<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

料理教室を初めてちょうど7年が過ぎました。
思い返せば・・
子供がまだ小さかった頃、
持ち寄りで友人宅で集う機会が多かった時代です。

持って行くお料理やパンやお菓子を喜んでもらえて、親しいママ友から
「お料理教室開いて〜私絶対行くから♡」
って言葉を鵜呑みにし・・(笑)
開催した「お料理の会」、これがスタートでした。

これまで紹介したレシピは、各回思い出がいっぱい詰まっています。
レシピ帳をめくっていたら・・
初回に紹介したレシピを見て、懐かしくなって久しぶりに作ってみました。

b0347858_22131081.jpg


「豚肉のオリーブ煮込み」
オリーブの実とベーコンからいいお出汁が出て、とても美味しいソースが出来ます。


豚肉のオリーブ煮込み

●材料(2人前)
豚肩ロース肉 300g
ベーコン 40g
玉ねぎ 1/2個
セロリ 1/2本
オリーブ(種ぬき) 10個
トマト水煮缶 1/2缶
タイム(生) 4〜5枚
ローリエ 1枚
赤ワイン 50cc
塩・胡椒 少々

オリーブオイル 大さじ1

●作り方
1、ベーコンは1cmの細切り、玉ねぎとセロリは薄切りにする
2、豚肩ロースは塊のまま塩、胡椒をつけ、オリーブオイルを熱した鍋で表面に焼き色をつけ、取り出す
3、同じ鍋に、ベーコン、玉ねぎ、セロリを加え炒める
4、オリーブ、トマト缶、タイム、ローリエ、塩、胡椒、ワインを加え、弱火で30分位煮る
(肉を竹串で刺してみて、透明な汁が出てきたら煮えています)

b0347858_22133932.jpg


料理教室では、ジャガイモや人参も一緒に煮ました。
皆さん、子どもが小さいので、1皿でお肉も野菜も摂れるのも魅力でした。

思い返せば、初回はなんと野菜を洗うところから始めていましたよ(笑)
あれから回を重ねるごとに進化していきました。(あたりまえ〜)

今では、もちろん野菜は洗い、下準備を済ませていて、調理は1時間で完成する段取りになりました。進化!


今日は、懐かしい思い出とともに、美味しくいただきました♡

b0347858_22151569.jpg





[PR]
by coucouatable | 2018-02-27 22:17 | 料理 | Comments(0)
このところ続けざまに、嬉しいお土産を頂きました♡

旅行に行ったからお土産ね!というわけでもなく、理由もなく
「喜んでもらえそうだから」
「こういうのきっと好きでしょ♡」
と言って手渡されるプレゼント、
とても嬉しいものです。

その1
「ほぼ日のいぬねこ健康手帳」

b0347858_21472804.jpg

糸井重里さんプロデュースの「ほぼ日手帳」ならぬ「ほぼ日いぬねこ健康手帳」
まさかいぬねこの健康手帳があったなんて!

まるで母子手帳のようで、めちゃ可愛いです♡
面白すぎて可愛いすぎで・・ハルのために買って来てくれました。

b0347858_21474950.jpg

ワクチンの記録、お薬の記録、ご飯の記録・・
読んでると「そうねそうね」と頷けます。

動物も大切な家族の一員ですものね、
ハルと楽しく幸せな時間を長く過ごせますようにって
気持ちが溢れます♪


その2
マヨルカの「ポルボロン」

b0347858_21492455.jpg

スペインのアンダルシア地方のお菓子だそうで
「ポルボロン、ポルボロン、ポルボロン」
と3回唱えられたら幸せになれるという伝説があるとか。

見た目もおしゃれで、中を開けてみれば思わず頰がほころんでしまう、温かみがあるお菓子です。
「優しくて大好きなお菓子だからー」って頂きました。

b0347858_21504639.jpg

料理教室が終わって、ほっと一息ついた時に
おやつにいただいて、とっても幸せな気持ちになりました。

ナッツの歯ごたえとポワポワする食感、
おいしね〜ありがとう〜としみじみ共感しました♪


最後は、パリ在住の友人からいただいた
「アラメールドファミーユ」のチョコレート
彼女の最近の一押しで「是非食べてみて!」とパリから持って来てくれました♡

b0347858_21510622.jpg

きゃ〜美味しいー!!と絶叫。
小ぶりなチョコは、上品な甘みがあって、しっかりとチョコの旨味もありますー。

中に入っているクリームやナッツもまろやかだったり、食感がサクサク気持ちよかったり・・
どれも美味しいー。

パクパク行きそうなのをぐっと我慢して・・
1日2個までって決めて頂きました(笑)



束の間のブレイクタイムに
お菓子をいただいたり、ハルの健康手帳をめくってみたり、美味しいーって絶叫したり・・
にたにたして過ごした1週間。
さあ、頑張るぞーって勇気ももらえた感じです。

私も自然にふとした喜びをお届けできる人になりたいな・・なんて思いました。










[PR]
by coucouatable | 2018-02-23 21:44 | その他 | Comments(0)
去年「つくりおきマイスター」の講座を受けて、やった〜合格!
無事「つくりおきマイスター」になりました♪

そこで学んだことを活かして、
3月に「つくりおきの料理教室」を開催することにしました。

b0347858_21583086.jpg
今回予定している食材♡


5日間開催しますが、お陰様で毎日満員御礼!です。
生徒のみなさんの「つくりおき」への関心の高さがうかがえました。

忙しい生活を送りながらも・・日々の食卓を豊かなものにしたいと願っています♡

帰ったら冷蔵庫にあれがある!って思っただけで、夕飯のことを心配しないでいられる安心感、宝物ですよね。


今回の「つくりおきの料理教室」では
休日の2時間を使って5日分の夕食を作れるようになるダンドリ術とおすすめのメニューを紹介します。

つくりおきの定義は「作っておいて後から食べる食事」
保存がきいて、仕上げが容易で、後から食べても美味しいことが大切です。


このところずーっと、その料理教室の下準備をやっています。

今日は試しに紹介しようと思ったメニューを実際作ってみました。
作ったのはこれー!

b0347858_21580706.jpg

いやいや、自分で考えたメニューなのに、2時間よりオーバーしました。笑
これではダメです、より簡潔にまとめられるよう少々手直しします。


実際作ってみると色々な気づきがあります。
その経験を生かして、実り多い料理教室にしたいと思っています。


さて、今日はその中から
「キャベツとえのき茸のツナポン酢あえ」をご紹介します♪

b0347858_21591459.jpg

これは超簡単な上に美味しい♡
忙しい時、後1品増やしたい時によく作るメニューです。
保存しても味の変化も少なく頂けます。


キャベンツとえのき茸のツナポン酢あえ

●材料
キャベツ1/4個
えのき茸 1袋
ツナ缶(小) 1缶
ポン酢 適量

●作り方
1、キャベツはざく切りに、えのき茸は石付きを切って、3等分に切る
2、耐熱ボウルに1を入れ、電子レンジ(600W)で3〜4分加熱する
3、水気を切った2と油を切ったツナを混ぜ、ポン酢であえる

b0347858_21591459.jpg


実はこれまで、私はつくりおきはあまりしない派でしたが・・やっぱりあると日々の食生活が確実に潤います。
朝から余裕で豊かな食卓になりました。
つくりおき、なかなかいいかも・・と思うようになりました。
その人その人のライフスタイルにあった活用方法で
おいしい提案をしていこうと思います。







[PR]
by coucouatable | 2018-02-20 22:10 | 料理 | Comments(0)
冬の料理教室開催中です。
(料理教室についてはこちらへ

冬恒例のメニューの1品は鍋料理です。
今回は「ラム団子の2色薬膳鍋」をご紹介しています。
ラム肉は匂いが気になる方もいらっしゃいますが、とても好評です♡

b0347858_17282762.jpg

今日の教室でも、「好んでラム肉は食べない・・」とおっしゃる生徒さんがいらっしゃいましたが、
食べてみたら・・
「これなら、全然気にならない♪」と喜んで頂けました。
こうして料理のレパートリーが増えていったら嬉しいです。


さて、まさに今平昌オリンピックの最中です。
今日は「男子フィギュア」のショートプログラムがありました。

普段レッスンのBGMは「冬に聴きたい音楽」や「映画のBGM」などを流していますが、
今日はテレビです!

わくわくしながら、羽生結弦くんの時間には、みなさんとテレビの前で応援です♪

ドキドキしながら、ジャンプが成功するたびに拍手!!
滑り終えた瞬間は、感動のあまり、ハイタッチ(笑)

b0347858_20535593.jpg


こんな大舞台で力を発揮できる羽生結弦くんの話でひとしきり盛り上がった料理教室となりました。
こんな日もあって面白い〜♪としみじみ。


料理教室では、毎回プチ栄養講座の時間があります。
堅苦しいものではなく、最新の栄養学の情報を噛み砕き、生活にどう活用していくかなど、分かりやすくまとめています。

今回のテーマは「タンパク質」
「私たちの体はタンパク質から出来ています」〜そんなお話をしています。

内臓や骨、髪の毛、爪、神経伝達物質やホルモンなど・・全てタンパク質が材料です。

その中で紹介しているお話を1つ。
タンパク質が不足していると髪がパサついたり爪が痛んだりします。
良質のタンパク質を摂ることが大切です。

でも、せっかく摂った栄養もしっかり消化吸収されなくては意味がありませんよね。

「急いでるから〜」とか「お腹空いた〜」って早食いしてませんか?笑

しっかり消化吸収されるために、
まずはよく噛むこと!これは大切です。
ゆっくり食べることを心がけたいですね。


次に消化酵素がしっかり出ること!も大切です。
じゃあ、どうやってたくさん出すか?

それは食べる前に酸っぱいものを食べるのが有効です。
消化酵素のペプシンの分泌がよくなるそうです。
食べる前にレモン水を飲んだり、梅干しを食べたり、酢の物などから食べることが有効です。


今回の冬のメニューの1品が「大根の甘酢和えと干し柿チーズ」です。

b0347858_17022955.jpg

自然の甘みの干し柿とクリームチーズは相性抜群です♡
大根の甘酢和えでさっぱりとまとまります。

b0347858_20562859.jpg


今回は「まずは甘酢和えから食べましょう!」とご案内しています。
ゆっくりよく噛んで、酢の物から頂きます。
話に花が咲いて、美味しいって笑顔になっていただけば
自然とスピードもゆっくりに。

今日はオリンピックの日本選手の活躍も手伝って、ゆっくり、楽しく頂けました。
来週の料理教室も、平昌オリンピックと同時進行しまーす!









[PR]
by coucouatable | 2018-02-16 21:10 | 料理教室 | Comments(0)
まだまだ寒いですね〜
でも暦の上では「立春」
春が確実に近づいています。
ハルとお散歩で行くお宮の境内の桜も、蕾が膨らんできています。

そんな風に春到来に思いを寄せていたら・・
お友達から「ふきのとう」を頂きました。
春なんですねーとまた。笑

b0347858_11061214.jpg

そのふきのとうで佃煮を作りました。

b0347858_11065707.jpg

まずは周りの黒い部分をとって、2分ほど下茹でをして、
灰汁抜きに水に30分ぐらいつけました。

b0347858_11054633.jpg


それからお鍋に、酒大さじ2、みりん大さじ2、醤油大さじ2、砂糖大さじ1の煮汁で煮ました。(20分ぐらい)
落し蓋をして、途中ひっくり返しながら。

b0347858_11063173.jpg


完成!!
b0347858_11064643.jpg


春の貴重なご馳走です!
この苦味が美味しいんですよね♫
大人のお味の佃煮、白ご飯のお供に楽しみたいと思います。


b0347858_11065707.jpg


[PR]
by coucouatable | 2018-02-10 08:00 | 料理 | Comments(0)
用賀にあるスペインバスク地方の料理が食べられるお店。
「ランブロア」

住宅街にあるお店ですが、いつもお客さんで賑わっています。
店内もカウンターとテーブル席が1つのみ。
すぐ満席〜が常です。

でもちょうど雪の予報の日だったせいか・・・
試験が終わった息子と今日は外食!とあてもなく出かけて、
店の前を通りかかりのぞいてみると・・
すんなり入店!なんてラッキー☆

b0347858_21062137.jpg


寒い日にはホットワインな気分でしたので
リクエストして作ってもらいました♡
シナモンスティックとはちみつを入れて熱々をいただきました。

b0347858_21060400.jpg
温まります〜♫



お通しはピクルスとアンチョビ、オリーブのピンチョス

b0347858_21065063.jpg
アンチョンビが辛すぎずお味が濃厚♡


こちらはテーブルマットなども可愛らしいんです。
シェフもソムリエも女性というこのお店。
きめ細やかなのも女性のお店ならではです。


頼んだものは・・
「自家製カモの生ハムと羊乳チーズのサラダ」

b0347858_21073210.jpg
生ハムとチーズの程よい塩気でトマトの甘さが引き立ちました


「エビのピンチョス」
b0347858_21071055.jpg
見た目が可愛い♡
グリルした串刺しのエビに甘いソースが!
ややチリソースに似た味付け。
スペインにもエスニックな味もあるんですね。


「鶏肉のクリームコロッケ」

b0347858_21075160.jpg

衣が特徴です。
細かいパン粉、これはスペインっぽい。
きめ細かで、カリッと揚がっていました。
中はとろーり甘い♡
トマトソースのお味も優しく美味しいです。



「イカの墨煮」

b0347858_21080879.jpg
いかがびっくりなほど柔らか〜い!
イカ墨は濃厚で美味しいですー。
残ったタレもパンにつけてしっかりいただきました。


頼んだもの全て美味しく頂きました。

店内は狭いけれど、木のぬくもりが溢れ
なぜだかホッとできるお店です。
お料理のお味も素晴らしく・・
また行きますー♫




[PR]
by coucouatable | 2018-02-08 21:14 | レストラン | Comments(0)
冬の料理教室、開催中です。
(料理教室について、お問い合わせはこちらへ

冬の料理教室の目玉は「鍋料理」が1品入ることです。
普段はダイニングテーブルで試食タイムですが、冬は和室コーナーのこたつで頂きます。
外から内から温まって、お尻に根がはえます(笑)

b0347858_17001703.jpg

今回の鍋料理は「ラム団子の2色薬膳鍋」

b0347858_17004138.jpg

ラム肉はLカルニチンという脂肪を燃焼する成分が含まれます。
体をポカポカ温めてくれる、冬には是非食べたいお肉です!
鉄分やビタミンBも豊富です。

そんなラム肉を叩いてお団子にします。

b0347858_17010634.jpg

ラムは臭くて苦手なんです〜という声もありました。
でも、是非試してくださいーとお伝えしています。このラム団子は臭みが気にならない仕上がりですー。
香辛料やにんにく、豚肉もミックスするお団子なのでクセがありません。

b0347858_17012192.jpg

またスープもラム肉と上手く調和してくれます。
スープは2種類。
仕切りのあるお鍋を使って2種類のスープで頂きます。
「このお鍋も欲しいなあ〜」とおっしゃって帰る方多数。

私は合羽橋で買いました。
2種類の味が楽しめるってとても魅力的です。

b0347858_17282762.jpg


スープの方は白湯スープとカレースープ
こちらのスープにもにんにくや生姜、香辛料が入るので、ラム肉の臭みを消し、旨味を引き立ててくれます。

野菜は、春菊、クレソン、トマト、長ネギ、白キクラゲ、豆腐などです。
(野菜はその都度若干異なります)
クレソンのほのかな苦味が人気です。カレー鍋とトマトの相性も間違いなしです。
お野菜もたっぷり頂きます。

b0347858_17280960.jpg


今回の鍋料理は、一口食べた瞬間、おいしさをMaxに感じる鍋ではないかもしれませんが、食べてるうちにじわじわ来ます(笑)
どんどん美味しくなりますー。

私自身もこの鍋料理のおかげでラムがまた一段と好きになりました♡
この教室でラム好きが増えてくれたら嬉しいですー。

高タンパクで低カロリー、脂肪を燃焼してくれるラム肉!冬は良いことずくめです♬
是非チャレンジして欲しいです。


その他のメニューも好評です。

b0347858_17022955.jpg

またの機会にご紹介できたらと思います。
3月まで続く冬の料理教室、沢山の笑顔と美味しい♡をお届けしたいと思います。


[PR]
by coucouatable | 2018-02-05 17:30 | 料理教室 | Comments(0)
台湾で食べた「酸菜白肉鍋」

干し海老や干し椎茸、牡蠣などの入ったスープに白菜漬の古漬けが入り、スープにはほのかな酸味があります。
豚肉や青菜、豆腐などを入れて食べました。
さっぱりして美味しいお鍋でした。
(台湾酸菜鍋の様子は以前のブログにて)

毎日寒いし、鍋シーズン。
今日はそのお鍋を再現!
「白菜と豚肉の酸菜スープ」にしました。

b0347858_20171444.jpg

この酸菜スープを作るために、賞味期限ギリギリの白菜漬を買ってきました。
古くなれば発酵が進み、酸味が出ます。
酸っぱくさせたくて、開封しないでもう数日冷蔵庫で寝かしてから使いました。

袋から出して味見してみると・・いい具合にやや酸っぱい。
白菜漬のつけ汁も捨てずにスープに入れます。

b0347858_20173560.jpg


鰹節と干し海老でとった出汁に、
白菜漬を細かく切って、汁ごと入れ、グツグツ煮ました。
えのき茸も一緒に入れました。

b0347858_20175823.jpg

味付けは塩を少々のみ。
食べると白菜が塩気を含んでいますので、
スープの味付けは薄めがいいです。
食べる直前に豚肉を入れて完成!


ほのかな酸味が効いていて、白菜漬けから出た旨味と合わさって
美味〜♫
簡単にできるのもいいですね。

今日は鯖の塩焼きと一緒に。

b0347858_20183078.jpg


私は、化学調味料が使われていない白菜漬を買いました。
原材料が白菜、塩、昆布、唐辛子だけです。

化学調味料が入っている白菜漬は、
食べ終わった時、甘ったるいような変な後味が残るので・・。
自分で白菜漬を作ればもっといいんですけどね。

無添加の白菜漬、賞味期限ギリギリで割引になってるもの(笑)、
「酸菜スープ」にオススメです。
ちなみに私が買ったのはこれです↓

b0347858_20184639.jpg





第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by coucouatable | 2018-02-02 08:00 | 料理 | Comments(0)