<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

毎年夏に行っている、
ファスティング講師の鮎田奈央海先生とのコラボレッスンを開催しました。

午前中、「腸活とファスティングセミナー」
腸の大切さ、腸内環境を整えるファスティングについてたっぷりお話頂きました。

b0347858_23032811.jpg

私も年に1回は行っているファスティング。
ファスティングとは…断食です。

と言っても酵素ドリンクを飲みながら行うので
空腹で耐えられない・・というような事態は起こりませんので。

酵素ドリンクも試飲してもらいました。
b0347858_23184260.jpg


ファスティングは、
自分の食習慣を見直すきっかけであり、胃腸の休憩にもなります。
分かっちゃいるけどやめられない食習慣をリセットし、腸に良い菌を入れてリスタートします。

私は、毎年やる度に身体の変化を感じます。
毒素が出てる感覚?あります。
もちろん、今年もスケジュールに入れています♪
暑い時期にやるのが身体的にも楽なので、毎年真夏にやっています。


鮎田先生のファスティングセミナー終了後は私の作った発酵食品フルコースランチです。
フルコースランチと言いながら、ビュッフェ形式で行いました。

b0347858_23060818.jpg

どんな発酵食品を使ったかというと
甘酒、塩麹、醤油麹、酒粕、味噌、チーズ、ヨーグルト、浜納豆(郷土の発酵食品です)


お皿に盛り付けたお料理!
b0347858_23204466.jpg

発酵食品三昧のお料理、生徒さんにはとても喜んでいただけました。

うんうん、胃腸が喜んでいる感じ、
いくら食べてももたれない、
そんなマイルドな仕上がりに完成しました。

少し紹介をすると…

甘酒で作った、三五八漬け風の漬物
小メロンと水ナス、人参で。
b0347858_23073004.jpg


ヨーグルトで漬けた中華風ポークソテー
五香粉の香りもポイントです!
b0347858_23074251.jpg


豆腐のサラダ
ドレッシングは自家製梅味噌ドレッシング

春に漬けた梅味噌を使ってみました。
酸味が柔らかくて美味しい♪
b0347858_23085962.jpg


酒粕ビューティーディップ
酒粕の香り、大丈夫かな?好みもあると思いましたが、みなさん完食♪
メープルシロップの甘みが女性好みに。

b0347858_23111960.jpg


ひじきと切り干し大根の胡麻和え
甘酒を調味料として使いました。

b0347858_23131376.jpg


きゅうりと長ネギと浜納豆炒め
浜納豆という浜松の発酵食品を使いました。
浜納豆は、大豆食品。中華のトウチのようなお味なので、花山椒と一緒に辛めに炒め合わせました。

b0347858_23132290.jpg

揚げ野菜の味噌トマトソース和え
私の大好物で定番メニュー。
生のトマトで作った酸味が残る甘みのあるソース⁈がたまりません〜。

b0347858_23152090.jpg



b0347858_23232585.jpg

デザートは甘酒プリン
胡麻ソースを添えて。
甘酒プリンの砂糖はゼロ。
甘酒の甘みのみで十分な甘みが引き出されます。
b0347858_23171621.jpg


7月のこのコラボレッスンが終わると夏休みに入ります。
仕事三昧の鮎田先生からはめちゃ羨ましがられましたが・・
料理教室は秋からまた再開します。

お休みの間に溜まっている雑用、断捨離、料理研究、旅・・・
やらなきゃならないこと、やりたいこと諸々片付けたいです。

ブログは、まったり続きますので、引き続き、よろしくお願いします。


by coucouatable | 2019-07-23 23:34 | 料理教室 | Comments(0)
つくりおきの料理教室

休日の40分で4品作れる時短メニューと
ほぼ3分間クッキングメニュー
合わせて12品を紹介しました。

b0347858_21094148.jpg

「簡単すぎてごめんなさい」レシピでしたが、
これが忙しいワーキングママたちには「待ってました♡」とウケました。


今回はずらっと並べてビュッフェ形式に食事タイム♪

b0347858_21223383.jpg


「どれが今日一だったか」尋ねるのが楽しみでした。
12品のうち、1票も入らなかったメニューがあったら反省ものだと思っていましたが
なんと全て1票は入りホッとしました。

中でも人気だったメニューが、これらです。

「豚しゃぶサラダ 梅かつお風味」
b0347858_21020960.jpg

豚しゃぶを茹でて、新玉ねぎ、ミョウガと一緒に梅かつお風味の出汁につけるというものでした。
ポン酢ばかりでは飽きます、たまにはこんなアレンジも美味しいです。
また新玉ねぎの旨味が全体に行き渡るのも美味しい秘訣です。


「豆苗とえのき茸の甘麹ゴマくるみ和え」
b0347858_21022869.jpg

こちらも私のお馴染みメニューの1つですが、甘みを甘酒でとり、胡麻和えを作りました。
自然な甘みとゴマの香り、くるみのアクセント、美味しいです♪


「枝豆とクリームチーズのおかか醤油あえ」
b0347858_21033329.jpg

こちらは家庭での再現率ナンバー1だったかもしれません。
枝豆の新しい食べ方の提案でもあり、めちゃくちゃ手軽で、食卓にあげれば小洒落た一品です。
聞いただけで間違いない美味しさと実感しますよね。


「アボガドと新玉ねぎと粒マスタード和え」

b0347858_21040598.jpg

こちらも、アボガドの新しい食べ方だと喜んで頂けました。
アボガド自体がもう美味しいですからね〜アボガドさまさまですわ(笑)
新玉、粒マスタードの甘めのドレッシングとよくマッチしていました。


「サバ缶とキュウリとすりごまの味噌汁」

b0347858_21050332.jpg

これはもう大体の生徒さんから大人気。
鯖苦手だったけど食べられた・・という嬉しい感想も。
サバ缶って美味しいですから、
でも美味しいサバ缶を買ってくださいね。
冷や汁にしてもとても美味しいので、教室では冷や汁としてご飯にかけて頂きました。


挙げるとどれもこれもとなってきましたが・・・

そのほかのメニューを紹介すると・・・
「ささみとズッキーニのわさび醤油マリネ」

b0347858_21061047.jpg
ささみがふっくらとさっぱりといただけるメニューです


魚の塩麹にんにく焼き
b0347858_21072971.jpg
つけて焼くだけの超おすすめレシピです


オクラとトマトのクミンソテー
b0347858_21074853.jpg
簡単にエスニックを楽しめる一例です


ゴーヤとちりめんじゃこの焼きナムル
b0347858_21082414.jpg
下処理なしのゴーヤも苦味を抑えて作れる秘訣があります


海老とインゲンのマヨチリ炒め
b0347858_21084347.jpg
市販のチリソースを使ってお手軽エスニック


豆もやしとトマトのコチジャン和え
b0347858_21092479.jpg
豆もやしを袋ごとレンジでチン!して作る時短レシピです


チキンのココナッツソテー
b0347858_21233210.jpg
余ったつけダレで野菜ソテーもできるのがツボでした♪


たくさんのレシピを紹介できましたが
みんな美味しいです〜♪
そんな声をいただけ、幸せを感じました。

どうぞご家庭に帰って、家族の皆さんに作って差し上げてください。
普段の台所仕事が少しでも楽になりますよう、少しでも楽しいと感じてもらえますよう、
それに伴って家族の健康度が増しますよう、
そんな思いでおります。

たくさんの生徒さん、ご参加ありがとうございました。


b0347858_21254633.jpg
デザートは大人のフルーツゼリーでした♪

by coucouatable | 2019-07-15 21:32 | 料理教室 | Comments(0)
つくりおきの料理教室を開催しました。

b0347858_23581853.jpg


b0347858_23595193.jpg


b0347858_00001505.jpg


6日間に渡る開催でしたが、毎日満員御礼。
たくさんの生徒さんにご参加頂けました。
ありがとうございました!!


夏のつくりおきは、コンロに立つ時間が短い、冷やして食べても美味しいメニューを紹介しました。
そして、休日の40分で、2日分のつくりおき料理4品を作る!というコンセプト、
さらにほぼ3分間クッキングのメニューも加え、合計12品のレシピを紹介しました。
今年のつくりおき料理教室は、これまで以上にシンプル。


b0347858_23562104.jpg

つくりおき料理教室は、調理の実習よりも座学がメイン。
座学の後は、最終仕上げのみお願いして、たくさんの作り置き料理の試食が出来ます♪
(これも皆さんに喜ばれる所以)

始まる前の教室の風景
b0347858_23563893.jpg



座学では・・
「美味しいつくりおき料理ってどんなメニューか」
「傷みやすいこの季節、どうやって保存する?」
「保存容器のチョイスは、どう食べたいかで決める」
「短時間で多品目を作る秘訣って」
「食品ロスをなくす調理法」
「1品が2品になるアレンジメニューって?」
などなど。
今回もお伝えしたいこと、もりもりでした。


そのうちの1つを紹介しますね♪
「保存容器の選び方」について。
皆さんはどうやって保存容器を選んでいますか?

保存容器はプラスチック、ホーロー、耐熱ガラス、アルミ、ジッパー付き袋など様々。
それぞれ長所短所が有ります。
私は保存容器を選ぶ際、それぞれの長所を活かして、活用するよう心がけています。

例えば、つくり置いたものを温めて食べたい場合。
私は、電子レンジで温めようと思っているものは「耐熱ガラス」の容器に入れます。
耐熱容器は電子レンジも使える上、油、匂い、色などがつきにくく、衛生的に使えるというメリットがあります。
総合的に考えると、耐熱ガラスをすすめています。

そのほか、煮込み系などの場合は「ホーロー」の容器もおすすめです。
野田琺瑯などは、直火にかけられるというメリットがあります。
そのメリットを活かして火にかけて食べたいものは「ホーロー」に保存するのも良いと思います。

「アルミ」などの保存容器のメリットはすぐ冷えること。
素早く余熱をとりたい場合にも向いています。
また冷たくして食べたいものを保存する場合はおすすめです。
冷やして食べるつくりおきは「アルミ」に保存します。

「プラスチック製」の保存容器については、軽くて手軽ですが、油汚れ、色移り、匂いが取れにくいなどのデメリットも多いです。
また温めた場合、環境ホルモンの危険性などを加味して、
私の使い方は、茹でた野菜を保存するなど素材の保存などに限って使っています。

ジッパー付きの袋については、場所をとらないというメリットを利用して、
西京漬け、麹で漬けるなどの肉や魚の保存に使っています。

そんな話を交えながら「つくりおき料理教室」は進みます。


最後の試食タイムはビュッフェ形式です。

b0347858_23552195.jpg



b0347858_00010005.jpg

b0347858_00011965.jpg

b0347858_00020043.jpg
どれも美味しい〜
紹介したつくりおきメニューについては次回のブログで紹介したいと思います。

続く









by coucouatable | 2019-07-14 09:44 | 料理教室 | Comments(0)