、塩、醤油のみ。

b0347858_19455941.jpg


もう一つ他に、すり鉢で作ったことのメリットがありました。
洗い物が楽ということ!
フードプロセッサーは使った後の洗い物が面倒ですよね。

美味しいつみれご出来る上に、洗い物も楽なんて♡
これからは、つみれはすり鉢で作ろうと思いました。
魚屋さん、ありがとう〜♪




[PR]
by coucouatable | 2018-10-22 08:00 | 料理 | Comments(0)
美味しい調味料があると、
調理に手をかけなくても、普段と一味違う、美味しい料理が楽しめます。

料理教室でも声を大にして言っていますが・・
調味料は吟味して、品質の良いものを選んで使いたい♪です。

先日、知り合いの方から、
「美味しくてハマっている〜ぜひ試してみて!」「ガーリック油」を頂きました。

b0347858_23115408.jpg

ラベルを見れば、日本野菜ソムリエ協会主催の調味料選手権(2013年)でも、最優秀賞を取ったオイルでした!

オリーブオイルと国産にんにくのみが原材料というのも良いですね。

舐めてみると、ガーリックの香ばしい香りが広がります。
まるでペペロンチーノを食べてるみたい♡というのが最初の感想!

炒め物にも使えるし、サラダのドレッシングにもなりそう、パスタにあえても美味しそう…
色々な場面で活躍しそうです。

知り合いの方は、だし醤油と合わせて、
最近は何にでもかけて食べている!(笑)
とおっしゃっていましたが、それは絶対美味しい♬はずです。


今日は、恵比寿のファーマーズマーケットへお出かけしたので、おしゃれな野菜をゲットできました。
b0347858_23135667.jpg

恵比寿のファーマーズマーケットは、こじんまりとしていますが、こだわりの野菜や調味料などが並んでいます。


まず最初に目についたのは「ジンジャーエールスタンド」の「ジンジャーシロップ」

b0347858_23275776.jpg

ピリッと辛口で香りの良いシロップを試飲させて頂き、ポカポカ・・即買い!
これからの季節、お湯で割って頂いて、身体を温めたい〜と思います♡


次に、八百屋さんに立ち寄ると…
旬ですね、有機栽培のマッシュルーム!

b0347858_23160391.jpg

試食してみると、香りも濃いし、肉質もしっかりしていました。
ルッコラも一緒に購入して、サラダにすることにしました。


帰ってから・・・
「ガーリック油」の登場です!
刻んだルッコラ、マッシュルームに塩・胡椒を少し振って、ガーリック油をかけるだけ。
激ウマでした〜。

b0347858_23164827.jpg

「ガーリック油」1本あれば、当面ドレッシング要らずです。
だし醤油と合わせてドレッシングにするのもやってみますー。


美味しい調味料に出会えると、食事が楽しくなりますね♡
しかも、時短にもつながるのが嬉しいです。
これからも、色々な使い方でご紹介したいと思います。




[PR]
by coucouatable | 2018-10-18 23:32 | 料理 | Comments(0)
秋刀魚〜♡私の大好物です。
いや日本人ならみんな大好き!

先日、「秋刀魚フライ」をご紹介したばかりですが、
またお魚屋さんでお手軽価格でして・・
今日は「秋刀魚の炊き込みご飯」を作りました。

b0347858_21571766.jpg

骨から身をほぐすという作業があるので
やや手がかかりますが、とっても美味しいので、この時期一度はチャレンジしてみてはどうでしょう!?

秋刀魚の炊き込みご飯

●材料
米  3合
出汁(鰹節) 適量
酒 大さじ2
塩 小さじ1
薄口醤油 大さじ1

秋刀魚 2尾
生姜 1かけ(千切り)

青ネギ 2〜3本
すだち 2個(あれば)
ミョウガ 1本(あれば)

●作り方
1、米は研いでザルにあげる

2、秋刀魚は頭と尾と内臓を取り、軽く塩を振り(分量外)、魚焼きグリルで強火で4分焼く(中まで火を入れない)

3、生姜は千切りに、青ネギは小口切りに、ミョウガは千切りに、すだちは半分に切る

4、炊飯器に1を入れ、出汁、酒、塩、薄口醤油を入れ、目盛りに合わせる

5、生姜の千切りを混ぜ、2の秋刀魚を上に乗せ、炊飯ボタンを押す
b0347858_21563874.jpg

6、ご飯が炊けたら、秋刀魚を取り出し、骨を取り、身をほぐして、炊飯器のご飯に混ぜる
b0347858_21565501.jpg
秋刀魚がふっくら火が通り、とてもジューシーです


7、青ネギ、ミョウガを混ぜ合わせ、茶碗に盛り付け、すだちを絞って頂く
b0347858_21571766.jpg
さっぱりしていますが、しっかり食べ応えもある炊き込みご飯です



今日の夕ご飯は、身体に優しいメニューで揃いました♪
その他のメニューは、牛肉とレンコン、ブロッコリー炒め、青梗菜と榎茸の味噌汁、つるむらさきと山芋のおかか醤油和えです。

ビールとお酒が余分ですが…!
和食には合うんですね♡

b0347858_21582802.jpg



[PR]
by coucouatable | 2018-10-10 08:00 | 料理 | Comments(0)
秋の味覚、秋刀魚〜!
今年は秋刀魚が豊漁です♪
お値段もお手軽なので、今年は例年になく秋刀魚が食卓に上ります。

青魚は血液サラサラ効果があったり、悪玉コレステロールを減らす効果がありますから、日頃から積極的に食べたいと思っています。

塩焼きが定番ですが・・
毎回同じでは、家族に飽きられます。
今日は、三枚おろしをフライに♪

b0347858_22041426.jpg


めちゃ♡美味しかったですー。
アジフライ好きな方はきっとお好きです。
表面カリッと、中は程良く脂が乗っているのでジューシー。
やはり揚げ物なので、しっかり満腹感もあります。


魚屋さんで三枚におろしてもらった秋刀魚を2等分し、軽く塩・胡椒をふり、
小麦粉、卵、パン粉の順で付けて揚げます。

b0347858_22034863.jpg

b0347858_22025140.jpg
揚げ物ついでに、エビもフライに


秋刀魚フライにつける調味料、我が家の好みは「醤油と和からし」ですが、
ソースを付けても美味しいですね。


今日の夕ご飯は、肉じゃがや味噌汁と共に、真っ茶色・・。笑
家庭で食べる料理なので「彩り」気にしませんでした。

b0347858_22030831.jpg

今年はいつになく豊漁ということで、
季節の恵みをたっぷり頂きたいと思っています。
秋刀魚の炊き込みご飯も蒲焼きも、ハーブ焼きも・・
色々作りたいです。



[PR]
by coucouatable | 2018-10-05 08:00 | 料理 | Comments(0)
世田谷で農家をしているお友達から
立派な冬瓜を頂きました。

b0347858_22030860.jpg

冬瓜を見ると田舎を思い出します。
昔は、実家の畑でも豊作だったのか、夏になるとよく食べました。
東京では、あまりメジャーな野菜でないようです。どうやって食べるの〜?と聞かれます。

スーパーでは、夏野菜のナスやトマトなどとは違って、いつも控えめに陳列されてますし。
昔から不思議に思っていました…
なんでこんなに美味しい野菜がメジャーにならないのかって!(笑)


冬瓜は万能野菜です。
煮物、汁物、和え物・・色々な食べ方があります。

今回は「冬瓜としいたけとささみのスープ」を作りました。
b0347858_22033029.jpg


冬瓜は、皮と種を取って、2〜3cm角に切ります。
しいたけは4等分、鶏のささみも4等分に切ります。
ささみは軽く塩をふって、片栗粉をまぶしておきます。

b0347858_22034543.jpg


鰹出汁に塩、醤油、酒で味付けしたスープに、
まずは冬瓜を入れて煮ます。
煮えたら、しいたけと鶏のささみを入れて、火が入ったら完成です!

b0347858_22035922.jpg


ささみを片栗粉をまぶす事で、ふんわり柔らかく煮えます。
食べる時も、つるっと食感よく頂けます。

温かいまま頂いても、冷やして頂いても美味しいですよ。
我が家では、冷蔵庫で冷やしておいて、
朝ごはんに冷たいスープとして頂きました。
暑さで食欲がわかない朝ごはんにぴったりです。

1日置くことで、冬瓜に出汁が染み込んで、さらに美味しくなります♪

b0347858_22591306.jpg

昔食べた味を思い出しながら・・しばらく冬瓜料理を楽しめます。
いつも美味しい採れたて野菜をありがとう!友人にも感謝です♡






[PR]
by coucouatable | 2018-08-31 08:00 | 料理 | Comments(0)
浜名湖西岸の湖西市にある「MARU FARM」さんのお野菜が届きました。
(MARU FARMさんについてはこちらへ


のびのび力強く育った野菜を見ると、元気をもらえます。
猛暑が続く中、自然農法で大切に育て、私たちの食卓に美味しい野菜を届けてくださり、本当に頭が下がります。
生産者さんの姿が見えると、余計に大切に美味しく食べよう♪という気持ちが募ります。


「野菜セット」に入っていた千両ナスと米ナス系の2種類。

千両ナスはツヤツヤ、大きさもしっかりあります。
ナスは油との相性も良いので、焼いて食べることにしました。


冷蔵庫に何があるかな〜?
「豚バラ肉しゃぶしゃぶ用」のお肉がありましたので、それをくるくる巻いて
「ナスの豚ばら巻き」にしました。

ナスを縦半分に切り、さらに縦に4等分。
そこに小麦粉を軽くまぶしてから、豚バラ肉をくるくると巻きました。

フライパンでじっくり焼いて出来上がり!
焼きあがったら、フライパンに残った脂を拭き取り、生姜醤油のたれを最後にジュワッとかけて完成です。

b0347858_18522753.jpg

豚バラ肉の脂がナスにじんわり染み込んで、ナスもふっくらです。
ナスはしっかりとした食感で、甘みもあって美味しいですー。
豚肉との相性も抜群です♡

b0347858_18550943.jpg


そして米ナス。
皮が厚め、身も肉厚なので、火を通して食べた方が、美味しそうです!
前々から気になっていたレシピがありましたので、それを活用しました。
(スーパーに置いてあるレシピです)

ナスはサイコロ状に切って、片栗粉をまぶして揚げました。
それを冷奴の上に乗せて、ミョウガ、大葉の千切り、すりおろした生姜、鰹節をかけて
めんつゆで頂きました。

b0347858_18552898.jpg
鰹節がモリモリすぎてナスが見えない・・


揚げたてのナスは表面がカリッとして、噛めばとろりと甘みがあって美味しい!
素晴らしいレシピです♪

冷奴もこうして揚げたナスと一緒にいただくとボリュームたっぷりで、立派な1品になりますね♪


まだまだ美味しい夏野菜がたっぷり食べられます。
暑い暑い夏こそ、しっかり食べて元気をつけたいです。


[PR]
by coucouatable | 2018-08-14 08:00 | 料理 | Comments(0)
MARU FARMさんの野菜セットが届きました。

毎度ほのぼのします〜
ダンボールを開けたら、野菜のファンタジー♡が広がります。

b0347858_18420799.jpg
素敵なイラストが飛び出てくるんです♪

イラストの雰囲気からも伝わってきますが
MARU FARMさんの野菜は全て無農薬、無化学肥料で栽培された安心安全のお野菜。
一物全体、皮まで食べられるお野菜です。

バターナッツかぼちゃ、きゅうり、なす、ピーマン、万願寺とうがらし、伏見甘とうがらし、黄太とうがらし、空芯菜が入っていました。

太陽をしっかり浴びて育った野菜たち、
皮が厚くて、見るからに力強さを感じます。


万願寺とうがらし、伏見甘とうがらしを使って、まずは「焼きびたし」に。
冷蔵庫にあったエリンギも一緒に。

b0347858_18425673.jpg

弾けないように少しだけ切り込みを入れたとうがらしを魚焼きグリルで焼き、
「煎り酒」に水を加えた汁(1:1)に漬けました。梅干しも一緒に。


「煎り酒」とは日本に古くからある調味料で、ここ数年静かなブーム。
梅干しと日本酒が主な原材料で、醤油より塩気が柔らかで酸味があります。

b0347858_16124473.jpg

メーカーによって味はずいぶん違いますが、
銀座三河屋さんの煎り酒は鰹節の香りがきいた上品なお味です。
お刺身につけたり、うどんのスープにしたり、卵焼きに入れたり・・使い方は色々です。

その「煎り酒」を使って、焼き浸しも美味しく出来ます。

b0347858_18431800.jpg


そしてピーマン。
肉厚です!
新鮮なので、ツヤツヤぱりぱりしてます♪

こちらはピーマンの海老肉詰めにしました。

b0347858_18485334.jpg

海老を叩いて、鶏ひき肉と混ぜて肉詰めにしました。
レシピは以前のブログをご覧下さい。

b0347858_18491623.jpg

海老のぷりぷり感がいいです。生姜が爽やかでさっぱりした肉詰めになります。
肉厚のピーマンもしっとりジューシーで美味しく、意外な組み合わせですが、海老との組み合わせもあり!です。


野菜が届くと自然と野菜摂取量が増えます。
これからしばらくお野菜たっぷりです〜♪

b0347858_18495409.jpg


[PR]
by coucouatable | 2018-08-12 15:48 | 料理 | Comments(0)
毎日暑いー!
こんなに暑いと、室内にいても熱中症に気をつけなくてはなりませんね。
水分と塩分の補給が大切です。

こんな日には何を食べるといいでしょう?

夏野菜には、水分やカリウムを多く含むものが多いです。
食べると体にこもった熱を取り除いてくれ、夏バテ防止に最適です♪
旬のものをいただくことには意味がありますから。

身体をクールダウンしてくれる野菜果物!
その代表例は「スイカ」
最近は、八百屋さんの「スイカ」にやたら目が行きます。
身体が欲しています〜スイカ〜スイカ〜♡

我が家では、買ってきたスイカは、
すぐに食べやすい大きさに切って、保存容器に入れ冷蔵庫に保存します。

冷蔵庫を開けたらパクリ♪
また開けたらパクリ♪
といつでも食べられるように。



b0347858_12292170.jpg


そして、残った皮と赤い実の間の白い部分、ここも活用します!

塩を少しふって漬物にします。
2、3時間で出来上がりますよ。

b0347858_12293919.jpg

子供の頃、スイカを切ると、祖母が必ず作ってくれました。
今でもスイカの漬物を食べれば
田舎の夏の風景が脳裏に浮かび、懐かしい気持ちになります。

b0347858_12295402.jpg

この漬物が結構美味しいんです♪
塩気がきいて、赤い実が残っていればほんのり甘みもあります。
子供の頃は、赤い実が残ってる漬物をとると
当たりだ!なんて喜んだものでした(笑)

ぽりぽり食べると…暑さでほてった体を冷ましてくますよ。
真っ赤に熟れたスイカとともに、
「スイカの漬物」も楽しんでみてください♪






[PR]
by coucouatable | 2018-07-11 22:45 | 料理 | Comments(0)
暑すぎて、さっぱりしたものが食べたくなります。
最近のマイブーム、ささみ料理のご紹介です♪
ほおっておいて完成!の保温調理です。
時間があるときに作って置くと、とても便利です。

b0347858_00002267.jpg


ソースは、「はちみつ梅干し」と「酢漬けのらっきょう」を使って。
こちらもさっぱりと口当たりよく、酸味が元気をくれますよ♪


つるん♪と茹でささみ 梅らっきょうソース

●材料(2〜3人前)
ささみ 300g
塩 小さじ1弱
砂糖 小さじ2
片栗粉 適量

(梅らっきょうソース)
酢漬けらっきょう 3個
梅干し(はちみつ風味) 2個

●作り方
1、ささみは筋を取り、バットに並べ、塩と砂糖を全体にまぶし、30分ぐらい置く

b0347858_00013946.jpg

2、鍋にたっぷりの湯を沸かし、1のささみに片栗粉をまぶしておく

b0347858_00004001.jpg

3、沸騰した湯に、2のささみを加えて、30秒したら火を止め、蓋をする

b0347858_00004903.jpg

4、1時間ぐらいしたらささみを取りだす

5、らっきょうを刻み、梅肉と混ぜ合わせソースを作る
(らっきょうの酢を少し利用して滑らかにする)

6、ささみを食べやすい大きさに切り、野菜を添えて、梅らっきょうソースをかけて頂く


※梅らっきょうソースの他に、わさびじょうゆで頂いてもさっぱりと美味しいです

b0347858_00012399.jpg


添え野菜は、レタス、きゅうり、ミョウガ、大葉、こねぎ、プチトマト。
彩り良く食卓を飾りました。
家族にも大好評でしたよ。




[PR]
by coucouatable | 2018-07-02 08:00 | 料理 | Comments(0)